This page is currently only available in English. Beatsの「Solo Pro Wirelessノイズキャンセリングヘッドフォン」をレビューします。 ノイズキャンセリング機能を搭載した、Bluetoothワイヤレスヘッドホンです。 概要 Beats Solo Proの10の特徴 オンイヤー(耳に乗せる)型のBluetoothワイヤレスヘッドホン Apple H1チップを搭載。 対応するApple製品と、同期先を切り替えるのも簡単です。 遮音性の低い開放型ヘッドホンのように、音楽と同時に外部の音も聞くことができます。, ▲ ノイズキャンセリング機能のモードは、Solo Proのボタンのほかに、iPhoneのコントロールセンターでも切り替えられます。 Lightning端子側を、Solo Proに接続する必要があります。, ▲ オーディオケーブルの両端に「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」を接続して試してみましたが、やはり使えませんでした。, ▲ 「Lightning – 3.5mmオーディオケーブル」を接続するとBluetoothがオフになるので、ワイヤレス機器が禁止されている飛行機内でも使えます。 デザインはより洗練され、スタイリッシュになりました。 これらのボタンは操作時のコツコツという音が、耳障りに感じます。 Ygn, Beatsの「Solo Pro Wirelessノイズキャンセリングヘッドフォン」をレビューします。 車内のアナウンスなどは消されずに聞こえやすいので、そのように意図してチューニングされているのでしょう。, ▲ 飛行機内でもノイズキャンセリングの効果を試してみました。 有線接続するには、別売りのケーブルを、このLightning端子に接続して使います。 Solo Proが税別29,800円、AirPods Proが税別27,800円と、価格帯も同じです。 デザインはより洗練され、さらにかっこよくなりました。 Soloシリーズとしては、はじめてノイズキャンセリング機能を搭載しました。 【レビュー】Apple純正「MagSafe対応iPhone 12 | iPhone 12 Proレザーケース」, 【レビュー】GRAMAS COLORS “Rib-Slide” Hybrid Shell Case for iPhone 12/12 Pro, 【レビュー】UAG iPhone 12/12 Pro用 METROPOLIS LTケース(ケブラー), 【レビュー】Deff Hybrid Case Etanze for iPhone 12/12 Pro, 【レビュー】Caseology iPhone 12/12 Pro用ケース リージョン(Legion), 【新製品】16インチMacBook Pro用のアンチグレア液晶保護フィルム、マイクロソリューションから発売。トラックパッド用とパームレスト用フィルム付き, 【ニュース】iPhone 11のスローモーションセルフィー撮影機能「スローフィー」のCMシリーズ, 【レビュー】Beats Solo Pro Wirelessノイズキャンセリングヘッドフォン, Apple H1チップを搭載。ハンズフリーでSiriを呼び出せる「Hey Siri」に対応. Solo Proは展開するときに、ここに手を当てていると、皮膚を挟んでしまいます。 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); ©Copyright2020 iをありがとう.All Rights Reserved. 1台のデバイスに2組のヘッドホンを接続して、ふたりで同じ音楽を聴けるオーディオ共有機能にも対応しています。, 【豆知識】2組のAirPodsやBeatsヘッドホンで、ふたりで同じ音楽を聴けるオーディオ共有機能, 関連記事:【豆知識】2組のAirPodsやBeatsヘッドホンで、ふたりで同じ音楽を聴けるオーディオ共有機能, ▲ Beatsのオーバーヘッド型ヘッドホンとしては初めて、充電コネクタにLightningが採用されました。 iPhone/iPad/iPod touch/Apple TV/Macと素早くペアリングでき、同期先の切り替えも簡単です。, そのうち下の3色は、ファレル・ウィリアムスとのコラボレーションによる「More Matte Collection」に位置付けられています。 