※事故要約 「昭和46年10月25日、近鉄大阪線の単線区間において名古屋行き特急がブレーキを失い暴走、難波行き特急とトンネル内で正面衝突。死者25名、負傷者225名の大惨事となった―。」 全長が3.4キロにもおよぶ青山トンネル東側坑口です。 三重県にある青山トンネルは県内で最恐の心霊スポットと言われています。ここでは、青山トンネルがどうして心霊スポットと呼ばれているか、かつて何があったかなどについて紹介します。青山トンネルでかつて起こったことは、現在でも忘れてはいけないことです。, 三重県にある青山トンネルは車で普通に通行できるトンネルです。青山トンネル周辺は豊かな自然が広がっており、明るい時間帯ならば心が癒される風景と言えます。しかし、夜になると周囲は真っ暗になり、一気に怖い雰囲気に変わります。青山トンネルが一体どんな心霊スポットなのか紹介していきます。心霊スポットになった背景を知ってください。, 三重県の青山トンネルは列車事故によって、心霊スポットとなったトンネルと言われています。どんな事故が行ったのか、次の項目で紹介します。非常に悲惨な事故で、現在でもその列車事故のことを覚えている人は少なくないでしょう。たくさんの死傷者を出してしまい、普通のトンネルが心霊スポットのトンネルと言われるようになりました。, 厳密に言うと、列車事故が発生したトンネルは今の青山トンネルとは違うところにある、総谷トンネルというところです。青山トンネルと総谷トンネルは離れたところにあります。それでも、青山トンネルは心霊スポットと呼ばれています。, 青山トンネルは三重県津市と伊賀市の県境にある青山峠にあります。青山峠は初瀬街道と呼ばれている場所で、かつては伊勢神宮に向かうための街道でした。また、奈良県の初瀬にある長谷観音を訪れるための街道としても使われていました。歴史的に重要な役割を果たした街道です。青山トンネルは県道512号線にあります。, 県道512号線は交通量が少ないですが、景色が良いところを走っているので、穴場のドライブコースとしても知られています。深夜でも全く交通量がゼロになることはないので、車通りはあります。, 三重県の青山トンネルが心霊スポットと呼ばれるきっかけとなった列車事故について紹介します。列車事故は昭和46年に発生したもので、この時代に生まれていない人は知らないでしょうが、非常に大きな事故として知られています。現在でも列車事故はいくつか発生していますが、青山トンネルで起こったような事故はほぼ発生しないと言えるでしょう。, 昭和46年に発生した列車事故は、現在でも鉄道に関わる人の教訓になっています。列車の設備が現在ほど進んでいなかった時の事故なので、現在の設備があれば防げていた事故とも言えます。現在の鉄道はこういった経験によって進化しています。, 青山トンネルで発生した悲しい事故について知っておきましょう。全く事故のことを知らない人もどんな内容だったのか、ぜひ知ってもらいたいです。, 昭和46年近鉄大阪線で列車の衝突事故が発生しました。事故が発生したのは、総谷トンネル内です。特急電車に備わっているATSと呼ばれている自動列車停止装置が故障してしまいました。そのため、特急の運転手はATSを解除して手車止めと呼ばれる装置を駆使して、速度を制御していました。手車止めがあれば、列車の制御はできました。, 東青山駅から助役が特急列車に乗り込んできました。運転手と助役の意思疎通がうまくいかず、助役は手車止めを外してしまいました。そのため、列車の速度制御ができなくなってしまい、総谷トンネル手前の下り坂のカーブに猛スピードで突っ込みました。, 総谷トンネル手前のカーブに差し掛かった時の速度は120キロと言われています。これだけの速度ではカーブを曲がりきれず、トンネルの壁に激突してしまいました。この激突によって、死者25名・重軽傷者227名という大惨事になってしまいました。特急電車に乗っていた人が非常に怖い思いをしたことは、容易に理解できます。, 東青山駅から総谷トンネルまではわずかな距離です。手車止めを外したことによって、すぐに速度が出てしまったことがわかります。昭和46年では通信手段が限られており、重要な意思疎通ができなかったことが予想されます。, 故障した時に電車を最寄りの駅に停めて、代替電車に乗り換えるなどの手段を講じれば、防ぐことができた事故と言えるので、非常に残念な結果になってしまいました。