fbq(' init'、' 335401813750447'); リモートデスクトップの既定の設定では、ユーザーごとにセッションを1つしか確立できないように制限されています。この既定の設定では、複数のメンバーが共同でサーバーの管理をおこなっているよ …

本エンドユーザーライセンス契約(以下、「本契約」と総称)は、下記で定義する個人または事業体であるお客様および Parallels International GmbH、その関連会社、子会社(以下、「Parallels」と総称)の間の法的な契約です。 購入者に対し、適正な使用の範囲を判断するために必要な情報を提供している。, お客様が、法的な意味で本ソフトウェア(に対する権利)の最初の購入者ではなく、使用済みのソフトウェアを購入している場合、お客様は、お客様が取得した本ソフトウェアに対する合法的権利の範囲においてのみ、本ソフトウェアを使用する権利を有するものとします。本ソフトウェアに対するお客様の権利は、EULA の条項によって定義され、また制限されています。, お客様が所在する国に応じて、本契約に添付した別紙 B に示す条項および制限が追加される場合があります(以下、「国固有の条項」と総称)。, 本ソフトウェアには、さまざまな第三者のソフトウェアコンポーネントまたはソフトウェアサービス(以下、「第三者ソフトウェア」といい、本ソフトウェアと併せて「本パッケージ」と総称)が含まれている場合があります。第三者ソフトウェアは、第三者ライセンス情報文書に詳しく説明される別個のライセンス条項(以下、「第三者の条項」と総称)に基づき提供されます(https://www.parallels.com/about/legal/licensing/)。本契約の条項に従った方法で、お客様が、本ソフトウェアと関連して第三者ソフトウェアを使用することは、かかる使用が本契約およびかかる第三者ソフトウェアに適用されるライセンス契約の条項に一致している限りにおいて許可されます。お客様は、適用される第三者の条項に基づき、第三者ソフトウェアの使用においてより広範な権利を有する場合があります。本契約のいかなる条項も、第三者の条項に基づくお客様の第三者ソフトウェアの使用について、追加的な制限を設けることを意図しません。本ソフトウェアにより、他の第三者のオペレーティングシステムおよびアプリケーションと相互運用できる場合もあります。ただし、Parallels はかかる第三者ライセンスをお客様に提供しないため、各ベンダーからすべての必要なソフトウェアのライセンスを取得することはお客様の責任となります。, お客様は、次の責任を負います。(a)お客様およびユーザーが本ソフトウェアをインストールおよび使用するために必要なすべてのコンピューターハードウェア、ソフトウェア、モデム、ルーターおよび他の通信機器を取得、展開、維持すること。(b)インターネットまたは通信サービスに必要な第三者 ISP、通信事業者、および他のサービス事業者と契約すること。(c)前述に関して生じるすべての第三者に対する料金およびアクセス料を支払うこと。Parallels は、本契約に基づきお客様にハードウェア、ソフトウェア、または他の機器を提供する責任を負いません。, ライセンスキーの盗難が発生した場合、またはお客様の管理がおよばない状況でライセンスキーが不正もしくは違法に使用されていることが疑われる場合は、お客様は Parallels に速やかに通知する必要があります。お客様に別のライセンスが再度発行され、疑わしいライセンスが無効になります。, お客様は、Parallels からお客様に請求書発行、支払受領、または関連目的の連絡用に通信するため、本ソフトウェアに関する正確、最新、完全な情報を随時必要に応じて提供することについて、同意するものとします。お客様は、アカウント情報を最新の状態に維持すること、および法的な事業体名、住所、電子メールアドレス、電話番号の変更を Parallels に連絡することについて、同意するものとします。お客様は、本契約に関して Parallels から行われるすべての通信の電子メールを受信することについて、同意するものとします。, お客様が所在する国または領域の地域の法律を含むすべての適用される法律を遵守し、すべての適用される輸出法規を遵守し、本ソフトウェアを使用することについて、お客様は同意するものとします。お客様は、適用される法律で禁止されるいずれの目的でも、本ソフトウェアを使用してはなりません。, Parallels は、特定の製品について、サポートおよび/または保守サービスを、別個の契約条項に基づき提供することもできます。お客様が、本ソフトウェアと併せて Parallels のサポートおよび/または保守サービスを購入した場合は、別個の契約の諸条件に基づき、かかるサービスが提供されます。また、Parallels は、本ソフトウェアを更新、改良、改変、修正、または追加を行うことを発表または実施する義務を明示的にも黙示的にも負わず、お客様には本契約を理由にこれらの実施を要求する権利はありません。