ITエンジニアであれば、Unixのコマンドを使いたくなる場面は多々あるものです。macOSであれば、2001年のMac OS Xの登場以来、Unixコマンドを使えるようになっていました(Terminalソフトを起動するだけで)。一方のWindowsはというと、仮想環境を用意して・・・と、ITエンジニアならそのくらいやりなさいと言われるかもしれませんが、ともかく手間がかかるものでした。, しかし、とうとうWindowsでもUnixコマンドを使えるようになりました。その仕組みは WSL (Windows Subsystem for Linux)と名づけられています。Windows 10が Fall Creators Update (version 1709) になってからのことです。macに遅れること実に16年。。。, デフォルトではWSLは無効になっていますので、まずは有効化しなくてはなりません。「Windows の設定」画面の検索枠で「Windows の機能」と入力すると「Windows の機能の有効化または無効化」が候補として現れますので、それをクリックします。, 検索枠に入力するときにちょっとしたコツがあります。「Windows」の後ろに半角スペースを1個入れてあげなくてはなりません。でないと、目的の候補は現れないのです。英語の名残なのでしょうか。, 「Windows の機能の有効化または無効化」の小窓が開きますので、その中から「Windows Subsystem for Linux」を探して、チェックを入れましょう。そして「OK」ボタンですね。これでWSLが有効になります。, 私のWindows 10はversion 1903 (May 2019 Update)にしたばかりなのですが、1903からはWSLの有効化だけでUnixのコマンドが使えるようになるのだと勘違いをしていました。Windows Power Shellでwslとコマンドを打ってみると、「Windows Subsystem for Linux には、ディストリビューションがインストールされていません」と怒られてしまいました。4949...(/_;), でもその後に続けて「ディストリビューションは Microsoft Store にアクセスしてインストールすることができます」とフォローしてくれています。, Windows 10の左下のアイコン(名前がわかりません!)をクリックするとメニューが開くので、「Microsoft Store」を探してクリックします。, Microsoft Storeの画面になりますが、よくわからなったので、とりあえず「wsl」と枠内にタイプしてみると「Windows で Linux を実行するアプリを入手する」という候補がトップに現れました。これだ!ということでクリックします。, ほぉ〜。UbuntuやSUSE Linuxなどが見つかりました。今回はUbuntuをクリックしてインストールに進みます。, インストールが終わると、Windowsの通知機能が右下に現れますので「スタートにピン留め」をクリックします。, すると、Windows 10の左下のアイコン(名前はスタートメニューボタンなのかも)のところから「Ubuntu」を起動できるようになるのです。, UbuntuアイコンをクリックするとUbuntuが起動すると期待しましたが、初回の起動時だと、まだインストールが完了していないようです。Wait a few minutes...です。, とうとう最後のプロセスです。画面4行目で「Enter new UNIX username」とユーザ名を求められるので、タイプします。また、続く2行でパスワードを求められますのでそれぞれタイプします。そして待ちに待った「Installation successful!」の文字!うれしいですね!, 今回、WSLを使う一番の目的は、gccを使うことです。私は大学でC言語の授業をしていますが、大学のPC環境でCプログラミングの実習をするには、VM Ware Playerの中でUbuntuを使うか、WindowsでVisual Studio Communityを使うかあたりの選択になります。前者は時々フリーズしたり、作ったプログラムを保存できなかったりと不具合があり、後者は戦車で駄菓子屋に買い物に行くかのような状況です。学生さん1人に割り当てられたドライブ容量は半年もしないうちにいっぱいになってしまいます。, いずれにしても、ピカピカの一年生にとってはどちらもハードルが高いことを実感しています。大学のWindows 7もいずれ10にUpgradeしてもらえるはずだから、その際はWSL環境がいいんじゃないかなと思ったりしています。, そんなことが脳裏をよぎる中、gccとコマンドを打ってみました。そのときのスクリーンショットが無いのですが、確か "Command not found" のようなつれない表示になったような気がします。, Ubuntuですと "sudo apt install build-essential" というコマンドでCの開発環境をインストールできるようですが、しかし、これが errorを吐きまくってうまくいきませんでした。ここでWSLの夢は露と消えたかと思いました。, 困ったときは、ggるですね。すると「Windows Subsystem for Linuxをインストールしてみよう!」という記事が見つかり、そこにバッチリ書いてありました。どうもありがとうございます!, そして、上述のsudo apt install build-essentialを実行しましたところ、gccがインストールされました。gcc --version コマンドで gccのバージョンが確認できます(gccが使えるようになったということです)。, 試しに、"Hello, World! 実は「getmac.exe」は、コマンドプロンプト(黒い画面)上で使うために用意されている実行ファイルです。 ダブルクリックして動かすと 黒い画面が表示される ↓ 「getmac.exe」が実行される ↓ 黒い画面が消える の一連の流れが一気に行われます。 /Users/[ユーザー名]/Library/Caches/Wine/prefixes/default/drive_c/ ウム原子の振動数をもとに導き出す時間で、今の世界で標準時として使ってい…, 「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典, こちら(リンク先:「PCS - Piyopiyo Create Service」Webサイト), ルータ・アクセス・コントロール・リスト (Router access control list), コーディネーテッド・ユニバーサル・タイム (Coordinated Universal Time). Mac 版をダウンロードしたのであれば、コマンドの実行は、 ngrok http--host-header=localhost:7071 7071.

