Ryzen 9 3900X. パソコンやタブレットで使われているCPUの性能比較表を作ってみました。 Ryzen Mobile 4000 Uシリーズの中で最下位モデルのRyzen 3 4300Uについて、CINEBENCHやPassmark、3DMarkなどのベンチマークを計測。また、LightroomやPremiere Proなどの処理時間につい … ノートPC向けRyzen Pro 4000 UシリーズのRyzen 7 Pro 4750Uについて、CINEBENCHやPassmark、3DMarkなどのベンチマークを計測。TDP 15Wの薄型ノートPC向けプロセッサーとしては、最高峰の性 … PassMarkのCPUベンチマーク一覧から、自分が気になったCPUを抜粋しています。, しかし、2020年3月以降ぐらいから、Passmarkの数値が全体的に相当落ちている模様です。

Ryzen 7 3700Xのベンチマークスコアを掲載します。 計測に用いたPCは、AMD Ryzen搭載モデル「Ryzen 7 3700X」と「GTX 1660Ti」を搭載した、ドスパラの新ゲーミングPC、GALLERIA ATでテストしています。ゲームベンチスコアなど、詳しいレビュー記事は以下をご参照ください。 3.00 GHz: 4.20 GHz: Ryzenは2017年に発売を開始したAMDのCPUである。当初からコスパや性能が高く話題となっていたが、第3世代以降に弱点だったゲーム性能もインテルと比べて遜色のないものとなりデスクトップパソコンで自作をするならRyzenという機運も高まっている。, ところがRyzenもインテルと同様に数多くのモデルが発表されており、同じRyzenならば何が性能が高いのか、コストパフォーマンスが高いのかなど、どれがいいのか比較が難しい。, そこで本ページでは複数のベンチマークでRyzen CPUを比較しその性能を明らかにする。, Ryzen以外のCPUを探したい場合やCore iシリーズと比較したい場合はCPU性能比較表を参考にして欲しい。, 比較表に入る前の前提知識として型番の解説をおこなっておく。型番を理解すると大まかなCPU性能が推測でき、比較が容易になる。ここではRyzen 9 3950Xを例として挙げて解説する。, まずは最初の9に関して、RyzenはRyzen 9, Ryzen 7, Ryzen 5, Ryzen 3とシリーズが分かれており、数値が大きいほど性能が高い。ちょうどIntelがCore i9, Core i7, Core i5, Core i3というシリーズを出しているのでその対抗軸と考えてもらえれば分かりやすい。, 次に3950Xの最初の3は世代を表す。世代はCPUのアーキテクチャが現在何番目であるかを示す値である。通例1年ごとに更新され、世代が上のものほど設計が洗練されパフォーマンスが高い。, 950の部分はマイナーバージョンを表す数値である。アーキテクチャ自体に差異はないが、この数値が大きいほど性能が高い。, 最後にXはExtremeを表す文字である。末尾の文字が意味するところは様々であり、Uは低消費電力、GはGraphic機能ありといった意味がある。一覧を表にまとめる。, このうち通常版とXはGPU機能が搭載されず、グラフィックボードの購入が必須となるので気を付ける必要がある。, またRyzen PRO...とPROがついているモデルがあるが、PROモデルは企業向けにセキュリティ機能を強化したバージョンである。例えばカンファレンスやミーティングで盗まれたパソコンからハッキングにより情報が引き抜かれるのを防いでくれる。CPU性能自体には差は出ないと思ってもらってよい。, Ryzen CPUの一覧を示す。この中から自分にあったモデルを探して欲しい。ベンチマークの意味とその他表の見方は以下を参考。, PassMarkは重い計算処理を回す、動画のレンダリングを行うなど、CPUが様々な使われ方をされた場合の総合的な性能を評価している。この値が高いほどCPUが絶対的に高速であるといえる。, 3DMarkはゲーミングPC用のベンチマークで、複数のテスト項目がある。そのうち3DMark FireStrikde PhysicsはGPUの性能に影響されず、純粋にCPUの能力を計測するテストとなる。主にゲーム用としてパソコンを使う場合には3DMarkが参考になる。, スコアは毎年新規のCPUが出るたびに少しずつ上がるが、スコア自体が何を意味するかというものではない。新旧世代の製品や、シリーズ違いの相対比較に用いるのが良い。, 本サイトではPassMarkの定番のCPUとそのスコアを抽出し、取得可能なものについては3DMarkのFire Strike Physics Scoreも付け加えた。ソースは下記となる。, Cinebench R20の値は情報が不足するため、欠損データは3層ニューラルネットによる機械学習で補完している。目安として参考にして欲しい。, この比較表では、CPU名、PassMark、3DMark、TDP、コア数、スレッド数、最大周波数、価格の項目が載っているが、それぞれについて注意点を簡単に掲載しておく。表を見て比較する時の参考として欲しい。, またPASSMARKの目安を下記に示す。スコアの参考としてほしい。他のベンチマークと比べてPASSMARKはCPUのテストサンプル数が多く、統計的に安定しているのでRyzen同士の比較を行う時は、他の情報を参考にしつつもPASSMARKを中心に見ると良い。.