Parallels が、サポートおよび/または保守サービスの一部として提供する更新またはアップグレードは、本ソフトウェアの一部とみなされ、本契約の条件に服します。Parallels は、随時、Parallels のサポートおよび/または保守ポリシーを修正、改正、中止、終了するすべての権利を留保します。, 本ソフトウェアおよび本ドキュメントに関する財産権は Parallels に帰属し、本ソフトウェアおよび本ドキュメントは、米国および他の司法管轄地域の著作権、特許、商標、および企業秘密に関する法律で保護されています。お客様および Parallels の間で、Parallels が本ソフトウェアおよび本ドキュメントに関するおよび対するすべての権利、権原、および利益(関連知的財産権を含む)を所有し、今後も引き続き所有することについて、お客様は認識および同意するものとします。本ソフトウェアまたは Parallels が提供するサービスに関連して Parallels が使用するすべての商標またはサービスマークは、Parallels の所有物です。本契約は、かかるマークに対するいかなる権利、ライセンス、または利益をお客様に付与するものではなく、お客様は、かかるマークまたはマークに酷似する言葉に対して権利、ライセンス、または利害を主張せず、デザインを作成しないものとします。, 当社の個人データおよびクッキーの使用に関する詳細は、プライバシーポリシーおよびクッキーポリシーに記載されています。お客様は、Parallels が、お客様の本ソフトウェアの使用に関し、データおよび関連情報を収集および使用することに同意するものとします。当該情報には、お使いのデバイス、システム、アプリケーションソフトウェア、および周辺機器に関する技術情報が含まれますが、これらに限定されません。お客様は、Parallels が、お客様へのサービス提供、当社の製品、サービス、および技術を運営、提供、改善、および開発するため、当社の製品、サービス、および技術の不正または不適切な使用を防止または調査するため、研究開発のため、本契約、プライバシーポリシーおよびクッキーポリシーに記載される他の目的で、当該情報を使用することにも、同意するものとします。, (a) 本契約の目的で、「機密情報」とは、一方の当事者(以下、「開示当事者」と総称)から相手方当事者(以下、「受領当事者」と総称)に開示され、口頭、書面、グラフィック、電子的な形式または媒体を問わず、本契約に基づいて、機密および専有とマークされ、または開示当事者により機密および専有と特定され、または開示もしくは受領した情報の性質、開示もしくは受領の状況から、機密および専有情報と合理的に理解すべき、サービス、価格情報、コンピュータープログラム、ソースコード、社員ならびにコンサルタントの名前ならびに専門知識、ノウハウ、他の技術、ビジネス、財務、製品開発情報を含みますがこれらに限定されない、いずれのおよびすべての非公共の技術および非技術情報を意味します。「機密情報」は、受領当事者が書面による記録で次を証明できる情報を含みません。(1)開示当事者からの本契約に基づく開示前に機密義務なしに正当に既知になった情報。(2)受領当事者の不正な行為なしに公的に既知であるか既知になる情報。(3)開示を許可された第三者から機密義務なしに正当に受領した情報。(4)本契約に基づき開示された機密情報を参照せずに受領当事者により独立して開発された情報。, (b) いずれの当事者も、本契約で明示的に許可される場合および開示当事者により書面で明示的に許可される場合を除き、相手方当事者の機密情報を使用しないものとします。受領当事者は、開示当事者の機密情報を、同じ性質の自己の機密情報保護と同程度の注意義務により保護するものとします。ただし、注意義務は、いずれの状況においても、商業的に合理的な標準の注意義務を下回らないものとします。受領当事者は、開示当事者の機密情報を、本契約に基づく受領当事者の義務履行または権利行使の目的のみで、本契約で定めた機密保持義務を下回らずに、かかる機密情報にアクセスする必要のある自己の社員および請負業者を除き、いずれの個人または事業体にも開示できません。上記の義務は、受領当事者が開示当事者の機密情報を次の場合に開示することを制限しません。(1)裁判所、行政機関、または他の政府団体の命令または要件に従い、かかる開示を要求された受領当事者が、かかる開示前に開示当事者に合理的な通知をし、かかる通知が合法的に許可される場合、および(2)法務ならびに財務のアドバイザー、会計士、監査人に対して機密で行う場合。各当事者は、開示当事者の機密情報について開示先の個人または事業体による本契約第 5.3 節の条項の不履行に関する責任を負うものとし、かかる不履行について開示当事者に速やかに通知するものとします。Parallels は、オンラインおよび印刷物のマーケティング資料にある顧客リストでライセンシーを特定できます。, お客様は、Parallels によりサポートされる支払方法のいずれかを使用し、Parallels に支払うべき全額を払うことについて、同意するものとします。