モード切り替えは、iOSデバイスのコントロールセンターでも行えます。 …そんな感じの感想やね!, Apple H1チップ搭載、アクティブノイズキャンセリング機能搭載Bluetoothヘッドホン。, iPhoneユーザーで、AirPods Proライクなノイキャンヘッドホンが欲しい! 耳に当てた途端に、機内のゴーという騒音が和らぎます。 iPhoneとBluetooth接続して音楽を聴いてみます。 電源アダプタは付属していません。, ▲ Solo Proのバッテリー残量は、iPhoneなどの「バッテリー」ウィジェットで確認できます。 外部音取り込みモードも搭載し、あらゆるシーンで使用できます。 このページではアイボリーを使用しています。, ▲ セット内容はヘッドホン本体と、キャリングケース、充電用のLightningケーブル、クイックスタートガイド、ステッカーです。 Solo Proがバッテリー残量ゼロの場合は、有線接続でも使用できません。 従来のSolo2/Solo3などは、リモコンが左側でした。 そうおっしゃるあなた。ぜひこれも一緒に買ってください。Beats Solo Proも。 これまで、音質を優先して有線を選んできた私が今回、ヘッドフォンでははじめての無線ワイヤレスにチャレンジ。 Lightningでの充電や、電源オン/オフの自動化など、使い勝手も向上しています。 Appleから発売されている、「Lightning – 3.5mmオーディオケーブル」(税込4,180円・税別3,800円)が必要です。, ▲ 「Lightning – 3.5mmオーディオケーブル」は、一方がLightning端子、もう一方はステレオミニプラグです。 音質を比べてみると、Solo3の方が厚みがある、重たい音に聞こえます。 Versusは当社ウェブサイトのアクセス性・利便性を向上させる目的で、Cookiesを使用しています。サイトを引き続き閲覧することで、貴方は当社のCookies使用に同意したことになります。 プライバシーポリシー, 左側と右側からのステレオスピーカーを搭載したデバイスは、より豊かなサウンドと優れた体験を作成、ユーザーを囲む音を提供します。, 快適なフルサイズのイアーカップのフォームはあなたの耳を完全に暴露します。モデルは音の孤立を増やし近くにいる人に音が漏れないように作られ、愛されています。最大のバスと大音量を提供しています。, 代わりのケーブルを取り外し可能なケーブルとして使用し、ケーブルを引くと壊れることなく自動的に抜けます。, 軽量の機器の方が持ち運びに便利なため、軽い方が良いと考えられます。家電などその他の種類の製品においても、軽量の方が移動が楽なため、良いと言えます。, この種の装置は低音で聞くことを可能にします。それは耳が疲労するのを防ぎバックグランドの騒音に打ち勝つ音量にしなくても住むからです。飛行機に乗っているときや朝の通勤などに最適です。, フェライトマグネットを使用するよりもネオジムマグネットを含む装置はより軽くより力があります。ネオジムマグネットはまたよりバスがありはっきりとした高音を持ちます。, メーカーによって与えられるように、デバイスのバッテリ寿命(使用中)。より長いバッテリ寿命を使用すると、あまり頻繁にデバイスを充電する必要があります。, 措置は再充電可能なバッテリーです。すなわち装置を作動させるために使用するパワーは必要ありません。, ワイアレス装置はダングリングコードが入り混じっているスピーカーを使用する代わりに家で使用するのに良いです。, 標準的な 3.5mmの男性用のコネクターはMP3プレイヤーやコンピュータのサウンドカードとして使われます。, NFCを使用して対になること装置は速いブルートゥースをサポートします。これによりブルートゥース上の他の装置と通信することができます。装置の隣りに単に1つの装置を保持することにより、コードを入力せずに、素早く装置をペアにすることができます。, ヘッドセットはヘッドフォーンかマイクロフォーンで作られたペアーである。ヘッドセットは必要とされるコミュニケーションをスカイプやボイスチャット、携帯電話などのアプリケーションで用いられます。, そのようなマイクは周りの音を見極められるデザインです。特に騒音の環境化で役に立ちます。, デバイスのマイクロフォンは、それがバックグラウンドノイズをフィルタリングし、一般的な録音品質を向上させる優れたています。