このページでは、AMDより発売された話題のZen2こと、第3世代Ryzenプロセッサーの「Ryzen 7 3700X」のベンチマークスコアを掲載します。, 下図は、CPU性能を評価する「CINEBENCH R15」のマルチコアのベンチマークスコアです。, Ryzen 7 3700Xは、インテル「Coffee Lake」シリーズと比較すると、最上位モデルであるCore i9-9900Kとほぼ同等のスコアで、同価格帯のCore i7-8700Kと比較すると、約1.5倍も速いスコアでした。非常に高いコストパフォーマンスです。, 同じCPUメーカーとしてインテルのライバルとも言われるAMD。業界の2番目として常にインテルの一歩後ろを進んできたイメージですが、ついに今回インテルを脅かす様な、革命とも言えるべきCPUと登場させたのです。, 第3世代Ryzenプロセッサーは、新「Zen2」アーキテクチャを採用したCPUで、7nmプロセスルールによる微細化により、消費電力も抑えられています。何より価格がインテルCPUより抑えられており、性能も同等以上です。, 第3世代Ryzenは「Ryzen 9 3950X」を最上位モデルとし、その下に「Ryzen 7 3800X」、今回レビューした「Ryzen 7 3700X」、「Ryzen 5 3600X」とさらに下位モデルもラインナップされています。, 下の表は第3世代 AMD RyzenシリーズとインテルCPUとスペックを比較したものです。標準的なデスクトップPCに採用されるCore i7-8700KやCore i9-9700Kと比較すると、Ryzen 7 3700Xはコア数は8コアとCore i9-9700Kよりも多くなっています。ただ、Ryzenシリーズには内蔵GPUは搭載されないのでご注意ください。映像を出力するにはグラフィックカードが必要になります。, 計測に用いたPCは、AMD Ryzen搭載モデル「Ryzen 7 3700X」と「GTX 1660Ti」を搭載した、ドスパラの新ゲーミングPC、GALLERIA ATでテストしています。ゲームベンチスコアなど、詳しいレビュー記事は以下をご参照ください。, 高性能グラフィックスとCPUが選択でき、細かなカスタマイズも可能なミドルタワーのゲーミングPC。注文してから出荷されるまで2日という納期の短さも魅力。, なお、計測に用いたPCはメーカーからの貸出機です。以下に各種ベンチマークスコアを掲載しますが、本製品以外のPCで計測した場合、ベンチマークスコアが大きく異なる可能性もあります。, まずは、上で掲載したCINEBENCH R15の結果です。インテルCoreプロセッサー最上位のCore i9-9900Kと比較した場合、シングルコアのスコアは劣るものの、マルチコアのスコアは優れています。同価格帯のインテル Core i7-8700Kと比較した場合、シングルコアのスコアはほぼ同じで、マルチコアのスコアは約1.5倍も優れています。, 次は、CINEBENCH R20の結果です。こちらも、Core i9-9900Kと比較した場合、シングルコアのスコアは劣るものの、マルチコアのスコアは約1.1倍高いです。Core i7-8700Kと比較してもマルチコアのスコアは、約1.3倍高いです。, ※のついているスコアは、CPU MONKEYのサイトを参照しています。他は当サイトによる計測値です。, PassMark Performance Test 9.0のCPU Markのスコアは、Core i9-9900Kとの差が大きく、約1.2倍の差があります。Core i7-8700Kとは約1.4倍の差です。, 続いて、Geekbench 4です。Ryzen 7 3700Xのマルチコアのスコアは「32554」でした。こちらは、Ryzen 7 3700XはCore i9-9900Kとほぼ同等のスコアでした。, ベンチマークソフトだけは速いというCPUもあるため、次は、実際のソフトウェア「TMPGEnc Video Mastering Works 7」を使ってエンコードにかかった時間を比較します。ここでは、x265エンコーダーを用い、4KのXAVC Sの動画をH.265/HEVCへ変換する処理を実行しています。, Ryzen 7 3700Xは、Core i9-9900Kよりも遅く、約1.1倍時間がかかっていました。使うソフトによっては、Core i9-9900Kのほうが速いケースも多そうです。