0000233293 00000 n 0000007365 00000 n 0000285967 00000 n 0000228917 00000 n 0000285656 00000 n 0 0000178779 00000 n 0000287387 00000 n

0000240156 00000 n

0000286716 00000 n 0000007533 00000 n 0000282352 00000 n

0000284266 00000 n �*Dzt�ƀ;����lr��X�Icd�j�*�� w@����e��` u_)HdI�k0�؀ѵj 0000286938 00000 n 証明書など、設定値のほかにファイルが必要なものは複製されません。 0000032673 00000 n 0000286181 00000 n 0000242575 00000 n 0000232485 00000 n 0000227222 00000 n 0000282773 00000 n

0000284841 00000 n 0000283540 00000 n 0000230874 00000 n

0000224906 00000 n

0000285554 00000 n

0000020213 00000 n 0000028614 00000 n 0000260000 00000 n

0000258518 00000 n 0000262927 00000 n 0000265512 00000 n

0000286397 00000 n

0000282675 00000 n 0000244075 00000 n 0000283837 00000 n

0000258412 00000 n 0000265876 00000 n 0000224168 00000 n 0000219522 00000 n

endstream endobj 253 0 obj <.

0000243265 00000 n

0000177836 00000 n 0000241661 00000 n

0000240050 00000 n 0000223709 00000 n 0000038451 00000 n

0000229558 00000 n 0000263131 00000 n 0000284618 00000 n この項目は、お使いの機械が本機能に対応している場合のみ表示されます。, ジョブフローが保存されているプールサーバーの設定をします。この項目は、ApeosPortシリーズの場合にだけ表示されます。, プールサーバーの設定は、ApeosWare JF Pool Serviceを使用する場合に設定します。, 次の[ユーザー名]、[パスワード]で設定した認証情報を利用するかどうかを設定します。, プールサーバーに接続するときのパスワードを、半角32文字以内で設定します。画面には[*](アスタリスク)、または[●](黒丸)で表示されます。, [編集]ボタンをクリックすると、[外部アクセスの接続先設定]画面が表示されます。接続先名やURLなどを設定できます。, 外部アクセスを使用してプリントする場合の有効時間を設定します。印刷を指示したあと、ここで設定した時間以内に外部接続先からプリントデータを受信しないと、プリント指示が無効になります。0〜255分までの範囲で1分単位で設定します。タイムアウトしない場合は、[0]を設定します。一度に大量の文書をプリント指示した場合や、処理に時間がかかる複雑な文書が含まれる場合、最後のページを受け付ける前にタイムアウトすることがあります。タイムアウトすると、受信したプリントデータはキャンセルされます。使用状況を考慮して、時間を設定してください。, 本機でユーザー認証したときのユーザー情報(認証したユーザーID、パスワード、メールアドレス、サービス制限など)を、外部アクセスの接続先サーバーに送信するときに、確認画面を表示するかどうかを設定できます。確認画面を表示する場合は、(チェックボックス)をチェックします。なお、認証情報に不備がある場合は、[表示する]と設定したときでも確認画面が表示されます。また、チェックボックスのチェックを外しているときでも、認証情報に不備がある場合は、確認画面が表示されます。ここでは、Windows統合認証で、認証送信時に確認画面を表示するかどうかを設定します。, リンク先のアドレスを、半角256文字以内で入力します。使用できる文字は、英数字、[%](パーセント)、[@](アットマーク)、[.](ピリオド)、[:](コロン)、[/](スラッシュ)、[_](アンダーバー)、[-](ハイフン)、[~](チルダ)、[?](クエスチョン)、[&](アンド)、[=](イコール)です。, 本体を特定するための情報や、利用するユーザーの認証情報を、外部サービスに接続するたびに接続先に通知するかどうかを設定します。これらの情報は、接続する外部サービスによって使用するかどうかが判断されます。そのため、通常は本体側から設定することはありません。, 接続先のサーバーの種類を設定します。[富士ゼロックス製サーバー]または[Apeos iiX準拠]が選択できます。, ICカードのIDを通知するかどうかを設定します。この項目は、次の条件を満たしている場合だけ表示されます。, 本体を特定するための情報や、利用するユーザーの認証情報をプリントジョブチケットで通知するかどうかを設定します。これらの情報は、接続する外部サービスによって使用するかどうかが判断されます。そのため、通常は本体側から設定することはありません。, 本機の設定情報ファイルを複製して取り出したり、他の機械の設定情報ファイルを取り込んだりできます。, 注記: 0000287191 00000 n 0000007455 00000 n 0000283945 00000 n

0000286501 00000 n

0000255235 00000 n 0000005466 00000 n 0000283393 00000 n 0000284720 00000 n ©Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved. 0000240861 00000 n trailer 0000253761 00000 n %PDF-1.4 %���� 0000028489 00000 n 0000286832 00000 n 0000262369 00000 n

0000260795 00000 n

0000005063 00000 n 0000178305 00000 n 0000285859 00000 n 表示言語を設定する. 0000260106 00000 n

ョン)使用時の注意/ 制限, GS1-128(旧UCC/EAN128)バーコード(コンビニバーコード)出力についての注意/制限, メールプリント機能使用上の注意/制限, Googleクラウドプリント機能使用上の注意/制限, 補修用性能部品の保有期間について, 本機とコンピューターで厚紙を指定してプリントする, サイズが異なる原稿を、ホチキスとZ折りを指定して両面でコピーする. 0000228179 00000 n startxref 0000262541 00000 n 0000286296 00000 n 0000006588 00000 n 0000023672 00000 n 0000260901 00000 n

0000230210 00000 n

0000005502 00000 n 0000252966 00000 n 0000027713 00000 n

0000284963 00000 n xref

0000283064 00000 n 0000285093 00000 n

0000006699 00000 n CentreWare Internet Services は、TCP/IP 環境が使用できる場合に、Web ブラウザーを介して、本機の状態やジョブの状態を表示したり、本機の設定を変更したりするためのサービスです。 操作用UIの操作中は、CentreWare Internet Servicesでの設定はできません。プリンターが自動リセットされてから、設定してください。 機械管理者IDとパスワードは、プリンターに設定してあるものと同じです。 ヘルプを表示させるときは、右上にある[ヘルプ]をクリックします。 注記.

0000259212 00000 n {� aRY��z��P���5����mD�*%b�~=}�J �_���1at��J�h��?�S�>�&��w�'�� ?�� l�X�:��Z��U��#F�鄄]��`��t"��bz\�H|����W��x���Ob�k�y �K�h-`���%��o�rب� O�KY䵤��r��������uf�̧kWz)O�� n��F�A}'��� ������&G�*k3XvE3��;R~�^a���9��G�~�ׯ�N��_,eG�&1��������IIh��n��L2t��lCx�Gu[4�ј���>��N@H^qWi�PG~���b����Q�C"��۲����%��.�Uiu3����ݨ��2s0��cl�����Ί��\Ev�T�Ui�T�7ǜ�bOt=c-_���*� 0000250599 00000 n 0000285197 00000 n 0000286606 00000 n ョン)使用時の注意/ 制限, GS1-128(旧UCC/EAN128)バーコード(コンビニバーコード)出力についての注意/制限, メールプリント機能使用上の注意/制限, Googleクラウドプリント機能使用上の注意/制限, 補修用性能部品の保有期間について, 本機とコンピューターで厚紙を指定してプリントする, サイズが異なる原稿を、ホチキスとZ折りを指定して両面でコピーする. 0000286073 00000 n IPアドレスなど、機械固有の設定情報も複製されます。   他の機械へ取り込んだ場合、IPアドレスの重複などが発生しますのでご注意ください。