, 装置の本体にコントロールパネルがあります。簡単に音量を調節するtことが出来たりケーブルや他の接続されている装置と相互に関係することなく離すことが出来ます。, ケーブルにコントロールパネルがあります。相互に関係を持つことなく簡単に操作を行うことが出来ます。, この機能は、デバイスがそのオーディオ機能により、重要な情報を通知することができます。, Beats Solo Pro Kabellose Bluetooth On-Ear Kopfhörer mit Noise-Cancelling – Apple H1 Chip, Bluetooth der Klasse 1, aktives Noise-Cancelling, Transparenzmodus, 22 Stunden Wiedergabe – Dunkelblau, Beats Solo Pro Kabellose Bluetooth On-Ear Kopfhörer mit Noise-Cancelling – Apple H1 Chip, Bluetooth der Klasse 1, aktives Noise-Cancelling, Transparenzmodus, 22 Stunden Wiedergabe – Schwarz, Beats Solo Pro Kabellose Bluetooth On-Ear Kopfhörer mit Noise-Cancelling – Apple H1 Chip, Bluetooth der Klasse 1, aktives Noise-Cancelling, Transparenzmodus, 22 Stunden Wiedergabe – Grau, Beats Solo Pro Kabellose Bluetooth On-Ear Kopfhörer mit Noise-Cancelling – Apple H1 Chip, Bluetooth der Klasse 1, aktives Noise-Cancelling, Transparenzmodus, 22 Stunden Wiedergabe – Elfenbeinweiß, Beats Solo Pro Kabellose Bluetooth On-Ear Kopfhörer mit Noise-Cancelling – Apple H1 Chip, Bluetooth der Klasse 1, aktives Noise-Cancelling, Transparenzmodus, 22 Stunden Wiedergabe – Hellblau, Beats Solo Pro Kabellose Bluetooth On-Ear Kopfhörer mit Noise-Cancelling – Apple H1 Chip, Bluetooth der Klasse 1, aktives Noise-Cancelling, Transparenzmodus, 22 Stunden Wiedergabe – Rot, Beats Studio3 Over-Ear Bluetooth Kopfhörer mit Noise-Cancelling – Apple W1 Chip, Bluetooth der Klasse 1, aktives Noise-Cancelling, 22 Stunden Wiedergabe – Waldgrün, Beats Solo3 Kabellose Bluetooth On-Ear Kopfhörer – Apple W1 Chip, Bluetooth der Klasse 1, 40 Stunden Wiedergabe – Satin Silber, Beats Solo3 Kabellose Bluetooth On-Ear Kopfhörer – Apple W1 Chip, Bluetooth der Klasse 1, 40 Stunden Wiedergabe – Roségold, Powerbeats Pro Kabellose In-Ear Bluetooth Kopfhörer – Apple H1 Chip, Bluetooth der Klasse 1, 9 Stunden Wiedergabe, schweißbeständige In-Ear Kopfhörer - Schwarz, BEATS Solo Pro, On-ear Kopfhörer Bluetooth Schwarz, BEATS Solo Pro, On-ear Kopfhörer Bluetooth Grau, BEATS Solo Pro, On-ear Kopfhörer Bluetooth Hellblau, BEATS Studio3 Wireless, Over-ear Kopfhörer Bluetooth Matte Black, Beats by Dr. Dre Studio3 wireless matt Black (MQ562ZM/A). 