この記事の共著者 Jack Lloyd. EasyWineをインストールする最新の方法について説明します。(2019年7月現在), EasyWineインストールによりMacで秀丸テキストエディタを使うことが可能になります!, 秀丸だけではありません。MacでWindowsのexeファイルを実行することができるようになります。しかもEasyWineなら無料です。ただしWineベースなのですべてのWindowsソフトウェア、秀丸の機能が使えるようになるわけではありません。, WineというのはUnixでWindowsをネイティブのように動かす(フリーの)ソフトウェア(プログラム群)です。仮想化ソフトとは違い軽量です。, Wineはいろいろと設定が面倒というイメージがありますが、EasyWineならとっても簡単。面倒な設定なしですぐにMacへインストールが可能です。, EasyWineについては窓の杜の2018年10月の解説記事が広く読まれているようですね。, この記事では「64bit版のアプリに非対応」と書いてあります。EasyWine最新版のダウンロード先のリンクもこちらの記事からは張られていません。, しかし、作者のmattintosh4様が2019年5月に64bitアプリケーション対応版Wineをリリースされています。ですので、今は64bit版のアプリもEasyWineで動作させることが可能になっています。, それでは最新版の64bit対応版EasyWineをMacにインストールしていきましょう。, EasyWineの最新版(2019年7月時点)はGitHubからダウンロードできます。, ダウンロードするファイルは、一番下のリンクのうちEasyWine64-20190612_wine64-4.0.1.dmgになります。容量は約126MBなのでWi-Fi環境なら1分もかからずダウンロードできる筈です。, ページに書いてある注意事項にきちんと目を通しておきましょうね。EasyWineで動かないWindowsアプリがあっても文句はなしですよ。ゲームでは起動はするがアプリが強制終了するなどの場合もありますからね。, EasyWineのインストールは簡単です。今ダウンロードしてきたdmgファイルをクリックすればすぐにインストールが始まります。, 途中で「wine-monoパッケージが見つけられませんでした」という表示が出ると思いますが、必ずインストールの方を選ぶのがお勧めです。良く分からないからといってインストールしないとWindowsアプリの起動ができない場合が出てきますので注意が必要です。, また「Geckoパッケージを見つけられませんでした」という表示が出た場合も「インストール」を選択します。wine-monoとGeckoパッケージの2つはWindowsアプリケーションの起動確率を上げるために必要なので必ずインストールするようにしておきましょう。, インストールが終了すると「Nihonshu/EasyWineをご利用いただきありがとうございます」というメッセージが表示されます。Nihonshuとはコマンドラインから使用するためのパッケージですが、EasyWineでWindowsソフトを使うことだけを考えている場合は特段意識することはないでしょう。, 見慣れたWindowsのエクスプローラーのようですね!マイコンピュータが見えます!これでMacでエクスプローラーが使えます!, ファイルやディレクトリのサイズと空き容量も分かりやすく表示されており懐かしさが蘇りますね。, 更にコントロールパネルまであります!開いてみると「プログラムの追加と削除」があります。これでWindowsソフトウェアのインストール/アンインストール管理も大丈夫。, マイドキュメントを開いてみると…そうです!ここにはMacのDocumentsにあるフォルダが表示されています!, しかも良く見てみると更新日時の他にもアクセス権を示す属性や所有者、グループ名まで表示されています。元々がWineなのでUnixマシンとしての表示がされているのですね。, MacでもFinderの表示オプションでコメントやタグなどを表示させることができますが、こちらの表示の方がUnixらしいGUIですね。まあMacでマルチユーザーということはあんまりないかもしれませんが。, 注目すべきはマウスでファイルやフォルダのカットアンドペースト、すなわち移動ができることです。いやWindowsでは当たり前なんですけどね。, 右クリックをすると見慣れた「切り取り」、「コピー」、「ショートカットの作成」、「削除」、「名前の変更」、「プロパティ」が選択項目に並んでいます。もちろん「切り取り」をした後に「貼り付け」を行えばファイルやフォルダの移動も簡単にできます。, これでもうFinderのファイラーの代替アプリを探さなくても大丈夫!一息つけます。, ファイルやフォルダを切り取りして貼り付けしサクッとあっちからこっちへ移動するなんてことはしょっちゅうありますからね。「コピー」があるのに「切り取り」がないFinderでの右クリックが使いにくいのが大問題でした。