, 下図は、CPU使用率がほぼ100%になるエンコード時のCPU温度とクロック数の詳細です。CPUクーラーはAMD純正のリテールクーラーを使用しています。クロック数は問題ありませんが、CPU温度は80℃台前半を推移しておりやや高めです。問題ない範囲ではあるものの、できれば社外製のCPUクーラーを搭載したほうがいいと思います。, 続いて、外部グラフィックス「GeForce GTX 1660Ti」を搭載したときの各ゲームのベンチマークスコアです。インテルCPUを搭載したときと比べて、フレームレートが落ちないかを確認します。, 今回、比較したインテルCPU搭載モデルの1台は、同じGALLERIAシリーズのCore i7-8700搭載GALLRIA XTです。グラフィックカードは両機種ともPalit製の同名製品です。もう1台は、Core i7-9700搭載のレノボのLegion C530です。グラフィックカードのメーカーは異なりますが、GPUクロックなどの使用は同じです。ただし、いずれの製品も他のパーツは異なるため、正確な比較にはなりません。参考程度にご覧ください。, 旧世代でのRyzen CPUはゲームベンチマークになると、インテルCPUよりスコアが低く、あまりゲーム用途向きではなかったのですが、Ryzen 7 3700Xは、ゲームベンチマークのスコアは下がらず、順当なフレームレートが出ています。特に2560 x 1440の解像度で実行したときは、Core i7-9700搭載PCよりもフレームレートが高いケースが多かったです。GeForce GTX 1660Tiのクラスのグラフィックスでは、快適にゲームができそうです。, ただし、TECHPOWERUPの記事では、GeForce RTX 2080Tiを搭載したPCで、Ryzen 7 3000シリーズとインテルCPUとのゲームフレームレートが掲載されていますが、Core i7-8700KなどのインテルCPUのほうがフレームレートが高くなっているケースが多いです。GeForce RTX 2080Tiクラスのグラフィックスを搭載するなら、インテルCPUのほうが無難かもしれません。, 2019年8月5日の執筆時点で、「Ryzen 7 3700X」を含む、第3世代Ryzenプロセッサーを搭載可能なゲーミングPCを紹介します。現在Ryzen 7とRyzen 9搭載モデルは、出荷台数が少なく、人気の高さもあり在庫切れになっているモデルが多いです。, 高性能グラフィックスが搭載可能で、拡張性が高く、細かなカスタマイズも可能なミドルタワーのゲーミングPC。, パーツの型番まで細かく指定できる玄人向けBTOパソコン。信頼性の高いパーツで組み上げたい方におすすめ。, 比較的安く、デザインも良く、PCケースの拡張性、メンテナンス性も割と高いバランスのとれたミドルタワーのゲーミングPC。, 新しく登場したAMD第3世代Ryzenプロセッサーは、性能面でも価格でも申し分なく、ゲーム用途でも、クリエイティブワーク用途でも十分に活躍できるCPUです。特に今回レビューした「Ryzen 7 3700X」は、同等価格帯のインテルCPUのCore i7-8700Kよりもベンチマークスコアが高いケースが多く、Core i9-9900Kとほぼ同等の性能で、価格も抑えられており、コストパフォーマンスに優れたCPUだと思います。, ただし、今回は試せませんでしたが、GeForce RTX 2080Tiクラスの高性能グラフィックスを搭載したPCの場合、Ryzen 7 3000シリーズよりインテルCPUのほうがフレームレートが高くなっているケースが多いです。GeForce GTX 2080Tiクラスのグラフィックスを搭載するなら、Core i7-9700KなどのインテルCPUのほうが無難かもしれません。GeForce GTX 1660Tiといったミドルクラスのグラフィックスを搭載した場合は、今回試したケースではフレームレートに大きな違いはありませんでした。, ゲーミングPCの比較ページ。各社のゲーミングデスクトップパソコンについて、カテゴリ、グラフィックス別におすすめの製品を紹介。, ゲーミングノートパソコンの比較ページ。ALIENWAREやGALLERIA、NEXTGEAR-NOTE、OMENといったゲームブランドノートPCの比較。, 情報等の内容の正確さ、適切さに関して、いかなる保証も致しません。万一、本サイト上の情報等の内容に誤りがあった場合でも、一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。, TMPGEnc Video Mastering Works 7によるエンコード時間 (x265), Ryzen 5 3600 ~

