店舗を見てみても、『お会計』や『レジ締め』など、何かとお金のことに気を使う生活を送っている人は少なくないと思います。当たり前のように『お金に気を使って』いますが、本来は必要が無い仕事なのです。これを少しでも解決できるように、政府が先頭に立ってキャッシュレス化を進めているのです。, これ以外にも、周辺諸国のキャッシュレス決済比率が高く、日本でお金を使ってもらうために推進しているという背景があります。, 日本政府が進めている『キャッシュレス化』ですが、現状の日本ではわずか18.4%程度しか利用されていません。これは周辺諸国と比べても圧倒的に低い数字です。, 図表の通り、韓国では89.1%、中国では60.0%と日本の3倍以上の比率なのです。注意すべきはこの資料が2015年のものであること。普及率はここ数年で急速に伸びており、2018年の中国では80%もの比率になっているとも言われています。, なぜ日本は、周辺諸国に置いていかれるような状況になっているのでしょうか?経済産業省の見解は下記の通りです。, 現金の方が安心じゃん!現金でいいや!という考えの人が多いようです。しかし本当に現金が万能と言えるでしょうか?, 日本の現金が素晴らしいことは周知の事実です。現金しか持たない人たちの気持ちも十分に理解できます。でも本当に現金は万能でしょうか?, 現金を使っていることで起きる損や、知らぬ内に負担をかけていることに気づいてください。ほぼ100%のお店で使えるというメリットはありますが、現金しか使わないという人は今一度キャッシュレスに向き合うことをオススメします。, 現金では紛失してしまうと終わりですが、クレジットカードであれば不正利用された場合の補償があり安心できます。クレジットカードが使えない店舗があるというデメリットもありますが、近年では使えないお店の方が少ないとも言える状況になってきました。, 様々なリスクを考えて見ても、『現金だけしか使わない』は大変に勿体無いことです。部分的にでもキャッシュレスを取り入れて生活してみてください。, 現金、キャッシュレス両方を普段から使っておくと、災害時にも安心できます。なぜ安心できるのか?は、過去に『「キャッシュレスは災害時に弱い」は本当なのか?』という記事を書きましたのでご覧ください。, A. キャッシュレスを普及推進するための組織として「キャッシュレス推進協議会」を立ち上げ、キャッシュレス普及のための方策や具体的な内容の検討、また実施された施策のモニタリングなどがすでに行われています。 世界中からもっと多くの訪日外国人がやって来れば、インバウンド消費がいっそう増えることになります。キャッシュレスが当たり前の国々から来たお客さまが不便を感じないように、国内のキャッシュレス環境を整えておく必要があるのです。, 経済産業省では、2025年までに「キャッシュレス決済比率40%」という目標を設定しています。また、将来的には、世界最高水準である80%を目指すとしています。 政府は様々な場でキャッシュレス化推進の方針を打ち出している。2014年に閣議決定した「日本再興戦略」までさかのぼってみると、キャッシュレス化を進めようとする一貫した方針がみられる。 ・2014年6月の「日本再興戦略 改訂2014−未来への挑戦−」で、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会等の開催等を踏まえ、キャッシュレス決済の普及による決済の利便性・効率性の向上を図ると明記。 ・2016年6月の「日本再興戦略2016」で「キャッスレス化の推進」を政策課題として位置づけ。 ・2017 … 消費税は8%から10%へと2%アップしますが、そこから5%のポイント還元があれば、実質的には減税と同じメリットを得られます。, 次に、店舗向けの事業です。

このように、キャッシュレス決済には数多くの種類があり、一般に普及してきています。しかし、経済産業省がキャッシュレスをもっと普及させなければならないとしているのは、なぜなのでしょうか?, 意外に思われるかもしれませんが、世界的に見ると日本はまだキャッシュレスでは後進国です。 2020.06.16 All rights reserved. 消費者向けのポイント還元や、店舗向けの補助金制度などがおもな内容ですが、このキャッシュレス推進政策について詳しくご紹介します。, キャッシュレスとは、「現金を使わずに精算すること、またはその方法」という意味です。レストランでの食事やコンビニでの買物などの支払いなどを、現金払い以外の方法で精算することをキャッシュレスといいます。, 以前からよく使われているクレジットカードをはじめ、銀行口座から引き落として即時払いができるデビットカードもキャッシュレス決済の方法です。また、毎日の通勤通学で使っているSuicaやPASMO、買物で重宝するWAONやnanaco、楽天Edyなどの電子マネー、おサイフケータイやApple Pay、さらにはバーコードやQRコードを読み取って精算するコード決済もキャッシュレス決済です。 クレジットカード 2. 新たにキャッシュレス決済のための端末機器を導入する店舗向けに、政府は補助金制度を制定しています。決済事業者が導入費用の3分の1を、国が3分の2を負担してくれるため、実質的には導入費用は0円となります。ただし、この補助金を利用できるのは、中小・小規模の事業者に限られています。, キャッシュレス端末を導入すれば、消費者向けのポイント還元がある店舗となる条件も整い、集客力のアップが期待できるでしょう。