本契約で別段の規定がある場合を除き、(a)料金は米国ドルで見積もって支払い、(b)支払い義務を解除できず、支払った料金を払い戻しできず、(c)期間ベースのライセンスのサブスクリプション料金を前払いするものとします。本契約に基づき支払うべきすべての金額は、相殺、反訴、控除または差し引きなしに、生じるものとします。, Parallels は、お客様から提供された支払い方法で料金を請求するか、いずれかおよびすべての未払いの料金についても、該当する料金について発効日以降に請求できます。すべての請求書については、支払期限日から三十(30)日以内に支払うものとします。他の救済措置を制限せず、請求書の支払期限日から三十(30)日より後に受領した支払いについては、支払期限日から計算し、支払日まで、毎月一パーセント(1.0%)または法律で許可される最大の利率のいずれか低い利率で、遅延手数料が生じます。, お客様は、本契約に基づくライセンス料に加えて、国、州、地方を問わず、Parallels の純利益に課される所得税を除き、本契約に基づき予定される取引に課税される適切な消費税、使用税、譲渡税などの税金または関税を支払う必要があります。お客様は、取引の結果として Parallels が支払う、または Parallels に直接課税される税金または関税の額を Parallels に返済すること、およびお客様からの最初の支払いに使用された支払い方法について、払い戻し可能な税額を Parallels が請求することに同意するものとします。, 本契約は、お客様が本契約に同意した時点で、またはお客様が本契約に明示的に同意しなくともお客様が本ソフトウェアをダウンロード、インストール、アクセス、または使用した時点で効力が発生します。本契約は、満了まで、または本契約に基づき終了するまで、その効力が継続します(以下、「契約期間」と総称)。, (a) 期間限定ライセンスは、お客様が前払い期間の満了前に期間を延長するためのすべての規定料金を支払わない限り、前払い期間の満了時に自動的に終了します。お客様は、かかる場合、Parallels が遠隔操作により本ソフトウェアを使用不能にできることに同意するものとします。お客様の便宜のために、Parallels は製品のインターフェイスでライセンス有効期限の警告を提供する場合がありますが、これを行う義務はありません。お客様が不適切とみなす有効期限について Parallels に連絡することは、お客様の責任となります。Parallels は、ライセンスの失効により発生する損害またはコストについて責任を負わないものとします。, (b) いずれの当事者も、本契約および本契約に基づき付与されたライセンスを、次の場合に直ちに終了できます。相手方当事者が、(1)支払い不能になり、本契約に基づく義務を履行しないか、履行できなくなる場合。(2)破産の申し立てを行う場合。(3)強制破産申し立てを行い四十五(45)日以内に取り下げられない場合。(4)本契約の重要な条件の重大な違反の是正を、かかる違反を特定する書面による通知の受領後十(10)日以内に怠る場合。または(5)本契約に基づく機密義務の重大な違反の場合。, (c) お客様は、Parallels に本契約を終了する決定を書面で通知し、本ソフトウェアおよび本ドキュメントの使用を中止することにより、本ライセンス契約を随時終了することができます。, (d) 本契約は、基礎となるお客様の Parallels アカウントの解約により、直ちに終了するものとします。, 理由の如何によらず、本契約が終了または満了した場合は、お客様は本ソフトウェアをアンインストールして、Parallels に本ソフトウェア、本ドキュメント、およびそのすべてのコピーおよび取得したすべてのライセンスキーを返還するか、これらをすべて破棄処分し、破棄処分した証明を書面で Parallels に提出するものとします。疑義を避けるため、お客様は、本契約の終了時に、いずれの理由でも、前払いした未使用の料金の払い戻しを受ける権利を持ちません。, 第 3 条、第 5 条、第 6 条、第 8 条、第 9 条、第 10 条、第 11 条、第 12 条、第 2.1 節、第 2.3 節、第 7.3 節、第 7.4 節は、本契約の終了後または期間満了後も存続するものとします。, お客様は、Business/Enterprise 製品については、契約期間中および本契約の終了または期間満了から二(2)年間にわたり、本契約の諸条件に関するお客様のコンプライアンスを Parallels が確認できるように十分詳細な、本ソフトウェアおよび本ドキュメントの使用の完全および正確な文書および記録を維持することについて、同意するものとします。Parallels および/またはそのエージェントは、本契約に関するお客様のコンプライアンスおよび本ソフトウェアに関して適用されるライセンス料の支払い(存在する場合)について判定するため、必要に応じ、お客様に書面で通知し、かかる文書、記録、およびコンピューティングデバイスを監査できます。