“手が届く中判カメラ”「FUJIFILM GFX 50R」実写レビュー, 出たぞ、1億画素!

夕暮れ空はxシリーズが得意とするシチュエーションのひとつ。フィルム製造で培ったノウハウが絶妙な色再現性に生きる。 fujifilm(富士フイルム)の「x-t30」を購入しました。撮影した枚数は8000枚ほど。「x-t30」についてのレビューになります。fujifilm x-t30の良い点ともう少し頑張って欲しかった面が見えてきました。【関 … x-t30の有効画素数は約2610万画素で、センサーは、裏面照射型のx-trans cmos 4の23.5mm×15.6mmのaps-cです。 今回の記事は、2019年 3月20日 に発売された、fujifilm・x-t30レンズキットのレビューについて。良い性能のカメラが欲しい人にとって、カメラの金額は悩みの一つですよね。私もそうだったのですが、「fujifilmのx-t30を購

超高画素なのにアクティブに撮れる中判ミラーレスカメラ「GFX100」実写レビュー. fujifilm x-t30 レビュー 比較と評価 fujifilm x-t30.
ちなみに僕はゴリゴリのフジユーザーで今のところミラーレス一眼にはfujifilm機しか使用しておりません。 [カラー]ブラック、シルバー

[発売日]2019年3月20日発売 ミラーレスカメラ『fujifilm x-t30』レビュー efil 2020.1.12 / 2020.6.14 ブログ用の写真を撮ったり、旅行などに出掛ける際に使える「 オシャレでコンパクトなミラーレスカメラが欲しいなぁ 」と前々から … テーマはfujifilm x-t30を4ヶ月間愛用してみての使用感レビュー!!みたいな感じですw . [参考価格]109,500円(ボディ)/ 124,500円(XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZレンズキット)/ 159,500円(XF18-55mmF2.8-4 R LM OISレンズキット), 1億200万画素カメラだけじゃないぞ!軽くて小さい高画質“街スナップ・キット”に注目, ハイクラスと“ほぼ同じ中身”をもつ「X-T30」はコスパ抜群の実力機だった!【X-T30レビュー:前編】, 快適な小型軽量Xシリーズ機で “味わいの冬景色” を堪能『富士フイルム X-E3』, カジュアルモデルながら画質は圧巻! fujifilm x-t30 xf18-55mmf2.8-4 r lm ois 絞り優先オート f5.6 1/600秒 iso160 wb:オート xシリーズならではの絶妙な色再現性. FUJIFILM X-T30を2か月使って感じた良かったポイント・悪かったポイント; XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZはX-T30に相応しいレンズか実際にチェックする; リニューアルしたフジフイルムのスマホアプリ「Camera Remote v4.0 Android版」を使う fujifilm x-t30レビュー フィルムシミュレーションでお散歩スナップ. 「ACROS」はX-T20 でも搭載され、人気を集めたモード。「モノクロ」に比べて明部はやや硬調に、反対に暗部はつぶれず粘るように味付けされている。, FUJIFILM X-T30 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS 絞り優先オート F8 1/300秒 -1補正 ISO160 フィルムシミュレーション:ACROS, ■FUJIFILM X-T30 フォーカスレバーを採用したことで操作性が格段によくなった。やや低い位置に設けたのは、右手親指を置くスペースを確保することでホールド性を高める狙いだろうか。, レスポンスが向上した背面液晶 いつかFUJIFILM(富士フィルム)のミラーレスカメラを手にした暁には、必ず使いたいと思っていたレンズがありました。 その名も... 表現力の幅を広げる「フィルムシミュレーション」「アドバンストフィルターモード」機能. フィルムシミュレーションには、すでにX-H1 やX-T3 に搭載されている「ETERNA」が追加された。