0000282391 00000 n 0000285323 00000 n

0000247296 00000 n 0000235314 00000 n

252 0 obj <> endobj 0000263550 00000 n 0000287642 00000 n 0000243371 00000 n �� �����$A�:�t�Qר�En��3x嗪Ҕ��k�U�R��#halS�*u r��wB���ZS+��8u���Y�WZ�U�^o�J[�M�; ɞ��L�?6��#cwF�]l^@�v�_p��;f��1��љ` ھ�@wh�����xu�/W(('M(�.1Ú�\}��O3���)�9Tt�7�n ������h�/��e;���� 0000252860 00000 n 0000027981 00000 n

CentreWare Internet Servicesについて設定します。 表示更新時間 表示内容を自動的に更新する間隔を20~600秒の間で1秒単位で設定します。[0]を指定した場合、表示の自動更新はされません。 表示言語 CentreWare Internet

0000007143 00000 n ©Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved. 0000242469 00000 n コンテンツID(1760) 概要. 0000007032 00000 n 0000262475 00000 n 0000249803 00000 n 3.

0000236125 00000 n

0000233187 00000 n 0000249697 00000 n 0000251286 00000 n 0000261588 00000 n

0000282595 00000 n 0000282873 00000 n 0000236931 00000 n 0000237739 00000 n 0000262687 00000 n 0000246495 00000 n 0000244884 00000 n データ暗号化が有効化されているときにCentreWare Internet Servicesにアクセスするには、アドレスの前に「http」ではなく「https」を入力してください。 IPアドレスの例: https://192.168.1.100/ インターネットアドレスの例: https://xxx 0000014707 00000 n 0000263444 00000 n CentreWare Internet Servicesを使用する前に、使用するブラウザーで以下の設定をしてください。 Internet Explorer 7.0(Windows)の場合 表示言語を設定する 操作手順 ツールバーの[ツール]から、[インターネットオプション]を選択 0000240967 00000 n 0000261694 00000 n ©Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved. 0000234398 00000 n 0000011954 00000 n 0000178043 00000 n CentreWare Internet Servicesとは CentreWare Internet Servicesは、コンピューター上でWebブラウザーを使用してプリンターの現在の状態や設定を表示、設定、変更することができるソフトウェアアプリケーションです。 ページ表示フォーマット 0000287074 00000 n 0000245694 00000 n 0000239248 00000 n CentreWare Internet Servicesから親展ボックス内のファイルを複数削除したい ; 親展ボックスのパスワードを忘れてアクセスできない.

0000262817 00000 n 0000236019 00000 n 0000241767 00000 n CentreWare Internet Servicesのロゴマークと、アクセスしているプリンターの機種名、および、このヘルプを表示するための[ヘルプ]ボタンがあります。 また、CentreWare Internet Servicesの各機能(状態、ジョブ、プロパティ、プリンター、サポート)画面を表示するための、ページタブ(リン …

0000252072 00000 n 0000287515 00000 n 0000239354 00000 n 0000263335 00000 n

0000237633 00000 n 0000256132 00000 n 親展ボックスのパスワードを忘れてアクセスできない; ファクス、Eメール、スキャナーが利用できない.

0000027847 00000 n 0000284053 00000 n

0000226495 00000 n 0000007254 00000 n 0000245800 00000 n 0000262616 00000 n ツールバーの[ツール]から、[インターネットオプション]を選択します。 0000246601 00000 n 0000256922 00000 n

