次期レクサスnx フルモデルチェンジ情報&予想内容 次期レクサスnxのベースと思われる新型rav4. ~その前にイギリス市場では前輪駆動(FWD)モデルが販売されていなかったことが驚き~ イギリス市場をメ ... 遂に来た!レクサス初のPHV(プラグインハイブリッド)モデルは「NX450+」に?!パワー. 2位:レクサスnx 49% 3位:レクサスnx(hv)44%. 何とも珍しい親しみを持たせたプレミアムアイボリー・パールⅡの新型N-ONEが登場 ... フルモデルチェンジ版・日産の新型ノートe-POWERのメーカーオプション価格を見ていこう!車両本体価格と足し合わせると衝撃的な値段に…. LEXUS 新型 UX ... レクサスは新型「UX」に第5弾となる「UX BLACK LINE SPECIAL EDITION」を米国にて2020年9月30日(現地時間)発表した。2021年モデルで1... レクサスは「IS」シリーズのビックマイナーチェンジを行い2020年6月16日に発表した。日本での発売は、2020年11月5日を予定している。2020年8月より商談がスター... ダイハツ 新型 タント / タントカスタム VS ホンダ 新型 N-BOX / N-BOX カスタム 徹底比較, ランボルギーニ 新型 ウラカン EVO STO 2020年11月18日 世界初公開, 日産 インフィニティ 新型 QX55 SUV クーペ 2020年11月17日世界初公開, ゼネラルモーターズ キャデラック 新型 エスカレード フルモデルチェンジ 日本 2020年11月13日発売, フェラーリ 新型 SF90ストラダーレ スパイダー PHEV 2020年11月12日発表, ホンダ 新型 シビック フルモデルチェンジ 11代目 プロトタイプ 2020年11月17日公開. また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。, 【レクサス新型NX】2021年10月フルモデルチェンジ発売!最新情報、NX300h/NX300、サイズ、価格は?, 【レクサス新型LBX】「新コンパクトSUV!」2021年発表!最新情報、サイズ、燃費、価格は?, 【レクサス新型UX】「装備充実&特別仕様車!」2020年10月1日マイチェン日本発売!最新情報、サイ…, 【レクサス新型RX】「装備充実!」2020年7月22日マイチェン日本発売!最新情報、RX450hL/…, 【レクサス新型NX】「改良&特別仕様車2台!」2020年7月16日日本発売!最新情報、NX300h/…, 【レクサス新型RX】2021年後半フルモデルチェンジ!最新情報、RX450hL/RX300、価格、発…, 【トヨタ新型カローラクロス】2021年8月「カローラSUV!」日本発売!最新情報、燃費、価格は?, 【メルセデス新型SLロードスター】2021年フルモデルチェンジ!最新情報、燃費、サイズ、価格、発売日は?, 【新型2シリーズアクティブツアラー】2020年末フルモデルチェンジ発表!最新情報、スペック、燃費、価格、発売日は?, 【フェラーリ新型SF90ストラダーレ】PHEVオープン!「スパイダー」発表!最新情報、価格やスペックは?, 【ルノー新型カングー】「新世代!」2021年型フルモデルチェンジ発表!最新情報、サイズ、燃費、発売日、価格は?, 【新型エスカレード】「新世代最上級!」2020年11月13日フルモデルチェンジ日本発売!最新情報、価格、サイズ、燃費は?, 【スバル新型WRX STI/S4】「プロト走行開始!」2021年10月フルモデルチェンジ発表!最新情報、発売日や価格、スペックは?, 直列4気筒2.5L「Dynamic Force Engine」エンジン+電気モーター×2. 最大トルク・・・35.7kgf・m/1650-4000rpm, 【2.5Lハイブリッド】 ~レクサスが新たに「NX450+」を商標申請~ トヨタでは既に「プリウスPHV」が市販化され、2020年7月に ... 日本メーカ, >トヨタ/レクサスBX450h+, NX, NX350, NX350h, フルモデルチェンジ, レクサス, 新型NX, フルモデルチェンジ版・スバル新型BRZのティーザー動画第二弾が公開!ホイールやフェンダーダクト、リヤテールライト、エンジンサウンドも明らかに【動画有】.