シネマフィルムをイメージした動画向けのモードだが、軟調かつ低めの彩度は写真でも独特な印象を与えてくれる。, FUJIFILM X-T30 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS 絞り優先オート F8 1/75秒 -1補正 ISO160 WB:オート フィルムシミュレーション:ETERNA, 定評あるモノクロは健在 富士フイルムXシリーズの中級機「X-T20」がモデルチェンジした「X-T30」。上位機種に搭載されている最新のスペックを盛り込み、とりわけAF性能が大幅に向上。小型・軽量で高画質というお買い得なモデルに仕上がっている。, 富士フイルムのミラーレス機といえば、ハイスペックの「X–T3」や「X–H1」がプロアマ問わず多くの支持を集めている。その影に隠れがちだが、価格とスペックのバランスという意味では、超優等生といっても過言ではないのがX–Tの2ケタシリーズだ。「X–T30」はその3代目にあたるが、驚くほどのキープコンセプトはカメラに必要な機能・操作系を手堅く押さえているからこそ。もちろん進化すべき点は改良されており、「X–T30」では新形状のグリップを採用。指がしっかりかかるようになり、「X–T10」「X–T20」より格段に持ちやすくなった。, 正面から見ると先代の「X-T20」ばかりか、初代「X-T10」とも区別がつかない。ただしグリップの形状や、背面のボタンレイアウトは「X-T20」から進化。手にしたときの印象は見た目以上に違っている。, 一方でカメラ内部は「X–T20」から大幅に進化。兄貴分の「X–T3」に搭載されているX–Trans CMOS 4センサーを搭載し、画素数は2610万画素とわずかながらアップしている。再現力・表現力の高さはXシリーズのアイデンティティーともいえる部分。「X–T30」では最新のスペックをリーズナブルに楽しむことができる。, X-Trans CMOS 4センサーを採用
「X-T20」と同じ3.0型約104万ドットながら、1.3mmの薄型化を実現。タッチパネルは従来よりもレスポンスを向上させた。EVFも約236万ドットの有機ELと、「X-T20」と同スペック。, 一面雪に覆われた平野で、日差しを待っていたときに撮影した一枚。Xシリーズならではの高い描写性能によって、光がなくてもしっかりと雪国の空気感を表現することができた。, FUJIFILM X-T30 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS 絞り優先オート F5.6 1/600秒 ISO160 WB:オート, 夕暮れ空はXシリーズが得意とするシチュエーションのひとつ。フィルム製造で培ったノウハウが絶妙な色再現性に生きる。標準の「PROVIA」モードで撮影しているが、派手さを求めるなら「Velvia」モードでもいい。, FUJIFILM X-T30 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS 絞り優先オート F4 1/40秒 ISO1600 WB:オート, ショーウィンドーというAFが迷いがちな被写体だが、しっかりとガラスの向こうの花にピントが合った。フィルムシミュレーションは「ASTIA」を選択。仕上がりを細かく設定できるのもXシリーズの醍醐味といえる。, FUJIFILM X-T30 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS 絞り優先オート F4 1/58秒 ISO640 WB:オート フィルムシミュレーション:ASTIA, シネマフィルム調の「ETERNA」を追加 xc15-45mmf3.5-5.6 ois pzはx-t30に相応しいレンズか実際にチェックする ブログ用の写真を撮ったり、旅行などに出掛ける際に使える「オシャレでコンパクトなミラーレスカメラが欲しいなぁ」と前々から思っていました。, ミラーレスカメラといえば、SONYの『αシリーズ』が1番メジャーで人気かもしれませんが、色々検討していた中で最後に僕の心を掴んだのが、FUJIFILM(富士フィルム)の『X-T30』でした。