足利尊氏演じる「真田広之」に初恋をした作品でした。始めはただカッコよくてまた見たいと思っていました。そしてようやくDVDBOXを購入しました。当時とは違って作品自体も素晴らしいことに気づきました... 足利尊氏演じる「真田広之」に初恋をした作品でした。始めはただカッコよくてまた見たいと思っていました。そしてようやくDVDBOXを購入しました。当時とは違って作品自体も素晴らしいことに気づきました。いい作品で、何度みても楽しめます。あんなにいいドラマはなかなか出会えません。, 弓の天才という役を演じるのが後藤久美子、愛称ゴクミで、その姿ははっきり覚えている。かわいい女の子という感じの顔ではない、声が低いちょっと中性的な美人だからこその役だと思う。今だったら誰が近いかな・・と考えてみたけど、今の若い芸能人のことをよく知らない(汗) 藤夜叉(宮沢りえ)がついに亡くなってしまった回。 北畠顕家:後藤久美子 日本の歴史文学のなかで「最長」といわれる『太平記』。長いだけでなく、魅力的な登場人物たちがいきいきと描かれているのが特徴です。この記事では、ジャンルや内容、有名な武将楠木正成などをわかりやすく解説していきます。また、おすすめの現代語訳本や漫画なども紹介するので、参考にしてみてください。, 南北朝時代を舞台にした軍記物語『太平記』。後醍醐天皇の即位から、鎌倉幕府の倒幕や建武の新政、観応の擾乱を経て、2代将軍・足利義詮(よしあきら)の死去と細川頼之の管領就任までの激動の50年間を描いています。, タイトルについている「太平」には、怨霊を鎮魂し、平和を願うという意味が込められていると考えられていますが、作者や成立時期について正確なことはわかっていません。多くの研究者は、ひとりが短期間で書いたものではなく、複数の人物によって長期にわたって編纂されたものだと考えています。, そのうち、有力な編纂者の候補が2人います。ひとり目は、鎌倉時代後期から南北朝時代に活躍した天台宗の高僧、円観(えんかん)。ふたり目は、後醍醐天皇や室町幕府と密接な関係があった玄恵(げんえ)です。そのほか、3代将軍・足利義満や管領だった細川頼之が関わっていたと考える意見もあります。, 構成は全40巻。しかし江戸時代の時点で22巻は欠落していました。理由は不明ですが、天皇家や武家にとって何か不都合なことが書かれていたのではないかと推測されています。, 『太平記』のジャンルは、軍記物語です。鎌倉時代から室町時代に書かれた、主に合戦を題材にした作品のこと。歴史書とは異なり、説話や虚構も交えながら語り部たちによって世に広まっていきました。同じく軍記物語では、『平家物語』や『将門記』『保元物語』『平治物語』などが有名です。, 『太平記』は、後醍醐天皇が即位した1318年から、細川頼之が管領に就任する1368年までの50年間を描いたものです。, 3部構成で、第1部では後醍醐天皇の即位から鎌倉幕府が滅びるまで、第2部では建武の新政から後醍醐天皇の崩御まで、第3部では南朝方の怨霊の跋扈と、それを受けて室町幕府が混乱する様子が記されています。, 『太平記』全体の内容には、儒教に由来する「大義名分論」や、仏教に由来する「因果応報」などが通底しています。この考え方にもとづいて、後醍醐天皇が作中で徳を欠いた天皇として描かれているのも特徴的です。, ちなみにこの考え方は、江戸時代に編纂された『大日本史』にて正統な天皇だったと修正され、後の尊王攘夷運動や太平洋戦争における天皇中心の歴史観に大きな影響を与えることになりました。, 『太平記』は、戦国時代から江戸時代にかけての武士にとって、必須の兵法書と捉えられています。同時代に日本にやってきたキリスト教の宣教師たちも、本作を教材として日本の歴史や思想を学んだそうです。, 『太平記』では、鎌倉時代末期から南北朝時代に活躍した武将、楠木正成が非常に美化して描かれました。楠木正成は豪族の出身だといわれていて、「源平藤橘」のひとつである橘氏の後裔を自称しています。, 後醍醐天皇の倒幕の呼びかけに応じて挙兵。河内の金剛山で鎌倉幕府の大軍を迎え撃ち、地の利を活かした知略を駆使して活躍しました。