かかる監査でお客様の過小支払いが検出される場合、お客様は、過小支払いに関する金額および第 6.2 節に従い計算する利子を Parallels に速やかに払うものとします。さらに、当該監査により、監査期間中に Parallels へのライセンス料の五パーセント(5%)以上が不足していることが発覚した場合は、お客様は Parallels が有する他の権利および救済手段に加えて、速やかに Parallels に監査費用を支払うものとします。, お客様は、Parallels、そのすべての役員、取締役、および社員(以下、「免責当事者」と総称)を、次から起因または関連して発生するすべての請求、申し立て、責任、損失、損害、判決、付与、コスト、および合理的な弁護士費用などの費用(以下、「請求」と総称)について、自己の費用負担により補償および免責することに同意するものとします。(a)お客様が、パッケージ、本ドキュメント、もしくはこれらのコンポーネントを、本契約もしくは適用される第三者の条項で許可される以外の方法で使用する場合もしくは使用することを疑われる場合。(b)第 1 条もしくは第 2.1 節の違反に起因もしくは関連する場合。または(c)適用される法律に違反する場合。お客様は、かかる請求から免責当事者に生じた損害、コスト、費用を、弁護士の費用およびコストを含め(最終的な司法判決による裁定または和解のいずれかを問わず)、払うものとします。お客様は、いかなる場合も、Parallels の事前の書面による承認なしに請求について和解できないものとします。Parallels は、自己の費用負担により、かかる請求に関して Parallels に助言する別の弁護士を雇い、請求の弁護に参加できますが、弁護および和解の支配に関するお客様の権利を条件とします。, お客様が物理的な媒体(USB ディスクドライブ、CD または DVD など)として本ソフトウェアを購入する場合は、Parallels は、本ソフトウェアを提供した媒体の材質上および製造上の欠陥に関して、購入日から九十(90)日間(以下、「保証期間」と総称)保証します。保証期間中、Parallels は欠陥のある媒体を追加費用なしで交換します。, 第 10.1 節に基づき明示的に付与される限定的な保証を除き、本パッケージおよび本ドキュメントは「現状有姿」でライセンス付与され、Parallels は、明示的、黙示的、法的のいずれかを問わず、法律で許可される最大限の範囲において、他の一切の保証を否認します。これには、商品性、品質満足度、特定目的に対する適合性、正確性、適時性、権原、または第三者の権利の非侵害性に対する黙示的な保証が含まれますが、これらに限定されません。上記の一般性を制限することなく、Parallels は、明示的に第三者ソフトウェアに関するあらゆる種類の保証を否認します。さらに、Parallels は、本パッケージがお客様の要件を満たすこと、本パッケージの動作が中断されないこと、適時および安全であること、エラーがないこと、本パッケージの欠陥またはエラーが修正されること、本パッケージが今後の Parallels 製品に互換性があること、本パッケージを介して保管または送信された情報またはデータが紛失、損傷、破損しないことを保証しません。お客様の目的の結果を達成するために本パッケージを選択すること、および本パッケージの使用によりもたらされる結果は、お客様の責任となります。本パッケージの品質および性能に関連するリスクは、お客様が全面的に負うものとします。Parallels のエージェントは、本契約で定めた Parallels の保証を変更または拡張することを許可されません。, いかなる場合においても、契約理論、保証、不法行為(過失を含む)、製造物責任に基づくか否かにかかわらず、かかる損害の可能性が Parallels に知らされていた場合も、Parallels は、事業利益の損失、事業の中断、事業情報の損失、データの損失、または他の金銭的な損失に関して、間接的、偶発的、必然的、特別、典型的、または懲罰的損害についての責任を、お客様またはその関係当事者に一切負わないものとします。いかなる場合においても、本契約に基づき発生するすべての種類の請求に関して、お客様に対する Parallels の総負債および累積責任は、請求の原因となるソフトウェアについて、請求発生時から過去 12 か月間にお客様が実際に支払っているライセンス料の額を超えないものとします。上記の救済が本質的な目的を達成できない場合でも、前述の制限が適用されます。, 一部の司法管轄地域では、特定の保証、損害、または賠償責任を制限または除外することが認められない場合があるため、上記の除外および制限がお客様に適用されない場合があります。その場合は、本契約第 10 条の除外および制限事項は、適用される法律の下で法的強制力が認められる最大限において適用されるものとします。, Apple iOS で駆動するモバイルデバイス(以下、「iOS アプリ」と総称)での使用向けに設計され Parallels によりお客様に提供した本ソフトウェアについて、次の追加条項が適用されます。