0000248203 00000 n

©Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved. %%EOF

この項目は、オプションのエミュレーションキット、またはAdobe PostScript 3キットを接続している場合にだけ表示されます。, 使用する論理プリンターの番号を設定します。詳しくは、[編集]ボタンをクリックして表示される[PC-PR201H論理プリンター設定]画面で設定します。, 現在編集している論理プリンターの番号が表示されます。例えば、論理プリンター番号が[1]の場合、論理プリンター名は[201H1]となります。, 用紙位置(左置き、または中央置き)、およびカットシートフィーダーがあるかどうかを設定します。カットシートフィーダーなしの場合は、FF(改ページコマンド)を受信すると、VFUで設定された値だけ行送りをし、カットシートフィーダーありの場合は、改ページします。ここでの設定とアプリケーションでの設定が同じくなるようにしてください。, 改ページだけのデータのように、プリントするデータがまったくない場合に、白紙を節約するかどうかを設定します。, 使用する文字を日本語、アメリカ、イギリス、ドイツ、スウェーデンの中から設定します。, 2バイト系文字(漢字)の書体を設定します。なお、2バイト系半角文字もこの書体が適用されます。, 右マージン位置を超えたときの自動改行の動作を設定します。[CR]は印字復帰だけを行います。[CR/LF]は印字復帰したあと改行します。, 印字指令のコマンドを設定します。[全て]を選択すると、印字指令のコマンドを、CR、LF、VT、FF、US、ESC a、ESC bとします。, 拡張子を指定できます。拡張子とは拡張コマンドの先頭の2バイトのことです。指定すると、テキストコードで制御できるようになります。拡張子指定については、『エミュレーションキット取扱説明書』にある「4 設定できる項目」>「PC-PR201Hエミュレーションのモード設定項目」を参照してください。, テキストコードで制御できるようにしたい場合は、拡張コマンドの拡張子(先頭2バイト)を2文字指定します。拡張子については、『エミュレーションキット取扱説明書』にある「4 設定できる項目」>「PC-PR201Hエミュレーションのモード設定項目」を参照してください。, 右マージン位置を超えたときの自動改行の動作を設定します。チェックすると、印字復帰したあと改行します。, ESC/Pに関する設定を行います。頻繁に使う設定の組み合わせを論理プリンターとして設定しておきます。, 使用する論理プリンターの番号を設定します。詳しくは、[編集]ボタンをクリックして表示される[ESC/P論理プリンター設定]画面で設定します。, 現在編集している論理プリンターの番号が表示されます。例えば、論理プリンター番号が[1]の場合、論理プリンター名は[ESCP1]となります。論理プリンター番号は表示だけで変更できません。, カットシートフィーダーがあるかどうかを設定します。カットシートフィーダーなしの場合は、FF(改ページコマンド)を受信すると、VFUで設定された値だけ行送りをし、カットシートフィーダーありの場合は、改ページします。, 1バイト系の英数字を印字する場合のコード表の種類を設定します。国内版アプリケーションを使用する場合はカタカナを、海外版アプリケーションを使用する場合は[拡張グラフィック]に設定してください。, 1バイト系の英数字を印字する場合、文字を縮小して印字できます。縮小するか等倍で印字するかを設定します。, 2バイト系罫線フォントの印字方法を設定します。罫線については、『管理者ガイド』にある「付録」>「ESC/Pエミュレーションを使用するには」を参照してください。, 拡張子を指定できます。拡張子とは拡張コマンドの先頭の2バイトのことです。指定すると、テキストコードで制御できるようになります。拡張子指定については、『管理者ガイド』にある「付録」>「ESC/Pエミュレーションを使用するには」>「ESC/Pエミュレーションモード設定項目」を参照してください。, テキストコードで制御できるようにしたい場合は、拡張コマンドの拡張子(先頭2バイト)を2文字指定します。拡張子については、『管理者ガイド』にある「付録」>「ESC/Pエミュレーションを使用するには」>「ESC/Pエミュレーションモード設定項目」を参照してください。, フォーム合成するファイル名を半角8文字以内で設定します。フォーム合成については、『管理者ガイド』にある「付録」>「ESC/Pエミュレーションを使用するには」を参照してください。, 各スキャン機能で共通な項目の設定をします。この画面は、お使いの機械が本機能に対応している場合のみ表示されます。, [スキャナー(メール送信)]でスキャン文書を送信する場合、ファイル名に日付やページ番号を付加するかどうかを設定します。付加する場合は、([日付を付加する]チェックボックス)をチェックします。, ファイル名を自動生成するかどうか、またはファイル名の形式の設定によって、次のようになります。, ※この設定は、インターネットファクスで送信される文書のファイル名にも適用されます。, 送信者アドレスを宛先に追加するかどうかが表示されます。この項目は、スキャナー(メール送信)が有効な場合に表示されます。, [一般]画面で[編集]ボタンをクリックすると表示される画面です。メールを受信したときのプリント動作や、メール送信時の送信者アドレスなどについて設定します。メール機能の詳細については、『管理者ガイド』を参照してください。, メールを送信するときに使用する本体のメールアドレスを、英数字の半角128文字以内で指定します。, プリンターに設定されているプリンター名を、英数字の半角32文字以内で指定します。次の半角文字は使用できません:[:](コロン)、[=](イコール)、[@](アットマーク)、[*](アスタリスク), 認証時に送信者の設定変更を許可するかどうかを設定します。設定変更を許可する場合は、取得成功時(チェックボックス)、または取得失敗時(チェックボックス)をチェックします。この項目は、スキャナー(メール送信)が有効な場合に表示されます。, ゲストユーザーの場合に、送信者の設定変更を許可するかどうかを設定します。設定変更を許可する場合は、[有効]をチェックします。設定変更を許可しない場合は、[無効]をチェックします。この項目は、スキャナー(メール送信)が有効な場合に表示されます。, 認証を行った結果メールアドレスを取得できなかった場合に、メール送信機能の利用を許可するかどうかを設定します。利用を許可する場合は、[有効]をチェックします。利用を許可しない場合は、[無効]をチェックします。この項目は、スキャナー(メール送信)が有効な場合に表示されます。, 認証を行わない場合に、送信者の設定変更を許可するかどうかを設定します。設定変更を許可する場合は、[有効]をチェックします。設定変更を許可しない場合は、[無効]をチェックします。この項目は、スキャナー(メール送信)が有効な場合に表示されます。, 件名の初期値を、英数字の半角128文字(全角64文字)以内で設定します。この項目は、スキャナー(メール送信)が有効な場合に表示されます。, 署名の初期値を、6行まで設定できます。英数字の半角128文字(全角64文字)以内で設定します。, モニターレポートを出力するかどうかを選択します。[未送信レポートのみ出力]、[自動出力する]、または[自動出力しない]のどれかを選択します。, 送信者アドレスを宛先に追加するかどうかを選択します。追加をする場合は、(チェックボックス)をチェックします。この項目は、スキャナー(メール送信)が有効な場合に表示されます。, 送信者アドレスをCCに追加するかどうかを選択します。追加をする場合は、(チェックボックス)をチェックします。この項目は、スキャナー(メール送信)が有効な場合に表示されます。, メールの宛先、CC、BCC欄を編集するかどうかを選択します。編集を許可する場合は、(チェックボックス)をチェックします。この項目は、スキャナー(メール送信)が有効な場合に表示されます。, 受信したメールのヘッダーを印刷するかどうかを[しない(添付文書のみ印刷)]、[本文がなければプリントしない]、[ヘッダーの一部と本文をプリント]、[ヘッダーすべてと本文をプリント]、[S/MIME情報をプリントする] から選択します。, 配送確認のメールをプリントするかどうかを[しない]、[する]、[不達時のみプリントする]から選択します。, メールサーバーからのエラー通知メールを自動的にプリントする場合は、(チェックボックス)をチェックします。, 受信したメールが配送確認を要求するメールの場合に、自動応答する場合は、(チェックボックス)をチェックします。, 受信ドメインの制限を、[しない]、[送受信許可するドメインを指定]、[送受信拒否するドメインを指定]から選択します。ドメインの指定は、[編集]ボタンをクリックして表示される[ドメインリストの設定]画面で行います。, [ドメインによる送受信制限]で[送受信許可するドメインを指定]または[送受信拒否するドメインを指定]に設定した場合に、対象となるドメインを指定します。ドメインは、50個まで指定できます。, 宛先表のCSVファイル形式による登録/取り出しを行います。ダウンロードしたCSVファイル(宛先表のデータ)を本機以外の機器に一括登録することで、宛先表をコピーできます。コピーしたデータはバックアップファイルとして保管しておくこともできます。, 注記:一括登録する場合は、ダウンロードしたCSVファイル(宛先表のデータ)は編集しないでください。編集すると、一括登録できなくなります。