, 三重県の青山トンネルの怖い噂の1つに心霊写真が撮れるという噂があります。心霊スポットを撮影すると、考えられない物が写るということはよく聞かれます。青山トンネルを写真撮影した時に、とても不気味な物が写っているという話がよく聞かれます。光が反射して写ったなどの現象もあるでしょうが、明らかに怖い物が写っている場合もあります。, 心霊写真は霊感が強い人が写すと、その力に霊が近づいてきて、写真に写ってしまうという話もあります。もちろん、科学的根拠はありませんが、気のせいと済ませておくことには、とてもできないくらいリアリティがある写真が撮れることもあります。, 心霊写真と呼ばれているものの多くは科学的に説明がつけられるものですが、時には放っておくと大変なことになってしまいそうな写真が撮れることもあります。怖い思いをしたくない場合は、心霊スポットで写真を撮らないことが一番良い方法と言えます。青山トンネルで写真撮影をした時の具体例を紹介します。, この具体例を知り、実際に青山トンネルに行って、同じことをしても心霊写真が撮れるとは限らないことを頭に入れておきましょう。, 心霊写真とは直接関係があるか定かではありませんが、青山トンネル内を車で走っていると、突然黒い影が車内に入ってくるという怖い話があります。トンネル内には明らかに誰もいないのに、影が動くのは不自然です。また、トンネル内を走行中に窓から手を出すと、髪の毛が絡まってくるという現象を体験した人もいます。, 車内の他の窓が開けられていなければ、髪の毛が絡むことは考えられません。このような現象を体験した人は、間違いなくトンネル内に霊がいると確信したのではないでしょうか。心霊写真に写るのは、これらの霊かもしれません。, 実際にこの話を聞いて、青山トンネル内を窓から手を出して走行したという人もいます。その時は全く何の現象も起こらなかったそうです。心霊現象が起こることを期待していると何も起こらず、全く何も考えずに行動すると怖い思いをすることがあります。霊は人間の行動をしっかりと見ていると言えるかもしれません。, 車で走行していて、突然黒い影が車内に入ってきたら、誰でも驚くはずです。このような体験は、これから青山トンネル内で起こるかもしれません。ただし、影だと思うと何でも影に見えてしまうので、必要以上に警戒しすぎないようにしてください。, 必要以上に警戒してしまうと、運転に支障が出てしまう恐れがあります。しっかりと安全運転に心がけてください。, 三重県の青山トンネルの怖い噂の2つ目に電話ボックスでの出来事が挙げられます。青山トンネルの近くに電話ボックスがあります。この電話ボックスで怖い経験をした人がいます。電話ボックスは携帯電話やスマートフォンが普及してきた現在は随分数が減ってしまいました。しかし、電波が入りづらい山間部などでは電話ボックスは必要です。, トンネルの近くにある電話ボックスは心霊現象があると言われることがあります。電話ボックスは用事がなければ、通常は近づくことはないでしょう。青山トンネルにある電話ボックスも、普通に通行しているだけでは近づくことはほぼないはずです。, 暗くなってきた時に電話ボックスを見ると、いかにも怖いという感じを受ける人もいます。都市部の電話ボックスを見ても何も感じないところが、山間部にある電話ボックスは怖い感じを受けてしまいます。青山トンネルの電話ボックスでは、どのような怖い出来事があったのか紹介します。心霊スポットにある電話ボックスには注意してください。, 青山トンネル前にある電話ボックスで起こった怪現象を紹介します。電話ボックスをちらっと見た時に母子の姿を見たという人がいました。近くに民家はなく、しかも車もないところで母子が電話ボックスに立っていることを不自然に思ったのでしょう。その後、引き返して電話ボックスを再び通ると母子は立っていませんでした。, 噂によると、その母子がトンネル内に乗り込んでくる黒い影ではないかと言われています。この母子は青山トンネルで発生した列車事故で犠牲になってしまったのではないかとも言われています。誰もいないはずの電話ボックスに人がいたら誰もが驚くはずです。, 突然電話ボックスの電話が鳴りだしたという話もあります。公衆電話なので、鳴ることはほとんどありません。暗くなった時に公衆電話が鳴ったら、これほど怖いことはありません。