建武の新政では後醍醐天皇の側近として仕え、後醍醐天皇が足利尊氏と袂を分かった後は南朝方として北朝方と戦い、最後は「湊川の戦い」で足利尊氏の大軍を相手に奮戦した後、亡くなっています。, 多くの武将が後醍醐天皇を見限り、足利尊氏に従うなかで、最後まで後醍醐天皇を支えた彼の生きざまを、『太平記』では「智仁勇の三徳を兼ねて、死を善道に守り、功を天朝に播す事は、古より今に至るまで、正成程の者は未だあらず」と絶賛しています。, ちなみに作中では一貫して「楠正成」と表記されていますが、そのほかの歴史的資料では「楠木正成」と記されていることから、実際の表記は「楠木」が正しいと考えるのが一般的です。, 古典文学を読みやすくまとめた「ビギナーズ・クラシックス 」シリーズです。全40巻もある『太平記』をいきなりすべて読破するのはやはり難易度が高いもの。興味はあるけれど手を出すのは躊躇している人におすすめです。, 各巻のあらすじが要約されているので、大筋のストーリーを理解できるうえ、名場面については原文と現代語訳を掲載。気軽に『太平記』の世界観を楽しむことができます。, 『太平記』が描いている時代の知名度は、戦国時代や幕末と比べると低いのが現状です。しかし楠木正成をはじめ、後醍醐天皇や足利尊氏、新田義貞など個性あふれる魅力的な人物たちが活躍する、日本史上でも屈指の面白い時代でもあります。『太平記』を知る最初の一冊として、お手にとってみてください。, 多くの大衆小説を手掛け「国民作家」と呼ばれる吉川英治最後の大作が、『私本太平記』です。1991年に放送されたNHK大河ドラマの原作にもなりました。, 明治時代以降、後醍醐天皇に背いた大悪人とされてきた足利尊氏を主人公にし、南朝の英雄だった楠木正成を温厚な性格で苦悩を抱える「河内の気のいいおじさん」風に描くなど、戦前のタブーに挑んでいます。両者が雌雄を決する「湊川の戦い」が本作のクライマックスです。, いまだ『私本太平記』を超える関連本はこの世にないといわれるほど。1度は読んでおきたい名作です。, 『ゴルゴ13』で知られるさいとう・たかをが、『太平記』を漫画にしました。上・中・下巻と読みやすいボリュームにエッセンスが凝縮されています。, さいとう・たかをといえば、劇画タッチの分野を確立した代表的人物のひとり。その世界観が『太平記』とマッチし、登場人物たちの迫力を惹きたてています。武将たちが着用している甲冑や闘犬など、細部まで再現されているのが魅力です。, 内容も『太平記』に忠実で、文章だけで読むよりも格段に理解がしやすいので、漫画で読むのもおすすめです。, 太平記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 日本の古典).
ドラマ「太平記」の関連作品、概要. 後醍醐天皇:片岡孝夫 爽やかな役、心がない冷酷な役、単細胞なタイプの役など、様々な役柄で私たちを魅了する実力派俳優の向井理。この記事では、そんな向井理がテレビドラマや映画で演じた役柄と作品についてご紹介します。2児の父であり、バーテンダーと... 『G線上のあなたと私』への出演でも注目された中川大志。日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、演技でも定評のある俳優です。テレビドラマや映画を中心に活躍し、女性ファンだけでなく共演者からも人気。 鎌倉時代末期、南北朝時代の動乱期を舞台に幕府を滅亡させ、建武政権に背いて室町幕府の初代将軍となった足利尊氏の生涯を描く。 他に宮沢りえや沢口靖子、今でも美しい女優さん達が共演しているドラマだった、豪華。, 後半戦はどちらかと言うと足利一族の足の引っ張り合いとか、弟の直儀との確執とか、胸糞が悪くなるような話ばかりなので、やっぱり前半の、宮沢りえが演じた白拍子の藤夜叉との恋とか、新田義貞との駆け引きとか、北条高時を討って鎌倉幕府をつぶすとか、その時期の方がおもしろかったなぁと今でも思う。 藤夜叉と尊氏(真田広之)の前半の再会のシーンも結局は、永遠の別れとなってしまったと考えると切なすぎる(泣) ★おしらせ★ 2010年3月8日より、大河「太平記」登場人物を全網羅した「南北朝列伝」を正式公開してます。今後もデータは追加します。 こちらからどうぞ。 