Ryzen Mobile 4000シリーズの中で薄型ノートPC用の「Ryzen 7 4700U」について、CINEBENCHやPassmarkなどのベンチマークスコアを計測しました。ライバルのCore i7-10510Uよりかなり高い性能で … 当記事では、 最新のcpu性能比較表を紹介 しています。 新旧合わせて軽く100種類以上のcpuが存在しています。 その中からbtoパソコンに搭載されている主流モデルを厳選して紹介。 です。 >「Ryzen 7 4700U」と「Core i7-1065G7」の上記の性能スコアについて、倍近い差が出ておりましたが、これについての見解はいかがでしょうか? まず、PassMarkでもCinebenchでも倍のスコア差は出ていないので、倍近い差というのは見間違いだと思います。

X. 自作PCの構成はこちら。, Androidスマートフォン&タブレット、iPhone、iPadなどの性能は、AnTuTuBenchmarkを参考にしてください。, Apple Watchの考察と一覧表、時計のガラスの種類、鉱物など素材の硬さの一覧表などをまとめてみました, 日本全国版 IMAX® & Dolby Cinema®&Dolby Atmos®シアター情報, DELL Inspiron 15R NI75T-U、REGZA PC D731/T7ER, Toshiba Chromebook 2 – 2015 Edition (CB35-C3350). cpuの性能比較表。元pc店員の経験に基づくcpu性能の比較。シネベンチr20、r15、3dmarkなどのスコアに加えて、主要cpuは全て購入の上実際に検証し、信憑性の高いデータをcpuの性能比較表でまとめています(自作pcは200台以上制作) BXeon “™‚Ì‹Æ–±—p CPU ‚Æ‚È‚éƒuƒ‰ƒ“ƒh‚ÍŠÜ‚ß‚Ä‚¢‚Ü‚¹‚ñB, PassMark ƒxƒ“ƒ`ƒ}[ƒNƒXƒRƒA 2020”N09ŒŽ15“úXV, Cinebench ƒxƒ“ƒ`ƒ}[ƒNƒXƒRƒA 2019”N03ŒŽ10“úXV, Geekbench ƒxƒ“ƒ`ƒ}[ƒNƒXƒRƒA 2019”N03ŒŽ10“úXV, CPU-Z ƒxƒ“ƒ`ƒ}[ƒNƒXƒRƒA 2019”N03ŒŽ10“úXV, Copyright(c) 2005-2020 ƒpƒ\ƒRƒ“‚Ì‘I‚Ñ•û‚Æ”ƒ‚¢•û All Rights Reserved.@, Core i9,i7,i5,i3‘ÎRyzen Threadripper,7,5,3 - CPU«”\”äŠr‘Œ©•\, Cinebench Ranking Benchmark Results R15 Scores Database, AMDAgIntel i7‚æ‚荂«”\h‚Æ搂¤uRyzen 7v‚ð3ŒŽ2“ú”­”„‚Ö - ITmedia NEWS, ”½“]U¨‚ցIuRyzen 7v‚Ì”š‘¬«”\‚ðŠm‚©‚ß‚é (1/5) - ITmedia PC USER, Ryzen‚Í‚È‚ºuƒQ[ƒ€«”\‚¾‚¯‚ ‚ƈê•àv‚È‚Ì‚©H ƒeƒXƒg‚ÆAMD’S“–ŽÒƒCƒ“ƒ^ƒrƒ…[‚©‚ç‚»‚Ì“Á«‚Ə«—ˆ«‚ð–{‹C‚ōl‚¦‚é - 4Gamer.net, ASCII.jpFCore i7‚ÆRyzen 7AÅVFF14‚ÆGears of War 4‚Å—L—˜‚È‚Ì‚Í‚Ç‚Á‚¿H (1/5), ASCII.jpF1–œ‰~‘äŒã”¼‚Å4ƒRƒA4ƒXƒŒƒbƒh‚Æ‚È‚éuRyzen 3v‚͉ʂ½‚µ‚ÄŽg‚¦‚é‚Ì‚©HbÅVƒp[ƒc«”\ƒ`ƒFƒbƒN, Ryzen 3‚͐«”\‚Å‚àƒRƒXƒp‚Å‚àCore i3‚Ɛ^‚ÁŒüŸ•‰ (1/3) - ITmedia PC USER, ASCII.jpFCore X‚ÉŠ®‘SŸ—˜! Ryzen 9 5950X、Ryzen 9 5900X 、Ryzen 7 5800X 、Ryzen 5 5600Xのスペック情報・製品画像がAMD社より公開されました。 