使用燃料:無鉛レギュラーガソリン 最小回転半径:5.5m 燃料タンク容量:63ℓ 型式:CB18 乗車定員:5名 ステーションワゴンの逆襲なるか、新型subaru「レヴォーグ」試乗でわかった実力 ... 2020/08/23 08:45.

圧縮比:10.4 最高出力:177ps(130kW)/5200-5600rpm 完成度が高くスキのないクルマ作りに、車両選択で大いに頭を悩ませてしまうことだけが今度のレヴォーグ一番のウィークポイントに違いない。, スバル・レヴォーグ GT-H 乗車定員:5名 ■駆動系 Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト, 間もなく正式発表されるスバル新型レヴォーグ。袖ヶ浦フォレストレースウェイで行なわれた試乗会では、新型のGT-HとSTI Sport、そして現行レヴォーグ(1.6ℓモデル)の比較試乗が行なわれた。走りの評価のスペシャリスト、瀬在仁志はどう感じたか? JC08モード:16.5km/ℓ(社内測定値) 最大トルク:300Nm/1600-3600rpm 最高出力:177ps(130kW)/5200-5600rpm 駆動方式:フロントエンジン+オールホイールドライブ WLTCモード:13.6km/ℓ(社内測定値) 形式:水平対向4気筒DOHCターボ

■ボディサイズ 形式:水平対向4気筒DOHCターボ TEXT◎瀬在仁志(SEZAI Hitoshi), 日本自動車研究所でのレヴォーグ・プロトタイプの試乗では、アイサイトXの出来の良さに驚かされた。コーナーや料金所手前での減速制御、レーンキープ性能、追従性の良さなど、どれをとっても自動運転が目前まで近づいていることを予感させるものだった。 ■駆動系 排気量:1795cc ■エンジン ブレーキ:FベンチレーテッドディスクRベンチレーテッドディスク タイヤサイズ:225/45R18

ブレーキ:FベンチレーテッドディスクRベンチレーテッドディスク ■エンジン

■燃費 JC08モード:16.5km/ℓ(社内測定値) 最小回転半径:5.5m

サスペンション形式:FマクファーソンストラットRダブルウィッシュボーン ■燃費 この強引なおまわりさんは実在する!? 燃料供給方式:筒内直接噴射 全長×全幅×全高:4755×1795×1500mm 【スバル レヴォーグ 新型試乗】正統派国産ワゴン!初代の素直さを正常進化…諸星陽一 2020年9月24日(木)11時30分 燃料タンク容量:63ℓ その名は「STARC」!次世代の日産e-POWERは3気筒ターボ1.5ℓロングストローク。最大熱効率50... 【美しすぎるクルマ・ベスト3(世良耕太)】日本人がデザインした最新ポルシェ911。その後... 緊急時でもないのに高速道路で堂々とUターン! ボア×ストローク:80.6×88.0mm スポーツモードではステアリングの締まり感が出てきて、ノーズの動きとリンクしてくる。沈み込みが抑えられ、快適性のなかに動きの正確さがある。旋回中の安定感はロール進行が穏やかになった分だけフロントの入りはよく感じる。リヤが伸びあがってこないことも無駄な動きがなくていい。もしかしたらボディのしっかり感に加えて、フロントの軽さもあるかもしれない。一体感を持ってスッとノーズがインを指す感じは、新型レヴォーグのバランス性能の良さを表している。, その証拠に横滑り防止装置のVDC(ESC)は結構攻め込んでいっても介入してくることがない。このVDCユニットと組み合わされる電動ブースターも重めのペダルフィールながら、リニアな減速感を引き出すことができていた。接地性の良さがABS介入も深くでき、ブレーキ本来の性能を引き出してくれている。