原作:吉川英治(「私本太平記」より) 脚本:池端俊策・仲倉重郎 音楽:三枝成彰 演奏:Cカンパニー テーマ音楽演奏:NHK 『太平記』(たいへいき)は、日本の古典文学作品の1つである。 歴史文学に分類され、日本の歴史文学の中では最長の作品とされる 。. 足利貞氏:緒形拳 鎌倉の存亡が関わってるからこそ覚悟を決めた、尊氏がカッコ良かったです。 正直、途中から視聴なので展開についていけないのは事実ですが、今回は、柳葉敏郎 と 宮沢りえ の熱演に魅了され見てました。 北条高時:片岡鶴太郎, 一方、足利氏の棟梁(りょう)である足利貞氏(緒形拳)のもとに嫡男誕生のしらせが入る。, 西宮で楠木正成(武田鉄矢)の出迎えを受け、高氏と佐々木道誉(陣内孝則)の待つ東寺に到着。, さっそく直義邸に直義党の面々を集め、将軍尊氏も招いて戦後処理についての会議が開かれることとなった。, 動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。, 違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします。, 以上、真田広之主演のドラマ「太平記」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。, 30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!, この大河ドラマは食い入るように観ていた事を覚えています。大河史上、最高傑作だと思いますよ。何がとなると、もう全てがですね。キャストの方々の演技、音楽、脚本全て。, 南北朝・室町って、あまりテーマにならない・難しい時代で、歴史好きとしても印象の薄い時代でした。しかしこのドラマはその時代を扱ってるのに観てみれば本当に面白かったですよ!偏見持って観ないままだったらもったいなかった(笑)登場人物が分かりやすいし、ストーリーも明快で良かったです。真田広之が格好いい事!, 大河は初めは観るけど途中が、というものが多かったんです。が、太平記は最後まで駆けるように観ました。渡辺謙の独眼竜以来ですよ。演出も素晴らしかったし、真田広之はじめ俳優陣が皆まぁハマり役で、面白く観る事が出来ました。, 14世紀初頭、鎌倉幕府は北条一族が専制の色を強め、執権・北条高時(片岡鶴太郎)をかげで操る実力者・長崎円喜(フランキー堺)は御家人の最大勢力である足利氏をすきあらば滅ぼそうと考えていた。そんな折、足利氏の棟梁(りょう)である足利貞氏(緒形拳)のもとに嫡男誕生のしらせが届く。その子こそが幼名を又太郎、のちの足利高氏(尊氏・真田広之)であった。(引用元:公式サイト). みなさんは時代小説を読んだことがありますか?時代小説の中でも、特に江戸時代は面白い作品が多いです。戦もあまり起きず、平和だった江戸時代を舞台にした、町人たちの生活からお化けの出てくる非日常的な物語まで、江戸もの時代小説... 司馬遼太郎は多くの歴史小説がドラマ、映画として映像化され私たち日本人の歴史感覚に影響を与えているといわれています。亡くなった後もその人気の衰えないロングセラーを誇る作家です。魅力あふれる数多くの作品の中から10冊を選び... ハードボイルド小説の大家、北方謙三。今回は直木賞選考員でもある北方の歴史小説に焦点を当てておすすめしていきます。, 高田郁は「みをつくし料理帖」シリーズで、困難な中でも夢に向かってひたむきに生きる主人公を書いて多くのファンの心をつかみ、その後もコンスタントに、感動する作品を生み出しています。そんな高田作品をご紹介します。, 時代小説を読んでみたいけれどなにから読めばいいか、わからない。これから時代小説を楽しみたいという方におすすめな、絶対外さない名作時代小説をご紹介します。, かつて戦国という動乱の時代を生きた人々がいました。今回は、下剋上が当たり前の厳しい世の中を彗星のごとく駆け抜けた男たちの生き様を描いた歴史小説を、ランキング形式で5作品ご紹介します。. 個人的には、麿赤兒 さんのエロ爺っぷ... 途中から見始めたから何が何だか分からない状況からスタートとなりましたが、とにかく、今も大活躍してる名俳優さん方のこの放送当時の演技を見れて良いです。

