●SHORT:1~2ページ ■SERIOUS:シリアス系/主軸が人生系 『FFVII』の「アバランチ」はプレイヤーキャラクターであるバレット・ウォーレスが設立した反神羅組織であるが、これは先に存在した「アバランチ」の名前を借用したものであり、組織としての連続性はない。この設定はゲームプレイ中には確認できないが、『BC FFVII』が発売される前から存在している(『ファイナルファンタジーVII 解体真書』)。, かつて古代種が繁栄していた頃に彼らが居住していた場所。すでに無人の地となっている。, 原曲の歌詞を引用し、セフィロスを“愛しき人”と表現した「片翼の天使」とは変わって、セフィロスを“恐怖の象徴”として謳った歌詞に変わっている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=セフィロス&oldid=80412157. ●SHORT:1~2ページ ●MEDIUM:3~6ページ 【B】:BC設定含有(※FF7) 【C】:CC設定含有(※FF7) どちらもクラウドにとっては大事な仲間です。, Kさんこんにちは。 B, ƒL[ƒ[ƒhŸ ƒZƒtƒBƒƒX@ƒNƒ‰ƒEƒh@ƒZƒtƒBƒNƒ‰@FF7@¬à. その蜘蛛に吸い付こうとする蝶は、糸に絡まり動けなくなる。そして捕らえられた彼らは、永遠に蜘蛛には近づけないのだ。, 蝶を捕らえるエサが蜘蛛であるように、自分もあの戦争でエサとなり、多くの人間を神羅の糸に誘った。, 彼らは、がんじがらめで動けない。愛する蝶を見つけても、側にいたいと思っても、そこは神羅の糸の世界の出来事。, 折角の休みを潰してごめん。そう謝るクラウドに、セフィロスは「いいや」と首を振った。, 今日はセフィロスの数少ないオフで、本当なら会おうとは思っていなかった。約束など無かったが、ふとある日クラウドの声を聞いて、無性に会いたいと思ったのだ、二人きりで。, セフィロスからの誘いは珍しく、クラウドはその事実に相当驚いていたが、最終的にはセフィロスの本心とは裏腹な理由を導き出して納得していた。, きっとセフィロスは、たまにはそうしてやっても良い、と思ったのだろう。だから誘ってくれたのに違いない。そう思ったからこそ、クラウドは「ごめん」などという言葉を口にする。, それを聞いたセフィロスは、なんだかむず痒い思いをしていた。だって、実際の理由はただ自分が会いたかったからだ。もしそれを言えば、きっとクラウドは喜んでくれるだろう。しかし、なぜか面と向かってその事実を伝えることはできなかった。, 「そう…。例えば、出会いから別れまでが仕組まれたものだとしたら、お前はどう思う?」, 淹れ終えた珈琲の一つを差し出すと、クラウドは小さく「ありがとう」を言ってそれを受け取る。, クラウドのその意見は確かに一理ある。もしすべてが決まっていたら、意思など無意味だろう。, 「でも出会いは運命でも良いなって思うんだ。ただ別れは違う…それは“運命”に対する自分の“答え”かなって気がする」, それに……、そう口を開いて、クラウドはセフィロスをチラと見遣った。そして、一番痛い話を始める。, 納得しやすい―――確かにそうだが、正にそのものずばりであるとしたらどうだろうか。しかも、悪い意味で。, 突然黙り込んだセフィロスに、クラウドは少し首を傾げて、どうしたのかと聞く。けれどセフィロスはそれに応えなかった。, 神羅さえ無ければ、自分はこんなふうには思わなかっただろうと思う。けれど神羅が無ければクラウドにも出逢えなかった。しかし、それはこういうふうにも考えられる。神羅が無ければ出逢えなかった代わりに、クラウドは自由でいられる……と。, 別に悪いとも良いとも言わないままクラウドは珈琲を一口飲む。その動作を見つめながら、セフィロスは壁に背を付け、腕を組んでいた。