, 購入の決め手となったのは、そのクラシカルな外観とコンパクトさをうまく両立したデザインのと、上位機種『X-T3』と同等の機能を備えながらも、(X-T3と比較して)金額が安くてコスパが高いという2点。, 実際手にしてみた感触としては、とても手に馴染む感じで買って良かったと思えるようなプロダクトです。, フィルムカメラを彷彿とさせるアナログ式のダイヤルや、レトロ感の漂う直線的なデザインが造形物として実に美しい。, 小さなダイヤルに細かい文字が所狭しと詰め込まれているところなんか、最高に好みです。, また、写真では伝わりづらいかもしれませんが、ザラっとした金属部分の質感がとてもカッコいい。, トップ・ボトムプレートやダイヤル・レバー各種にはすべて金属製パーツが使われているので、同価格帯のミラーレスと比較しても確かな高級感があります。, ボディのみの重量も383gとかなり軽量で、気軽に持ち歩けるのも嬉しいポイントですね。, 『X-T30』と同時に購入したのが、こちらの『XF35mm F1.4 R』という単焦点レンズです。, F1.4という大口径ながらも手に収まるようなサイズ感で、コンパクトな『X-T30』にも良く似合っていますね。, 写りが気になる『XF35mm F1.4 R』の詳細についてはこちらの記事でレビューしています。, 試しにシャッターを切ろうとしてみたところ、片手では上手くカメラを支えきれなかったので、安定感を保つには左手を添えた方がベターです。, 不意のシャッターチャンスや片手でさっと撮りたい時などに、機動性に欠けるのがちょっと不便かなぁ…と思います。, 『X-T30』はそのコンパクトなボディながら、便利な機能がてんこ盛りに詰まっています。, 「フィルムシミュレーション」「アドバンストフィルターモード」は富士フィルムXシリーズならではの色再現機能で、その最新技術が『X-T30』にも搭載されています。, 「フィルムシミュレーション」では、シーンに応じた色調(色彩の濃淡・強弱)や階調(柔らかさ・硬さ)をコントロールすることができ、まるで本物のフィルムを選んで撮るような感覚が味わえます。, もう1つの「アドバンストフィルターモード」では、トイカメラ風や特定色以外をモノクロにするなど、遊び心のある写真が撮れます。, 『X-T30』にはチルト式タッチパネルモニターが備わっていて、タッチ操作でフォーカスを合わせたりシャッターを切ることができます。, これがかなり便利で、ファインダーを覗きながらでも右手親指のタッチ操作でフォーカスポイントをスライドできます。, タッチ反応も悪くなく、画面のかなり端の方まで自由にフォーカス調整できるので、狙ったところにピントを合わせられます。, また、AFのスピードも体感ではかなり速いので、AFが遅いと言われているレンズ『XF35mm F1.4 R』との組み合わせでも、ストレスフリーな撮影ができますよ。, ちなみに、タッチ操作のほか新たに備わった「8方向レバー」でもAF調整が可能ですが、ボディのかなり下の方にあるので、正直操作はやりづらいです…。, もう少し上にあれば使い勝手が格段に良くなると思うので、ここは新モデルに期待ですかね。, micro USBでの対応が多い中、高速充電が可能なUSB-Cポートが備わっているのはポイント高いですね。, ただ、バッテリーの持ちはあまり良くないので、予備バッテリーを一緒に買っておいた方が良さそうです。, 『X-T30』は、外観デザインが本当に素敵で「常に持っておきたい」と思わせるくれるようなカメラです!, 機能はもちろんのことですが、外観デザインも写真を撮るモチベに影響してくるので、結構重要な要素だと思っています。, グリップが浅い点や8方向レバーの位置が悪いなど気になる点はあるものの、その辺は腕を磨いて技術でカバーしていこうかなと。, 実際に使っていく中で、使い勝手の良いところ・悪いところなどが分かってきたら、また改めてレビューしたいと思います。, 2020年これからの相棒として、しっかり使いこなせるように『X-T30』を可愛がっていきます!, riccla(リックラ)では【こだわりのモノ暮らし】をテーマに、ガジェット・カメラ・ファッションなど色んな情報を発信していきます。ミニマルデザインなモノが好き。, 心を奪われる描写力。FUJIFILMの単焦点レンズ『XF35mm F1.4 R』レビュー.