電車内などでノイズキャンセルをオンにすると、ざわつきや騒音がスッと軽減され、音楽が聴きやすくなります。 ノイズキャンセリング機能を搭載した、Bluetoothワイヤレスヘッドホンです。, 2019年10月に発売された製品です。 あらゆる面で進化した、Proの名に恥じない製品です。, Beats Solo Pro Wirelessノイズキャンセリングヘッドフォンは、以下のオンラインショップで購入できます。 あ、でも…普通にオーディオ出力用でも使えるから、DTM用途とかにアリかも。, そういうわけで、今回のBeats by Dr. Dre『Solo Pro』のレビューを総括すると…, 有線接続がうーんな感じですが、それ以外はかなり良い感じ。ひょっとすると、バッテリーが異常なほど持つので、無線接続で使ってねというメッセージなのかもしれません。どちらにせよ、有線接続はオマケと思っておくべき。, SonyやBoseには負けるにしても充分なアクティブノイズキャンセリング性能を持っていますし、音質自体も上々。そして、何よりノンストレスでシームレスに音楽を楽しめるという点においては、トップクラスの使い勝手があるでしょう。iPhoneユーザーなら、ぜひ。もちろん、Androidでも使えますぞ!, スマートデバイスやカメラ系の記事を担当するガジェット女史(になりたい)。8vividの中心人物なのであーる。最近のライバルは可愛いVTuberさん。最近の悩みは、ブリーチでの枝毛( ˘ω˘), ゲーム系の記事とテクノロジー関係の記事を書いていますわ。ゲームはFFよりDQ派。“まの”は苗字ではありませんよ?ねこさんの3歳上(らしい)。, ライフスタイルに関する記事を主に担当。最近はすっかり完全ワイヤレスイヤホン沼の住人に……。生まれも育ちも根っからの関西人。でも、ブログでは関西弁は控えめ。. AirPods(第2世代)やAirPods Pro、Powerbeats Proと同じくApple H1チップを採用し、ハンズフリーでSiriを呼び出せる「Hey Siri」に対応しています。 耳の形にぴったりフィットして、遮音性が高まり、ノイズキャンセル機能も発揮されるのだと思われます。, ▲ 金属のアームがスライドして、ヘッドバンドの長さ調節ができます。 ©Copyright2020 8vivid.All Rights Reserved. BelkinのLightning分岐アダプタも試してみたところ、充電はされるものの、有線でのオーディオ入力はされませんでした。, ▲ Soloシリーズの従来品「Solo3 Wireless」と比較してみます。 レビュー 付属のカラビナを使って吊り下げられます。, ▲ 従来のBeats SoloシリーズやStudioシリーズ(写真左)とは、ヒンジの構造が変わっています。

同等の構造をした、Apple Storeでも販売されている「Belkin 3.5mm Audio Cable with Lightning Connector」を試してみましたが、認識されませんでした。, ▲ 「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」を使って、「Lightning – 3.5mmオーディオケーブル」を逆向きに接続しても、認識されません。 電源オン/オフの必要がない、AirPodsやPowerBeats Proにも似た使い勝手になり、便利になりました。, ▲ iPhoneなどの近くでオンにすると、画面にポップアップが表示され、簡単にペアリングができます。 1回の充電で、約22時間の連続再生ができます。 詳しくは後述します。, ▲ 耳に当てるイヤーパッドは、やや硬めで、低反発クッションのような感触です。 外部音取り込みモードは、外部の音をマイクで取り込んで、ヘッドホンを通して自然に聞かせてくれる機能です。 