, Android で駆動するモバイルデバイス(以下、「Android アプリ」と総称)での使用向けに設計され Parallels によりお客様に提供した本ソフトウェアについて、次の追加条項が適用されます。, お客様が Parallels に書簡、電子メール、電話、または別段の方法で、アイデア、フィードバック、提案、材料、情報、意見または他のインプット(以下、「フィードバック」と総称)を提供しても、かかるフィードバックは秘密扱いではなく、Parallels には、かかるフィードバックを確認、検討、または実施する義務はありません。お客様は本契約とともに Parallels、その承継人、および譲受人(以下、「Parallels ライセンシー」と総称)が単独の裁量による決定に基づき、お客様への報酬または帰属性なしに、かかるフィードバックを使用、複製、改変、開示、および別段の方法で利用する排他的、譲渡可能、世界的、ロイヤルティ無料、全額支払い済みのライセンス(サブライセンスの権利を含む)を付与します。お客様はフィードバックに対するあらゆる「人格権」を放棄し、これを主張しないことに同意するものとします。お客様は、Parallels ライセンシーが、フィードバックに含まれるアイデア、ノウハウ、概念、技術を使用、表示、複製、配布する義務を負わないこと、および、かかる使用、表示、複製、配布を要求する権利をお客様が持たないことについて、同意するものとします。, 本契約は、抵触法の原則が他の司法管轄地域の法律の適用を生じる範囲においてかかる原則を適用することなく、米国ワシントン州法に準拠し、同法に基づき解釈されるものとします。本契約に関連して生じる請求または紛争は、ワシントン州西地区の連邦または州裁判所に服するものとします。お客様は、法律で許容される最大限の範囲で、本契約により、かかる裁判所の管轄および裁判地に同意し、かかる裁判所の管轄および裁判地に対して異議を申し立てる権利を放棄するものとします。本契約は、統一コンピューター情報取引法または国際物品売買契約に関する国際連合条約に準拠せず、同条約の適用は明示的に排除されます。, Parallels が事前に書面で同意しない限り、お客様は、オンプレミスの本ソフトウェアおよび/または SaaS 提供、本ドキュメント、もしくはライセンスキーの権利をサブライセンス、リース、賃貸、または貸与することはできません。ただし、お客様が本契約の当事者である事業体に関するすべてまたは実質的にすべての資産を売却する場合は、本契約を全面的に譲渡することができますが、この場合、譲受人は、お客様の本契約上の義務をすべて引き受けるものとします。さらに、本契約に基づき付与されたライセンスは、オンプレミスの本ソフトウェアの使用に対して、および/または SaaS 提供使用の場合は、譲渡の直前にオンプレミスの本ソフトウェアがインストールまたはアクセスされている認定デバイスの SaaS 提供の使用に対してのみに限定されます。Parallels は、本契約を制限なく譲渡することができます。上記に反する譲渡は、無効であり、何らの効力も生じません。上記に従い、本契約は、各当事者、その承継人、および許可された譲受人を拘束し、かかる者の利益のために効力を生じるものとします。, 本契約のいずれかの条項が、裁判所または行政機関により、特定の状況下で無効または強制不能と判断された場合も、それ以外の条項の効力または強制力、および無効または強制不能とされた条項の他の状況における効力もしくは強制力には、影響を及ぼさないものとします。また、条項の元の趣旨の効果を最大限発揮させるために、条項は法律で許容される最大限の範囲で解釈および執行され、かかる解釈または執行が法律上許されない場合は、当該条項は本契約から分離されたものとみなされます。, 本契約の条文および各節の見出しは、参照目的のためのみに付されており、本契約の意味または解釈には影響しません。, 一方当事者が、他方当事者による本契約の違反に対して権利を行使し、申し立てを行わない場合でも、当該当事者が以降の本契約の違反に対する権利行使および申し立てを行う権利を放棄したものとはみなされません。, Parallels は独自の裁量で本契約を随時改正することができ、その場合は www.parallels.com に改正後の本契約を掲載します。ただし、本契約に関して生じた紛争は、当該紛争が生じた時点において有効であった本契約の条項に従って解決されます。Parallels では、ファイルにあるお客様の電子メールアドレス宛てに、本契約の更新について電子メールで通知します。お客様は、かかる通知の後に本ソフトウェアの使用を継続すると、改正した本契約に同意および承認したことになります。お客様は、本契約の改正を承諾しない場合は、自己の責任において、本ソフトウェアのすべての使用を中止し、本第 7 条に基づき本契約を終了する必要があります。, 米国(U.S.)の法律、お客様が本ソフトウェアを取得する司法管轄地域の法律、または他の適用される法規制の下で許可される場合を除き、お客様は本ソフトウェアを使用、輸出、再輸出、輸入、販売、または譲渡することはできません。