border-left: 1px solid #ffffff;

野球の面白さや魅力を伝えるべく、私、つれボーに加えて複数の野球仲間と共に楽しく記事を執筆しています。 color="#ffffff" padding: 0; _width: expression(this.parentNode.offsetWidth - } テキスト

_background-image: none; right: 100%; margin-bottom: 1px;

野球をこよなく愛する一般人代表を自負しております。 padding-bottom: 20px; color: #ff00e5; default="#000000"/> color: #000000;

テキスト

} border: 1px solid #ffffff; padding: 0; default="normal bold 11px Arial, meiryo, Helvetica, FreeSans, sans-serif"/> _width: 1170px; padding: 0 0;

原監督としては第三次政権。前2回の監督時にはいずれもリーグ優勝3連覇という偉業をなしており、否が応でも巨人ファンの期待はふくらみます(ブログ筆者はドラゴンズファンです)。, 1980年のプロ野球ドラフト会議で、読売ジャイアンツ新監督の藤田元司が4球団(巨人、広島、大洋、日本ハム)競合の末にクジを引き当てて、巨人に入団しました。, 選手としても監督としてもリーグ優勝、そして日本一の経験が豊富で、まさに勝利の味を知る男です。, 思ったより年俸総額は多くない印象ですが、時代的には1億円を超えれば超1流プレーヤーと言われていましたから、当時としては数少ない高額年俸選手でした。, 翌年には30本塁打をマークし、三年目に打点王を獲得。読売ジャイアンツの若大将として名を轟かせていました。, 晩年は成績はふるいませんでしたが、それでも引退前年には14本塁打を記録して意地を見せました。. } font-size: 90%; テキスト