たとえノイズキャンセリング機能を使わないとしても、有線接続時にもSolo Proのバッテリーを消費します。 ノイズキャンセリングのモード切り替えは、iPhoneの画面ではできず、Solo Proのボタンで行うことになります。 アクティブノイズキャンセリング機能搭載Bluetoothヘッドホン、Beats by Dr. Dre『Beats Solo Pro Wireless』をレビュー。オンイヤー型のBeatsシリーズとして完成度がかなり高くなった本機。Beatsらしい欠点はありつつも、かなり便利なANCヘッドホンな気がするぞ! 2019.12.28 バッテリー残量も画面で確認できません。 充電しながら音楽を聴くこともできます。 これはAirPodsやBeats製品など、Apple W1チップ、H1チップを搭載したヘッドホンと同じです。

一方のSolo Proは、クリアでスッキリとした印象を受けます。, ▲ Beatsのノイズキャンセリング・ワイヤレスヘッドホンの従来品Studio3 Wirelessとも比較してみます。 むしろロックやヒップホップなどで、重低音を期待すると、物足りなく感じるかもしれません。 前述のとおり電源ボタンが廃止され、電源オン/オフの状況もわかりやすくなり、使いやすくなりました。, ▲ BeatsではSolo Proの発売に合わせて、ファレル・ウィリアムスらの選曲によるプレイリストをApple Musicで公開してます。 キャリングケース用のカラビナフックも付属しています。, ▲ 電源ボタンはありません。 4.6 out of 5 stars 2,583 ratings | 137 answered questions 中央の「b」マークのあたりで、再生・一時停止やSiriの呼び出しができます。 カチッと広げると自動で電源オンになり、たたむとオフになります。 Beats Solo Pro Wireless Noise Cancelling On-Ear Headphones - Apple H1 Headphone Chip, Class 1 Bluetooth, Active Noise Cancelling, Transparency, 22 Hours Of Listening Time - Black Visit the Beats Store.

ノイズキャンセリング機能は強力で、快適に音楽を聴けます。 Follow @iArigato !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? …って、思っているならぜひ使ってほしい感じ!, Beats Solo Pro Wirelessノイズキャンセリングヘッドフォン(以下、Beats Solo Pro Wireless)は、ご覧のとおり、オンイヤー型のワイヤレスヘッドホン。, なお、Beats Solo Pro Wirelessのサイズは 165×70×179mm (実測値)で、重さは267g。 ワイヤレス(Bluetooth) + アクティブノイズキャンセリング ということを考えると、サイズや質量は普通な感じ。, ちなみに、Beats Solo Pro Wirelessはカラーバリエーションが豊富で、合計6色展開(ダークブルー・アイボリー・グレイ・レッド・ライトブルー・ブラック)。そのうち、ダークブルー・レッド・ライトブルーの3色は、Pharrell Williamsとのコラボモデルで、『More Matte Collection』という冠が付いています。, Beats製品あるあるですが、Beats Solo Pro Wirelessのドライバーサイズは非公表。また、イヤーパッドはモチモチとしたクッション性の高い革(たぶん合成皮革)になっています。, ヘッドホン下面には、リスニングモード(ノイズキャンセリングと外音取り込み)を切り替える『モードボタン』と、本体充電&有線接続に利用するLightningポートを搭載。, なお、有線接続するためには、後述の専用のオーディオケーブルが必須になっており、なんと…付属していません!, ヘッドホン右面にある、“b”の部分一体。ここがオーディオコントロール用のリモコンボタンになっています。, Beats Solo Pro Wirelessは、画像のように折りたたみが可能な機構になっています。なので、付属のキャリングケースと併用すれば、ポータブル用ヘッドホンとしても抜群。