お客様は、(i)米国政府の輸出規制の対象である国、または米国政府が「テロ支援国家」として指定した国に居住していないこと、および(ii)米国政府の取引禁止または取引制限相手として指定された人物のリストに記載される者ではないことを表明および保証するものとします。お客様はまた、本ソフトウェアは、物理的または電子的な方法によるソフトウェアの輸出を規制する米国および米国外の他の法令に服する可能性があることを認識するものとします。お客様は、Parallels に適用される米国および米国外の法律、ならびにエンドユーザー、最終使用、および目的地に適用される米国または米国外の政府の規制に準拠することに同意するものとします。お客様はまた、米国の法律で禁止されている目的のために、本ソフトウェアを使用しないことに同意するものとします。これには、核ミサイル、化学兵器、または生物兵器の開発、設計、製造、または生産が含まれますが、これらに限定されるものではありません。, 本ソフトウェアおよび関連技術データ(マニュアルおよび本ドキュメントを含む)は、連邦調達規制(FAR)2.101 で定義される「商業目的用」です。本ソフトウェアが米国政府(以下、「政府」と総称)の機関、省庁、他の事業体によりまたはこれらの代わりに取得される場合には、本ソフトウェアおよびいずれの関連技術データ(マニュアルおよび本ドキュメントを含む)の使用、コピー、複製、公開、改変、開示、または譲渡(以下、「使用」と総称)は、政府の調達方法にかかわらず、民間機関については FAR 12.212、軍事的機関については国防総省調達規則 227.7202 に従い、本契約の諸条件により制限されます。他すべての使用は禁止されます。, 本契約の翻訳は、地域の需要に応じて作成されるものであり、英文と英文以外の本契約の間に相違が発生した場合は英文による本契約が優先します。, (a) PARALLELS のロゴ、PARALLELS、2X、PARALLELS DESKTOP、PARALLELS ACCESS、APPLIFY、APPLIFICATION、TRANSPORTER、COHERENCE、PARALLELS REMOTE APPLICATION SERVER「RAS」は、Parallels International GmbH の米国および/または他の国における登録商標または商標です。本ソフトウェアおよび本ドキュメントの中で言及される他一切の商標は、各所有者の財産です。, (b) iPhone、iPad、iPod Touch、Apple Store、App Store、および対応するロゴは、Apple Inc. の商標であり、他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。, 本ソフトウェア、他の Parallels 製品、およびサービスについてご質問等がある場合は、「Parallels International GmbH, Vordergasse 59, Schaffhausen, Switzerland」宛てに当社までお問い合わせください。または、弊社の Web サイトをご覧ください。www.parallels.com。, 次の製品固有の条項は、下記の本ソフトウェアのお客様による使用に適用されます。次の製品固有の条項および本契約の本文に定めた一般ライセンス条項が抵触する範囲については、これらの製品固有の条項が支配するものとします。, (a) Parallels Desktop for Mac Standard Edition(別称、Home Edition または Parallels Desktop 家庭および学生向け)、Parallels Desktop Pro Edition および Parallels Desktop App Store Edition の使用範囲。 お客様は、各ライセンス(サブスクリプションまたは永久版)により、1 台の認証済みのデバイスに本ソフトウェアのコピーを 1 つインストールして使用できます。お客様が本ソフトウェアのライセンスを複数保有している場合は、保有しているライセンスの数に応じて、認証済みのデバイスに対し本ソフトウェアのコピーをそれぞれ 1 つずつインストールできます。お客様が同一社内で使用できる本ソフトウェアの消費者向けライセンスの数は、最大で 5 個とします。 同一社内で五(5)つを超える消費者向けライセンスの使用を必要とするお客様は、本ソフトウェアのビジネス向けライセンスを購入する必要があります。, (b) Parallels Desktop for Mac Business Edition の使用範囲。 お客様は、複数のライセンスが割り当てられる各ライセンスキーにより、複数の認定デバイスに本ソフトウェアをインストールできます。お客様のライセンスキーで許可される数の認定デバイスに本ソフトウェアの単一のコピーをインストールできます。, (c) Chromebook 向け Parallels Desktop Enterprise の使用範囲。 ライセンシングモデルは、頒布チャネルおよびライセンスキーの種類によって異なります。