, いつもなら直ぐに対応として「ああ」という返答を返すセフィロスだったが、何故かこのときはそう返さなかった。それは少なからずクラウドに衝撃を与える。, 「俺にだって未来は予測できないし、可能性なんて数%あるかどうかわからない。それは知ってるから。例え叶わなくても…それでも夢見てようよ」, こうして願うことすら運命だとしたら、とても悲しい。けれどクラウドは、それは運命ではなく“運命に対する自分の答え”だと言った。, がんじがらめの糸の中。がんじがらめの意図の中。その”いと”を断ち切る為に、夢を見る。, <物語の長さ表示> ★6位★ [IN*34][OUT*80]?w giocatore レノvsクラウド長編(R沿い完結、過去編連載中)。レノ逆トリ連載完結。短編、裏夢あります。 ★18↑:18歳未満読書禁止 その通りですね。 セフィロス (Sephiroth) は、テレビゲームのシリーズ作品、ファイナルファンタジーVII、同関連作品などに登場する架空の人物である。, 『FFVII』の世界を牛耳る企業、神羅カンパニーの私設エリート兵士「ソルジャー」の一員。ソルジャーには3段階のクラスがあり、最上級の「クラス1st」に属する。その中でもセフィロスは最強の者と評価され、多くの武勲を上げた事から「英雄」と称されている。, このようなヒロイックな経歴が人心を惹きつける大きな要素となり、セフィロスは人々からの大変な人気を得るに至った。また、彼に憧憬の念を抱く少年も現れている。幼少期のクラウドとザックスがそうであり、彼らは実際に、ソルジャーを目指すため神羅カンパニーに入社した。, 外見の特徴としては、細身でありながら筋肉質。銀色の長髪。魔晄を帯びた目の瞳孔が猫のように縦に細長く氷のように冷たく、人を寄せ付けない雰囲気を醸し出す。ジェノバ細胞の影響による変異と見られ、『FFVII AC』に登場するカダージュ、ヤズ、ロッズの三人の銀髪の少年達や、ジェノバ因子の影響を受けた子供達の目にも同じ特徴が表れている。, 前髪が『FFVII』のヒロインであるエアリスとよく似ているが、これは初期設定で両者が腹違いの兄妹となっていたからである。肌の色素がないアルビノである。, 利き手は『FFVII』シリーズでは左手とされる。『FFVII』では右手で振るっており、記念写真と炎の中に消えていくムービーシーン、最後の戦いでのムービーシーン以外は右手で持っていた。『KHFM』でも右手で振るっていた(製作者のコメントで手加減していたと言われている)が、『KHII』や『DFF』では左手で振るっている。, 黒いロングコートを身にまとい、これを素肌の上から着用している。胸部は露出しており、一般のソルジャーと共通したデザインのサスペンダーをその前でクロスさせている。また、銀色の肩当を当てている。瞳の色は、イメージイラストでは緑であるが、『FFVII』本編他では青である。, 大太刀「正宗」を持ち、長身のセフィロス以上に長い刀身ながら軽々と扱う。神速や縮地を使いこなした超スピードによる攻撃で敵を翻弄する。 公式設定沿いのセフィクラ小説サイトです。ゆっくり更新ですがお気軽に遊びに来てくださいませ。 最近の更新情報 III 瑠璃の喪失第7章予兆が完結しました。 キーワード セフィロス×クラウド セフィクラ 二次創作小説 公式設定沿いのセフィクラ小説サイトです。 ゆっくり更新ですがお気軽に遊びに来てくださいませ。 最近の更新情報 iii 瑠璃の喪失第7章予兆が完結しました。 キーワード セフィロス×クラウド セフィクラ 二次創作小説 原作はプレイヤーの好みでヒロイン(デート相手)が変わるとはいえ、エアリスもティファもユフィも(バレットも)、かけがえのないクラウドの大事な仲間だと思っています。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.