キャッシュレス推進協議会がまとめた「キャッシュレス・ロードマップ 2019」によると、「各国のキャッシュレス決済比率の状況」(2016年)は、韓国がトップで決済額の96.4%がキャッシュレスです。続いてイギリス、中国、オーストラリア、カナダ、スウェーデン、アメリカ、フランスの各国が約70〜40%となっています。日本はそこから大幅に低く19.9%と2割にも届いていません。 現金もクレジットカードも使えるお店。, では、母国がキャッシュレス決済比率が高く、現金を使う習慣が無い外国人が日本を訪れたとき、下記のどちらを使うと思いますか?, もし、あなたが店舗を運営していて現金しか取り扱っていなければ、ビジネスの機会を大きく損失しています。この記事をきっかけにキャッシュレス化の対応をしてみませんか?, 店舗のキャッシュレス化には、かなり安価でiPadをPOSレジに変身させることができるSquareが大変オススメです。月額利用料も無料で使用できます。TwitterのCEOである『ジャック・ドーシー』がCEOを務めるPOSレジアプリです。, Square以外にもiPadレジアプリは複数ありますので、色々と検討してみてくださいね!, お金に労力を奪われることは、誰も幸せになりません。よりビジネスに力を入れやすい環境作りが大切ですね。, 確かにどのお店でも使えるのは現金です。でも、思考停止はやめましょう。キャッシュレスの良いところも見て判断しよう!, キャッシュレスを批判する人の多くは、「なんか嫌だ」とか、「現金で十分だなぁ」と満足してしまっている傾向があります。キャッシュレスの世界を知らなさすぎるのも問題ですね。, 外国人のお客さんも受け入れたい!という気持ちがあるならキャッシュレス対応は必須です!機会損失ほど勿体無いことはありません。, キャッシュレス情報を発信しています。ニュースのみならず、キャッシュレス化で起こりうる未来を予想します。.

現在、そうしたデータの利活用の検討は着々と進められています。データの利活用はキャッシュレスで最も広がりのある分野で、さまざまなアプリやITサービスの登場が期待できます。, 経済産業省はキャッシュレス推進のための目玉として、「キャッシュレス・消費者還元事業」を2019年10月1日(火)から2020年6月30日(火)まで期間限定で実施します。これは、2019年10月1日(火)からの消費税増税に伴って行われるもので、増税による消費の落ち込みを抑えると同時に、キャッシュレスの推進を図ることを目的とした優遇措置です。

日本では、日本のキャッシュレス決済比率は約20%となっており、上記の6カ国と比べるとキャッシュレス化の対応が非常に遅れていると言わざるを得ません。

キャッシュレス化と金融業 Ⅰ.はじめに 本章の目的は、日本におけるキャッシュレス化の到達度を把握し、キャッシュレス化 …

日本はキャッシュレスの後進国ですが、インバウンド需要の増加とともにキャッシュレスの必要性が高まり、急速に普及しています。今回は、経済産業省のキャッシュレス推進政策の内容と取組みについて …

クレジットカードだけ使えるお店。 B.