NX250、NX350、NX350h、NX450h+が商標出願中となっています。, これを見ると、2.5Lエンジン、3.5Lエンジン、2.5L~3.0Lのハイブリッド、3.5Lプラグインハイブリッドになるのではないかと考えることができます。, EVが設定されるなら、NX○○eという名前も出願されているはずですが、フルモデルチェンジ直後は設定されないのかもしれません。, ・プリクラッシュセーフティ レクサスはクロスオーバーSUV「NX」のフルモデルチェンジを行い2021年7月に発売する。現行のNXは2014年7月29日に発売を開始。2017年9月14日にマイナーチェンジを果たしている。7年目となる2021年頃にフルモデルチェンジを果たす可能性が高そうだ。, 日本の特許庁に「NX250」「NX350」「NX350h」「NX450h+」を2020年4月3日に商標出願している。商願2020-037343〜2020-037346。, エクステリアは「デトロイトモーターショー2018」で公開したコンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」のデザインをベースにキープコンセプトでありながら、今回はもちろん、TNGA(Toyota New Global Architecture)「GA-Kプラットフォーム」と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用することによって、現行モデルよりも広い室内空間を得ることが可能。高い空力性能を実現するなど、新開発のプラットフォームを採用により「低重心化」「ボディ剛性がUP」し現行モデルから大幅な進化を果たす。次世代「Lexus Safety System +」を全車標準搭載する。, ハイブリッドモデルには最大熱効率40%以上を実現したエンジン直列4気筒 2.5L 直噴エンジンD-4S「Dynamic Force Engine」と小型・軽量化されたハイブリッドシステム「高性能マルチステージTHSⅡ」を採用し燃費向上を果たす。燃費はJC08モード燃費:21.0km/Lから24km/Lとなる。, サイズは上記で記載した通り、TNGA(Toyota New Global Architecture)(GA-Kプラットフォーム)と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用する。, ホイールベースは共通なのは間違えないので2,690mm (+30mm)となるが全高は現状をキープし車幅は+10mm程度となるだろう。, トヨタ 新型 ハリアー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2020年6月17日発売, 長いノーズと後方に構えたキャビンや、クロスオーバーでありながら重心を低く感じさせるボディにより、走りを予感させる力強いプロポーションを実現しました。また、鍛え抜かれた日本刀にインスピレーションを受け、熱く溶けた滑らかな金属を硬質で鋭利な形状に凝縮したかのような、どこから見ても流れるような動きを持つしなやかな造形を表現。, フロントは、大径タイヤとともに張り出したフェンダーと長いフードを組み合わせ、ワイドなスタンスと力強いスピンドルグリルを立体的に表現。ヘッドランプは、フロントの立体的な造形に一体化するように進化。, レクサス LF-1 Limitless concept デトロイトモーターショー2018 世界初公開, 新型「RAV4」や新型「ハリアー 」と同じく最大熱効率40%以上を実現したエンジンとハイブリッドモデルを組み合わせ小型・軽量化されたハイブリッドシステム「高性能マルチステージTHSⅡ」を採用し燃費向上を果たす。, 世界トップレベル最大熱効率41%を実現する直列4気筒 2.5L 直噴エンジンD-4S「Dynamic Force Engine」と呼ぶ。同時に、緻密な制御による高レスポンス化と全速度域での高トルク化など、 多くの新技術の採用により全面的に見直し、大幅に進化した。, 4代目プリウスに採用された小型・軽量・低損失化技術を継承し、2.5Lエンジン用ハイブリッドシステムを一新するとともに、高性能マルチステージTHSⅡを新開発した。, 2.5LのTHSⅡは、小型・軽量・低損失化技術と、TNGAによる新型エンジンの高い燃焼効率と高出力とのシナジー効果により、優れた動力性能・低燃費を高次元で追求している。, マルチステージTHSⅡは、ハイブリッド車の走りのイメージを一新する高い発進加速性能とダイレクト感溢れる走りを実現。高速走行時のシステム効率の向上に加え、高車速域でもエンジン間欠運転を可能にすることで高速燃費を向上している。, トヨタ 新型 直列4気筒2.5L直噴エンジン 新型 8速・10速AT ミッション TNGAにより一新 2016年12月6日発表, 第2世代の「次世代Lexus Safety System+ 」全車標準搭載する。レーザーレーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保するとともに、衝突回避支援型PCS、LDA、AHBをパッケージ化。高速域まで対応する衝突回避支援/被害軽減性能を確保している。昼間の自転車や夜間の歩行も検知可能となった「プリクラッシュセーフティ」や、前方車両との車間距離を一定に保つ「レーダークルーズコントロール」の作動時に、車線維持に必要なステアリング操作を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」を搭載。, 歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)レーザーレーダーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。ドライバーが衝突の危険に気づいてブレーキを踏んだ場合、強力なブレーキアシストが作動。また、仮にブレーキを踏まなかった場合でも、例えば、停止車両に対し自車の速度が30km/hの場合は、自動ブレーキにより約30km/hの減速を行い、衝突回避を支援。自動ブレーキは約10~80km/hの幅広い速度域で作動し、実際に発生している追突事故の80%以上に対応。歩行者に対しては夜間でも同じく約10km/h~80km/hの範囲でPCSの自動ブレーキが作動するようになった。, ロードサインアシスト(RSA) 検知対象を拡大し、ほか、また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった主要な交通標識を読み取ってインパネに表示する。, レーンディパーチャーアラート(LDA)カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。, アダプティブハイビームアシスト(AHS) LEDの点灯・消灯を細やかに制御することで、先行車や対向車に光が当たる部分だけを自動的に遮光できるシステムです。ハイビームを保持したまま走行できる頻度を高めて、夜間の優れた視認性を確保。, レーダークルーズコントロール 先行車との車間距離の検知にミリ波レーダーを使用し、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロールを採用。前方車両の車線変更をミリ波レーダーとカメラで検知し、よりスムーズな加減速制御を実現。トヨタはモビリティ社会の究極の願いである「交通事故死傷者ゼロ」を目指し、「統合安全コンセプト」に基づいた各種の安全装備・システムを研究・開発し、「より安全な車両・技術開発」に邁進するとともに、「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化している。, レーントレーシングアシスト(LTA)レクサス 新型LSシリーズに搭載されたレーントレーシングアシスト[LTA]を次世代 Toyota Safety Sense Pに初採用。 高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロールの作動時にレーントレーシングアシスト[LTA]のスイッチをONにすると車線維持に必要なステアリング操作支援を行う。, 先行車発進告知機能 信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせ。, インテリジェントパーキングアシスト2(巻き込み警報機能+バックガイドモニター機能+音声案内機能付)新機能追加。, インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。車庫入れなどの運転時、静止物への接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加。ソナーはコンビニなどのガラスもしっかり検知。低速走行時(15km/h以下)に進行方向にある静止物を検知している場合、ハイブリッドシステム出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動的にブレーキをかける。, ドライブスタートコントロール シフト操作時における急発進を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与。, 緊急ブレーキシグナル(ハザードランプ点滅式)急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。, デジタルインナーミラー 車両後部に取り付けたカメラの映像をルームミラーに表示する。, T-Connect SDナビゲーションシステムとDCMが装備され3年間無料クルマ見守り、マップオンデマンド、エージェント、オペレーターサービスが可能。