ドラッグアンドドロップなんていうのは手がすべったら終わりですから。, ファイルやフォルダのカットアンドペーストがマウスだけでサクッとできないFinderは本当に困りものでしたが、これからは大丈夫です!, この中にEasyWine64.appが入っています。EasyWineの本体です。これをLaunchpadの中に入れておきましょう。, 右クリックするとオプションという選択項目がありますのでクリックします。ここで「ログイン時に開く」にチェックをいれておきます。, winecfg.exeをダブルクリックします。ここでいろいろとWineの設定をすることができます。「ドライブ」のタブを開くと「ドットファイルを表示する」という項目が下の方にありますのでチェックボックスにチェックを入れます。これでドットファイルも表示されるようになります。, 先ほど紹介した窓の杜の記事ではEasyWineのフォントが汚いから設定し直しましょうと書いてあります。, しかし、はるなぴがインストールした64bit版のEasyWineでは特段エクスプローラーのフォントが汚いとは感じられません。充分綺麗です。, レジストリエディタ(regedit.exe)もFavoritesの中に入っています。レジストリを操作する設定が必要なものはこれで大丈夫です。, コマンドプロンプト(cmd.exe)もありますが、はるなぴの場合は残念ながらキー入力を受け付けてくれませんでした。代替ソフトをインストールしようと思っています。, 秀丸があれば使うことはないと思いますがメモ帳(notepad.exe)も見えますね。, しかしEasyWineをインストールしてあればexeファイルはダブルクリックするだけで簡単に実行することができるようになります。Macで.exeファイルを開けないとお嘆きの方はEasyWineをインストールして実行できるようにしておくと便利です。, Windowsアプリを新たにインストールする場合などもsetup.exeなどのexeファイルをダブルクリックして普通にインストールを進めていけばOKです。, EasyWineは仮想化ソフトウェアではありませんので余計なオーバーヘッドもなくサクサク動きます。3Dゲームなど重たいソフトウェアを動かすのでなければハイスペックなMacは必要ありません。, またBootCampなどのようにOSを切り替えて使うものではありません。macOSと同時に使うことができます。なのでMacでexeファイルを実行したいという場合にはEasyWineをインストールするのが大変お勧めです。, はるなぴの環境ではコマンドプロンプトでキーボード入力ができませんでした。ちなみに、はるなぴのMacはUSキーボードです。, なので代替としてのターミナルソフトウェアをインストールしたいと思います。ここではConEmuをインストールしてみましょう。, Macで7zファイルを解凍する準備が整っていない方はunarchiverを先にインストールしておいてくださいね。, ここからインストールファイルをダウンロードします。ダウンロードができたら7zファイルを解凍しましょう。, 解凍したフォルダの中にConEmu64.exeなどの実行ファイルが含まれています。これをダブルクリックすればConEmuが起動します。, はるなぴも秀丸の代替となるテキストエディタを探しました。秀丸みたいなテキストエディタがないかな、あればいいなと。, これらのテキストエディタはシンタックスハイライトやgrep、全角半角文字の変換などの機能が備わっています。, それでもどうしても秀丸をインストールしたい、WindowsとMacで同じテキストエディタを使いたいという方はEasyWineの導入がお勧めです。, まずはこちらから秀丸のインストーラをダウンロードしましょう。普通は「通常の最新版(32bit版)」でOKです。, hm888_signed.exeをダブルクリックして秀丸をインストールしていきます。インストールの方法はWindowsにインストールする場合と同じです。, 秀丸には設定情報をエクスポートする機能があります。メニューから「その他」→「設定情報の保存/復元」を選択します。, いったん設定情報をファイルに保存しておいてMacにコピーし復元すればWindowsで使っていた時と同じ設定にすることが簡単にできます。, Macにコピーする場合はUSBメモリを使って受け渡ししても良いですがDropboxを使うと簡単です。, 第一にタブモードの設定です。はるなぴの環境だけかもしれませんが、タブモードを使うと秀丸の表示がおかしくなって使えなくなってしまうのです。, タブモードを解除する場合は、メニューから「ウィンドウ」を選びタブモードのチェックを外します。はるなぴの場合はこれ以外の設定は変更しなくとも秀丸を使うことができています。, タブを使えないのは正直とても痛いですがMacで秀丸を簡単に使うことができますからまあ満足です。, 次に注意が必要なのはマクロや設定ファイルのディレクトリのパス設定です。