ff7の悪役でありラスボスのセフィロスさんですが、彼の正体には諸説あり、それぞれの方が異なった解釈をされているようなので、ここでセフィロスの正体を明かしていきます。 ご意見ありがとうございます。, ジェノバ細胞が作用する部分には感情の操作もなければ、あくまで模倣と記憶改竄しかできないのでクラウドの想いや、感情まではコントロールはできないので、おそらくクラウドの気持ち自体がエアリスに向けられていたと断言できますね。 それまでの記憶や経験は失われていないですし、想いも失う事がありません。 街角でこじんまりしてる、薄汚れた店。その店先に立って、俺はそう言った。店のオヤジは、ああ、煙草ね、なんて言いながら何種類かの煙草を差し出す。, 俺が首を横に振ると、オヤジは困ったような顔をした。それはそうだろう。何せそれが全種類なんだろうから。, 俺はなるべく細かくその煙草の特徴などを説明する。これこれこういう箱で、こういう匂いで、ロゴはこんなんだった、とか。そんな事だ。, 俺は結局、オヤジの差し出した煙草のうちの一つを買った。それをズボンのポケットに押し入れると、何も無かったように歩き出す。, 仲間は近くの店で昼食中で、俺はその最中にこうして出歩いていた。最初は俺自身なぜかは分からなかったけれど、俺が真っ先に向かった先がその薄汚れた店だったという事は、きっと俺にとって大きな問題だったに違いない。, だって、ほら。今こうして足を向けてる先。その先には仲間はいなくて、俺は一人きりになろうとしてる。町の人間も誰もいない場所で、そっと思い出そうとしてる。, こんな一人きりの時に敵に出くわしたらどうなるんだろう。そんな事を思いながらも俺は歩き続けて、適当に腰を落ち着かせそうな所で止まった。, それからさっきズボンに押し入れた煙草を取り出すと、邪魔な紙を取り除いて、綺麗に整列した煙草の内の一本を取り出した。親切にもオヤジがつけてくれたマッチをすって煙草に火をつけると、俄かその紙に巻かれた葉は燃え出す。, 深く吸い込むと、それが肺に入り込むのが分かる気がする。何だか酷く久し振りで、ヤニクラに襲われそうだった。それでも強情に吸い続けると、煙は空高くまでのぼりつめていった。, 今、目の前には青空しか広がっていなくて、俺は仲間と一緒に行動していて、それはもうあの頃とは全然違うけれど。, それは少し苦い匂いで、甘さが全然ない。子供の時に、そういうのは吸わない人の方が悪影響を受けるのよ、と母に教わった事があった。そんな事を思い出しながら、クラウドはその残り香を吸い込む日々を続けていたのだった。, いつも決まって、身体を重ねた後に一本の煙草を吸う相手に、クラウドは不思議そうな顔つきで聞く。その時もやはり、その人はそうして煙を吐いた。, ベットで散々苛められたわりには、その後のクラウドはいつも何故か落ち着いている。だからその時も本当にあどけない顔をしていたのだろう。, 好奇心いっぱいでそう元気に答えるクラウドに、相手はふっと真面目な顔つきをする。それからクラウドの髪を軽く撫でると、, 何だか良く分からないながらも拒否されたという事実だけは伝わって、クラウドはムッとした顔をすると、意地悪、と一言だけ漏らす。, そういう問題じゃないんだがな、と思いながらセフィロスは口から煙を吐き続けた。それはクラウドから見れば、とてもとても大きな“憧れ”だった。, ある日神羅の兵舎から抜け出したクラウドは、ミッドガルの煌びやかな店の一つに入ると、そこでセフィロスの吸っている煙草をこっそり購入しようとした。, 外見はまだ十五ほどの少年である。どう考えたって“未成年”で、それは販売する側にも問題だった。, とはいってもミッドガルの下、スラムではそんな表面上の法律は無いも同然で、それがミッドガルの現状ともいえた。, 「駄目駄目、坊やまだ子供でしょ?