電話が鳴っている音を聞いた人が、受話器を取って電話に出たら、すぐに切れたという話もあります。噂では霊界とつながっているのではないかと言われています。, 公衆電話が鳴っても、通常ならば出ることはほとんどないでしょう。その人は好奇心にまかせて出てしまったがために、怖い思いをしてしまうことになってしまいました。現在でもこの電話ボックスは普通に設置されており、使うこともできます。, 電話ボックスの怖い噂を聞いて、実際に電話ボックスを見に行った人もいます。やはり、怖い経験をしたくて行っても、思い通りにはならないことの方が多いです。, 現在の三重県の青山トンネルは県道に通っている普通のトンネルです。心霊現象のことを知らない人ならば、暗い時間でも問題なく通行しているはずです。トンネルのところどころに染みができているため、何か怖いものに見えてしまう人もいるかもしれませんが、完成から年月が経ったためできている染みです。灯りも十分にあるので怖くありません。, 実際に列車事故があった総谷トンネルは、現在は通行禁止になっています。旧総谷トンネルは通行禁止になっているため、より心霊スポットという雰囲気が漂っています。旧総谷トンネルは東青山駅のそばにある四季の里の近くにあります。, 四季の里から旧総谷トンネルに案内する看板もあるため、普通に行くことができます。立入禁止になっている札のところまでは行くことができます。立入禁止の中に入ってしまった人のレポートもインターネット上にありますが、明かりが全くなく非常に怖い雰囲気のトンネルと言えます。このトンネルならば、何が起きても不思議ではないでしょう。, だからといって、面白半分に立入禁止の中に入ることは絶対に止めてください。現在では新総谷トンネルができています。さらに新青山トンネルもあります。いずれも近鉄大阪線内のトンネルなので、一瞬のうちに通り過ぎてしまうでしょう。, 新青山トンネルは5652メートルあり、日本の大手私鉄を通っている日本最長の山岳トンネルとなっています。, 三重県の青山トンネルに限らず、心霊スポットに行く際の注意点を紹介します。霊を怒らせるような行為は絶対に止めてください。心霊スポットにある物を壊したり、落書きしたりすると、その場にいる霊を怒らせる行為になってしまいます。ほとんどの人間の目には、霊の姿が見えませんが、その場にずっといる霊もいます。, 心霊スポットに落ちている物をむやみやたらに持ち帰らないようにしましょう。霊は何にとりついているかわかりません。心霊スポットに落ちている物についている可能性があります。つまり、霊を一緒につれてきてしまうことになります。, 心霊スポットにいる霊は、その場でおとなしくしているので、いたずらしたりすると大変なことになる可能性があるので注意してください。, 心霊スポットに行く際に弱気になってしまうと、人間に恨みを持っている霊は近づいてきてしまうかもしれません。心霊スポットに行く時に強気になれる方がすごいと言えますが、弱気になるくらいならば行かない方が良いです。あくまで平常心で行くことが大切です。それが霊を刺激しない行動になると言えます。, 心霊スポットに行く時に不安を感じてしまう場合には、線香や塩を持参すると良いでしょう。線香は霊を供養する時に使用しますし、塩は悪いものを近づかせない力があります。さらにお守りを持っておくと、安心できるかもしれません。, ただし、あまりに不安を感じてしまう場合には、行かないことが一番の選択肢になります。無理やり行って良いことはないでしょう。, 三重県の心霊スポットと言われている青山トンネルについて紹介しました。ここで大切なのは、昭和46年に発生した列車事故を風化させてはいけないことです。今でも事故で犠牲になった人がいるかもしれません。いつまでも人々の頭に入れておくことによって、犠牲になった人も安らかに眠れるかもしれません。, 「青山トンネル」は三重県最恐の心霊スポット!列車事故や電話ボックスの噂とは?のページです。TRAVEL STAR[トラベルスター]は旅行・観光スポット・ホテル・グルメなどの情報サイトです。旅行や観光に役立つ情報を無料でご購読して頂けます。. 第9話 近鉄青山峠(総谷トンネル)事故の記録-s46.10.25 昭和46年10月25日夕刻、普段は静閑な青山高原に、地響きとともに轟音が響いた。 しばらくすると町内有線放送から「上ノ村付近で大事故が … ここは近鉄 東青山駅。