, また、ダウンロードしたCSVファイル(宛先表のデータ)はファクス宛先表ツールで編集すると、ファクスドライバーの宛先表として利用することもできます。, 注記:ファクスドライバーの宛先表として利用する場合、ファクス宛先表ツールだけで編集してください。ファクスドライバーで利用できなくなります。, 他の機器から取り出したCSVファイルを本機にインポートすることで、他の機器のデータを本機にコピーできます。, CSVファイルを指定します。[参照...]ボタンをクリックして、参照するCSVファイルを指定します。, このボタンをクリックすると、宛先情報を入力したCSVファイルが、本機に読み込まれます。読み込み後、本機は自動的に再起動されます。, このリンクをクリックすると、ファイルダウンロードダイアログが表示されます。フォルダーを指定して、宛先情報を入力したCSVファイルを保存してください。, [一般]画面で[編集]ボタンをクリックすると表示される画面です。インターネットファクスの件名、本文などについて設定します。, 同胞するプロファイルを[TIFF-S]、[TIFF-F]、または[TIFF-J]から選択します。, 同報時の通信モードを[G3自動]、[国際通信]、または[G4自動]から選択します。, 受信したインターネットファクスのヘッダーと本文を印刷するかを、[しない(添付文書のみ印刷)]、[本文がなければプリントしない]、[ヘッダーの一部と本文をプリント]、[ヘッダーすべてと本文をプリント]、[S/MIME情報をプリントする]から選択します。, プルダウンボックスから排出先を指定ます。表示される項目は機種の構成により異なります。また、排出先がひとつしかない場合はプルダウンボックスは表示されません。[受信文書の排出先]に排出先を指定すると、[ファクス/インターネットファクスの排出先として専用化する](チェックボックス)または[インターネットファクスの排出先として専用化する](チェックボックス)が表示されます。必要に応じて選択します。表示されるチェックボックスの名称は機器の構成により異なります。, 宛先表によるファクス転送制限を有効にする場合は、[する](チェックボックス)をチェックします。, ファクス転送時の発生元記録を有効にする場合は、[する](チェックボックス)をチェックします。, ファクス転送時の上限データサイズを指定する場合は、[制限する](チェックボックス)をチェックし、[1-65535]KBの範囲で指定します。ファクス転送時の上限データサイズを指定しないと本機能は有効になりません。, エラー通知メールの自動プリントを有効にする場合は、[する](チェックボックス)をチェックします。この項目はEメール・プリントが有効時のみ表示されます。, 開封確認(MDN)要求への応答する場合は、[する](チェックボックスをチェックします。, 開封確認(MDN)機能の使用を有効にする場合は、[許可](チェックボックスをチェックします。, インターネットファクス送信時の件名を、半角128文字(全角64文字)以内で設定します。使用できる文字は、ASCII印字可能文字(ASCII図形文字にスペースを加えたコード番号32〜126の文字)です。, インターネットファクス送信時の本文を、半角256文字(全角128文字)以内で設定します。使用できる文字は、ASCII印字可能文字(ASCII図形文字にスペースを加えたコード番号32〜126の文字)です。, インターネットファクス送信時の本文に、送信者の情報を入れる場合は項目をチェックします。, インターネットファクス送信時の本文に、添付されているものの情報を入れる場合は項目をチェックします。, インターネットファクス送信時の本文に、本機の情報を入れる場合は、項目をチェックします。, インターネットファクス送信時に使用する署名を、半角128文字(全角64文字)以内で設定します。, モニターレポートを生成するかどうかを[自動出力しない]、[未送信レポートのみ出力]から選択します。, メール、インターネットファクス、ファクスから表示される宛先表画面は同じです。表示される項目については、メールの宛先表を参照してください。, モニターレポートの出力指定が表示されます。 [自動出力しない]または[未送信レポートのみ出力]を選択します。, 電話番号別のボックスセレクター機能を使用する場合は、(チェックボックス)をチェックします。, 受信回線別のボックスセレクター機能を使用する場合は、(チェックボックス)をチェックします。, 編集する回線の(チェックボックス)をチェックして、このボタンをクリックすると、[受信回線別ボックスセレクター]画面が表示されます。, 親展ボックスに保存する文書の電話番号を指定します。電話番号には[*]が使用できますが、電話番号の1桁めには[*]を使用できません。, [回線1の文書転送方法の設定]画面〜[回線5の文書転送方法の設定]画面、[回線SIPの文書転送方法の設定]画面が表示されます。, 文書の転送先として[プリント]を有効にする場合は、(チェックボックス)をチェックします。, 文書の転送先として[ファクス転送]を有効にする場合は、(チェックボックス)をチェックします。, 文書の転送先として[IPファクス(SIP)転送]を有効にする場合は、(チェックボックス)をチェックします。, 文書の転送先として[インターネットファクス転送]を有効にする場合は、(チェックボックス)をチェックします。, 文書の転送先として[メール転送]を有効にする場合は、(チェックボックス)をチェックします。, 文書の転送先として[FTP転送]を有効にする場合は、(チェックボックス)をチェックします。, 文書の転送先として[SMB転送]を有効にする場合は、(チェックボックス)をチェックします。, 親展ボックスに文書蓄積時、およびジョブフローの実行結果をメールで通知する場合は、(チェックボックス)をチェックします。※[次へ >]ボタンをクリックすると、転送先を設定する画面が順番に表示されます。, ファクス/インターネットファクス受信文書の排出先について設定します。[受信文書の排出先]は、排出先が2ヵ所以上ない場合は表示されません。, ファクス/インターネットファクスの受信文書を排出先トレイを専用化するかどうかを設定します。※[受信文書の排出先]はインターネットファクス機能がない場合、[排出先専用化]と表示されます。, スキャナー(マイフォルダ保存)を設定します。この項目は、本機の認証方式が外部認証のときに表示されます。認証したユーザーに応じ、転送先を変更できます。データをユーザーに応じた転送先へ転送できます。, スキャナー(マイフォルダ保存)を有効にする場合は、(チェックボックス)をチェックします。, スキャナー(マイフォルダ保存)用の転送先を変更できるように設定する場合は、(チェックボックス)をチェックします。, スキャナー(マイフォルダ保存)用の画像が格納されているパスを取得する方法を選択します。[LDAPによって決定]を選択した場合、起点フォルダーはLDAPから取得した情報をもとに決定します。この場合、LDAPサーバーへのアクセスが必須になります。[システムデータによって決定]を選択した場合、[ホームディレクトリのパス]で設定されているフォルダーが起点となります。, [LDAPユーザーの関連付け]画面へのリンク、および[LDAPユーザーの関連付け]画面で設定されているホームディレクトリーのパスが表示されます。ホームディレクトリーとは、[スキャナー(マイフォルダ保存)]でスキャンしたデータを転送する転送先のことです。※この項目は、[起点フォルダの決定方法]で[LDAPによって決定]を設定したときだけ表示されます。, スキャナー(マイフォルダ保存)用の画像が格納されているパスを、半角128文字(全角64文字)以内で設定します。※この項目は、[起点フォルダの決定方法]で[システムデータによって決定]を設定したときだけ表示されます。, スキャナー(マイフォルダ保存)用のサブフォルダーを自動生成する場合は、(チェックボックス)をチェックします。, スキャナー(マイフォルダ保存)用のサブフォルダー名を、半角64文字(全角32文字)以内で設定します。, スキャナー(マイフォルダ保存)用のサブフォルダーにユーザー名を追加する場合は、(チェックボックス)をチェックします。, スキャナー(マイフォルダ保存)用のサブフォルダーにユーザー名を追加したフォルダーを自動生成する場合は、(チェックボックス)をチェックします。, スキャナー(マイフォルダ保存)用のパスの生成方法を選択します。※この項目は、[パス名へのユーザー名の付加]および[ユーザー名フォルダがなければ自動作成]を両方チェックしたときだけ表示されます。, スキャナー(マイフォルダ保存)のログイン時にドメイン情報を利用する場合は、(チェックボックス)をチェックします。, スキャナー(PC保存)を設定します。この項目は、本機の認証方式が外部認証のときに表示されます。, 検索時に利用する認証ユーザー情報を、[外部認証のユーザー]、[設定しない]から選択します。, 検索時に利用するユーザー名を、[ユーザー名のみ利用]、[ドメイン名を付加して利用]から選択します。, スキャナー(URL送信)を設定します。本機でスキャンした原稿を電子データにして、本機のハードディスクに保存し、保存場所を示すURLをメールで送信します。スキャン文書は送信されません。, URLの生成方法を指定します。[IPアドレスを使用]、[完全修飾ドメイン名(FQDN)を使用]から選択します。アドレスの例は次のとおりです。, スキャナー(URL送信)時の本文を、半角256文字(全角128文字)以内で設定します。使用できる文字は、ASCII印字可能文字(ASCII図形文字にスペースを加えたコード番号32〜126の文字)です。