, エージェント(音声対話サービス) 話しかけるだけでエージェントが目的地を探してくれる。, エージェント(先読み情報案内サービス) 行き先を予測して役立つ情報を教えてくれる。, LINEマイカーアカウント LINEを通じて、ナビの目的地登録や天気・距離・所要時間・給油要否・出発時間の確認。, マイカーSecurity[アラーム通知/車両の位置追跡・警備員の派遣/エンジン始動通知/カーファインダー(停車位置確認)/うっかり通知/リモート確認] 車両盗難・車上荒らしなどがあった時や、ドアロックの閉め忘れなどがあった時、さらに自車の位置を確認したい時、メールやスマートフォンを通じて適切な対応が行えます。, ヘルプネット(ワンタッチタイプ)【車内専用ボタン付】 突然の事故や急病時に、専門オペレーターが警察や消防に取り次ぎ、迅速な緊急車両の手配を行います。, リモートメンテナンスサービス [eケア(走行アドバイス)]警告灯点灯時に、お客様から販売店にお問い合わせされた場合、またはトヨタ販売店からお客様にご連絡する場合に、クルマから発信される情報を基に適切なアドバイスが可能です。[eケア(ヘルスチェックレポート)]クルマのバッテリーの状態、警告灯点灯状態などについて、T-Connectスマホアプリで確認できます。またトヨタ販売店からは、クルマから発信される情報をもとに最適なメンテナンスのアドバイスが可能です。 [マイカーカスタマイズ]車両カスタマイズ項目の一部分を、T-Connectスマホアプリより遠隔で設定可能です。, トヨタ 新型 ハリアー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2020年12月発売, NXシリーズは NX200t / NX300hを2014年7月29日から発売を開始。LEXUS初のコンパクトクロスオーバーSUVとして、LEXUS独自の印象的で洗練されたデザインを実現。ハイブリッドモデルのNX300h(2AR-FXE型エンジン搭載)新ダウンサイジングターボモデルのNX200t(8AR-FTS型エンジン搭載)の2つを用意。それぞれFFまたはAWDが選べる。一部改良を2016年8月25日に行いボディカラーに「F SPORT」専用色の「ラヴァオレンジクリスタルシャイン」と「ヒートブルーコントラストレイヤリング(オプションカラー)」を追加して12色展開した。内装色の「F SPORT」専用ブラックは新たに追加したボディカラーに連動した色のステッチ(「ラヴァオレンジクリスタルシャイン」選択時はオレンジ、「ヒートブルーコントラストレイヤリング」選択時はブルー)を施した。さらに、全車において、G-Linkサービスの「LEXUS Apps」や「マップオンデマンド」などで高速データ通信が利用できるLTE通信に対応した。, NX300 価格:440万円~532万円 

レクサスnxは、rav4のレクサス版と見られていますが、2019年に次期nxのベースになると思われる新型rav4が … 後側方に存在する車両を検知して、ドアミラー内のインジケーターで警告する機能です。, 新型ハリアーは、299万円~とかなり頑張った価格設定となり、インテリアの質感は低下したのではないか?という声もありますが、新型レクサスNXは高くなりそうだということで、ハリアーとNXの差別化が、現行モデルよりもしっかりとされることになりそうです。, 新型レクサスNXは、シャシーやエンジン、先進機能が刷新され、乗り心地、走行性能、デザイン性など大きく進化することが期待されています。, NXは、レクサスブランドの中でも一番の売れ筋なので、かなり気合の入ったモデルチェンジになることは間違いないでしょう。, 今回紹介した情報は、あくまでメーカーからの公式情報ではなく、リーク情報や予想情報なので、今回紹介した情報すべてが新型NXに反映されるわけではないかもしれませんが、正式に発表されるまで、色々と想像してみるのも楽しみのひとつですよね♪, 【レクサスNX フルモデルチェンジ 最新情報】発売時期は、いつ?デザイン、サイズ、エンジン、価格予想など、まとめ。EV、PHVも設定か, 【次期マツダ6 最新情報】直6エンジン&FR化される模様。発売日、デザイン、サイズ、価格はどうなる?, 【新型マツダ3 2021 最新情報】改良モデルの変更点は?新型SKYACTIV-Xエンジン搭載か。発売時期、先進機能、価格など、まとめ, 驚愕!トヨタ・クラウンが現行限りで生産終了!?後継はハイランダーがベースになるだと!?クラウンはいつまで販売されるの?, 【悲報】新型ソリオにも、電動パーキングブレーキは採用されない模様。ルーミーと、新型ソリオの予防安全装備を比較してみよう, マツダは今後、電動化を推進する!マイルドハイブリッド、プラグインハイブリッド、レンジエクステンダーを開発へ。直6、FRも。. EV車に関しては、UX300eよりもパワーアップすると言われていますが、便宜的にUX300eのスペックを紹介しておきます。 エンジン最高出力・・・177ps/6000rpm