個人的には、麿赤兒 さんのエロ爺っぷりが良かったですが。(そこかいww), 柳葉敏郎、高島政伸、主役の 真田広之 の演技が良かったんで今後も注目していきたい。. 2020年2月13日木曜日にnhkドラマトピックスが2020年2月13日木曜日に投稿した記事によりますと、2020年4月5日日曜日からnhkbsプレミアムで大河ドラマアンコールとして放送されている「葵 徳川三代」 (新しいタブで開く) の次の番組として、1991年に放送された「太平記」が再放送されることが発表されました。 楠木正季:赤井英和 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 大河ドラマアンコール「葵 徳川三代」の次は太平記に決定。2020年2月13日木曜日にNHKドラマトピックスが2020年2月13日木曜日に投稿した記事によりますと、2020年4月5日日曜日からNHKBSプレミアムで大河ドラマアンコールとして放送されている「葵 徳川三代」(新しいタブで開く)の次の番組として、1991年に放送された「太平記」が再放送されることが発表されました。, NHKドラマトピックスの情報によりますと、「太平記」の基本的な放送時間帯は毎週日曜日の午前6時から6時45分までで、NHK BSチャンネルで放送されるとのことです。, この時間帯は2020年3月まで放送が予定されている「葵 徳川三代」と同じです。これまでに大河ドラマアンコールとして放送された、「軍師官兵衛」、「風林火山」、「武田信玄」は午後12時から放送されていました。, そのことを踏まえるとこれから放送される大河ドラマアンコールは、「葵 徳川三代」、「太平記」と同じく午前6時の時間帯に固定されてしまったのかもしれません。, それにしてもなぜ2020年度の大河ドラマアンコールは「太平記」だったのでしょうか。個人的な推測ですが、2022年に放送されることが予定されている、「鎌倉殿の13人」(新しいタブで開く)と兼ね合いなのではないかと思ったりします。, なんせ21世紀の日本人にとって、鎌倉時代から室町時代にかけての中世前期の時代は分かりにくいですからねぇ。「鎌倉殿の13人」を援護射撃するために「太平記」が大河ドラマアンコールとして放送されることになったのかもしれません。, Webサービス開発者&ドットインストール学習者&個人事業主&ねこ。水泳は背泳ぎがS1。詳しくはこちら, NHK アンという名の少女 キャスト エイミーベス・マクナルティさん〜アン・シャーリーを演じている女性のプロフィールとSNS #アンという名の少女, NHK アンという名の少女のあらすじ〜NHK海外ドラマ「アンという名の少女」をあらすじを知りたかったらNHKの番組表を見ましょう, NHK アンという名の少女 再放送について NHK海外ドラマ「アンという名の少女」を再放送をしてほしかったら #nhk_return のハッシュタグをつけてツイートをしましょう #アンという名の少女, エイミーベス・マクナルティさんのインスタグラムの見つけ方〜NHK海外ドラマ「アンという名の少女」のアン・シャーリー・カスバート役の女優さん, 朝ドラ「おちょやん」竹井千代(杉咲花さん)の名前の由来はモデルの浪花千栄子さんが「竹好き」だったからか #おちょやん #竹井千代 #杉咲花, 朝ドラ「おちょやん」の篠原涼子さんは誰のモデルか?〜芝居茶屋「岡安」の女将・岡田シズ #おちょやん #篠原涼子, 朝ドラ「おちょやん 」に登場する「岡安」のモデルは「岡嶋」と「近安」か〜千代が奉公している道頓堀の芝居茶屋について #おちょやん. 佐々木道誉:陣内孝則 『太平記』(たいへいき)は、日本の古典文学作品の1つである。歴史文学に分類され、日本の歴史文学の中では最長の作品とされる[1]。, 全40巻で、南北朝時代を舞台に、後醍醐天皇の即位から、鎌倉幕府の滅亡、建武の新政とその崩壊後の南北朝分裂、観応の擾乱、2代将軍足利義詮の死去と細川頼之の管領就任まで(1318年 (文保2年) - 1368年(貞治6年)頃までの約50年間)を書く軍記物語。今川家本、古活字本、西源院本などの諸種がある。