body { .Header h1 { 日本プロ野球史上唯一最多の「3度の三冠王」に輝き、生涯通算打率では日本人選手の右打者で最高の3割1分0厘8毛を記録するなど、押しも押されもしない大打者として今もなお、その名を燦然と輝かせている落合博満氏。, 突出した成績を残し続けた現役時代はもちろん、中日ドラゴンズの監督として現場復帰を果たした後も、輝かしい実績を積み重ねました。今回は、そんな落合氏の現役時代の成績や年俸の推移、采配についての評価、そして天才バッターの伝説エピソードをまとめてみました!, 落合選手のプロ1年目の年俸は360万円。稀代の超一流選手の年俸としては考えられない数字ですが、これは約40年前のもの。そもそも、当時と今の物価そのものが全く違いますし、その後、年々高騰していったプロ野球選手の契約金や1年目の年俸、あるいは近年の平均年俸と比較するのは無為な作業ですね。, プロ初の昇給は2年目のオフ。打率.283、本塁打15、打点32の成績を残し、180万円アップを勝ち取りました。そしてレギュラーに定着し、初めて規定打席に到達して大きく飛躍した81年シーズンオフには3倍増。そこからさらに成績を伸ばして初のタイトル――しかも、「首位打者」「本塁打王」「打点王」の三冠王に輝いた82年シーズンオフには一気に3800万円アップの5400万円でサインしました。, ここからの突出した成績と着実な年俸アップは上記の表の通りですが、85年と86年の成績、ならびに年俸アップの数字は、まさに圧巻。2年連続で打率.360超は常軌を逸した数字と言えますし、この2年間で100本以上のホームランを打ち、250以上の打点を挙げていることには感服するしかありません。大打者・落合博満のキャリアにおいても特別の重みがある「2年連続3度目の三冠王」を成就した2シーズンでした。, ちなみに、中日ドラゴンズ移籍1年目の年俸1億3000万円は、日本人初の1億円プレーヤーとしての数字。その後しばらくは同額で推移していきますが、ドラゴンズ在籍5年目の91年に初めて2億円を突破しました。, なお、この年は、年俸を不服として2月に日本人選手として初めて調停を申請。シーズンイン後には肉離れで一時、戦線離脱するなど波乱の多い日々でしたが、最終的な成績は三部門とも決して悪くありませんでした。したがって、オフにジャスト3億円で契約更改したのも至極当然という印象でした。, 92年の成績が芳しくなかったため、一年で2億円台に陥落しましたが、すぐに取り返すのがスタープレーヤーたる所以。史上初の両リーグ200本塁打を達成した93年シーズンオフ、導入されたばかりのFA制度を行使し、宣言後に読売ジャイアンツへ移籍。一個人事業主のプロに見合うだけの金額を提示して獲得に乗り出した同球団へ移ることは、ごく当たり前の流れだったようです。, 2度のリーグ優勝に貢献した読売ジャイアンツでの3シーズンは成績・年俸ともに安定。現役最後の日本ハムファイターズ時代は力の衰えと共に成績は下がりましたが、引退する98年まで3億円をキープ。年俸面でも大打者の矜持を保ったまま、現役の幕を引いたと言っていいでしょう。, 首位打者:5回(1981年・1982年・1983年・1985年・1986年) } background-color: #0000ff; (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 「んー中日は落合監督が辞めてから、あっという間にBクラス常連チームになってしまったけど、落合政権時代の中日はどれだけ強かったんだっけ?」, そうですね、落合博満監督時代は全て「Aクラス」であり、「4度のリーグ優勝」「1度の日本一」に輝いていますね。, 「うわっ、すげぇ!!確か、8年ぐらい監督やっていたから・・・半分は優勝させていることになるのか!もう、まさしく名将だね!」, 確かに、落合博満は「選手」「監督」としても「超一流」であることを示して、特に監督としては中日に「黄金時代」を築いた名将であると私は思っています!, また、落合博満は監督としては結構クセのある考え方、いわゆる「オレ竜」で、中日を指揮していましたから、選手から見た落合博満監督とはどんな人物だったか気になるところですね。, そして、落合博満はマスコミ嫌いな一面も持っていますから、一体どんな確執があったんでしょう(汗), では、監督として「チームを勝たせること」を第一に考えてきた落合博満の「監督として」の成績を野球ファンのあなたと一緒に見ていきましょうか!, 2004年、落合博満は中日の監督となり、春季キャンプ初日から「紅白戦」を取り入れる等、常に選手に「緊張感」を持たせました!, また落合博満監督は、6日練習1日休みというスケジュールをとり、練習量もかなり増やしたキャンプとなりました(普通は4日練習1日休み), 結果、落合博満監督は就任1年目で「リーグ優勝」2年目は「2位」3年目は再び「リーグ優勝」と常に高順位を維持出来るチームに変化していきました!, そして、落合博満監督4年目には惜しくも「2位」で終わりますが、クライマックスシリーズにより日本シリーズに進出して、4勝1敗で日本ハムに勝利し、念願の「日本一」を掴むことになりました!!, 私は、落合博満監督の指導法を見て「弱いチームこそ、練習を重ねるしかない!」というごくごく当たり前のことなんですが、プロでも当たり前のことをやっていたんだなーと思いました。, 落合博満監督の5年目は「3位」に終わってしまい、高い水準での「自己最低」の結果となってしまいました・・・, しかし6年目には「2位」7年目は「リーグ優勝」と、落合博満監督はチーム成績をV字回復させることに成功しました!, そして8年目は「チーム打率(.228)」「チーム得点(419)」といずれも「リーグ最下位」を記録しながらも「リーグ優勝」を果たしますが、日本シリーズではソフトバンクに惜しくも「3勝4敗」で敗れてしまいます・・・, それでも、日本シリーズ最終戦の福岡ドームには多くの中日ファンが残り、落合博満監督に「8年間ありがとう!」と言葉を送ったのでした(泣), うん、落合博満監督は、それだけファンからねぎらいの言葉をもらっても、全然お釣りが返ってくる8年間だったと私は思っています。, 落合博満に高い要求をするのであれば「何故、日本シリーズで勝てないの?」という部分になりますかね・・・, 5度の日本シリーズで日本一は1回だけなので、落合博満監督の弱点は「短期決戦」になると私は思います。, 落合博満は「俺は数学が好き」と言っていたので、短期決戦の場合だと「落合博満コンピュータ」が正しい答えを導き出すのには、試合数が足りなかったのでしょう・・・, でも、4度のリーグ優勝は本当に凄いですから、日本シリーズで勝てないからといって、落合博満の評価が下がることは少なくとも私の中では発生しない事象です。