2020年10月21日更新 次期レクサスnxのフルモデルチェンジは、いつ?次期レクサスnxのデザイン、サイズ、エンジン、価格予想など、最新情報をまとめて紹介します。evや、phvも設定されるといわれてい … モーター最高出力・・・120ps モーター最高出力・・・183ps/54ps ロジャムが放つ新型RAV4 50系用最新エアロ|ROJAM【Vol... スポーティにRAV4を演出する車検対応マフラー「AUTHORIZE R」|FUJ... クルマアソビの可能性を無限に広げてくれる軽量で錆びないルーフラック「A-X(エー... 4×4オフロードの老舗「JAOS(ジャオス)」が放つJK&JL型ラングラー専用カ... 普段使いからキャンプまで多目的に活躍する乗用登録のハイエース「アクロスワゴン」|... 新型ジムニーシエラの乗り心地を改善する足回りやカスタマイズパーツが充実!|JAO... オーナーの要望にも幅広く対応! 多種多様なハイエースが勢揃い|ステルス【Vol.... ホイールの汚れやブレーキ鳴きに悩むVW(フォルクスワーゲン)オーナーにオススメの... 夏の暑さと日焼け対策の考え方を根本から変えるUVカット100%ウインドウフィルム... 海に山にキャンプに! あらゆるアウトドアに使えるデリカD:5ベースのキャンピング... ビジネスに必要な機能をすべて詰め込んだハイエース「モバイルオフィスカー」はテレワ... “軽”なのに、大人3人で車中泊!? 装備充実の本格キャンパー「Spinach(スピナ)」, 軽バンキャンピングカー4選! 拡張で超広くなるN-VANや本格キャンパー仕様のエブリィなど, 【2020年最新版】軽自動車最新人気ランキングTOP30|人気の軽自動車を徹底比較, 光岡初のSUV「バディ(Buddy)」は超お洒落な80’sアメリカンSUVだった!, マイカーでの旅行もGoToの対象に! 各高速道路会社がGoToトラベルキャンペーン開始, 【2020年版】ファミリーカー人気おすすめランキングTOP20|おしゃれSUVから外車まで一挙紹介!. 新世代とすることにより魅力をアップするレクサス新型NXの価格、スペックなどを最新情報からご紹介します。, レクサスNXは、レクサスのSUVラインナップで「RX」よりコンパクトなモデルとして販売され人気となり、新しいエントリーモデル「UX」の発売にもつながりました。, 2014年の登場後初のフルモデルチェンジとなるレクサス新型NXは、トヨタが開発した新世代パワートレインや新しい装備を採用することにより、魅力がアップされます。, 【レクサス新型UX】マイナーチェンジ!最新情報、UX200/UX250h/UX300eのサイズや燃費、価格は?, 【レクサス新型RX】フルモデルチェンジ!最新情報、RX450hL/RX300、価格、発売日は?, レクサス新型NXの外装は、新世代のデザインや装備を採用することにより、プレミアムブランドの先進性と高い質感が感じられるデザインとされます。, ライトシステムには先に上位SUV「レクサスRX」に採用されていた「ブレードスキャン式AHS」を採用し、光源であるLEDからの光を高速で回転するブレードミラーに照射。, ブレードミラーに反射した光がレンズを介して高速移動しながら前方を照らし、ブレードミラーの回転に同期させてLEDの光を適切なタイミングで点灯・消灯することで、配光を細かく制御することが可能に。, これにより、従来のAHSよりハイビームの照射範囲を広げ、対向車や先行車を眩惑することなく早く歩行者や標識を認識することができるようになります。, また、ドアミラーに代えて、上級セダン「レクサスES」にて初採用されたミラーレスシステム「デジタルアウターミラー」を採用。, モデルタイプには、よりスポーティなエアロやメッシュグリルを採用する「Fスポーツ」も設定され、新型NXの軽快な走りがアピールされます。, レクサス新型NXのボディサイズは、現行モデルから全長とホイールベースを延長することで室内空間が拡大されます。, 上位モデルのRXと比較すると、全幅とホイールベースが短縮され、取り回しもしやすい設計となります。, レクサス新型NXの内装には、最新の装備と上質な素材が採用され、プレミアムSUVの高い質感がつくられます。, メーターには、車両の走行状況や走行モード、ハイブリッドパワートレインの稼働状況などをわかりやすく表示する最新のデジタルメーターを採用。, 装備には新しく、車両リアカメラの映像をミラー内に表示することで、荷物を満載した場合や夜間にも高い視認性を確保する「デジタルインナーミラー」を装備し使い勝手を向上。, 室内空間は最新プラットフォームの採用により、後席ニールームやヘッドスペースが拡大され、快適性がアップします。