今回EasyWineで使うディレクトリに設定し直しが必要です。あとはバックアップ用のフォルダ設定も変更する必要があるでしょう。, はるなぴは秀丸をインストールする前にCドライブ直下にHidemaruというディレクトリを作っておきます。そして秀丸をインストールする時にこの中にインストールします。Macro、Setting、Backupなどのディレクトリもこの中に作っておいてまとめて管理できるようにしています。, 大量の秀丸マクロファイルもDropboxなどを経由して一気にフォルダごとコピーしてしまうのがラクチンです。, 秀丸のメニューから「その他」を選んで「ファイルタイプ別の設定」クリックします。秀丸ではファイルの拡張子に応じて設定をすることが可能です。, フォントの項目から使用するものを選択します。Macではヒラギノフォントが入っていますので選択することが可能です。, はるなぴはヒラギノ角ゴシックW4を選択しサイズは11にしました。秀丸で美しくヒラギノフォントを表示することができます!感動です!, こうなるとWindowsにもヒラギノフォントを入れたくなってきてしまいます。AmazonでOpenType ヒラギノ基本6書体セット [ダウンロード版]を購入できますが価格が3万円以上していますので思案中です!, InstChocoでChocolateyをインストールするとWindowsソフトウェ…, InstChocoでのChocolateyインストールでWindowsソフトウェア引っ越しが楽々!, はてなブログでサイト内検索をしやすくするカスタマイズ(Googleアナリティクス連携), お名前ドットコムからドメイン保護設定無効のSMSメッセージがきたのでスパムかと思ったら本物だった話, コマンドプロンプトでのコマンドの使い方を覚える初心者向けチュートリアルを作ってみた, コマンドプロンプトのコマンド一覧表示(重要度順、Linux対比付)と便利な起動設定, ノートパソコンLavie Note StandardをNEC Directで購入したので比較レビューしてみた, ノートパソコンLavie Note NEXTをNEC Directで購入したので本音レビューしてみた. Copyright © 2020 Apple Inc. All rights reserved.

ifの基本の書き方は if [ 条件 ] then コマンド fi です。 条件が真の場合 then の次のコマンドを実行します。 ... WSL環境のUbuntuを操作している状態で、現在のディレクトリ(カレントディレクトリ)をExplorerで開くことができます。次のコマンドを実行し、数秒待つとExplorerが起動します。(ExplorerはInternet Explorerのことではありませんから。念のため。), コマンドを実行し、Explorerが起動した様子が下のスクリーンショットです。Explorerを使えば、ソースファイル(ここでは hello.c)をWindows側の適当なテキストエディタで開いて編集できますね。, 実際に、Windows側のテキストエディタでhello.cを編集し「Good-bye!!」と表示できるようにしてみました。コンパイルして実行すると、「Good-bye!!」も表示できています。. EasywineをMacに入れる方法と使い方を解説してきました。難しいように思われがちですが、このように知っていれば少しの手間で簡単にEXEファイルを扱うことができるようになるため、非常に便利です。Macだからとアプリの購入などを諦めず、Easywineを導入してMacでWindows用アプリケーションを使ってみることをお勧めします。. というコマンドで起動させたいとします。 しかし、 ” git ” がどこにあるか、コンピューターは分かりません。 現在のEasywineは、昔のような複雑な手間もなく簡単にインストールすることができ、使い方もユーザのために非常に単純化されています。しかし他のアプリケーションと違って、昔の名残で一癖ある仕様になっていますので、最初は戸惑ってしまうかもしれません。ぜひこの記事で使い方を覚えてください。, EasywineはインストールするだけでWindowsアプリを利用できるようになる、非常に優れた機能を持っています。昔はMac上でexeを起動しようとすると、バーチャルボックスを導入して仮想マシン上にWindowsやWineなどのOSをインストールしなければならないという手間がありましたが、Easywineではその必要はありません。 テクノロジーマニアのジャック・ロイドは、wikiHowのテクノロジーライター兼編集者です。2年以上にわたりIT関連記事の執筆と編集を行っています。英語教師としても活躍しています。 このガイドでは、Windowsの実行ファイル(EXEファイル)をMac上で開く方法をご紹介します。無料のソフトウェアであるWINEをインストールするか、MacのBoot Camp機能を使い、Windows 8や10をインストールして、EXEファイルを開くことができます。 