, 表題の「太平」は、平和を祈願する意味で付けられていると考えられており、怨霊鎮魂的な意義も指摘されている。, 第二次世界大戦後、「太平記」を称する小説やテレビドラマが多く作られたため、混同を避けるために『古典太平記』と呼ばれることもある。, 作者と成立時期は不詳であるが、今川貞世の『難太平記』に法勝寺の恵鎮上人(円観)が足利直義に三十余巻を見せたとの記事があり、14世紀中ごろまでには後醍醐天皇の崩御が描かれる巻21あたりまでの部分が円観、玄慧など室町幕府との密接な関わりを持つ知識人を中心に編纂されたと考えられている。室町幕府3代将軍足利義満や管領細川頼之が修訂に関係していた可能性も指摘されている。, いずれにせよ一人の手で短期間に出来上がったものではないだろうと考えられている。この点については『難太平記』のほか、『太平記評判秘伝理尽鈔』でも、あくまで根拠の乏しい伝説の域を出ないが、実に10人を超える作者を列挙している。, また、玄恵作者説については、古態本の1つである神宮徴古館本の弘治元年(1555年)次の奥書に「独清再治之鴻書」とある(「独清」は玄恵の号である「独清軒」のことか 「再治」は再び編集すること、「鴻書」とは大部の書の意味)。, (以下の記述から)小島法師などの手により増補改訂されてゆき、1370年ころまでには現在の40巻からなる太平記が成立したと考えられている。同時代の史料で『太平記』の名が確認できる最古のものは、『洞院公定日記』の応安7年(1374年)5月3日条である(『太平記』自体の作中記事で、もっとも新しい年代記述は応安4年(1371年)以降の斯波義将追討の件である)。, 伝へ聞く 去んぬる二十八九日の間 小嶋法師円寂すと 云々 是れ近日 天下に翫(もてあそ)ぶ太平記作者なり 凡(およ)そ卑賤の器なりと雖(いへど)も名匠の聞こえ有り 無念と謂ふべし(原漢文:ただし「天下」と「太平記」の間に改行があり、「近日天下に翫ぶ太平記」は「近日翫ぶ天下太平記」と読むべきだという意見もある。なおこの記事と『太平記』との関連が指摘されたのは、明治19年に重野安繹によるもの。), 『難太平記』を別にすれば、同時代、またはそれに近い時代の史料で作者に擬されているのはこの「小嶋法師」だけであるが、この人物が何ものであるかは既述の「児島高徳」説(明治期から)ほか、備前児島に関係のある山伏説(和歌森太郎、角川源義)、近江外嶋の関係者(後藤丹治)など諸説あり、未だに決着を見ていない。, 『洞院公定日記』に見える『太平記』の本文は全く不明であるが、後述する永和本の本文が現存『太平記』本文にほぼ一致することを考えると、『太平記』作中最新(最終)記事の事件から10年ほどで現存本文が成立したとも考えられる。, 一貫して南朝よりであるのは、南朝側の人物が書いたとも南朝方への鎮魂の意味があったとも推測されている。また、「ばさら」と呼ばれる当時の社会風潮や下剋上に対しても批判的に書かれている。, 全40巻。現存流布本で全40巻だが、16世紀の時点で巻22は既に欠落しており、前後の巻より素材を抜き出して補完しているものと考えられている。内容は3部構成で、後醍醐天皇の即位から鎌倉幕府の滅亡を描いた第1部(巻1 - 11)、建武の新政の失敗と南北朝分裂から後醍醐天皇の崩御までが描かれる第2部(巻12 - 21)、南朝方の怨霊の跋扈による足利幕府内部の混乱を描いた第3部(巻23 - 40)からなる。前述の「巻22の欠落」であるが、現在伝わっている伝本の中で巻22を立てているものでも内容そのものは巻23 - 24の記事を使用しているので結論的に巻22は欠巻ということになる。その原因としては、天皇や武家方に対して不都合なことが書かれていたので削除したと考えられているが現在のところはっきりしていない。, なお巻数については全40巻とするのが一般的だが、古態本は巻22を欠く実質39巻本、後出本は巻22を編集によって埋めた実質40巻本のほかに、終末部(40巻本の巻38または巻39 - 巻40)を2巻または3巻に分割して41巻、または42巻本にした写本も存在する。(米沢本、京大本系統など), そうした本文の分割とは別に、『平家物語』にみられるように、(主に源氏の)宝剣伝承をまとめ、「剣巻」として1巻に仕立てたものを付属する写本(製版本にも少数ある)もある。