Copyright (C) dd=new Date();yy=dd.getYear();if(yy<2000){yy+=1900;};document.write(yy); Sumitomo Mitsui Card Co., Ltd. 経済産業省がキャッシュレスをもっと普及させなければならないとしているのは、なぜなのでしょうか?, 経済産業省では、2025年までに「キャッシュレス決済比率40%」という目標を設定しています, キャッシュレスの方法をどれでも、どこででも使える環境を整備する計画で予定されています, 誰でも自分に合ったキャッシュレスの方法を選択して、どこででも使うことができるようになります, データの利活用はキャッシュレスで最も広がりのある分野で、さまざまなアプリやITサービスの登場が期待できます, 経済産業省はキャッシュレス推進のための目玉として、「キャッシュレス・消費者還元事業」を2019年10月1日(火)から2020年6月30日(火)まで期間限定で実施します, キャッシュレス端末を導入すれば、消費者向けのポイント還元がある店舗となる条件も整い、集客力のアップが期待できるでしょう. 補助金などの優遇措置を活用すれば、キャッシュレス端末の導入コストも安く済みます。また、手軽に導入できてPOSレジとしても使える「Square(スクエア)」のように、高機能なキャッシュレスシステムも登場しています。この機会を逃さず、キャッシュレス決済の導入を検討してみてはいかがでしょうか。, 経営者・個人事業主・スタートアップの担当者が知っておきたいバックオフィスの基礎知識をご紹介。, 新サービスも追加!今すぐ始められる、得する最新ポイント貯めテク5:ポイント向上講座(前編).

キャッシュレス化の推進要因 1. 日本のキャッシュレス化の現状と課題 キャッシュレス化が非常に遅れている日本. 公共サービスのキャッシュレス化は、システムの大規模な改修が必要となりますが、公的機関が積極的に推進することで、民間の動きをさらに促進することができるとされています。, 近年はキャッシュレスでの支払いデータを連携させて、お金の管理を簡単にできる家計簿アプリも出てきていますが、消費データの利活用が進むと生活がもっと便利になります。例えば、高齢者の支払いデータを親族間で共有できるようになると、生活状況の確認や詐欺被害の防止、見守りなどに役立てることも可能になるかもしれません。 Ⅳ. 電子マネー Ⅴ. 7. また、スマホアプリなどを使って店舗にチェックインしたら、あとは棚から商品を取って買物を楽しみ、そのまま退店ゲートを通過すれば、自動で精算が行われる無人店舗も普及することも予想されています。その場合、レジ自体がなくなり、会計はレジでするという概念もなくなっていくものと考えられています。, 現在、さまざまなキャッシュレス決済の方法が登場してきていますが、キャッシュレス社会では、それらのキャッシュレスの方法をどれでも、どこででも使える環境を整備する計画で予定されています。用途に応じて使い分けたり、自分のライフスタイルに合ったキャッシュレスの方法をその場ですぐに選んだりすることが当たり前のようにできれば、消費生活はもっと便利になります。

キャッシュレス決済が当たり前となっている世界の中で、日本のキャッシュレス化は大きく遅れていることが分かります。, 日本政府観光局発表の統計では、2011年以降、訪日外国人の総数は毎年「過去最高」を更新し続けています。2018年には初めて3,000万人を超え、2019年も1月から5月まですべての月で前年を上回っています。さらに、2020年には世界的スポーツの祭典、2025年には大阪万博と、世界的なビッグイベントを控えており、訪日外国人の数はますます増加していくものと考えられます。 日本では、近年インバウンド需要が増加し、さらに2020年の世界的スポーツの祭典、2025年の大阪万博の開催などを目処に、キャッシュレス決済の普及が進められています。その推進役となっているのが、経済産業省によるキャッシュレス推進政策です。 デビットカード 3.