歩いて20分ほどにある集落・垣内地区の人々が乗り降りするほかは特に何もない四季の里という大きな公園があるのみの長閑な田舎駅。, 実はここ、昭和46年10月25日に近鉄の特急同士(近鉄難波・京都行き特急と近鉄名古屋行き特急)が正面衝突し、死者25名 負傷者227名という大事故が起こった現場なのです。, 当時は現東青山駅とは違う場所に東青山駅があり、トンネルも旧道を通って榊原温泉駅へと向かっていた。, 現在は新しい複線用トンネルを通り近鉄は大阪~名古屋を毎日行き来している傍ら、複線化以来使用されなくなった廃駅と廃隧道が今もこの公園の敷地内に眠っているのです。, まずは廃駅の方から向かいます。公園の高台に登りわだちのできた道に出る。この一本の道はもともと線路があった場所でトンネルへと続く道。もちろん立ち入り禁止区域ですが、ヘルメット・マスク、作業用長靴装備で自己責任で入っていきます。, 長さは799.2m、大村川上流のP221直下付近まで緩やかなカーブを描きその先の谷に抜けます。, 入り口から出口は見えずトンネル真ん中は真っ暗で一切の光がない為、ライトの明かりを頼りに歩きます。声がよく響き、共鳴するように「ドゥゥゥウーーーー」「ボワンボワンボワン」という聞いた事もないような低く鈍い音が重なるようにトンネル内に響き渡ります。, 長いこと人や物の交通がないので空気の行き来がなくトンネル中部は若干だが息が苦しい。過去にここを列車が暴走したとはとても思えないほど静謐な雰囲気。, 国土地理院地図のページで航空写真の1984年~1978年に設定すると、現東青山駅が工事中で旧東青山駅に電車が停車してる様子や、旧二川トンネル手前の旧線を走っている近鉄電車を見ることができます。, トンネルまではそこそこ距離があります。途中にはこのような線路の枕木の破片と思われるものが放置されていたりする。, こちらは二川隧道西側出口。普通にノンビリ散策しながら歩いて14分でした。こういうのを本当の暗黒というのかと思うほど真っ暗でした。, ハイキングコース(現在通行止め)と交差しており休憩場所が設けられている。奥に見えるトンネルが二本目のトンネル溝口トンネル(931.1m)。, こちらは本日歩いた中では最長の約1キロ。普通に歩いて通りぬけるまで15分かかりました。こちらも緩いカーブになっているのですが、はるか向こうに出口の光が見えたとき、あんなに遠くの光なのにまぶしい!と感じてしまうほど真っ暗でした。出口の光と人のシルエットと薄暗く見えるトンネルの壁がとても綺麗で神秘的で感動しました。, やっとトンネルを抜けたと思ったらまた次のトンネルが現れます。滝谷トンネル(726.8m)です。こちらはほぼ直線のトンネルとなっており、暗闇になれた肉眼であればはるか向こうに出口の光が薄らですが見えます。, 普通に歩いて約12分ほどでした。これで3本のトンネルを通り終わり、トンネル通過にかかった時間は休憩を除いて普通のペースで歩いて約41分ほどでした。, そしてトンネルを出るとこのような谷に出てきます。おや?何やら人口建築物らしきものがあります。, ここが旧東青山駅です。ホームだけが現在も残されており来ることのない列車を待ち続けています。, このように残っているのに今は休日でさえ人の来ることない秘境となってしまっています。, ここを昭和50年まで普通に電車が停車・通過していたとは信じがたいですが、今となってはこのような姿になっているんですね。, 途中で途切れたホーム。下は木でできた柱が支えている。ホームは真ん中に水路を通す為に一部壊されています。, ところで垣内の街まで30分近く歩かなければならないのになぜこんな所に駅が作られたのでしょう…。近くに何があるというわけではなく、本当に何もない谷という感じです。, ホームの端には売店跡が今も残っています。倒壊しておりなんのこっちゃ分からん姿になっています。, それをさらに進むと布引山地・青山峠を越え西青山駅へと向かう「旧青山トンネル」が姿を現します。全長3432m。廃トンネルとしては日本でも最長規模のトンネルではないでしょうか。こちらは1㎞ほど?歩いた地点で枕木部分を見たかったので見て時間も勿体ないので撤退。ちなみにトンネル抜けた地点は乗馬クラブがあり私有地なので通行できません。徒歩でトンネルを抜けるには先ほどのトンネル通過時間から計算すると約60分(一時間)かかるようです。