ただし、この場合「剣巻」は巻数には含まれない。, 全体の構想は儒教的な大義名分論と君臣論を通し、仏教的因果応報論が基調として、宋学の影響を受けたとされる。この考え方にもとづき、後醍醐天皇は作中で徳を欠いた天皇として描かれるが、水戸光圀は修史事業として編纂していた『大日本史』において天皇親政をめざした後醍醐天皇こそ正統な天皇であると主張した。これにより足利尊氏は逆賊であり南朝側の楠木正成や新田義貞などは忠臣として美化され(ただし徳川将軍家は新田氏の末裔を称していた)、後世に水戸学として幕末の尊王攘夷運動、さらに太平洋戦争(大東亜戦争)前の皇国史観へと至る。, 中盤の後醍醐天皇の崩御が平清盛の死に相当するなど、随所に『平家物語』からの影響が見られ、また時折本筋を脱線した古典からの引用も多く、脚色も多い。, 有名な「呉越合戦」「漢楚合戦」などは巻一つの何分の一かを占める長文のものである。もっともこの二つは『太平記』漢籍由来故事でも他を圧して長大であるのだが。ただし、すでに江戸時代以前の古注釈の頃から指摘されているように、『太平記』の引く故事は時に単純な勘違い以上に漢籍(あるいは『日本書紀』など日本の史書)と相違するものがあり、しばしば不正確とされる。ただし、漢籍については増田欣の研究などによって、いわゆる「変文」と言われる通俗読み物などが素材としてかなりの量、用いられているのも理由の1つとされている。また、巻25「伊勢宝剣説話」にはかなり奇妙な(奇怪な)神代説話が載せられているが、これも『日本書紀』本文によったものではなく、中世日本紀を素材としたのであろうと考えられている。, なお、この脱線の多さの理由については大隅和雄の説の様に『太平記』は軍記物語の体裁を取ってはいるものの実際には往来物として作られた物であり、中世の武士達が百科事典として使うことを主目的に作られたからではないかという見解も存在する[2]。, 『太平記』の本文系統については、戦前に後藤丹治の研究があり、戦後も高橋貞一、鈴木登美恵のほか、昭和後期から平成にかけては長坂成行、小秋元段らが網羅的かつ精力的に研究を続けており、以下それらの成果によって記す。, 「構成」にあるように、すべての現存『太平記』本文は巻22に当たるべき記事を欠いており、記事配列の操作をせず巻22をそのまま欠巻とするものを古態本とし、配列を操作して巻22を設けたものを比較的後出本とする。この点については古く『参考太平記』凡例ですでに指摘されている。, 戦後紹介されたもので、巻32相当のみの端本(零本)でありかつ『太平記』の名も冠せられていないが、『太平記』の最終記事年代に近い永和年間(1375-1379 おそらく永和2 - 3年)写かとされる古写本があり、この本文は現存の諸本とほぼ一致する(巻32は諸本間の異同が大きく、永和本系統と他もう一系統の大きく2つにわかれ、古態本の中にはこの両方を併記したものもあり、後出本の中には二系統を混合したものもある)。永和本と称されるものである。, このほか一、二の断簡中の逸文を除くと、まとまった古写本としては次の四系統のものが現存本中、古態本とされる。, これら四系統の相互の関係はいまだに定説がない。ただし、流布本本文との比較では南都本系統が一番近く、逆に西源院本が一番遠い(独自記事が多い)ことは判明している。, 現在では一応神宮徴古館系の本文を古態とするが、これも確定的なものではない。また、古態とされる神田本にもある個所に大量の切り継ぎ(後出と思われる別系統本文の補入)があるほか、すべての古写本が混態本であり、極端にいえば巻ごとに系統が異なるともいえる。ただし、『太平記』の本文異動は特定の巻に集中する傾向がある。, 以下、流布本より古いが巻22を編集によって埋めている諸本のうち、代表的なものとして, (現在近衛家陽明文庫所蔵のため陽明文庫本とも呼ばれる。永正2年(1505年)の現存写本の中では最も古い奥書を持つ。またこの奥書はかなり長大で、それによるとこの写本の伝来には甲斐武田氏との関わりもあるという。『参考太平記』校合対象本), (両本とも彰考館蔵。