, ちなみに、ヘッドホンの折りたたみ機構に連動して電源がオン・オフする仕組みになっており、折りたたむと電源オフ、展開すると電源オン、と自動で電源が動作します。なので、このBeats Solo Pro Wirelessには電源ボタンはありません。, かなり充実したリモコン機能となっており、再生・停止、音量調節、選曲…というオーディオコントロールはもちろん、アクティブノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能の切り替えもBeats Solo Pro Wireless側から可能。なお、ノイズキャンセリングと外音取り込みに関しては、iPhoneからでも設定変更可能です。, 付属のキャリングケースはフェルト素材っぽい感じで、結構クッション性も高め。付属のカラビナを装着できたり、ファスナーが止水ファスナーだったり…と、ケースのビルドクオリティーが凄い高い。, アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能を持つヘッドホンの雄といえば、SonyやBoseが思い浮かぶが、このBeats Solo Pro Wirelessもなかなかに良さげ。, このPure ANCとは、外部環境を継続的にモニタリングして、自動的に利用シーンを解析し、そのシーンに応じた最適なアクティブノイズキャンセリングを提供してくれるというもの。しかも、外部環境だけでなく、髪型や眼鏡の有無、耳の形状など、物理的な要素も解析し、ベストな音質を提供してくれる。, ひとことで表すと、ノイズキャンセリングそのものをBeats Solo Pro Wirelessにお任せする感じ。ノイズキャンセリングの調節機構自体は他メーカーでも存在しているが、本製品のアプローチとしては、車のオートマ車のような感じで、デバイス任せでやろうというもの。なので、煩わしさや知識が不要で、ベストなノイズキャンセリング環境を得ることができる。, なお、Beats Solo Pro Wirelessには、外音取り込み(ヒアスルー)機能も搭載されており、それらの切り替えは、Beats Solo Pro Wireless本体の『モードボタン』か、iPhone等のコントロールセンターで操作可能です。, Appleの一部となったおかげで、Beats Solo Pro Wirelessには『Apple H1』というSoCが搭載されています。なので、ハンズフリーの音声アシスタント呼び出し『Hey Siri』にも対応。, 特にApple H1が搭載されていて嬉しいポイントが、Appleデバイス(iPhoneやiPad等)での初回のBluetoothペアリングや、接続デバイスの切り替えが一瞬でかつ安定して行えること。, この超シームレス感はAppleデバイスだからこそ。他社製品では味わうことができない、この快適なBluetoothペアリングはかなり気持ち良い。ワイヤレスヘッドホンのキモである、接続しやすさという点では、一日の長があると言える(当然、接続先がAppleデバイスでないといけないが)。, Apple・Beatsなイヤホン・ヘッドホンならではの機能として、『オーディオ共有』という音楽のシェア機能があります。これが地味ながらに面白い。, 要するに、1台のiPhoneに2台のヘッドホンを接続でき、音楽を2人でシェアできるというわけです。ちなみに、2台めのヘッドホンは、他人のAirPods等でも可能。意外と面白い機能なので、新幹線や夜行バスで使ってほしい機能だったりします。, Beats Solo Pro Wirelessの嬉しいポイントとして、ロングライフバッテリーという点がある。, というバッテリーライフになっており、ノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能を使わない場合なら、最大40時間のリスニングが可能。ノイズキャンセリング機能オンでも最大22時間のバッテリー駆動ができるので、毎日充電する必要性はナシ。, 「あ、ロングライフバッテリーを過信して、充電するの忘れてた」となっても大丈夫。Beats Solo Pro Wirelessには、『Fast Fuel』という急速充電機能が搭載されており、わずか5分の充電で、最大3時間の連続駆動が可能。, ロングライフバッテリーなことも合わせて、バッテリーレスな状態が非常に少なくて済むので、さながら有線接続のヘッドホンのように使えるのが大きな魅力の1つ。