それに坊やの欲しがってるコレ、かなり強いんだから」, クラウドは子供扱いされた事にムッとしてそう叫んだ。そうしながらも、心の中では、それが強い煙草だったのかということに納得をしていた。セフィロスらしいや、と思う。, ふと思いついてそんなふうに言うと、主人は明らかに疑惑の目つきになった。クラウドが嘘をついていることはお見通しらしい。確かにいきなり態度が一変したんだから、ムリはない。, そう言って駄々をこねる幼児みたいに甘える目をする。大体の人はこういう目に弱いというくらいは知っていた。, まだ十五、それでももう十五。歳としてはそうそう甘えられるものではなかったけれど、それでも通用するのはクラウドの武器みたいなものだった。, 顔をしかめながらも、その主人はその煙草を手にし始める。箱は少々大きめで、パッケージがとても凝っているその煙草。, 元々は庶民向けではなく、上流階級の人間を対象に作られたもので、値段も普通のものとは少し違った。そして人間の身体を蝕むその要素も、強めだった。, 味は、高級志向を好む人間に合わせて、甘さの欠片は無い。それでも吸い口は軽く、そこそこに人気を博していた。一部の人間には、である。, そう催促するクラウドに、主人は溜息を吐いてその煙草の箱を眺めた。この目の前の少年がなぜよりにもよってその煙草を欲しがるのかは分からない。けれどハッキリしている事は一つだけあった。, そう言って主人は、クラウドの渡す金と引き換えに、その煙草を手放した。本当はこの少年が吸いたいだけなんだろうと分かっていながらも、わざと“渡せ”なんて言いながら。, それは本当に他愛もないことだったけど、それでもセフィロスに近づけると思った。どういう味を好んで、どういう気持ちで吸うのかが、分かる気がした。, それは単に恋愛中に陥る、相手の全てを知りたいという欲求でしかなかったけれど、それでもそれで何かが分かるような気がしていた。, 軽い足取りのままどこか近くで火を手に入れると、そのまま人気のない所まで足を運ぶ。そうしてから、ズボンのポケットに大切にしまっておいたその煙草を取り出すと、ドキドキしながら手をかけた。, そう確認してから一本を取り出すと、それを咥えて火をつけた。紙に巻かれた凝縮された葉が、パチパチと燃えてゆく。自分の口の中には今まで味わったことのない変な味が広がる。, こんなものをスパスパ吸って何が面白いんだろう。クラウドは一人、首を傾げた。それでも咥え続けていると、その内何だかつまらなくなる。, こんな事しても、セフィロスには近づけるわけないのに。ちっとも味わいも分からないし、気持ちも分からない。, その内、大きく息を吸い込むと、急激に煙が身体に侵入したような気がした。きゅう、と肺が締め付けられる感じがして、その後にゲホゲホと咳き込む。, その味はちっとも甘くなんてなくて、いつも嗅ぐ匂いと同じように苦くて、クラウドの気分を良くなんてさせなかった。, <物語の長さ表示> ■POP:ポップ系/コメディ系 セフィロスを倒す最終決戦前、クラウドはメンバーが何のために戦っているか考えて貰うために、一度飛空艇から全員降りて貰います。 この時、故郷も家族もなくしているクラウドとティファだけが、飛空 … ●LONG:7~11ページ 初恋だったとしても、大人になってからはエアリスに惹かれた! ……と。, クラウド(プレイヤー)の会話の選択肢によって相手キャラの好感度が変わり、物語中盤でクラウド(プレイヤー)の好きな相手とデートできるというのは、個人的にはとても素晴らしいシステムだと感じています。, これが単なる一本道のストーリーだったとしたら、FF7もここまで人気は出なかったのではないでしょうか。, (FF10のように、カップリングが一本道でもストーリーが完璧レベルで完成されていたから人気が出たという事例もありますけどね), プレイヤーの意思が反映されることで、デートの相手が変わったり、同じ会話でも受け取る側の意味が違ってくる。