流布本に対し外部資料などで増補したと思われる異文を多く持つ。同じく『参考太平記』校合対象本), 太平記で華々しい活躍を描かれている楠木正成は、その名前を「楠木」表記とされたのは明治時代に入ってから、太政官の修史館における決定によって成されたもので、太平記の諸本は、その名前を一貫して「楠正成」と表記している[3]。ただし、『楠木合戦注文』[4]を始めとする一次資料の多くは「楠」ではなく「楠木」としているため、歴史的事実としては楠木で正しいと考えられる。, 『太平記』は中世から物語僧の「太平記読み」によって語られ、初等学問におけるテキストの役割や江戸時代には講談で語られる物語の1つとなる。室町時代には『太平記』に影響され、多くの軍記物語が書かれる。赤穂藩浅野家家臣が吉良義央を討ち果たす赤穂事件が起ると、竹田出雲らにより太平記の「塩冶判官の物語」に仮託されて「仮名手本忠臣蔵」として書かれるなど、説話、浄瑠璃など、日本の近世文学にも大きな影響を与えた[5]。, 戦国武将にとっては太平記を兵法書の側面から捉え、さまざまな論評を加えた書も生まれた。その集大成が『太平記評判秘伝理尽鈔』となった。江戸期に至るまでの武士にとって不可欠ともいえる兵法書となった。, 16世紀、日本でキリスト教のカトリックの布教を行ったイエズス会の宣教師たちは、『平家物語』と共に『太平記』を、日本の歴史や文化、思想、日本語などを学ぶための資料・教材として注目した。そのため、イエズス会が活版印刷で刊行したキリシタン版にも、『太平記』は強い影響を与えた。, 例えば、日本の歴史や文化、思想、日本語などの学習ための教材として『太平記抜書』が刊行された。しかし、『太平記抜書』では、神仏に関する記述が、キリスト教の唯一神(デウス)にそぐわないとされ、「神仏」は、当時の日本におけるデウスの同義語であった「天道」に置き換えられている。また、日本語の語彙をポルトガル語で説明した辞書である『日葡辞書』でも、語彙の説明の為の例文の多くが『太平記』から引用されている。, 南北朝時代は古代史と並び皇室のルーツに関わる時代で、皇国史観のもと逆臣・尊氏や忠臣・正成などのイメージが固定化された「太平記」は、小説や映画・TVドラマなどの題材として作品化されることは極めて稀であった。その風潮に対して、吉川英治は戦後、『私本太平記』において足利尊氏をそれまでのイメージと違う新たな解釈を加えて南北朝時代を小説化した。平成3年(1991年)にはこの『私本太平記』を原作に、NHK大河ドラマ『太平記』が放送された。, 同時代を生きた今川貞世(了俊)は応永9年(1402年)に著わした『難太平記』において内容の誤りを指摘している。ただし、それは、今川が室町幕府の重鎮であったことと関係するのかもしれない。近世では、徳川光圀は『大日本史』において資料としているが、明治の東京大学教授・久米邦武は資料的価値を否定している。たとえば、元弘2年(1332年)楠木正成の下赤坂城の奪還と再挙兵は、『太平記』では4月3日とされているが、一次史料である『楠木合戦注文』では12月中とされているなど[4]、有名なエピソードについても大幅な錯誤があることに留意する必要がある。また、「太平記」にしか記載がないとされている南朝方の武将・児島高徳の実在性を巡って、これを否定する重野安繹と、より慎重な資料批判を求める川田剛(甕江)との間で論争が起こった(重野=進歩的、川田=保守的という思想的対立に理由を求める見方には誤りがある)。近年の批判としては、足利氏一門の研究をしている谷口雄太は、新田氏とその一族が足利氏の一門・庶流であったのは同時代史料から明白であり、新田氏が足利氏から独立した一門であるとしたのは軍記物である『太平記』のみであったにも関わらず、足利と新田を同格と見做す史料的には根拠のない『太平記』史観が広まり、新田氏の庶流と称した徳川氏の天下が終わった明治時代以降にアカデミズムを含めて却ってその傾向が強くなったと指摘している[6]。今日では同時代の日記など他の一級資料と内容を比較することで、歴史的資料として研究されている。, 『平家物語』と比較すると、一貫性が欠如している、完成度が未熟、などの批判がある[7]。, 宝井其角は「平家なり太平記には月を見ず」と評している。