, スキャナー(URL送信)時の本文に、送信者の情報を入れる場合は項目をチェックします。, スキャナー(URL送信)時の本文に、添付されているものの情報を入れる場合は項目をチェックします。, スキャナー(URL送信)時の本文に、本機の情報を入れる場合は、項目をチェックします。, スキャナー(URL送信)で送信されたメールに記載されている、文書取得のためのURLにアクセスしたときに表示されます。, 取得しようとするファイル名を表示します。 画面を開いてしばらく待ってもファイルダウンロードが開始されない場合、[ここをクリックしてください]をクリックしてください。, スキャナー(URL送信)で送信されたメールに記載されている、文書削除のためのURLにアクセスしたときに表示されます。メール中の削除のリンク(例: http://192.168.10.1/scanurl/doc1/del.htm)をクリックしたときに表示されます。, 削除しようとするファイル名を表示します。ファイルを削除する場合は、[ここをクリックしてください]をクリックしてください。, 本機の操作パネル左側のUSBメモリー差込口に、USB2.0対応のUSBメモリーを挿入して、スキャンデータを直接USBメモリーに保存できます。スキャナー(USBメモリー保存)を利用するためには、オプションが必要です。スキャナー(USBメモリー保存)を利用するためには、USBポートを起動します。USBポートの起動は、[ネットワーク設定]>[ポート起動]にある[USB]の[起動]をチェックします。その後、本機を再起動、または本機の電源をOFF/ONするとUSBポートが起動します。, スキャナー(USBメモリー保存)を利用する場合は、(チェックボックス)をチェックします。初期値は[有効]です。, [メディアプリント]を利用するかどうかを設定します。[メディアプリント]を利用するには、[メディアプリントの使用] (チェックボックス)をチェックします。[メディアプリントの使用]を有効にすると、本機の操作パネルに次の項目が表示されます。, USBを利用する場合各機能について設定をします。表示される項目は設定により異なります。, [スキャナー(USBメモリー保存)の使用]を利用するには、(チェックボックス)をチェックします。, ICカードを使用するかしないかを [使用しない]、[使用する(PKIのみ)]※、[使用する]から選択します。※S/MIME署名暗号化、ファイル署名暗号化、のいずれの機能もない場合、[使用する(PKIのみ)]は表示されません。, インターネットを使ったEPシステムについて設定します。EPシステムについては、弊社のテレフォンセンター、または販売店にお問い合わせください。, HTTPSプロキシサーバーのサーバー名またはIPアドレスを、英数字の半角255文字以内で指定します。, HTTPSプロキシサーバーへの接続で使用するポート番号を、1〜65535の間で指定します。ほかのポートのポート番号と同じ番号を使用しないでください。, HTTPSプロキシサーバーのパスワードを、半角31文字以内で設定します。画面には、[*](アスタリスク)、または[●](黒丸)で表示されます。, 確認のため、HTTPSプロキシサーバーのパスワードをもう一度入力します。画面には、[*](アスタリスク)、または[●](黒丸)で表示されます。, HTTPプロキシサーバーのサーバー名またはIPアドレスを、英数字の半角255文字以内で指定します。, HTTPプロキシサーバーへの接続で使用するポート番号を、1〜65535の間で指定します。ほかのポートのポート番号と同じ番号を使用しないでください。, HTTPプロキシサーバーのパスワードを、半角31文字以内で設定します。画面には、[*](アスタリスク)、または[●](黒丸)で表示されます。, 確認のため、HTTPプロキシサーバーのパスワードをもう一度入力します。画面には、[*](アスタリスク)、または[●](黒丸)で表示されます。, [プロキシサーバー設定方法]で[プロキシ設定ファイルのURLを設定] を選択した場合に、プロキシ設定ファイルのアドレス(URL)を、半角255文字以内で指定します。使用できる文字は、英数字、[%](パーセント)、[@](アットマーク)、[.](ピリオド)、[:](コロン)、[/](スラッシュ)、[_](アンダーバー)、[-](ハイフン)、[~](チルダ)、[?](クエスチョン)、[&](アンド)、[=](イコール)です。, ソフトウェアの更新について設定します。この画面は、お使いの機械が本機能に対応している場合のみ表示されます。, [集計管理機能の運用]で[ネット集計管理]を選択している場合に、認証情報を照合するかどうかを設定します。[しない]に設定すると、プリンタードライバーまたは本機のUser IDとAccount IDの入力は要求されますが、認証情報は照合されません。ただし、入力した情報は本機へ記録されます。[する]に設定すると、認証情報を照合されます。, プリントまたはダイレクトファクスジョブのときに、認証情報を照合するかどうかを設定します。[集計管理機能の運用]で[ネット集計管理]を選択し、[入力情報の照合]で[する]を選択している場合に、設定できます。, [集計管理機能の運用]で[ネット集計管理]を選択している場合に、ユーザー入力をするかどうかを設定します。[認証方式の設定]と[入力情報の照合]の設定の組み合わせによって、選択できる項目が異なります。[次へ]をクリックすると、[集計管理 > 2 / 2]画面が表示されます。, 集計管理するユーザーごとに必要な情報を編集します。この画面は[認証設定]が[本体認証]に設定されているときに表示されます。, このボタンをクリックすると、[ICカード認証時のユーザー自動登録]画面が表示されます。, 集計/認証管理を有効にする場合、登録したユーザーを認証するために、User ID、およびユーザー名などを登録します。本機を利用するユーザーごとに、使用枚数の上限を設定できます。また、登録したユーザー単位の累積ページの確認などができます。ユーザーデータは、1,000件まで登録できます。, [集計設定]>[集計管理]>[集計管理 > 2/2]から表示される[認証/集計ユーザー設定]は、[セキュリティー]>[認証管理]>[認証管理 > 2/2]から表示される[認証/集計ユーザー設定]と共通画面です。, パスワードを指定します。セキュリティーを強化するためにも、パスワードの指定をお勧めします。パスワードは、4〜12桁の範囲で設定できます。, ユーザーに設定されているICカードのIDを半角数字7文字以内で設定します。この項目は、ICカードが本機に接続されている場合だけ表示されます。ただし、お使いの設定によっては表示されません。, ユーザーに設定されているICカードのIDが表示されます。また、ICカードのIDを変更できます。ICカードのIDは、半角で32文字まで入力できます。この項目は、ICカードリーダーが本機に接続されている場合だけ表示されます。ただし、お使いの設定によっては表示されません。, ドメインを含む半角128字までのメールアドレスを設定できます。この項目は次の条件が満たされたときに表示されます。, コピーではユーザーごとに[制限しない]、または[コピー禁止]の利用制限が設定できます。, スキャナーではユーザーごとに[制限しない]、[白黒のみ許可]、[カラーのみ許可]、または[スキャナー禁止]の利用制限が設定できます。, プリンターではユーザーごとに[制限しない]、または[プリンター禁止]の利用制限が設定できます。, デバイス利用について、登録ユーザーごとに設定します。[ユーザーID入力とICカードで認証可能]、[ユーザーID入力のみ認証可能]、[ICカードのみ認証可能]、[禁止]から選択します。ICカードリーダーが接続されていない場合は、[許可]、[禁止]から選択します。, 選択したユーザーの現在までの累積ページ数をリセットして「0」に戻す場合は、(チェックボックス)をチェックします。, [白黒コピーの累積ページ数]は、現在まで白黒コピーしたページ数の累積が表示されます。[白黒コピーの上限ページ数]は、白黒コピーのページ数の上限を設定できます。ページ数は、1〜9,999,999ページ(7桁)で、1ページ単位に設定できます。, [カラースキャンの累積ページ数]は、現在までカラースキャンしたページ数の累積が表示されます。[カラースキャンの上限ページ数]は、カラースキャンのページ数の上限を設定できます。ページ数は1〜9,999,999(7桁)で、1ページ単位に設定できます。, [白黒スキャンの累積ページ数]は、現在まで白黒スキャンしたページ数の累積が表示されます。[白黒スキャンの上限ページ数]は、白黒スキャンのページ数の上限を設定できます。ページ数は、1〜9,999,999ページ(7桁)で、1ページ単位に設定できます。, [白黒プリントの累積ページ数]は、現在まで白黒プリントしたページ数の累積が表示されます。[白黒プリントの上限ページ数]は、白黒プリントのページ数の上限を設定できます。ページ数は、1〜9,999,999ページ(7桁)で、1ページ単位に設定できます。, すべてのユーザーに対して、機能制限、累積ページ数、および上限ページ数を一括でリセットするかどうかを設定します。, [集計設定]>[集計管理]>[集計管理 > 2/2]から表示される[全ユーザーの一括設定]は、[セキュリティー]>[認証管理]>[認証管理 > 2/2]から表示される[全ユーザーの一括設定]と共通画面です。, すべてのユーザーの機能制限をリセットする場合は、(チェックボックス)をチェックします。, すべてのユーザーの累積ページ数をリセットする場合は、(チェックボックス)をチェックします。, すべてのユーザーの上限ページ数をリセットする場合は、(チェックボックス)をチェックします。