パソコン工房 NEXMAGでは、引き続き、Ryzen 5000シリーズの型番やスペック情報、発売情報、価格情報、ベンチマーク情報について、取りまとめていきます。 AMDのRyzen 3 3200Uは、2019年1月に発表されたノートPC向けのCPU (※)です。主に2019年春以降に発売された薄型のスタンダードノートPCやモバイルノートPCなどで使われています。※グラフィックス機 ここではノートPC向けのRyzen 7 4700Uのベンチマークスコアを掲載します。インテルのメインのUシリーズ Core プロセッサーよりもかり高いスコアになっています。, Ryzen 7 4700Uは、7nmプロセスのZen 2アーキテクチャを採用したRyzen Mobile 4000シリーズで、薄型ノート向けのUシリーズのプロセッサーです。Hシリーズと比べると性能は落ちるものの、Uシリーズの中では最上位に位置するプロセッサーで、Hシリーズに近い性能です。, 基本スペックを確認すると、8コア/8スレッドで、最大ブーストクロックは4.1GHzと高い数値です。, なお、今回、ベンチマークの計測では、ThinkPad E15 Gen 2を使用しました。, タイピングがしやすく、文書作成などを行う方におすすめ。AMD Ryzen 4000シリーズのプロセッサーを搭載し、旧世代のRyzenより性能が格段にアップ。, まずは、CINEBENCH R20の結果です。マルチコアのスコアを見ると、Ryzen 7 4700Uは、1世代前のRyzen 7 3700Uや、インテルの主力のCore i7-10510Uと比較して、約1.7倍も高いスコアでした。シングルコアのスコアを見ても、1世代前のRyzen 7 3700UはインテルのCoreプロセッサーよりも低かったのですが、Ryzen 7 4700Uはかなりスコアが上がり、Core i7-10510Uよりも高いシングルコアのスコアになっていました。, また、1年前までゲーミングノートPCの主流のプロセッサーだったHシリーズのCore i7-9750Hと、同じくらいのスコアになっており、性能は飛躍的に上がっています。, PassMark Performance Test 10.0の結果は次の通りです。こちらについては、インテルの最新世代のCPUで、ゲーミングノートによく採用されるCore i7-10750Hよりも高いスコアが出ていました。, LightroomのRAW現像時間についても、インテルのCore i7-10510Uよりもかなり速かったです。ただし、Core i7-9750Hほどではありませんでした。, Premiere Pro CCについては、FHD動画の書き出しはそこそこ速いですが、4K動画の書き出しについてはなぜか極端に時間がかかっていました。原因は今のところ不明です。ただ、4K動画の編集をする方は外部グラフィクスを搭載した製品を選ぶと思うので、そこまで気にしなくていいでしょう。, TMPGEnc Video Mastering Works 7によるエンコード時間は速かったです。Core i7-9750Hと同等の時間でした。, 3DMark Night RaidのGraphics scoreを見ると、内蔵グラフィックスとしては高性能で、内蔵GPUが強化されたインテル Ice LakeのCore i7-1065G7よりも高いスコアでした。家庭で簡易的に動画編集をしたり、カジュアルに軽いゲームをしたりする程度なら、外部グラフィックスを搭載しなくても、このプロセッサーだけで対応できるケースもあるでしょう。ただし、GeForce MX250のスコアには届かない程度のスコアなので、ゲームやクリエイティブ作業などをする頻度が高い場合には、外部グラフィックスを搭載したモデルがいいと思います。, いくつかゲームのフレームレートも計測してみましたが、PUBG LITEやフォートナイトのような軽めのゲームなら、グラフィックス設定を中程度にすれば、平均フレームレートが60fpsを超えてきます。ドラクエXのような非常に軽いゲームなら、最高設定でもゲームができるでしょう。, 内蔵GPUによるエンコードは高速です。ソフトが対応していれば、高速にエンコードできるでしょう。, Ryzen 7 4700Uですが驚きの性能の高さで、マルチコア性能については、インテルの主力CPUのCore i7-10510Uよりも、約1.7倍も高いスコアでした。