, セフィロスを倒す最終決戦前、クラウドはメンバーが何のために戦っているか考えて貰うために、一度飛空艇から全員降りて貰います。, FF7のファンたちの間では一時期論争にもなりましたが(笑)、ティファの好感度が高い状態だと、個人的にはこの二人、ここで完全にデキたよなと思います。, 「私……平気だよ。たとえ、誰も戻って来なくても」 また、ファイガやフレアといった上級魔法も容易く使いこなすだけでなく、飛翔することも可能。, 前述の経緯から、物心ついた時から神羅カンパニーに在籍しており、アンジールとジェネシスという心を許せる数少ない友人に出会う。彼らとは何度かトレーニング・ルームに忍び込み戦闘の腕を競うなどして交流を深めるが、内心では自身が2人とは違う人間であると感じる。, [μ]-εγλ2000[2]、ジェネシスがウータイ侵攻の任務中に大量の神羅兵を連れて失踪する。その後アンジールも失踪し、セフィロスは2人の裏切りを疑う。この事件をきっかけにザックスと知り合い、彼なら2人を救えるかもしれないという期待から2人の抹殺任務の「失敗」を提案する。, [υ]-εγλ 0001 2月30日、当時の神羅カンパニー社長であるプレジデント神羅により、反神羅組織の「アバランチ」(『FFVII』のものとは別の組織[3])が軍港ジュノンに侵入した事件の解決を命令される。アバランチは神羅カンパニーの軍事兵器である魔晄キャノンの発射を目論むが、神羅兵と特殊工作部隊であるタークスと共にこれを阻止する。その後、アバランチのリーダーであるエルフェと対峙し、互角の争いを決した事でエルフェは立ち去る。, [υ]-εγλ 0002 6月17日、神羅ビルに潜入したアバランチが、神羅カンパニーの宝条博士を拉致する。セフィロスは救出に当たるタークスを助け解決に導く。, ニブルヘイム事件は『FFVII』の中でクラウドの回想として描かれ、『BC FFVII』『CC FFVII』でも描写されている。また、この事件を扱ったOVA、『LO FFVII』がある。, [υ]-εγλ 0002 2月21日(『FFVII』の5年前)、同じソルジャーのザックス、神羅兵のクラウドや他の神羅兵1名とともに、ニブルヘイムの村へ老朽化した魔晄炉(ニブル魔晄炉)の調査に訪れる。セフィロスは魔晄炉で人間を素材とした「モンスター」の製造実験が行われている事を知り、自身もこのモンスターと同じく「造られた存在」ではないかと疑問を抱く。, セフィロスはこの実験を主導する宝条博士の研究施設、通称「神羅屋敷」の地下研究所でジェノバ・プロジェクトの資料を読み漁った結果、自身が古代種であると誤解する。そして過去に繁栄を失った古代種と比較し、現代に広く分布している現生人類に対し強い憎悪を抱く。, その後、人類の破滅を狙い、まずニブルヘイムを焼き払い、魔晄炉に安置されていた「母」、ジェノバとともに「約束の地」へ向かおうとする。約束の地とは古代種の伝承にある「楽園」であり、セフィロスはこれを信じていた。しかし、ザックスとクラウドに阻まれ、ジェノバの首とともに星のエネルギーである「ライフストリーム」に落下する。, この場面は本編と派生作品で差があり、『FFVII』本編ではジェノバとの対面後にザックスを返り討ちにするが、その後駆けつけたクラウドによりザックスのバスターソードで背後から斬られて重症を負い、その後立ち上がって出口に向かい通路で追ってきたクラウドを正宗で刺すが、逆に刺した自分が投げ飛ばされて切り落としたジェノバの首と共にライフストリームに落とされているが、『BC FFVII』ではセフィロスが自らライフストリームに飛び込み、『CC FFVII』では落下する場所がジェノバが安置されていた部屋となっている。