, ICカードをかざしたときにICカードが記録しているユーザー情報をデバイスへ自動登録するための設定をします。この画面は、本体内蔵型ICカードリーダーまたは外付けのICカードリーダーを使用して[認証設定]が[本体認証]に設定されているときに表示されます。, [集計設定]>[集計管理]>[集計管理 > 2/2]から表示される[ICカード認証時のユーザー自動登録]は、[セキュリティー]>[認証管理]>[認証管理 > 2/2]から表示される[ICカード認証時のユーザー自動登録]と共通画面です。, ICカード認証時のユーザー自動登録を許可する場合は、(チェックボックス)をチェックします。, ICカードに登録されたユーザー名が表示されます。任意のユーザー名をスペースを含む半角32文字以内で設定することもできます。, 登録ユーザーに対し、コピー機能の使用について制限することができます。[制限しない]、[コピー禁止]から選択します。, この項目は機器の設定により[インターネットファクス機能制限]、または[ファクス/インターネットファクス機能制限]と表示されます。登録ユーザーに対し、ファクス/インターネットファクス機能の使用について制限することができます。[制限しない]、[ファクス禁止]から選択します。, 登録ユーザーに対し、スキャナー機能の使用について制限することができます。[制限しない]、[白黒のみ許可]、[カラーのみ許可]、[スキャナー禁止]から選択します。, 登録ユーザーに対し、印刷機能の使用について制限することができます。[制限しない]、[プリンター禁止]から選択します。, ユーザーに付加する権限属性グループを表示します。権限属性グループは変更することができます。, 登録ユーザーに対し、白黒コピーの上限面数を制限することができます。1〜9999999の範囲で指定します。, 登録ユーザーに対し、カラースキャンの上限面数を制限することができます。1〜9999999の範囲で指定します。, 登録ユーザーに対し、白黒スキャンの上限面数を制限することができます。1〜9999999の範囲で指定します。, 登録ユーザーに対し、白黒印刷の上限面数を制限することができます。1〜9999999の範囲で指定します。, [User ID]に替わる表記を、英数字の半角1文字以上15文字以内で設定します。, User IDを入力したときの文字列の表示方法を設定します。[隠す]を選択すると、入力したUser IDは[*](アスタリスク)、または[●](黒丸)と表示されるので、文字列を隠すことができます。, [Account ID]に替わる表記を、英数字の半角1文字以上15文字以内で設定します。この項目は、[集計管理機能の運用]が[ネット集計管理]の場合に表示されます。, Account IDを入力したときの文字列の表示方法を設定します。[隠す]を選択すると、入力したAccount IDは[*](アスタリスク)、または[●](黒丸)と表示されるので、文字列を隠すことができます。この項目は、[集計管理機能の運用]が[ネット集計管理]の場合に表示されます。, ICカード認証時に集計情報を表示するときは、(チェックボックス)をチェックします。この項目は[認証設定]が[本体認証]、および[集計設定]が[本体集計管理]に設定されている時のみ表示されます。, 外部の認証サーバーに対して認証を行います。本機にユーザー情報は登録しません。この項目は、ApeosPortシリーズの場合にだけ表示されます。, 親展ボックス内の文書をプリントするときに認証が必要になる設定にしたい場合は、(チェックボックス)をチェックします。, 親展ボックス内の文書を取り出すときに認証が必要になる設定にしたい場合は、(チェックボックス)をチェックします。, ユーザー名と暗証番号の指定がない印刷要求に対して、印刷を許可するかどうかを設定します。許可する場合は、(チェックボックス)をチェックします。 プリントジョブには、アカウント情報をもたないジョブ(プリンタードライバーで生成されないジョブ)も存在します。アプリケーションが直接印刷データ(HPGL、ESC/Pなど)を生成し本機に送信するケース、およびメールプリントが該当します。アカウント情報をもたないジョブの印刷を許可する場合は、 (チェックボックス)をチェックします。, [認証方式の設定]で[外部認証]を選択している場合に、外部の認証サーバーに登録されていないユーザーを、ゲストユーザーとして本機を利用できるようにするかどうかを設定します。, 外部認証を行うときに、パスワードを使用するかどうかを設定します。パスワードを使用しない場合、使用できる認証システムに、[LDAP]と [Authentication Agent]だけが表示されます。認証システムとして、ApeosWare Authentication Management(別売)またはApeosWare Authentication Agent(別売)を使用する場合は、[Authentication Agent]を選択します。この項目は、ApeosPortシリーズの場合にだけ表示されます。, この項目は、本体内蔵型ICカードリーダーまたは外付けのICカードリーダーを使用して[認証設定]を[本体認証]または[外部認証]に設定しているときに表示されます。, 外部認証に使用したユーザー情報を本機に保存するかどうかを設定します。保存に設定して、外部認証を行うとユーザー情報が本機に保存され、外部認証時に外部認証サーバーが起動していなくても、本機に保存されたユーザー情報を利用してユーザーを認証し、本機を使用できます。なお、ICカードで認証したユーザーだけが対象です。, 外部認証サーバーでのユーザーのアクセス制限情報は、本機に保存されません。本体やサービスへのアクセス制限機能を使用している場合は、[しない]を選択してください。, この項目は [認証方式の設定]が[外部認証]以外に設定されている場合は設定できません。, 本機に保存した認証情報を週単位に自動で削除するように設定した場合、何曜日に削除するかを選択します。, 本機に保存した認証情報を月単位に自動で削除するように設定した場合、何日に削除するかを選択します。, 本機に保存した認証情報を月単位、または週単位に自動で削除するように設定した場合、何時に削除するかを選択します。ただし、分は指定できません。, ※ これらの項目は[認証情報の本体保存]が[しない]に設定されている場合は設定できません。, 次に示す項目の[設定...]ボタンをクリックすると、各項目の設定画面が表示されます。この項目は、認証方式が外部認証の場合だけ表示されます。リンクより詳細をご表示ください。, 次に示す項目の[設定...]ボタンをクリックすると、各項目の設定画面が表示されます。, 本機の操作パネルのボタンの操作を制限するかどうか設定します。[設定...]ボタンをクリックすると、[デバイス/仕様設定へのアクセス]画面が表示されます。, 本機で使用できる機能を制限するかどうか設定します。[設定...]ボタンをクリックすると、[サービスへのアクセス]画面が表示されます。, [セキュリティー]>[認証管理]>[認証管理 > 2/2]から表示される[認証/集計ユーザー設定]は、[集計設定]>[集計管理]>[集計管理 > 2/2]から表示される[認証/集計ユーザー設定]と共通画面です(リンクより詳細をご表示ください)。, [セキュリティー]>[認証管理]>[認証管理 > 2/2]から表示される[全ユーザーの一括設定]は、[集計設定]>[集計管理]>[集計管理 > 2/2]から表示される[全ユーザーの一括設定]と共通画面です(リンクより詳細をご表示ください)。, [セキュリティー]>[認証管理]>[認証管理 > 2/2]から表示される[ICカード認証時のユーザー自動登録]は、[集計設定]>[集計管理]>[集計管理 > 2/2]から表示される[ICカード認証時のユーザー自動登録]と共通画面です(リンクより詳細をご表示ください)。, 本機の操作パネルのボタンの操作や、[仕様設定]の操作制限、CentreWare Internet Servicesの[プロパティ]タブの操作制限について設定します。, デバイスへのアクセスに認証を必要とするかを設定します。デバイスへのアクセスに認証を必要とする場合は、[制限する]を選択します。, この項目は[デバイスへのアクセス]を[制限しない]に設定すると表示されます。本機の操作パネルでの[仕様設定]の操作と、CentreWare Internet Servicesの[プロパティ]タブの操作に、機械管理者の認証を必要とするかを設定します。操作を機械管理者権限があるユーザーに限定する場合は[制限する]を、一般ユーザーも操作できるようにする場合は[制限しない]を選択します。, 操作パネルからのコピーの操作が制限されます。ジョブメモリーで、コピーの操作を登録している場合は、そのジョブメモリーの使用も制限されます。, 操作パネルからのファクス、インターネットファクス、およびダイレクトファクスが制限されます。ジョブメモリーで、ファクス、インターネットファクスの操作を登録している場合は、そのジョブメモリーの使用も制限されます。, 本機での、スキャナー(メール送信)の操作が制限されます。ジョブメモリーで、スキャナー(メール送信)の操作を登録している場合は、そのジョブメモリーの使用も制限されます。, 本機での、スキャナー(ボックス保存)の操作が制限されます。ジョブメモリーで、スキャナー(ボックス保存)の操作を登録している場合は、そのジョブメモリーの使用も制限されます。, 本機での、スキャナー(PC保存)の操作が制限されます。ジョブメモリーで、スキャナー(PC保存)の操作を登録している場合は、そのジョブメモリーの使用も制限されます。