2018年4月、経済産業省が『キャッシュレス・ビジョン』という資料を発表しました。その中で『2025年までにキャッシュレス決済比率を40%を目標』と発表しました。これまで2027年までに40%を目標としていましたが、2年前倒しする目標に変更されました。, 日本政府がなぜ『キャッシュレス決済比率40%』という数字を掲げているかご存知でしょうか?首相官邸が発表した『未来投資2018 ―「Society 5.0」「データ駆動型社会」への変革― 』に下記のように明記されています。, 現金処理コストの削減による事業者の生産性向上、消費者の支払いの利便性の向上等を実現する観点から、キャッシュレス社会の実現を目指す。, 引用:未来投資2018 ―「Society 5.0」「データ駆動型社会」への変革― (平成30年6月15日) – 首相官邸, お金自体にコストかけるのは無駄!自動化しようよ!お金の流れもスムーズになって最高じゃん!(*^_^*), このように捉えても問題ないでしょう。 2020年オリンピック・パラリンピック東京大会、2025年の大阪万博にむけて、日本政府はキャッシュレス化の推進を重要な政策課題と位置付けている。クレジットカードやデビットカードそのものを用いたこれまでの決済にくわえて、QRコードを用いた決済なども登場している。いま、何が起こっているのか、その一端をレポートする。, 2018年4月に公開された経済産業省の「キャッシュレス・ビジョン」によれば、「キャッシュレス」とは、「物理的な現金を使用しなくても活動できる状態」と定義されている。キャッシュレス支払手段の例としては、プリペイド、リアルタイムペイ、ポストペイドの3方式があげられている(図1参照)。, また、キャッシュレス支払手段による年間支払金額÷国の家計最終消費支出をキャッシュレス決済比率と定義し、日本のキャッシュレス決済比率を2015年では、18.4%と算出している(図2参照)。, 国によって、クレジットカードを用いた支払いが主流の国と、デビットカードを用いた支払いが主流の国があり、前者は、韓国、トルコ、カナダ、日本など、後者は、イギリス、スウェーデン、ベルギー、ロシア、インドなどが該当する。, 政府は様々な場でキャッシュレス化推進の方針を打ち出している。2014年に閣議決定した「日本再興戦略」までさかのぼってみると、キャッシュレス化を進めようとする一貫した方針がみられる。, ・2014年6月の「日本再興戦略 改訂2014−未来への挑戦−」で、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会等の開催等を踏まえ、キャッシュレス決済の普及による決済の利便性・効率性の向上を図ると明記。, ・2016年6月の「日本再興戦略2016」で「キャッスレス化の推進」を政策課題として位置づけ。, ・2017年6月の「未来投資戦略2017」で「キャッシュレス化の推進」に関して、KPIとして2027年6月までに、2017年時点では21.0%であったキャッシュレス決済比率を倍増し4割程度とすることを目指すと明記。, ・2018年4月に、経産省の「キャッシュレス・ビジョン」にて、2025年の大阪万博に向け、「未来投資戦略2017」のキャッシュレス決済比率40%の目標を前倒しし、より高いキャッシュレス決済の比率の実現を目指すことを宣言。将来的には、「世界最高水準の80%を目指していく」としている。, ・2018年6月に閣議決定された「未来投資戦略2018−「Society5.0」「データ駆動型社会」への変革−」では、「フラッグシップ(旗艦)・プロジェクト」(図3参照)の「経済活動の糧」関連プロジェクト のひとつに、「FinTech/キャッシュレス化推進」を掲げている。QRコード等二次元コードのフォーマットに係るルール整備について検討することも記載されている。, QRコードとは、1994年にデンソー(現デンソーウェーブ)が開発したマトリックス型二次元コード で、デンソーウェーブの登録商標となっている。QRは、Quick Responseの略である。, このQRコードを使ったQRコード決済とは、スマートフォン等のアプリに、クレジットカードやデビットカード、電子マネー等を消費者があらかじめ登録し、店舗での二次元QRコードあるいはバーコードの読み取りによって決済を行う方式である。NTTドコモが提供する「d払い」などが、これに該当する。, ここで使われるQRコードに関して、IC型クレジットカードの統一規格EMVを定めている技術団体EMVCoが、2017年7月に、「QR Code Specification for Payment Systems」仕様を公開している(https://www.emvco.com/emv-technologies/qrcodes/)。, EMVCoは、American Express、Discover、JCB、Mastercard、UnionPay and Visaから構成されている技術団体である。公開された仕様には2種類あり、QRコードを消費者が提示する場合(Consumer Presented Mode)と、店舗が提示するQRコードを消費者が読み取る場合(Merchant-Presented Mode )の両方の利用形態を対象としている。, QRコードを消費者が提示する場合には、商品読み取り用の赤外線スキャナをそのままQRコード決済にも使っている点がポイントで、店舗側にとっては導入コストを抑えることができるといわれている。, 2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会、その後の2025年大阪万博にむけ、政府の政策にしたがい、キャッシュレス化が進んでいくと想定されている。, クレジットカード決済やデビットカード決済にくわえ、サービスが始まったばかりのQRコード決済も普及すると思われる。さらに、現在では想定されていない新しい決済手段が登場している可能性もある。, キャッシュレス決済には、利用者が安心して安全に決済できる基盤の構築が必要である。そのために、セキュリティを確保することは、我々セキュリティ技術者の大切な仕事である。世の中の仕組みがどう変わろうとしているのか、新しい技術、新しい法制度を常にウォッチすることが求められている。, Copyright © BUSINESS COMMUNICATION. 現在のところ、各種キャッシュレスの方法の普及度には大きな開きがあり、「どこででも、何でも使える」という状況にはありません。しかし、この課題が解決すれば、誰でも自分に合ったキャッシュレスの方法を選択して、どこででも使うことができるようになります。, キャッシュレス決済が普及した社会では、現金決済のみの店舗よりもキャッシュレス対応の店舗が大多数を占めるようになります。そして、外食店や小売り店だけでなく、公共サービスの手数料や医療費も、キャッシュレス対応できるように置き換えられていくことになるでしょう。