, セフィロスはその強靭な精神によりライフストリームに還ることも魔晄中毒になることなく逆に膨大な知識を吸収し、自分自身や古代種、ジェノバについての真実、そしてメテオの存在を知り、自身を古代種以上の存在として位置づける。彼の意志はライフストリームに溶けて新たな命や自然の源になる事を拒み、かつてジェノバが降ってきたクレーターである「北の大空洞」で、そこに集まるライフストリームを利用して新たな肉体を再構築し始める。なお、魔晄炉に落下したセフィロスの行方をこの時期の神羅カンパニーは掴めていなかった為、同社は「セフィロスは死亡した」と公に発表している。, 星は傷つくと、その傷を修復する為に、星のエネルギー(ライフストリーム)を集める。セフィロスはこれを利用して、究極の破壊魔法「メテオ」を星に落下させて傷ついた箇所に星の全エネルギーを集約させ、それを自身のものにしようと計画する。セフィロスは計画を遂行する為に、宝条がジェノバのリユニオン能力の仮説の証明のために作った「セフィロスコピー」(もっとも仕組み上は魔晄を浴びせジェノバ細胞を埋め込んだだけでソルジャーと変わらず、ジェノバ細胞に耐えられる精神力を持っていないだけであるが)を彼らの体内のジェノバ細胞を利用して操り、まず神羅カンパニーが所有するジェノバの体を求めて動き出す。, 神羅ビルで目撃されて以降各地に現れるセフィロスは「北の大空洞」の本人が操るセフィロスコピー及びジェノバの肉体であり、ジェノバの擬態能力とセフィロスの強力な支配力が彼らをセフィロスの姿へと変えていた。本編で主人公たちが神羅ビルで会うセフィロスは、ここに安置されていたジェノバがセフィロスの姿を象ったものである。なお、この「セフィロス」は神羅の社長プレジデント・神羅を殺害している。, 「メテオ」発動に必要な「黒マテリア」がある「古代種の神殿」で、セフィロスはコピーを通して自身の目的を語る。彼は星の力そのものである「ライフストリーム」を吸収し、星と一体化した「神」になるという。そしてクラウドを操り、「黒マテリア」はセフィロスコピーの手に渡る。, これに対して古代種の末裔であるエアリス・ゲインズブールが「忘らるる都」[4]で、「メテオ」を抑え込める究極魔法「ホーリー」を、「白マテリア」を使って発動しようとする為、セフィロスは計画の邪魔になるエアリスを殺害する(なお実際に手を下したのはセフィロスに擬態したジェノバである)。, セフィロスコピーは、本体の元に「黒マテリア」を運ぶと同時にリユニオンを果たそうと「北の大空洞」を目指すが、クラウド達に追われ「黒マテリア」を奪回される。そこで、セフィロスはクラウドに5年前の真実を虚偽と共に告げる。これにより、クラウドはリユニオンの為の実験体である事を受け入れ、「黒マテリア」はついに眠りについていたセフィロス本体の手へと渡る。そして「北の大空洞」に集まるライフストリームの力を使い、セフィロスは「メテオ」を発動させる。同時に大空洞周辺にはエネルギーバリアを張り、他者の侵入を拒むようにする。, この時、既に「白マテリア」は、エアリスが命を賭しながらも発動させていたが、セフィロスは「ホーリー」の発動に対しては押さえ込む事に成功している。クラウド達が「ホーリー」を発動させようとする為、「メテオ」の落下を望むセフィロスとの最後の戦いが「北の大空洞」の奥深くで行われることになる。, 『FFVII』のボスキャラクターとしてのセフィロスは「リバース・セフィロス」、「セーファ・セフィロス」の二種類の形態に姿を変える。リバース・セフィロスは最上部の人間形態のセフィロスを基に様々なモンスターを掛け合わせたような巨大な姿で、セーファ・セフィロスはセフィロスの人間部分を上半身に残し、右腕はコウモリのような黒い翼になっている。下半身は消失し六枚の白い翼になっている。