, 本機での、スキャナー(URL送信)の操作が制限されます。ジョブメモリーで、スキャナー(URL送信)の操作を登録している場合は、そのジョブメモリーの使用も制限されます。, 本機での、スキャナー(WSD (Scan))の操作が制限されます。* WSDは、Web Services on Devicesの略称です。, 所定期間内に認証に失敗した回数が、ここで設定した回数を超えると、エラーとして記録を残します。[0]に設定すると、認証に失敗した回数を記録しません。, 認証情報の保存先を[NVM]または[ハードディスク]から選択します。この項目は、[集計管理機能の運用]が[ネット集計管理]の場合に表示されます。, 一般ユーザーのパスワードの最小桁数を0または4〜12の間で指定します。[0]を指定した場合、最小桁数が設定されません。, 機械管理者は一般ユーザーに対して、一般ユーザーが本来利用できない機能を利用できるようにする権限を与えることができます。同じ権限を持つ一般ユーザーを、グループ化して登録できます。, [認証管理 > 1 / 2]画面の[認証方式の設定]が[外部認証]で、[認証情報の本体保存]をするに設定している場合、グループ番号21に、この項目が表示されます。本体に保存されたユーザー情報を利用して認証したユーザーに与える権限を設定します。, 複製制限コードが埋め込まれていることを検知した場合に、一時的にジョブ継続を可能にします。[ジョブ継続指示を許可しない]、または[ジョブ継続指示を許可する]を選択します。, 認証するためのシステムを設定します。この項目は、ApeosPortシリーズの場合にだけ表示されます。, [外部認証サーバー設定]画面から表示される[認証システム]は、[認証管理 > 2/2]画面から表示される[認証システム]と共通画面です。, 認証するためのシステムを[Kerberos(Windows2000)]、[Kerberos(Solaris)]、[LDAP]、[SMB]、[Authentication Agent]から選択します。認証システムとして、ApeosWare Authentication Management(別売)またはApeosWare Authentication Agent(別売)を使用する場合は、[Authentication Agent]を選択します。認証システムを変更しても、変更前の認証システムで運用されていた個人ボックスや個人ジョブフローは自動的に削除されません。不要な場合は、これらのボックスやジョブフローを削除する必要があります。新しい認証システムにおいても、同じユーザーID を使用する場合は、同じユーザーの個人ボックスおよび個人ジョブフローとして利用できます。, ユーザー名を設定するとき、UPN(User Principal Name)形式を適用するかどうかを設定します。, Kerberosサーバー1〜5、またはサーバー1〜50それぞれに対して、IPアドレスやポート番号を設定します。 サーバー1〜50は[ICカード設定]画面の[ICカードの使用]を有効にすると表示されます。, [外部認証サーバー設定]画面から表示される[Kerberosサーバー設定]は、[認証管理 > 2/2]画面から表示される[Kerberosサーバー設定]と共通画面です。, サーバー証明書の検証をするかどうかを設定します。サーバー証明書の検証をする場合は、(チェックボックス)をチェックします。この項目は[ICカード設定]画面の[ICカードの使用]を有効にしたときにのみ表示されます。, 注記:[新しい設定を適用]を押す前にページ切り替えを行った場合はそれまでの画面上の操作で行った追加・編集した内容は全て破棄されます。, Kerberosサーバーの、サーバー名またはIPアドレスを入力します。IPv4でIPアドレスを入力する場合、xxx.xxx.xxx.xxxの形式で入力します。xxxは0〜255の間の数値です。IPv6でIPアドレスを入力する場合、xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxxの形式で入力します。xxxxは16進数です。, Kerberosサーバーのポート番号を、1〜65535の間で設定します。ほかのポートのポート番号と同じ番号を使用しないでください。, バックアップサーバーの、サーバー名またはIPアドレスを入力します。IPv4でIPアドレスを入力する場合、xxx.xxx.xxx.xxxの形式で入力します。xxxは0〜255の間の数値です。IPv6でIPアドレスを入力する場合、xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxxの形式で入力します。xxxxは16進数です。, バックアップサーバーのポート番号を、1〜65535の間で設定します。ほかのポートのポート番号と同じ番号を使用しないでください。, [外部認証サーバー設定]画面から表示される[SMBサーバー設定]は、[認証管理 > 2/2]画面から表示される[SMBサーバー設定]と共通画面です。, SMBサーバーの指定方法を、ドメイン名で指定するか、ドメイン名とIPアドレスまたはサーバー名で指定するか選択します。, SMBサーバー1〜5それぞれのドメイン名を、英数字の半角15文字(全角7文字)以内で設定します。SMBサーバー - サーバー名 / IPアドレスを指定したときでも、ドメイン名の設定が必要です。入力できる文字は、FQDN、NetBIOS名のどちらかです。, [SMBサーバー指定方法]を[ドメイン名とIPアドレスで指定]に設定しているときに、SMBサーバー1〜5それぞれのサーバー名またはIPアドレスを設定します。IPv4でIPアドレスを入力する場合、xxx.xxx.xxx.xxxの形式で入力します。xxxは0〜255の間の数値です。IPv6でIPアドレスを入力する場合、xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxxの形式で入力します。xxxxは16進数です。入力できる文字は、IPv4、IPv6、FQDN、NetBIOS名のどれかです。, アクセスを受け付けるIPv4アドレスを追加します。IPv4アドレスは25個まで追加できます。, アクセスを受け付けるIPv6アドレスを追加します。IPv6アドレスは25個まで追加できます。, 受付IPアドレス制限 - IPv4で[追加]ボタンをクリックすると、この画面が表示されます。設定例は次のとおりです。, 受付IPアドレス制限 - IPv4で[編集]ボタンをクリックすると、この画面が表示されます。, 受付IPアドレス制限 - IPv6で[追加]ボタンをクリックすると、この画面が表示されます。設定例は次のとおりです。, 受付IPアドレス制限 - IPv6で[編集]ボタンをクリックすると、この画面が表示されます。, 本機がクライアントとして動作している場合、[受付IPアドレス制限]を有効にしていると、サーバーからアクセスするときに指定されたポート番号によって、通信できないことがあります。その場合、ここにポート番号を設定しておくと通信できるようになります。, アクセスを受け付けるポートを設定します。このボタンをクリックすると、[受付ポートの追加]画面が表示されます。, 編集するポートを選択します。このボタンをクリックすると、[受付ポートの編集]画面が表示されます。, アクセスを受け付けるポートの種類を、[ソース]または[ディスティネーション]から選択します。, アクセスを受け付けているポートの種類を、[ソース]または[ディスティネーション]から選択します。, 監査ログとは、いつ、誰が、どのような作業を本体で行ったかを記録したものです。監査ログ機能を使用すると、本体の不正使用や不正使用の試みを監視できます。15,000件以上になったときは古いログから削除されます。, 監査ログ機能を使用するときは、(チェックボックス)をチェックします。監査ログ機能が有効になると、発生した順に、本体に監査ログが記録されます。ハードディスクが装着されていない機械の場合は最大で50件、ハードディスクが装着されている機械の場合は最大で15,000件のログが保存されます。, [txtファイルで取り出す]をクリックすると、本体に保存されている監査ログをテキストファイルで取り出すことができます。監査ログを取り出すためには、[HTTP - SSL/TLS通信]が[有効]に設定されている必要があります。, 証明書を設定します。自己証明書の作成または外部で作成した証明書をインポートします。, このボタンをクリックすると、自己証明書を作成する画面が表示されます。すでに自己証明書がある場合にこのボタンをクリックすると、自己証明書が上書きされます。, このボタンをクリックすると、証明書をインポートする画面が表示されます。弊社のデバイス証明書取得ユーティリティ2 for Apeosを使用して作成した証明書、または、お客様が一般の認証局(CA)に依頼して発行してもらった証明書をインポートできます。このボタンはSSL通信が有効の場合だけクリックできます。, IPSecを起動する場合は、(チェックボックス)をチェックします。プロトコルで表示される項目を変更した場合、[再起動]ボタンが表示されます。, [IKE認証方式]が[事前共有鍵]の場合、使用する共有鍵を半角255文字以内で設定します。, 確認のため、[IKE認証方式]で[事前共有鍵]を選択したときに使用する共有鍵を、再度設定します。半角255文字以内で設定します。, 本体の証明書の項目は、[デジタル署名]が有効な場合だけ表示されます。本体の証明書は、[IKE認証方式]で[デジタル署名]を選択した場合に有効になります。, ※IPSecでは自己証明書やデバイス証明書発行ユーティリティで発行された証明書は使用できません。.