シングルコア性能についても比較的高く、多くの用途で利用できると思います。, ThinkPad E15 Gen 2などは、10万円前後の価格でRyzen 7 4700U搭載ノートPCを購入できるため、価格も高くありません。普通のノートPCよりも、ちょっと快適に、ストレスなく、テキパキと作業をしたい方におすすめのプロセッサーです。, Ryzen 4000シリーズのプロセッサーを搭載したノートパソコンの一覧は、こちらをご覧ください。各製品のレビューもあります。, Ryzen 3 4300Uのベンチマークスコア。インテルのプロセッサーと比較した場合、第10世代のCore i7とほぼ同等。, 情報等の内容の正確さ、適切さに関して、いかなる保証も致しません。万一、本サイト上の情報等の内容に誤りがあった場合でも、一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。, TMPGEnc Video Mastering Works 7によるエンコード時間 (x265), TMPGEnc Video Mastering Works 7によるエンコード時間. ここでは薄型ノートPC向けのAMD 第3世代Ryzen 5 4500Uのベンチマークスコアを掲載します。インテルの6コアのCore i7-10710Uと同じくらいの高い性能で、価格も安くコストパフォーマンスは抜群に良いと思います。, Ryzen 5 4500Uは、7nmプロセスのZen 2アーキテクチャを採用した第3世代Ryzen Pro 4000 Uシリーズの1つです。Ryzen 5と聞くと、それほど高い性能には感じないかもしれませんが、6つのコアを搭載しており、最大ブーストクロックも4.0GHzと高く、処理性能は高めです。, GPUコアは6つと比較的多く、メモリタイプは高速のDDR4-3200に対応しています。, CPU-ZとGPU-Zの詳細は下図の通りです。内蔵グラフィックスは、512MBがメインメモリから割り当てられていました。, 今回、ベンチマークの計測では、HP ENVY x360 13 (2020年モデル)を使用しています。他のPCではまた違った結果が出ることもあることはご了承ください。, Ryzen Mobile 4000 Uシリーズを搭載した高い性能のモバイルノートPC。アクティブペンにも対応しタブレットへ変形もできる。, まずは、CINEBENCH R20の結果を掲載します。従来のRyzen 5 3500Uやインテルの人気CPUのCore i5-10210Uとマルチコアのスコアを比較すると、約1.5倍も高いスコアです。インテルのUシリーズのCoreプロセッサーの中ではずば抜けて性能が高い6コアのCore i7-10710Uとほぼ同じスコアでした。, PassMark Performance Test 10.0のスコアについては、Core i7-10710Uよりも10%以上高いスコアでした。, Geekbench 5についてはあまりスコアが伸びず、Core i7-10710Uよりも大分スコアが低くなっています。, Adobe Lightroom Classic CCにおいて、100枚のRAWのデジタル写真を一度に現像したときの時間は次のグラフの通りです。, 今回テストに用いているHP ENVY x360 13のメモリは8GBです。Lightroomは8GBだと処理が遅くなるので、32GBメモリを搭載した別のRyzen 5 4500U搭載PCで計測した処理時間も合わせて掲載します。32GBだと8GBのときよりも、1~2割処理が高速化し、まずまずの速さだと思います。, Premiere Pro CCについては、FHD動画の書き出しは、外部グラフィックスを搭載していない割にはそこそこ速いですが、4K動画の書き出しについては極端に時間がかかっていました。Premiere Proを使うなら、外部グラフィックスを搭載したノートPCがおすすめです。, TMPGEnc Video Mastering Works 7によるエンコード時間は、Core i7-10710Uとほぼ同じくらいで非常に速いです。, また、3DMark Night RaidのGraphics scoreを見ると、Core i7-1065G7に内蔵されているIntel Iris Plusよりもやや高いスコアです。