, レクサス新型NXのパワートレインには、新開発される2.4Lターボエンジンと2.5Lハイブリッド仕様「NX300h」が設定されます。, 2.4Lターボエンジンは低回転から最大トルクを発生し、トランスミッションに現行モデルの6速ATから多段化した新開発FF車用8速ATを搭載することで、より軽快な走りと高い燃費性能を両立。, ハイブリッド車となる「NX300h」には、新世代の「Dynamic Force Engine」を採用し、吸気ポート形状の工夫などにより高吸気効率と高タンブルを両立させ、世界トップレベルの最大熱効率41%を達成。, 後輪には、電気モーターで駆動するシステムを進化させた「新型E-Four」が組み合わせられ、高レスポンス、低燃費が実現されます。, また、新型NXでは足回りに「AVS(Adaptive Variable Suspension system)」を採用し、きめ細かく減衰力を制御することで操縦安定性と乗り心地が引き上げられます。, レクサス新型NXには、最新のプラグインハイブリッドシステムを搭載する「NX450+(プラス)」の設定が予定されています。, 新型NX450プラスは、レクサスが欧州で商標申請を行ったことが確認されており、電動化をすすめるブランドの主力モデルとしてラインナップ。, パワートレインはトヨタ「RAV4」に設定されたPHEVモデルからくるものとされ、直列4気筒2.5Lエンジンと2つのモーターによりシリーズトップとなる306psを出力。, 高効率を追求することにより長いEV航続距離も確保され、日常では電力のみを使用した走行も可能となります。, レクサス新型NXの燃費は、走行性能を重視するプレミアムSUVながら新世代のハイブリッドシステムにより22.5km/Lの燃費値が見込まれています。, ガソリンモデルは新たに8速ATを採用することにより、走行性能をアップしながら燃費も改善されます。, レクサス新型NXの安全装備には、先進システム「Lexus Safety System +」が全車標準搭載されます。, 「Lexus Safety System +」は、単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、昼間の自転車運転者や夜間の歩行者の検知に対応。, 同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」や、カメラで主要な道路標識を読み取り、メーターとヘッドアップディスプレイ内に表示する「ロードサインアシスト(RSA)」を搭載。, また、先行車の発進をメーターとヘッドアップディスプレイ内での表示とブザーで知らせる「先行車発進告知機能(TMN)」も利用することができるようになります。, アップ幅は20万円ほどが見込まれ、新たにエントリーSUVとしてラインナップされたUXとのバランスがとられます。, フルモデルチェンジするレクサス新型NXの発売日は、2021年10月が予定されています。, レクサスは拡大したSUVラインナップで主力となったNXを新世代とすることにより、他モデルとの相乗効果を高めていく予定です。, レクサスNX(エヌエックス)は、初代となる現行モデルが2014年に登場したミドルクラスSUVです。, 車名の「NX」の由来は、「Nimble(素早い、爽快な)」「 X(Crossover)」となっています。, パワートレインには、レクサス初となる2Lターボエンジンを搭載する「NX200t(2017年改良時にNX300に変更)」と、ハイブリッドシステムを搭載する「NX300h」をラインナップ。, 2Lターボエンジンは、ツインスクロールターボチャージャーと可変角を拡大した可変バルブタイミング・リフト機構「Dual VVT-iW」、直噴技術を組み合わせることで、高い燃焼効率を実現。, ハイブリッド仕様となる「NX300h」には、独立したリアモーターを持つ4WDシステム「E-Four」が採用されました。, スポーティバージョンとして「F SPORT」も設定され、アダプティブサスペンションやパフォーマンスダンパーを標準装備するとともに、足回りに専用のチューニングが施され、高い走行性能を楽しむことができるモデルになっています。, 新型レクサスNXについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!, 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 エクステリアで気になるウィンカーについては、まだ明確なものは無いものの、恐らく現行同様にフロント・リヤ共に流れるタイプのシーケンシャルウィンカーを採用してくるでしょうし、現行にて結構不満の多かった”短すぎる”リヤシーケンシャルウィンカーの範囲も、更に拡大することを期待したいところですね。, 上の動画でも確認できる通り、「いや短くね?」「その範囲で流すぐらいなら点滅の方が良かったのでは?」