フラッグシップモデル「X-T3」で新搭載されたX-Trans CMOS 4センサーを採用。画質の向上はもちろんのこと、AF性能もアップ。低照度限界は「X-T20」の+0.5EVから-3EVへと拡張している。, そして画質以上に前モデルから大きく進化したのが、像面位相差AFのエリアを画面全域まで拡大したこと。画像処理エンジンの向上も相まって、顔や瞳の検出精度や低照度限界も向上している。今回さまざまな状況で実写してみたが、気持ちいいほど合焦が速かった。また右手親指の位置にフォーカスレバーを新設。「X–T20」はタッチパネルでフォーカスエリアを選択していたが、EVFをのぞいているとき測距点を素早く選択できるのはありがたい。, フォーカスレバーを新採用 FUJIFILM X-T30は、2017年2月23日に発売されたX-T20の後継に当たる機種です。, X-T30の有効画素数は約2610万画素で、センサーは、裏面照射型のX-Trans CMOS 4の23.5mm×15.6mmのAPS-Cです。裏面照射型は、従来の表面照射型よりも高感度時のノイズが低減しています。光学ローパスフィルターがないので、モアレや偽色が軽減しています。, 画像処理エンジンは、X-Processor 4です。ファインダーは0.39型の約236万ドットで、ファインダーの倍率は35mm判換算で0.62倍です。 アイセンサーがあります。BOOSTモード時には、フレームレートが100fpsになります。モニターは3.0型で、縦横比は3対2です。, モニターは2方向に動かるチルト式のタッチパネル式で、約104万ドットです。ISO感度はISO160からISO12800まで設定できて、1/3段ステップで補正できます。拡張ISO感度には、ISO80、ISO100、ISO125ISO25600、ISO51200があります。, 拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、違いを書いています。シャッタースピードの上限は、メカニカルシャッターは1/4000秒、電子シャッターは1/32000秒です。電子シャッターとメカニカルシャッターの違いに、違いを書いています。, 記録メディアはSDカード系です。連写性能は、メカニカルシャッターは最速8コマ/秒、1.25×クロップ時の電子シャッターで約30コマ/秒、通常の電子シャッター約20コマ/秒です。AFの性能は、コントラストAFと像面位相差AFがあるインテリジェントハイブリッドAFです。, 位相差画素数は216万画素で、位相差AFの範囲が画面全体の約100%にまでなっています。コントラストAFと位相差AFと像面位相差AFの違いに、違いを書いています。AFの瞳AFもAF追従できて、性能が向上しています。瞳AFは左右の瞳のどちらも優先して、使うことができます。, 露出補正の補正幅は±5段で、1/3EVステップで補正できます。動画撮影時は±2段です。動画機能は、DCI4Kの4096×2160の29.97pで、連続で約10分まで撮影できます。動画のファイルはMOV、動画の映像はMPEG-4 AVC/H.264、動画の音声はリニアPCM ステレオです。, 4K動画でも、フィルムシミュレーションの全てが使えます。4:2:2 10bit HDMI出力と、F-Logで記録もできます。フィルムシミュレーションには、ETERNAもあります。スポーツファインダーモードでは、1.25×クロップの約1660万画素になって撮影できます。, 顔セレクトを使えば、顔をタッチして優先的にピント面を合わせることもできます。X-T30には手ブレ補正が内臓していないので、レンズの補正機能を個別に使うしかないです。AFの検出輝度は、位相差AFで-3.0EVです。露出補正の測光方式は、256分割測光です。, 内臓フラッシュがあります。フラッシュの同調速度は1/180秒以下です。通信機能は、Wi-FiとBluetoothがあります。バッテリーのNP-W126Sで、CIPA基準で、約380枚の撮影枚数です。X-T30の本体の重さは、約333gです。, コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。スマホとコンデジの画質と決定的な違いに、スマホとコンデジのことを書いています。, 単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。.

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright © 2020 デジカメレポート All Rights Reserved.

.

ポケモンプラチナ ダークライ なみのりできない 5, プラネット コースター 無料 アプリ 20, Autocad 外部参照 無効 6, フェンダー 叩き 出し 愛知 6, 吉田拓郎 バック バンドメンバー 2019 23, キックボクシング 札幌 北区 7, 芋虫 緑 小さい 14, モンハンワールド 見た目装備 男 20, 東京 エン カウント Kakao 8, アイビー 根 除去 11, Gpd Pocket 2 充電 5, Eset ミラーツール Linux 5, Hsc 不登校 乗り越える には 5, ブルベ夏 デパコス リップ 6, マイクラ 線路 おしゃれ 9, 犬 子宮蓄膿症 手遅れ 4, Outlook プロファイル 修復 32, ミクチャ カップル 2015 21, スマホキーボード 画像 おしゃれ 20, アイスクリーム 作り方 基本 5, 東京オリンピック 注目選手 日本 8, 子供 陰嚢 ヘルニア 4, ユニクロ Jw ワイド フィットジーンズ 4, Ff14 キャラメイク 保存 Ps4 23,