『月』は豊かな情緒、風雅の象徴であり、『平家物語』にはあるそれらが『太平記』にはない、と、其角は両者を比較している。他方、平家物語とは異なる文学性に満ちた、軍記文学の新境地を開いた作品という評価もある[8]。, 同時代の原典資料には、南朝の正統性を示すために記した北畠親房『神皇正統記』、足利家の事績を書いた『梅松論』や、『源威集』(平凡社東洋文庫)がある。, 以下の諸書は『太平記』の名を冠しているものの、古典『太平記』とは成立経緯も内容も直接の関係はない。, 他に抜粋版で校註・訳を行った書目は『鑑賞日本古典文学21』(角川書店 1976年)、『鑑賞日本の古典13』(尚学図書 1980年)など数種ある。本文が膨大なため、複数の系統の異なる本文を厳密に比較校合した、いわゆる「校本」と呼べるものは、現在まで未公刊である。, 以上の「古典大系」本、「古典集成」本はいずれも底本は慶長8年(1603年)刊の古活字本。この本文が寛永以降の製版本=流布本本文の直接の原型になったとされる。ただし、「古典大系」版の「(1)解説」によれば、古写本と慶長8年古活字本の間に、慶長7年刊と推測される無刊記古活字本があり、これは流布本の本文に一部古態の本文を含んだ特異なものであるとされるが、現在まで詳細は未紹介。, 上記2者とは違い、底本は増補系とされる天正本(彰考館蔵)であるが、頭注ほかで流布本系本文との校異を記す。第二分冊以降の巻頭「凡例」によれば、他に長坂成行・小秋元段が校註者として参加している。校註の施された全巻にわたる現代語訳は現在これのみである。各分冊の「解説」にはほぼ20世紀末までの『太平記』研究史の要約と課題がまとめられている。, 今井弘済・内藤貞顕編。1689年成立、1691年刊。水戸・彰考館にて、『大日本史』編纂の参考資料として、『太平記』の叙述をほかの史書、史料と校合し、史実を考証したもの。彰考館が収集した九種類の『太平記』古写本の本文を流布本と校合し、事実関係について検討を加えてある。史料編纂の目的のため人名、地名など固有名詞と年日次の相違には厳密であるが、詞章そのものの校合には時に緻密さを欠く個所もある。また、『太平記』に頻出する、漢籍を出典とする故事などについては全く無視されており、『参考太平記』には引かれていない。以上の編纂方針及び参考資料名を詳細に掲げた「凡例」を巻頭に持ち、そこでは文献学的な『太平記』諸本論が提示されている。質量ともにそれ以前のあらゆる注釈・考証を凌ぎ、明治になるまでは『太平記』の注釈的研究としては最も優れたものであった。なお彰考館では同様の目的でほかに『参考保元物語』『参考平治物語』『参考源平盛衰記』の都合四書が編纂されたが、幕末までに製版本で公刊されたのは『参考太平記』だけである。, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1920226/106, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=太平記&oldid=79559237, この項目では、古典文学作品の『太平記』(通称「古典太平記」)について説明しています。その他の用法については「.


.

東方ロストワード 絵札 お別れ推奨 6, いきものがかり Yell 歌詞 印刷 4, ダークライ 捕まえ方 正式 5, 京大 数学 2020 問題 20, 男 ベタ惚れ 片思い 35, ユニクロ テーパードパンツ メンズコーデ 4, ケフレックス カロナール 飲み合わせ 7, ヨシノリ コタケ キャップ 洗い方 6, ヘアカラー 早く色落ち させる 重曹 5, ポケモンgo イベント チケット購入 できない 7, クリップボックス サムネイル 変更 5, あいおい 代車提供型 レンタカー型 違い 24, かぶりベスト 作り方 子供 29, 最原 Ss 修羅場 25, 蟹ちゃん 韓国 収入 10, マッチングアプリ 女性から誘われた 怪しい 5, 雨だれ の歌 海外の反応 6, 豆 発芽 キッチンペーパー 4, 産休 ビジネスメール 返信 社外 19, Un 55 N 55 違い 11, ガス 元栓 交換 20,