購入時に提示される諸条件を必ずご確認ください。, (i) デバイス単位のライセンシングの場合、お客様は本ソフトウェアを、ライセンスで許可される台数まで認定デバイスにインストールできます。, (ii) ユーザー単位のライセンシングの場合、お客様は本ソフトウェアを、ライセンスで許可されるユーザー数まで使用できます。各ユーザーライセンスは、ユーザーが本ソフトウェアを初めて起動した時点で即時に、自動的に消費されます。各ユーザーは、本ソフトウェアを複数のデバイスで使用できます。, (d) Parallels Tools: Parallels Tools は、Parallels 仮想マシンの性能および機能を向上させるユーティリティおよびドライバーのスイートです。Parallels 仮想マシンの性能および機能を向上させるために、お客様は Parallels Tools を配布およびインストールすることができます。, (a) Business Edition 以外の Parallels Toolbox の使用範囲。 お客様は、各ライセンスキーにより、単一の認定デバイスに本ソフトウェアのコピーを 1 つインストールして使用できます。, (b) Business Edition の Parallels Toolbox の使用範囲。 お客様は、複数のライセンスが割り当てられる各ライセンスキーにより、複数の認定デバイスに本ソフトウェアをインストールできます。お客様のライセンスキーで許可される数の認定デバイスに本ソフトウェアの単一のコピーをインストールできます。, (a) 認定デバイス。 Parallels Access ソフトウェアの目的で、認定デバイスという用語は、次を意味します。(1)Parallels Access(エージェント)をインストールしお客様の Parallels アカウントにログインしたリモートコンピューター(以下「認定リモートデバイス」総称)、および/または(2)Parallels Access モバイルアプリケーションをインストールしお客様の Parallels アカウントにログインしたモバイルデバイス(iOS または Android タブレットまたはスマートフォン)(以下「認定モバイルデバイス」総称)、および/または(3)お客様の Parallels アカウントにログインした Web ブラウザーがあり、Parallels Access Web Console アプリケーションを内部で実行するコンピューター(以下「認定 Web ブラウザー」と総称)。お客様は、認定 Web ブラウザーおよび/または認定モバイルデバイスから認定リモートデバイスにアクセスするには、お客様の Parallels アカウントに登録した有効なサブスクリプションが必要です。, (b) Business Edition 以外の Parallels Access の使用範囲。 ビジネス以外のサブスクリプションを購入した場合、本ソフトウェアを最大五(5)つの認定リモートデバイスと、無制限の数の認定モバイルデバイスにインストールでき、無制限の数の認定 Web ブラウザーから認定リモートデバイスにアクセスできます。, (c) Business Edition の Parallels Access の使用範囲。 ビジネスのサブスクリプションを購入した場合、本ソフトウェアを無制限の数の認定モバイルデバイスと、サブスクリプションに関連付けられた数の認定リモートデバイスにインストールでき、無制限の数の認定 Web ブラウザーから認定リモートデバイスにアクセスできます。, (a) 使用範囲。 Parallels Remote Application Server(以下、「RAS」と総称)の目的で、認定デバイスという用語は次を意味します。(1)RAS ファームに含まれる RAS サーバー(以下、「認定 RAS サーバー」と総称)。(2)本契約の目的で、「認定同時ユーザー」という用語は、Parallels Remote Application Server に同時にアクセスするユーザーを意味します。各ユーザーは、認定 RAS サーバーと任意の数の接続を確立できますが、これらのユーザーにより確立された同時接続数がお客様のライセンスキー関する制限を超えないことを条件とします。, (b) 前払いのライセンス(前払いのサブスクリプションおよび永久ライセンス)。 前払いのライセンスキーを使うと、単一の RAS ファームをアクティブにすることができ、ライセンスキーに関連付けられた永久ライセンスまたはサブスクリプションで許可される数で認定同時ユーザーをファームに同時接続できます。, (c) 後払いの(別称 SPLA)ライセンス。 後払いのライセンスキーを使うと、無制限の数の RAS ファームをアクティブにすることができ、アクティブにした RAS ファームのいずれかに属する認定 RAS サーバーに本ソフトウェアをインストールし、アクティブにした RAS ファームに無制限の数の認定同時ユーザーをファームに同時接続できます。