往復で2時間…いやが応でもこのトンネルを戻って帰らなければなりません。往復7kmもトンネルの中を歩くのはさすがにキツイので…。7㎞とかもう恵那山トンネルレベルやん。車でも長く感じるのにw, 駅から東青山駅へ帰ります。国道を回り旧街道などを観光がてら歩きながらのんびり帰ります。駅までの道はこんな感じ。車も通れないのでいかにアクセスしにくい駅なのか分かります。, 下っていくと集落が現れます。家は最近建築されたと思われる綺麗な家から昔ながらの家など様々。しかしどの家もこのように油屋など意味深そうな看板が設置されています。こちらは油屋。なんかやったはんのかな?なんて思ったが普通の一軒家やったりするのでますます不思議。, ぐるーっと歩き、東青山駅へ戻ってきました。最後に事故現場、総谷トンネルを歩きます。看板は以前はトンネル方面もあったんですが何者かに破壊されているようです。, 現在は横を新惣谷(そうや)トンネルが開通しており、特急がバンバン通過しています。そしてその横にありました。ひっそりと佇む旧総谷トンネル(300m)です。, このトンネル入り口付近に暴走した上本町発名古屋行特急12200系・12000系4両編成が垣内東信号所の安全側線を120km/h以上で突破し脱線転覆、三両目から後ろはトンネル付近の壁に衝突し止まったが、1,2両目はトンネル内へ突入し、対向を走っていた賢島発京都・難波行き特急電車(12200系・10100系・18200系7両編成)と正面衝突。死者25名、負傷者227人という大事故が起こってしまったのである。そのほか事故に関しての詳細は「青山トンネル 事故」と検索していただいたら出てきます。, トンネルの側壁には今も列車が衝突した傷が生々しく残っている。トンネルは軽いカーブを描いており、出口が見えないが300mほどしかない為、少し歩くと反対側出口がすぐ見えてくる。, 今では何もなかったかのようにこれらのトンネルの横を最高速で特急が通過しています。今でこそ複線となり安全に行き来しているが、過去にここで凄惨な事故があった事を忘れてはいけません。(写真:東青山駅を通過する伊勢志摩ライナー), 昔、その話を聞いてから頭に焼き付いていた僕は東青山駅に停車・通過した際にはいつも事故の事を思い出していました。やっと事故現場や周辺の旧トンネルを見て回れてよかったです。, 平成3年生まれ、京都に住んでいます。古都コトきょーとの更新停止後は、登山や読書、映画鑑賞の繰り返しで記事のネタの為のアンテナを張らなくていい分、自分の時間が充実して楽しいです。でもたまに寂しくなります!. 青山高原ハイキング紀行では書かなかったのですが、布引山系の垣内(かいと)信号所から旧総谷隧道(そうだにずいどう)西入口で起こった近鉄大阪線の「青山トンネル事故」は現在の「四季のさと」付 … 1971年(昭和46年)10月25日、三重県一志郡白山町にある近鉄大阪線垣内東信号所付近の総谷トンネル内にて特急列車同士の衝突事故がありました 今回は、別名、青山トンネル事故と言われる事故について語っていきたいと思います 近鉄複線化以前の廃駅と隧道が今も山奥に残っているので歩いてきました。廃駅は目をつぶれば列車の音が聞こえてきそうな雰囲気でした。また死者25人の大事故が起こった現場の総谷トンネルもめぐってきました。 2016年1月1日に、三重県の旧東青山駅を訪れました。周辺に民家もないこんな山奥になぜ駅があるのか。もしかするとその答えは、「旧東青山駅変電所」のためだったのかもしれません。 【関連】近鉄大阪線、旧東青山駅に行ってきた。三重県の山奥に眠る廃駅 旧青山変電所は旧東青山駅のすぐ近くにあるので、職員が利用... 台湾、九份老街をぶらり一人旅。雨の九份に傘の花が咲き乱れる!そしてどこからか流れてくる小林旭のBGMに母国を想う, LINEの通知方法を変更する2つの手段。バイブ・通知音を消してサイレントに受信しよう!. 近鉄大阪線列車衝突事故(きんてつおおさかせんれっしゃしょうとつじこ)とは、1971年(昭和46年)10月25日に三重県一志郡白山町(現・津市)にある近鉄大阪線垣内(かいと)東信号所(現在複線化により廃止)付近の総谷トンネル内で発生した列車衝突事故である。一般的には「青山トンネル事故」とも呼ばれる。 そして、「青山事故」と呼ばれる車両事故の 現場となったトンネルでもあります。