「スポーツ+」では、ボディのフラット感が強調される一方で、Gの抜けどころが少なくタイトコーナー出口ではややプッシュアンダー気味。駆動力がレスポンスよく立ち上り、蹴りだし感は好印象なため、高速サーキットや低ミュー路でこそ本領発揮するに違いない。パワーフィールはサクサクと高回転域でシフトアップしていくキレの良いリニアトロニックによって、トップエンドの力強さをしっかりと引き出してくれている。, 剛性感の高いボディと、フリクションが少なく、たっぷりとしたストロークを持つサスペンションによって、コンフォートからスポーツ+まで幅広く味付けができていることこそ新型レヴォーグの高い性能の証。エンジンのスムーズさとともに従来の荒々しさはすっかり影を潜め、快適性も向上。モードを選べばSTiならではの高次元の走りを楽しめるうえに、コンフォート性能さえもカバーしてしまう懐の深さを持っている。, スバル・レヴォーグ STI Sport EX 今回は待望の運動性能を試すべく、サーキットでの試乗である。ステアリング操作から解放されることに喜びを感じていた前回とは異なり、いかにドライバーの操作に対して、クルマが応えてくれるかが今回のポイントだ。 ■ボディサイズ タイヤサイズ:225/45R18 使用燃料:無鉛レギュラーガソリン トランスミッション:CVT

2代目『レヴォーグ』発売に向けて、スバルはさまざまなイベント、広報、PR活動を展開している。そのなかでメディア向けには2度の試乗会が開催された。, 1度目は日本自動車研究所(JARI)のテストコース、2度目は千葉県の袖ヶ浦フォレストレースウェイで、いずれもクローズドコース。発表前、ナンバー取得前のクルマだから当然といえば当然。走行距離も時間もわずかで、コースも特殊なこの2回の試乗会から感じたことをお届けしたい。, スバル レヴォーグ STI Sport(プロトタイプ)2度の試乗会を通じて感じたのは、今回のモデルチェンジは完全なる正常進化であるということ。初代レヴォーグが持っていた性能のすべてを上方向にシフトしたといっていい。走りについてはJARIでのパイロンコース、袖ヶ浦フォレストレースウェイでのサーキット走行での印象だ。, 新型はドライブセレクトモードという機構が採用される。従来のSIドライブではエンジンの出力特性のみが調整されたが、ドライブセレクトモードではエンジン出力特性、パワステ、ダンパー減衰力、エアコン、AWD、アイサイトという多機能に渡って調整が可能となった。, デフォルトで用意されているモードは、コンフォート、ノーマル、スポーツ、スポーツ+の4つとなる。この手の装備は極端に変更して試すのが一番わかりやすい。JARIのパイロンコースでも袖ヶ浦フォレストレースウェイでもコンフォートとスポーツ+のモードを試した。, スバル レヴォーグ STI Sport(プロトタイプ)スポーツ+でパイロンコースを走るとクルマの動きがシャキッと引き締まっていることが確認できる。先代モデルよりもタイヤがコンフォート寄りになっている印象で、攻め込んでいくと最後に破綻した際の挙動が大きめとなるが、ここに至るまでの速度が高くなっているという特性もあるからだろう。, 驚くべきは、同じコースをコンフォートで走ってもステアリングを切った最初の動きに少し遅れを感じるくらいでその先は同じように走るのである。じつはコンフォートモードであってもダンパーの減衰力を高める必要がある際は、クルマ側が判断してダンパー減衰力がアップするのだ。, これは逆もまた同じで、試乗コース最後に用意された波状路はコンフォートで走れば最初からハーシュネスをよく除去しているが、スポーツ+であっても最初に強い入力をうければその後はしなやかな動きになるところがすごく、変わり身の早さに感心させられる。, スバル レヴォーグ STI Sport(プロトタイプ)スバル レヴォーグ 新型(プロトタイプ)のフロントダンパー, スバル レヴォーグ GT-H(プロトタイプ)袖ヶ浦フォレストレースウェイの本コースを使っての試乗でも、乗り心地のよさを最初に体感した。ピットからコースに出て行く際のちょっとした動きでサスペンションの動きに抵抗がない感じがよく伝わってきた。走行モードはスポーツ+だ。インベタでコースインし縁石にタイヤを乗せてみても、動きがスムーズで懐の深さを感じることができる。, コーリング時の動きもじつに素直で気持ちのいいもので、ステアリングの切り始めからしっかりとノーズがインを向いてくれる。今回、ステアリングシステムを従来の電動パワステから、デュアルピストンに変更したことによって、よりスムーズ感と正確さを増したことも見逃せない。ロールの発生から維持、そして終息までの動きによどみはなく、挙動が一定しているところがより運転のしやすさとなって表現されている印象だ。, スバル レヴォーグ STI Sport(プロトタイプ)スバル レヴォーグ 新型(プロトタイプ)の電動パワーステアリング加速感は初代よりかなりいい。初代よりエンジンのパワー&トルクがアップされているのはもちろんだが、CVTの変速幅を広げたことで低速側の変速比も低くなり、より力強い加速を得ることができるようになっている。サーキットだけでなく高速での走りではこうしたギヤ比のワイド化は非常に有利。力強い加速を得られるとともに、高速走行時の回転数をダウンして静粛性の向上と燃費ダウンが期待できる。, 新しいアイサイトについても試乗と体験をしているが、それはまた別の機会に執筆したい。今回は価格発表前ということで、オススメ度については評価を控えたい。, ■5つ星評価パッケージング:★★★★インテリア/居住性:★★★★パワーソース:★★★★フットワーク:★★★★オススメ度:(価格発表前のため未評価), 諸星陽一|モータージャーナリスト自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。, 【三菱 eKクロススペース 新型試乗】高い実用性とハンドリング性能、価格的な魅力も合格点だ…諸星陽一, 【トヨタ ヤリスクロス 新型試乗】スタイリングもゆとりも「ヤリスとは別モノ」…島崎七生人, 【スバル レヴォーグ 新型試乗】GT-H と STI Sport、走りの違いをサーキットで検証した…片岡英明, 【スバル レヴォーグ 新型】ヨコハマタイヤ BluEarth-GT AE51 を新車装着, 亜流から主流へ、スバル レガシィ ランカスター~アウトバックの足跡【懐かしのカーカタログ】, スバル 中村社長「北米は想定よりも早い回復」…通期営業利益を1100億円に上方修正, メルセデスAMG GT、ニュルで最速のラグジュアリー車に…ポルシェ パナメーラ の記録更新[動画], 【メルセデスベンツ Eクラス 新型試乗】古い世代のユーザーと決別する1.5Lエンジン…中村孝仁, わずか10mm、されど10mmの余裕!既存オーナーも必見、トヨタ RAV4の「オフロードパッケージ」を試す.