お客様のライセンス料金は、請求期間中の本ソフトウェアの実際の使用に基づきます(請求期間中のお客様の各 RAS ファームで処理する認定同時ユーザー数)。, (a) 使用範囲。 Parallels PMM の目的で、認定デバイスという用語は次を意味します。(1)特定の Microsoft SCCM インストール/サイトに登録される PMM サーバー(以下、「認定 PMM サーバー」と総称)。(2)Microsoft SCCM インストール/サイトに登録される認定 PMM サーバーで制御する空のライセンスを使うコンピューター(以下、「認定 PMM エンドユーザーデバイス」と総称)。お客様は、本ソフトウェアをインストールする各認定デバイス用に有効なライセンスを取得する必要があります。PMM ライセンスキーを使うと、特定の Microsoft SCCM インストールに登録される PMM サーバーを無制限の数でアクティブにすることができ、ライセンスキーにより許可される数の認定 PMM エンドユーザーデバイスに本ソフトウェアをインストールできます。. Source link, 私は知っている、あなたが知っている、「サイク」は素晴らしいショーです-レビューオタク, 申し訳ありませんが、全員が2回目の刺激チェックを受けるわけではありません。 これが私たちが今知っていることです, ステータスバーアイコンを削除するAndroid 9.0ケーキでシステムUIチューナーを有効にする方法«Android :: Gadget Hacks. ユーザ情報が追加・削除・変更するたびに、複数台のサーバで情報をアップデートするより、1台のサーバで更新すればいいという方が楽です。サーバ台数やユーザ数が多くなればなるほどメリットがあります。, また、LinuxだけではなくWindowsのActive Direcoryとも連携すれば、ユーザ情報も統合管理することができます。, OpenLDAPは、多くのLinuxディストリビューションに含まれているので、インストール自体は簡単です。CentOS7では、yumコマンドでインストールができます。 userPasswordに入力するパスワードはslappasswdで作成しておきます。, nss-pam-ldapdを使う方法とsssdを使う方法があるようです。今回はnss-pam-ldapを使う方法で構築します。, ldapserverは自身のLDAPサーバーのホスト名またはIPアドレス、ldapbasednは自身のドメイン名を入力します。, LDAPユーザとして登録したユーザ(ここではcentos1)が認識されているかを確認します。, ユーザとしてcentos1は存在していない状態でidコマンドを実行してcentos1がリストされるかを確認します。, LDAPユーザでログインした時にはホームディレクトリが作成されないため、oddjob-mkhomedirパッケージをインストール、設定してホームディレクトリが自動作成されるようにします。, authconfigコマンドでoddjob-mkhomedirを有効にして、oddjobdサービスを起動します。, suコマンドでLDAPユーザに変更してホームディレクトリが作成されているかを確認します。, CentOS7ではfirewallが有効になっているので、firewallでldapを通過するように設定します。 ※検証環境はVirtualBoxで3つのInterfaceを使用しているため interfaces: enp0s3 enp0s8 enp0s9 にリストされています。, ここまででLDAPを使用してアクセスすることが確認できました。通常はこのままでは使わないでSSHやsudo設定を実施してアクセスできるように運用すると思いますが、ここではLDAPユーザでログインできることでLDAPが使えるところまでの確認となります。.

.

Fx 912ms 電池 交換 6, All Around Me Tab 4, ピーマン 人参 子供 5, エレメンタリー モリアーティ 最後 6, Ping ゴルフ Wiki 7, Zc33s 6at Ecu 15, コリドラス 人工 水草 11, 韓国 子役 整形 34, ディズニーランド ツイッター リアルタイム 16, 楽天証券 Nisa Etf 6, ソニー ワイヤレスイヤホン 充電できない 4, プッシュ式 シフトノブ 延長 19, Twice 寮 2020 36, ドアロック 後付け 車 5, ソリオ 荷室 棚 4, 猫 舌 白い 10, Google Custom Search Python 4, Luna Sea Make A Vow Mp3 22, 黒い砂漠 経験値 クエスト 23, 賃貸 壁 穴 殴った 保険 8, 少クラ 動画 Sixtones 6, Bcg ケース 過去 問 5, 朝礼スピーチ 強要 パワハラ 27, 動 的 壁紙 5, 古文 助詞 問題 5, Final イヤホン 比較 4, モバイルsuica 機種変更 エラー 7, ロードバイク 立ちゴケ 怪我 4, Cisco Webex Meetings 言語 22, Kindle 注文 キャンセル エラー 4, Gas 文字列 抽出 5,