といった意見も多かったので、さすがにこの点は改良してくると信じたい…。, ここからはいよいよパワートレインについてですが、現行NXは排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンを搭載するNX300と、排気量2.5L 直列4気筒エンジン+電気モーターを組み合わせたハイブリッドタイプのNX300hの2種類をラインナップしています。, しかし次期NXでは、上記2種類のエンジンラインナップを廃止し、全く新しいパワートレインで勝負を仕掛けてくるとのことで、その一つ目がレクサス初のPHVモデルとなるNX450h+(プラス)。, 既に商標登録も完了しているNX450h+は、トヨタRAV4 PHVにも設定される排気量2.5L 直列4気筒エンジン+電気モーター+リチウムイオンバッテリーを組み合わせることにより、システム総出力300ps以上を発揮するようなパワフルで加速性能に優れた一台になることが期待されています。, 続いては100%内燃機関を搭載するNX350で、これは次期アルファード(New ALPHARD)にも搭載されるであろう排気量2.4L T24A型直列4気筒ターボエンジンを採用するとのことで、いわば排気量3.5L V型6気筒エンジンのダウンサイジング版となり(だから名称もNX350)、最高出力300ps/最大トルク400Nmとかなりトルクフルなスペックが期待できそうです。. NX300h 価格:504万円~596万円, プラットフォームを用いて製造されているトヨタ ハリアーも同じタイミングでマイナーチェンジした。, NX200tの2Lターボエンジン搭載車をグレードモデル「NX300」とする。予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を新たに採用。ナビゲーションディスプレイ7.0インチから10.3インチに変更。三眼式のLEDヘッドランプは超小型LEDランプユニットの採用。LEDシーケンシャルターンシグナルランプを全車標準装備。新色を追加しカラーバリエーションを増やす。ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)、カラーヘッドアップディスプレイは全グレードにオプション設定。(86,400円), レクサスは新型NXのマイナーチェンジ(一部改良)を行い2019年4月18日に発表した。2019年5月6日に発売する。今回は第二世代の「Lexus Safety System +」を搭載するのが最大の変更点だ。, エクステリア、インテリアに変更はない。ボディカラーに「ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング〈4Y1〉」を追加。, インテリアカラーに「ブラック×アクセントサンフレアブラウン(”version L”専用)」「ブラック×アクセントマスタードイエロー(”F SPORT”専用)」を追加する。「アクティブコーナリングアシスト(ACA)」の標準装備。第二世代の「Lexus Safety レクサスはクロスオーバーsuv「nx」のフルモデルチェンジを行い2021年7月に発売する。現行のnxは2014年7月29日に発売を開始。2017年9月14日にマイナーチェンジを果たしている。7年目となる2021年頃にフルモデルチェンジを果た

.

Ps4 キャプチャーギャラリー 削除 5, デュピクセント 自己注射 指導 9, 神山智洋 ペット 名前 4, 天理高校野球部 歴代 監督 8, Ssd Tv録画 寿命 6, Oracle 一時表領域 データファイル追加 7, オリックス 弱い 2020 54, 荒野行動 カップル 嫉妬 5, 校庭 砂 種類 5, 業務 中止 メール 7, 棋聖戦 Abematv 解説 4, セロー250 Sp忠男 パワーボックス 林道 6, 物 壊した 隠す 6, ハイエース 17インチ ツライチ オフセット 17, スマイル 目薬 歴史 6, Jimdo カラム 背景色 11, サピックス 入室テスト 基準点 新3年生 30, フィッシャーズ 虹 歌詞 パート 31, ポケット 六法 デイリー 六法 4, 50 平米 コンクリート 7, Flex 1 効かない 6, ホンダ ジョルノ 男 9, スニーカー 偽物 鑑定 4, Huawei ライン 通知 表示 5, 大阪 オハナキルト展 2020 9, 炊き込みご飯 めんつゆ 4合 4, 二宮 彼女 妊娠 5, せせらぎ 換気 施工 6, エクセル ハイパーリンク先 印刷 24, 煽り運転 動画 トラック 14, Diga Hdd交換 同容量 8, パール イズミ Pgl 9, マザーボード ドライバ 更新 Asrock 14, Abema 見れない Pc 8, キンタロー 社交ダンス 解散理由 5, レヴォーグ 新型 2020 14, 畳数 収納 含む 5,