※本サイトの掲載記事、コンテンツ等の無断転載を禁じます。, 2020年11月号に掲載された「NTTグループを支えるパートナー」を公開しました。, 2020年11月号に掲載された「NTTグループを支えるパートナー」を公開しました。 は, 2020年9月号に掲載された「NTTグループを支えるパートナー」を公開しました は.

では、経済産業省が描いている将来のキャッシュレス社会の将来像とはどのようなものなのか、具体的に見ていきましょう。, 現金決済では、レジまで行って対面により現金のやりとりをする必要があります。しかし、キャッシュレス社会では、「レジに並んで会計する」概念がなくなります。例えば、飲食店ではテーブルについたまま決済できたり、事前に注文だけして商品は専用レーンで受け取れたり、あるいはレシートも電子化によってペーパーレスになるなど、移動や手間をなくし、消費者の満足度を向上させることができます。

事業の内容には、一般消費者向けのものと事業者・店舗向けのものがあります。それでは、それぞれの概略を解説していきましょう。, まず消費者向けには、キャッシュレスで支払った場合のポイント還元事業があります。「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店でキャッシュレス決済にすると、支払額の2%または5%がポイントとして還元されます。

#キャッシュレス化推進; インフキュリオン独自の「決済動向調査2020」から今回は、キャッシュレス決済をさらに広める上で超えるべきギャップについて考察します。「日本人… 森岡 剛. 9月6日(木)午前3時8分に、北海道を襲った最大震度7の大地震。明かりに灯された街の景色は、停電の影響で一面真っ暗になってしまいました。... https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cashless-jp/wp-content/uploads/2018/10/10142848/logo1.png, 未来投資2018 ―「Society 5.0」「データ駆動型社会」への変革― (平成30年6月15日) – 首相官邸, キャッシュレス決済の種類一覧と比較!【クレジットカード決済・電子マネー決済・スマホ決済】, 【SquareとAirレジの比較】おしゃれなレジでお店を演出しよう!低コストで優れたデザインのレジは「Square Stand」だけ!, 【緊急】メアド+生年月日だけでセブンイレブンIDが乗っ取られる件。【即退会しないと危ないレベル】, 【2019年】これで快適!ウォレットレスな生活の決定版。キャッシュレス時代の財布を持たない身軽な生活をしてみよう!, 店舗等の「POSレジの処理が高速かつ正確」であり、店頭での現金取扱いの煩雑さが少ない. 日本政府が進めている『キャッシュレス化』ですが、現状の日本ではわずか18.4%程度しか利用されていません。 これは周辺諸国と比べても圧倒的に低い数字です。 詳しい内容は「キャッシュレス・消費者還元事業制度ホームページ」でご確認ください。, 世界的なキャッシュレス決済の動向に加え、経済産業省によるキャッシュレス推進事業の後押しによって、今後は日本でもキャッシュレスが決済手段の主役の時代となります。それは、小規模な店舗であっても、例外ではありません。

.

Kid 勝田 因縁 11, Google スプレッドシート シート 分割 7, はやぶさ 最後の写真 海外の反応 13, 機関投資家 空売り 手口 9, マイナンバー アップロード 安全 性 4, ドラクエ5 地図 入手 11, 40代離婚 男 一人暮らし 6, 卒検 補助ブレーキ 合格 6, 佐賀大学 オープンキャンパス 2020 4, 猫 里親 所沢 4, ソリオ 荷室 棚 4, Sity City 違い 4, パワプロ2018 ペナント スレ 6, ボカロ にわか 検定 29, 数検 団体受験 塾 5, 都立高校入試 数学 解説 30, クライアント証明書 Common Name 4, 受注伝票 英語 Sap 4, カブ トップブリッジ 図面 5, 彼氏 冷められた 対処法 10, K006 電話 帳 移行 赤外線 4, 2x4 テーブル 天板 8, 大葉 塩漬け 変色 8, 新型セレナ 社外 品 11, Vb6 ネットワーク接続 確認 7, 前髪スカスカ 髪型 メンズ 8,