非常に軽いゲームやブラウザゲームをカジュアルにやりたい方や、VCEエンコードを行いたい方などにいいでしょう。ただし、GeForce MX250のローエンド外部グラフィックスには劣る性能ですので、過度な期待は禁物です。, いくつかゲームのフレームレートも計測してみましたが、PUBG LITEやフォートナイトのような軽めのゲームなら、グラフィックス設定を低めにすれば平均フレームレートが60fpsを超えてきます。ただ、低めの設定だと画質がかなり落ちるのであまりおすすめはしません。ドラクエXのような非常に軽いゲームなら、最高設定でもゲームができるでしょう。, Ryzen 5 4500Uは、6コア6スレッドに対応し、一般的なノート用よりやや性能が高めのプロセッサーです。それでいて、一般的なノートPCよりも価格は安い傾向にあり、コストパフォーマンスは抜群に高いです。, ベンチマークスコアは、一部のハイエンド・モバイルノートPCに搭載されているインテルCore i7-10710Uとほぼ同等です。グラフィックス性能についても、Core i7-1065G7内蔵のIntel Iris Plusよりもやや高いスコアでした。, サクサク仕事をしたい方や、持ち運びするモバイルノートでやや重めのアプリを使用する方におすすめです。, 一般ユーザーは、Ryzen 3 4300UにするかRyzen 5 4500Uにするか迷うところかと思いますが、ThinkPad E15 Gen 2などを見てみると、価格差は7,000円くらいなので、少し予算をかけられるならRyzen 5 4500Uがいいかなと思います。, Ryzen 4000シリーズのプロセッサーを搭載したノートパソコンの一覧は、こちらをご覧ください。各製品のレビューもあります。, タイピングがしやすく、文書作成などを行う方におすすめ。AMD Ryzen 4000シリーズのプロセッサーを搭載し、旧世代のRyzenより性能が格段にアップ。, テンキーは無いが、手がPCの中央に来てタイピングしやすい。AMD Ryzen 4000シリーズのプロセッサーを搭載し、性能も高い。, Ryzen 7 Pro 4750Uのベンチマークスコアを掲載。TPD 15Wのプロセッサーですが、インテルのTDP 45WのCore i7-10750Hとほぼ同等のスコア, Ryzen 7 4700Uのベンチマークスコアを掲載。インテルのメインのUシリーズ Core プロセッサーよりもかなり高いスコア。, Ryzen 3 4300Uのベンチマークスコア。インテルのプロセッサーと比較した場合、第10世代のCore i7とほぼ同等。, 15W TDPとしては最強クラスのRyzen 7 PRO 4750Uを選択できるノートPC。Intelモデルもあり、こちらは4K液晶を選択可能。, 情報等の内容の正確さ、適切さに関して、いかなる保証も致しません。万一、本サイト上の情報等の内容に誤りがあった場合でも、一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。, TMPGEnc Video Mastering Works 7によるエンコード時間 (x265), TMPGEnc Video Mastering Works 7によるエンコード時間. ?uRyzen Threadripperv‚Å‹†‹É‚̃}ƒ‹ƒ`ƒXƒŒƒbƒh«”\‚ðŠ¬”\ (1/9)bÅVƒp[ƒc«”\ƒ`ƒFƒbƒN, yƒŒƒrƒ…[z18ƒRƒA/36ƒXƒŒƒbƒh‚̉ö•¨CPUuCore i9-7980XEv‚ðŒŸØ `‚‚¢‚É“oê‚µ‚½’´ƒƒj[ƒRƒA‚َ͈ŸŒ³‹‰‚ÌŽÀ—Í - PC Watch, uCore i7-8700KvuCore i5-8400vƒŒƒrƒ…[B‘æ8¢‘ãCore‚̃fƒXƒNƒgƒbƒvPCŒü‚¯6ƒRƒAƒ‚ƒfƒ‹‚͂ǂꂾ‚¯‘¬‚¢‚Ì‚© - 4Gamer.net, yƒŒƒrƒ…[z6ƒRƒA‚É‚È‚Á‚ăRƒXƒp‚ªŒüã‚µ‚½Core i7-8700K‚ðƒxƒ“ƒ`ƒ}[ƒN - PC Watch. ?@uAMD Ryzen Mobilev“Á’¥‚Ü‚Æ‚ß (1/2) - ITmedia PC USER. ... PassMark CPU Markの期待される結果 ... AMD Ryzen Threadripper 2990WX: 2.