■シャシー系 子どものころからモータースポーツをこよなく愛し、学生時代にはカート、その後国内外のラリーやレースに多数参戦。スーパー耐久レースではふたつのクラスで優勝経験をもつ。30年近くのモータースポーツ参戦と並... 基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。, スバル新型レヴォーグ グレード選択に迷ったら | スポーツ4WDの強力なトラクションと安定感によるスバルの走りを極めたいなら「STI SPORT」だ.

.

中国ドラマ 萌医甜妻 あらすじ 21, Gdb ファイナル ギア 8, 米津玄師 ツイキャス やめた 12, New Crown 3 Let's Read2和訳 8, Sqlserver テーブル コピー 別db 8, ワード 2013 縦線 10, ホスト 好きな女 態度 24, Pdf 注釈 表示 5, Mtk6797 Antutu Score 5, ドライブレコーダー 純正 日産 6, Kamen Rider Song 4, ハンターハンター ナックル 死亡 5, 型抜き シール 自作 9, 傘カバー ロング ダイソー 6, Forth Fourth 違い 8, パプリカ Mv 意味 8, Unity Linerenderer 表示 されない 8, 鈴虫 共食い 理由 38, 718ケイマン 購入 ブログ 8, Youtube 収益化 条件 2020 4, Windows Terminal ログ 6, 角栓 イボ とは 38, 日立 ビートウォッシュ ソーカバー 6, 荒野行動 Ps4 攻略 6, Itunes アイコン 透過 5, Sap テーブル 拡張カテゴリ 5, Autocad 全画層 ロック解除 7, デロイト トーマツ 税理士 法人 仙台 6,