コマンドプロンプト等で、あるファイルを実行する際、 ファイル名のみで実行したい です。 例えば、” git.exe ” を実行する際、 >git. するとインストーラが起動するため、そのままポップアップの手順通りにインストールを行います。2回ポップアップが表示されますが、2回とも「インストール」を選択します。, MacでEasywineを導入した後の使い方ですが、インストールが問題なく終了している場合はすでに.exe形式のファイルをEasywineで使用するように設定がされているため、実行自体は簡単に行うことができます。通常のようにアイコンをダブルクリックするだけで起動できるかと思いがちですが、そのままでは「The Unartchiver」というアプリが起動して実行することはできません。, .exeファイルを実行するには、単純なダブルクリックでは起動することができません。しかし使い方自体は簡単で、アイコンの上で右クリックして「このアプリケーションで開く」→「Easywine」を選択するだけです。これは.exeファイルをデフォルトで別なアプリケーションで開く設定がされているためで、起動には自分でEasywineを選択する一手間が必要になります。, Easywineを通じてインストールされたアプリケーションは以下の場所に格納されます。 ITエンジニアであれば、Unixのコマンドを使いたくなる場面は多々あるものです。macOSであれば、2001年のMac OS Xの登場以来、Unixコマンドを使えるようになっていました(Terminalソフトを起動するだけで)。一方のWindowsはというと、仮想環境を用意して・・・と、ITエンジニアならそのくらい … あれ、Windows側にはどうやって ソースファイル(ここではhello.c)を渡したらいいんだろう?

「ターミナル」を使ってコンピュータをすぐにまたは特定の時間に再起動するには、shutdownコマンドまたはsystemsetupコマンドを使用します。以下の例では、これらのコマンドの使いかたを示します。これらのコマンドについて詳しくは、shutdownおよび systemsetupコマンドのマニュアルページ(manで表示)を参照してください。, ヒント: アップルメニュー >「再起動」と選択してMacを再起動するか、アップルメニュー>「システム終了」と選択してシステム終了する方が簡単です。Macをログアウトする/スリープ状態にする/再起動する/システム終了するを参照してください。, computerをリモートコンピュータのIPアドレスまたはホスト名に置き換えます。, secondsを停電後にコンピュータが起動するまでの時間(秒)に置き換えます。この値は0(ゼロ)または30の倍数にする必要があります。, 注記: 「省エネルギー」環境設定を使用して、停電後にMacが自動的に再起動するように設定することもできます。. しかし、そんな問題を解決してくれるアプリがMacには存在します。それはEasywineというアプリを導入することで、これを用いればMacでは起動できなかった.exe形式のファイルを解凍・実行できるようになります。今回はそんなEasywineの使い方と、EXEファイルの開き方を解説します。, EasywineはWindowsでしか起動できなかったファイルをMacでも起動してくれるアプリケーションで、無料で利用することができます。ちなみに、もともとWineという仮想マシンで動くソフトウェアがあったのですが、その簡易版ということでEasywineと名付けられています。

.

エルフ モデルチェンジ 2020 49, ブライワックス ワトコオイル オスモカラー 6, 公文書 フォント 指定 50, Z390 Phantom Gaming 6 Driver 4, 猫 ストレス 寿命 4, Pubg モバイル まがれつ チート 35, シャープ ブルーレイ エラーコード 25, D Nl Ll123 違い 6, 早稲田大学 偏差値 2021 50, Firebase アプリを実行してインストールを確認 終わら ない 11, 水槽 新しい 砂利 7, 筆ぐるめ ダウンロード版 パソコン買い替え 4, Dell Dvd ドライバー 4, Unity ギズモ 位置 21, X 100v ブログ 7, オームの法則 合成抵抗 練習問題 4, 四谷大塚 札幌 ブログ 6, 欅坂46 砂塵 読み方 15, スプレッドシート 無効 非表示 5, ランクル80 Gx ブログ 13, スクリーンショット デスクトップに保存 されない 6, なんj おんj まとめ 21, Jr 時刻表 配布 5, カラオケ デート 女 4, パイオニア Dvd リモコン 代用 5, Kt 1255 Usb 4, モバイルsuica特急券 終了 値上げ 9, Wordpress 並び順 Order 4, Macbook ネジ穴 潰れた 6,