, そんな野球ファンの大多数が尊敬する存在である落合博満の「オレ竜」とは、実際にはどんな内容だったのか気になりますよね!?, 落合博満にとって「オレ竜」というのは決して「特別」なものでは無く「監督としての必要最低限の考え」だったと私は思っています!, と言っていましたから「チームが勝つ為には選手にとっての鬼になる!」という意志表示ではないかと私は感じ取りました!, つまり「厳しく指導して、厳しく采配する」という単純なことが落合博満の監督理論ではないでしょうか?, ・・・これって別に何にも深みの無い、指導者としての「当たり前」の振る舞いですよね?, でもこの「当たり前」の指導法が大人である「プロ野球選手」にはもの凄くキツくて「俺たちはプロだぜ?もう辛い練習なんてしたくねーよ!!」と言いたくなる気持ちは非常にわかります(汗), しかし「当たり前」をやっている張本人が「落合博満」だったら「まあ、落合さんが言うんだったらやってみますか・・・」という流れになるんじゃないかなーと私は思いました。, ある意味「落合博満」というブランドで、選手をおどしているように見えますが、こうでもしないと中日は優勝出来るようなチームではなかったと感じ取れますよね。, と落合博満から言われて、一生懸命野球と向き合った選手が多かったからこそ、落合時代の中日は「常勝軍団」になれたのでしょう!, そんな常勝軍団の長(おさ)だった落合博満ですが、野球そのものに対する考え方はどうだったんでしょうかね?, 中日はここまでの成績を「3勝1敗」としており、日本一に王手がかかった大事な試合だったのです。, いざ試合が始まると、中日は日本ハムから辛うじて「1点」を取り、中日の先発「山井大介」は8回までに無失点無四球の「完全試合」状態を維持していたのです。, ここで「日本シリーズ初の完全試合投手誕生」となるか、球場はざわついていたのですが、落合博満監督は9回に抑えのエース「岩瀬仁紀」を登板させ、9回も0点に抑えて中日は日本一を獲得しました。, この落合博満監督の采配は「賛否両論」となり「よくぞ決断した」「山井のチャンスを潰した」などと意見が飛び交う結果となりました。, ここで野球ファンのあなたに質問ですが、この落合博満監督の采配に対してどう思いますか?, 監督が、日本シリーズという貴重な試合の中で「日本一」または「選手の記録」どちらを優先するかというと、確実に「日本一」なんですよね。, この上記の判断は「もの凄く、のどが渇いている状態で飲みたい物は?」「水」または「バリウム」と聞かれ「水」と答えるぐらい明白なモノだと私は思っています!, だから私は「何故ここで批判が出るのか?」「そんなに落合博満が嫌いなのか?」と思ってしまうぐらい、賛成派です!!, ・・・しかし、落合博満が野球に対して「あくまでも仕事」という考えがあってこその「反対派」だと思いました(汗), 「ビジネスライクに野球をやっている奴が、大したこと語ってんじゃねーよ!!」という層は野球ファン及びプロ野球OB含めて結構いることでしょう・・・, でも本当に落合博満は仕事として野球に向き合っていたことが「本音」だったのかどうかは、これまでの落合博満の「実績」を見れば伝わるだろうなーと私は思いました!, 本音をなかなか語ってくれない落合博満ですが、それはマスコミのインタビューでも本音は語ってくれず、非常に冷たい態度を取っていました。, 何故、そんな態度をとってしまうんだ落合博満!?と問いかけをするあなたに「落合の本音」をお届けしましょう・・・, これは、とあるテレビ番組の「野村克也と落合博満」の対談で、野村が「もっとマスコミにサービスしなさいよ」と落合に問いかけると、, 要は、マスコミが「独自の解釈」であること無いこと書きまくるから、落合博満は嫌気が指したんでしょうね・・・, 私はマスコミの記事づくりは「醤油ラーメン」を「カレーラーメン」に変えるぐらい脚色すると思っています(笑), でも、野球もスポーツ誌あっての「商売」ですから、あまり犬猿の仲になってもダメなような気がするんですけど「俺は我慢できない」という「オレ竜」が炸裂してしまったのでしょう(爆発), これに関しては、あまり落合博満を擁護することは出来ないかなーと思っていますし、親会社も「中日新聞」というマスコミですから、ある意味「会社批判」みたいなところも含まれているような気がします・・・, 遠まわしの会社批判のせいかどうかわかりませんが、落合博満が監督を退任する8年目のとある巨人戦で中日が負けた時に「ガッツポーズをした中日球団幹部」がいるみたいです(驚), でも、身内にまで敵を作って、中日を勝てるチームに育て上げた落合博満の功績に対して、球団幹部は「尊敬の意」を表す必要があると私は思いました。, 特に「言われたことだけやっているのは楽。」という言葉は社会人の方には染みたんじゃないですかね?, ただ、気付いて欲しいのは「指示を受けてどうするか?」「指示を受けるにはどうするか?」を考えると、仕事に対する視野が広がるかもしれませんね・・・, でも「やりたくない仕事」に対しては、上記の考えは思いつきませんから、私は無理してそういった仕事はやる必要がないんじゃないのかなーと思いました。, コンビニの店員だろうが、ソフトバンクの社長だろうが「信念」を持って、仕事に取り組んで欲しいですよね。, 今回は落合博満の監督としての球史を辿っていきましたが、監督でも「スーパースター」であることには変わりありませんでしたね(汗), また、チームを勝たせるにはどうするか?という点でも、自分の信念を変えずに「我道」を突き進み、且つ結果を出すことが出来たんですから、落合博満は「天性の野球人」なんでしょう(後光), 落合博満にとって野球は「あくまで仕事」らしいですが、私は仕事以上の何かを感じとることが出来ました!!, 今後も落合博満氏が野球に対して何か貢献してくれることを私は大いに期待していますよ!!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.

margin: 20px -2px 0; a:hover { ----------------------------------------------- */

/* IE6 does not respect left and right together */

} border-right: 1px solid #ffffff; text-decoration:none; ----------------------------------------------- */ テキスト padding: 22px 0;

トレードや大きな補強を行わず、「現有戦力の10%の底上げで優勝」を掲げて“有言実行”を成し遂げた監督1年目の2004年シーズン。春季キャンプ初日の紅白戦実施や、ドラゴンズに移籍後、一度も一軍のマウンドに上がっていなかった川崎憲次郎投手を開幕投手に指名するなど、奇策とも取れる手腕は“オレ流采配”とも称されました。 しかし、落合監督が推し進めていたのは「投手を中心としたディフェンス重視」の手堅い野球。強打者だった現役時代のイメージでは、派手に打ち勝つ野球を標榜するかと思わ …