0000006921 00000 n 0000017509 00000 n

0000257614 00000 n 0000238542 00000 n

0000284503 00000 n 0000231572 00000 n

0000236825 00000 n 0000177407 00000 n 0000257720 00000 n 0000004244 00000 n 0000005201 00000 n 0000007402 00000 n

0000255341 00000 n 0000233987 00000 n

.

Ghub 側 音 5, コロッケ ものまね 女 6, Bose Soundlink Revolve 取扱説明書 9, マック ポテト 油 4, Timetree Googleカレンダー 同期 4, ツムツム ジャイロ 垂直 4, 面白い 遊び 中学生 2人 36, ローソン コピー機 電子マネー 4, 黒い砂漠 Ps4 イゴール バルタ リ の冒険日誌 6, 二次関数 Aの値 求め方 9, 仕事 ミス 始末書 10, Ff14 フォーカスターゲット マクロ 5, Nd ロードスター マツダコネクト 取り外し 6, 進研模試 採点 おかしい 12, Audacity スマホ 録音 15, Unity 操作 Mac 7, 漬物 一 年 5, Csvファイル 開く Vba 7, ドラクエ10 賢者 スキル 180 4, Pcゲーム おすすめ Steam 4, Ps4 Twitter 連携できない 20, 翼状針 点滴 動画 5, 黒い砂漠 帆船 装備 7, ディビジョン2 拘置所 収集アイテム 6, ドラゴンズドグマ 育成 めんどくさい 5, Peach 意味 スラング 7, 戦国時代 鉄砲 保有数 8, ドラクエ ウォーク Sim なし 9, Excel グラフ 空白 6, 軽自動車 Na 高速 14, 靴底 剥がれた 応急処置 5, あつ森 通信エラー インターネット通信 5, Opencv 動画 フレーム 切り出し Python 32, Aibo 脱臼 費用 35, 戦艦大和 プラモデル 作り方 9, Skysea Powershell 実行 14, タイガースガールズ ももこ 卒業 10, まつ毛パーマ セルフ 国産 4, くるみボタン イヤリング 100均 作り方 4, ドラクエ10 Ps4 から Pc 24, サヨナラcolor 歌詞 意味 12, Ps4 アカウント共有 デメリット 8, 白雪姫 魔女 カラス 27, 赤ちゃん 抱っこ 足バタバタ 14, 地下タンク 水抜き 方法 21, 乃木坂 26th リーク 19, Ktm フリーライド250f インプレ 5, 動物 小説 感動 6, でき婚 結婚式 恥ずかしい 10, 志村けん Dvd ブックオフ 6, 丹南病院 耳鼻 科 4, スマートex モバイルsuica 変更 10, モンハン ワールド 初心者 でも楽しめる 5, Bts デュエット曲 一覧 9, インビザライン アタッチメント 裏側 5, チワワ イザベラ 寿命 18, 漢検 準二 級 合格点 12, Unity Maya 回転 16, 犬 おもちゃ フードを入れる 5, A列車で行こう9 車両 追加 9, Catia 3d から 2d 25, ガーミン Vivoactive3 バッテリー 22, Windows10 ヘッドセット マイク 設定 7, コ哀 夫婦 漫画 11, Rakuten Link 連絡先 同期 32, 愛 され て結婚 好きじゃ ない 11, ドラクエ5 主人公 名前 リュカ 5, Osb 合板 不燃認定 8, Mazy Night ビルボード 29, Apex キルレ 見方 50, 顎変形症 手術 失敗 5, エクセル 2010 見開き 印刷 4, Bna 感想 12話 6, 開成中学 繰り上げ合格 2020 4, ドラゴンボール超 銀河パトロール囚人編 ネタバレ 59 12, フォートナイト 謎解き 最新 8, ソープフラワー 捨て 方 8, けもなれ ロケ地 教会 4,