第3世代 Ryzen7 3700X 8Core 16Thread 3.6GHz-4.4GHz 65W Passmark 22,706 本当はここにGPU(グラフィック性能)と価格も入れるとさらに比較がしやすいのですが…。, いま気になるCPUは… インテル社の主力ブランドCore i9,Core i7,Core i5,Core i3、AMD社の主力ブランドRyzen Threadripper,Ryzen 7,Ryzen 5,Ryzen 3の性能をPassmark、Cinebench、Geekbench、CPU-Zのベンチマークスコアを基に簡単に比較できる表を掲載しています。

CPU«”\‚ª200“ƒAƒbƒv! Ryzen Threadripper 1950X‚ÍPCƒQ[ƒ€‚ÉŒü‚¢‚Ä‚¢‚é‚Ì‚©H‚»‚ÌŽÀ—Í‚ð’T‚é - AKIBA PC Hotline! 値段は60,000円程度。, 次に、Comet Lake Core i7-10700T 8Core 16Thread 2.0GHz-4.5GHz 35W PCIe 40レーン DDR4-2933 $325

も、この性能で40,000円ぐらいと、コスパがいいので良いと思います。, IntelのCPUは長らくCPUの性能が上がらないという停滞期に入っていましたが、第8世代以降は急速に性能があがってよかったです。 値段は45,000円程度。, あと、 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright © パソコン選び方・購入ガイド 2008-2020 All Rights Reserved. Copyright © 2006 - 2020 the比較 All rights reserved. Copyright © 2006 - 2020 the比較 All rights reserved. Intel 第4世代 Haswell Refresh Core i7 4790T 2.7GHz ~ 3.9GHz 4Core 4Thread 45W Passmark 9,377, ゲームなどはしないので、遅いと感じることはありませんね。

.

看護学生 カンファレンス テーマ 5, Sendgrid Sample Code 4, Vio脱毛 した 日 20, 心理学 ゼミ 志望理由 13, エクセル 半角/全角 勝手に切り替わる 5, ヤマダ電機 Cm あなたが笑うと 6, 尿管結石 内視鏡手術 体験談 31, Do You Hear The People Sing 楽譜 5, 人生 諦め 診断 43, Ff14 刻限 アラーム 22, 100均 軽石 水槽 18, 授業中 落書き 心理 26, ライズ ロッキー 値引き 14, Pso2 フルスクリーン 解除 12, Apex バトルパス 実質無料 37, 靴底 剥がれた 応急処置 5, 水商売 賃貸 横浜 5, 猫 口 くちゃくちゃ 威嚇 16, Youtube Music 歌詞 Iphone 6, Tyb3011ga カバー 外し 方 8, 京大 院試 化学 8, サクラ エディタ リンク 途切れる 5, 彼岸花 イラスト 線画 5, コロリョフ フォンブラウン 対談 5, Oz1 スロット 解析 5, Spring Security Logout Redirect 4, グンゼ 店舗 銀座 4, 盆栽 松 風水 6, 日塗工 色見本 販売店 6, サッカー 動画編集 ソフト 7, ソニー損保 一日 保険 7, 仙台 漬物 名物 8, ウルトラ ビジョン 施工 店 東海 4, マツコ会議 動画 9tsu 8, 香水 ダサい 歌 25, ゆうパケットプラス 箱 再利用 34, ペットボトル ラベル 剥がし方 9, 街へ いこう よ どうぶつの森 攻略 14, 飲み会 会計報告 メール 文例 9, Access Vba String 255文字以上 5, 洗濯機 排水ホース 水が残る 5, ファイル名 順番 記号 4, 順天堂大学 循環器内科 教授選 8, Dボタン Nhk ばれる 7, Toto ウォシュレットリモコン ボタン 6, キングヌー の お部屋 8, Got To Be Real 歌詞 和訳 5, Arrows Tab V727 S 充電器 5, Mac Unicode 入力 4, ミニカー デカール 剥がし方 8, オリックス ロドリゲス 頭の傷 11, 美容院 写真 正面 4, Jenica ホットプレート Jc Hp01 7, あおり運転 犯人 女 11,