, Beats Solo Pro Wirelessの音質について端的に言うと、変な味付けがないシンプルでニュートラルなサウンド、という感じ。昔の Beats = ゴリゴリの低音 というイメージはもはや過去のもので、最近のBeatsらしくモニターライクで癖が少なめ。, とはいえ、Bluetoothのチップが組み込まれていることやモニターヘッドホンと謳ってはいないので、ニュートラルだけどモニターヘッドホンのような原音忠実性はない感じ。あくまで、モニターライク“風”なニュートラル志向な音質というだけなので、リスニング用途のヘッドホンとして楽しく聞くことができます。, フラットっぽい感じの音質ですが、気持ち低音域に寄っている感じ(でも、ブーミーではない)がしなくもない…かも。音場感もどちらかといえば狭めで、塊感というかライブ感がある印象です。そういう意味では、低音ゴリゴリDJ仕様というものではなくなったBeatsですが、メーカーの色が残っている感じはします。うーん、チューニングがうまくなったぞ!Beats!!, モニターライクでフラット志向だけど楽しめる音質なのが、このBeats Solo Pro Wireless。なので、合いそうな楽曲は“ザ・王道”な音楽。逆に、過去のBeatsっぽい、クラブ系のHip-Hopや、ゴリゴリのHard Rockは合わないかも。そういう重低音推しの曲よりかは、ピコピコキラキラなノリの良さを重視したいところ。, とにかくクセ少なめで楽しく聞けるのがポイントなので、Techno・J-Pop・J-Rockと相性が良い印象。曲によってはEDMもアリ。EDMもいろいろありますが、ハードなものよりかは、メロウなもののほうが合いそうな予感。イマドキの楽曲を聞くという意味では、万能選手的な感じなのかもしれません。, そんなBeats Solo Pro Wirelessと一緒に聞いてほしい楽曲は、きゃりーぱみゅぱみゅのベストアルバム『KPP BEST』から、Disc 2の7トラックめの『トーキョーハイウェイ』をセレクト。, リズミカルでノリの良いこの楽曲。原音忠実や解像感…そんなことより、いかに楽しくリスニングできるか。それこそ音楽の醍醐味の1つだったりしますが、Beats Solo Pro Wirelessは、そこをしっかり分かっていて鳴らしてくれる感じ。元の楽曲の楽しさをそのまま鳴らしきってくれるという意味では、あるいみ“原音忠実”と言えるかもしれません。聞いていて楽しい!これが大事!!, 楽しく聞けるように鳴らすのが得意っていうことを考えると、やっぱり今風な曲に向いているって感じかもやね!, ヘッドホンの意義は音をより良く出すこと。その1つに尽きるのですが、そうはいっても、ヘッドホンそのもののデザイン性もこだわりたい。要するに、所有欲というものです。, そんな工業製品としての美しさから出る所有欲という意味では、このBeats Solo Pro Wirelessはトップクラス。よくもまあ、ここまで美しいフォルムを持ったヘッドホンを設計できたと関心してしまうくらい、美しく洗練されています。さすがは、Appleの傘下になっただけあるということでしょうか。, 特にAppleらしいと感じるのが、一般的なヘッドホンなら合って当然なはずの、“ネジ”が見当たらないのです。おそらく内部的には使っていると思うのですが、見えるところにはネジはなし。おかげでメンテ性は最悪(ここもまたAppleらしい)でしょうが、ムダを削ぎ落とす美学というのが、ここから感じ取れます。, Beats Solo Pro Wirelessが、Bluetoothヘッドホンの中である種で最高峰だと思っている点が、使いたいときに使うことができるシームレスさ。, まず、これまで話してきたように、このBeats Solo Pro Wirelessには電源ボタンというのが存在せず、折りたたんでいたヘッドホンを展開すると、自動的に電源オンになります。しかも、接続先がAppleデバイスなら、接続自体も一瞬。この煩わしさがない感じが、本当に使いやすく、これなら常用しようと思う気が起きるわけです。, こちらはBeatsブランドで出ている製品ですが、イメージはAirPods Proのヘッドホン版というのがしっくりくる。Bluetoothヘッドホンの醍醐味である、快適さを感じられる部分が非常によく似ているし、一緒じゃないけと近い親戚のような雰囲気がします。