ここではそれ以上 のことは申しません。 振り返りますと、くっきりとした轍の先には今通って きた梶ヶ広トンネルの姿が。 総谷トンネル。。。こっちも扉全開です。 ちなみに近鉄大阪線列車衝突事故と呼ばれる、電車の正面衝突事故が起きた現場は、新東青山駅の東側にある総谷トンネル内です。従って、新東青山駅より西側にある旧東青山駅は関係ありません。心霊スポットでもありません(笑) 2016年1月1日、新年早々私は三重県の山奥にいました。携帯の電波も通じず、人っ子一人いないこの場所になにやら怪しげな人工物があります。これこそが近鉄大阪線の廃駅、通称「旧東青山駅」です。, 1975年ごろに新しいトンネルが開通したことにより廃駅となり、現在の東青山駅に移転した経緯を持ちます。今はもう完全に使われておらず、遺構もほとんどありません。もはや朽ちていくのみの旧東青山駅について紹介していきましょう。, 旧東青山駅への行き方は、基本的には東青山駅から廃線跡を辿っていく方法になります。ただ、それだと立ち入り禁止区域に入ることになるので、東海自然歩道というハイキングコースから辿る方法をおすすめします。, ここから廃トンネルが3本あります。当然内部に明かりはないので昼でも真っ暗です。しかもどのトンネルも全長1km近くあるので、トンネルウォーキング初心者には精神的にかなりキツいと思います。, で、3本の廃トンネルを抜けると、その先にはコンクリートの遺構が残る旧東青山駅に到着します。山に囲まれていて、周辺には何も見当たりません。, 奈良方面から三重方面を見る。線路があった場所を挟んで南北にホームがある相対式ホームです。, 線路跡を歩いてみました。ホームは結構高さがあって、線路に落ちると上がるのが厳しい高さです。, ホーム断面図。レールが再利用されていますね。ちなみにホーム上にある荷物は私のものです。, 歩いてみました。こう見ると思ったよりも狭いですね。昔はこんな感じで電車が来るのを待っていたのでしょう。, 南側のホーム上から線路跡と北側のホームを見る。右奥にあるのが三重県方面の滝谷トンネル。, ちなみに近鉄大阪線列車衝突事故と呼ばれる、電車の正面衝突事故が起きた現場は、新東青山駅の東側にある総谷トンネル内です。従って、新東青山駅より西側にある旧東青山駅は関係ありません。心霊スポットでもありません(笑), でも、事故の原因であるブレーキのトラブルが起きたのはこの旧東青山駅でのことだそうです。ここから電車が勝手に動き出し、時速数百キロとなって対向電車と正面衝突したそうな。現在は総谷トンネルも廃トンネルとなっていて、トンネル側面についた事故の傷跡や、枯れた花束を見ることができます。, あ!誰か焚き火をした人がいたようです。コンクリート上なので山火事になりにくく、安心ですね。楽しそうです。, 建物の横には階段があります。めんどくさそうだったので上がりませんでしたが、他のサイトを見ても特に何もないみたいでした。, しかし周辺には本当に何もない。何もないのになぜ駅があったのか。もしかしたらその1つが東青山変電所の存在だったのかもしれません。東青山変電所!?それは一体…!?というわけで続きは以下の記事をご覧ください。.

.

Markdown Preview Enhanced Css カスタマイズ 19, Flex 1 効かない 6, アニメ 名言 恋愛 5, Xiaomi Mi Band 4 取扱説明書 9, A型 男 別れ方 6, 結婚式 オープニングムービー 素材 5, レッドバロン エンジン オーバーホール 4, Toto Tks05305j カタログ 4, 風営法 違反 従業員 5, 仕事 Todo リスト 5, Googlemap Marker Icon Url 4, なんj おんj まとめ 21, ハルヒ 放送順 意味 4, Arrows M04 Qrコード 5, 2 口 ガス コンセント 4, アルメリック ミニ 評判 9, Ps4 自動ダウンロード Psplus 4, 桜井和寿 Smile 歌詞 59, 京大 医学部 美人 6, 甚平 男の子 110 9, 就職 保証人 代行 Npo 4, アフリカンマリーゴールド 種まき ブログ 14, 僕 の お父さん は桃太郎 という やつに 殺 され ました 道徳 4, エクセル 貸出管理 マクロ 6, 決算書 月別売上 法人 4, 琴勝峰 琴ノ若 兄弟 20,