, 【レビュー】Apple『AirPods Pro』—芸が細かく正当進化したノイキャン搭載TWS, そんなBeats Solo Pro Wirelessの唯一の解せない点が、有線接続がとてつもなく面倒なこと。これは精神的なハードルと金銭的なハードルの両方です。, 本体チェックのときに見たように、Beats Solo Pro Wirelessには、従来のBeatsブランドのヘッドホンにあった、有線接続用のφ3.5mmステレオミニジャックがオミットされています。つまり、有線接続が特殊方式。, 有線接続は別売りケーブル(Lightning – 3.5mmオーディオケーブル)が必要。, ただこれは、有線接続ができないということではなく、別売の『Lightning – 3.5mmオーディオケーブル(Lightning to 3.5 mm Audio Jack Cable)』を利用すれば有線接続できるという、なんとも面倒な仕様なのです。そう、誰もが思うはず。最初からこの専用のオーディオケーブルを付属しておいて、と。, さらに、有線接続時でもBeats Solo Pro Wirelessのバッテリーを消費します。バッテリーがゼロになると、有線接続でも使えません。さらに、Beats Solo Pro Wirelessのリモコンボタンも効きません(プラグが普通の3極なので)。もっともっと言うと、Lightning to φ3.5mmケーブルなら何でもいいわけではなく、今回の『Lightning – 3.5mmオーディオケーブル』しか使えません。そう、専用仕様。, おそらく、Lightning – 3.5mmオーディオケーブルの内部的な構造が特殊なのかもしれませんが、それならせめてリモコンぐらいは搭載してほしいところ。もちろん、プラグも金メッキプラグじゃないです。うむむ…このケーブルの認知度低そう……。, ケーブルが、やけどね……。てか、嬉しくないし!

.

新ダイワ 部品 図 7, Ark ホーミングミサイル 使い方 46, Calibre Dedrm Plugin Github 9, 結婚相談所 期間 平均 4, Diga まとめ番組 古い 順 8, Bmw プログラマブルボタン おすすめ 4, 影山 独り Pixiv 7, Lenovo G500 Hm70 Cpu交換 5, 立川志らく 嫁 韓国 21, 自治 医大 さいたま リウマチ 科 10, Jr 東日本 都市開発 倍率 5, 欅 坂 46 暗い 16, サヨナラcolor 歌詞 意味 12, マシュマロ ケーキ ヒルナンデス 4, Yzf R1 キュベレイカラー 7, Ff14 面白い ミラプリ 4, キルカバー リフィル 交換の仕方 6, バクテリア マット 作り方 10, スイッチ キーボード ローマ字 入力 5, とび森 9人目 何日後 7, Mau キャットタワー ミルキーエッグ 4, 納品書 受領書 テンプレート 4, 片思い 嫌 われ た 冷却期間 12, 就活 強み 診断 8, ヴェル ファイア 故障 13, バイオハザード オリジンズコレクション Switch 攻略 4, Toeic 860 900 10, Vista Linux 移行 6, Wrx Sti カスタム 5, 休職中 資格 おすすめ 4, 彼氏 結婚 本音 占い 18, Trello Redmine 連携 18, テイルズ ランキング 2018 23, Z33 クラッチペダル 異音 6, スピード ファルコ ギア比 29, フォートナイト フレンド申請 届かない 15, ウイイレ2021 引き継ぎ Ps4 28, アイスボーン ハンマー 心眼 5, 加速度 変位 変換 エクセル 16, 黒い砂漠モバイル 起動 しない 13, アレクサ 音楽 無料 6, 東工大 系 定員 5, モンロー ザックス 比較 4, 心音 うるさい 眠れない 5, 麒麟がくる 20話 動画 9tsu 55, バッファロー Ipアドレス 取得できない 4, 情報工学 大学 愛知 7, 間質性 肺炎 看護 事例 7, 関西 テレビ 韓国ドラマ 10, 折り紙 工作 簡単 5, 書類選考 求人 消え た 4, ドラクエ10 ソポス 足 白箱 4, Autocad 永久ライセンス いつまで 5, コーナン 木材 丸棒 4, ジャパネットたかた エアコン 10畳 9, グローレ F2 年齢 6, ダース モール なんj 9, 七五三 保育園 給食 11, プリ機 メルル Bgm 54,