PTのレベルやセフィロス前のジェノバ戦での戦い方でその後の戦局が変化し、「ジェノバを倒した3人で戦うルート」と「PTを3つに分けて8人で交代しながらセフィロスと戦うルート(PTチェンジは任意)」となる。, セーファ・セフィロスとの戦いの後、セフィロスの精神がライフストリームの中で健在で笑っている事を感知したクラウドの精神は肉体を離れ、ライフストリームの奥深くでセフィロスと一騎討ちを行うが、これは何を行っても必ずクラウドが勝利する「イベント戦」である。通常は強制的にリミットブレイクになり、クラウドの究極リミット技である超究武神覇斬(この時に限り、覚えさせていなくても使用可能。また、この戦闘専用の特別な演出がつく)を選択して倒す。何もしなかった場合はセフィロスの攻撃にクラウドが強制的にカウンターを行い、その一撃でセフィロスを倒す事になる。この時のセフィロスの攻撃はHPに応じた割合ダメージであり、クラウドが戦闘不能になる事は絶対にない。, なお、このイベント戦ではセフィロスは上半身が裸の状態で登場するが、後に発売される『エアガイツ』で、この上半身が裸のセフィロスが2プレイヤーキャラクターとして登場する。『ディシディア ファイナルファンタジー』でもアナザーフォームとして登場する。, 自らの思念体であるカダージュ達の所業により復活する。セフィロスは、『FFVII』において見られる「私は全て、全ては私となる(つまり神になる)」や「星と一体となる」という言動とは一変、「母であるジェノバがそうしたように、自らもこの星を宇宙船として、新しい星に行く」という星を掌握後の意志を語る。クラウドは自らの愛するものを壊す行為を取るセフィロスに対して怒り反発して対峙することとなり、セフィロスはその手により打ち倒される。その後、セフィロスは、「私は思い出にはならないさ(ライフストリームには還らない)」と言い残し、消滅する。, キングダム ハーツ シリーズは、『FFVII』シリーズとはパラレルワールドである為、セフィロスの設定は『FFVII』とは異なる。クラウドの心の闇が具現化した存在とされ、クラウドもセフィロス自身もそう発言しているが、ゲームプレイ中に見ることができるキャラクター紹介欄「ジミニーメモ」のセフィロスの項目では、「かつて英雄と呼ばれた最強の剣士」「長い間行方不明だった」といった『FFVII』の設定と似た記述があり、作品中で明言されていない事もあって真相は定かではない。, 『キングダム ハーツ ファイナル ミックス』では、クラウドのキャラクターデザインがFFVIIシリーズのものとは変わっており、クラウドのアンチテーゼとして背中の片側に黒い翼が生えたデザインがなされている。コートの淵には赤いラインが追加され、腕部には悪魔の翼のようなヒレが追加されている。また、『FFVII』の時より遥かに「正宗」の刀身が長い。『キングダム ハーツII』では右肩の黒い翼の他に、腰部からも一対の翼が生えている。, ストーリー上戦う必要のない隠し要素として主人公・ソラと一騎討ちを行う。その強さは圧倒的であるが、それでも手加減していると野村は語っている。なお、本来はオリジナル版『KH』にも登場する予定で、デザインが起こされポリゴンモデルも作られていたのだが時間の問題でカットされてしまった。北米版では登場したため、国内では北米版を基にした『KHFM』からの登場となった。, オリンポスコロシアムの闘技場に現れ、ソラと戦う。彼との戦闘後、闘技場を出るとクラウドとの対決イベントが見られる。, クラウドは引き続き彼を探しており、『KHFM』とは違いストーリー中にも姿を見せる。条件を満たすとソラと一騎討ちで対戦ができるようになるが、戦闘自体はあくまで隠し要素。倒した後、クラウドとの宿命の対決に挑み、クラウドと共に別の世界へと姿を消す。, こちらでも彼に勝利すると報酬があり、キーブレード「フェンリル」を入手できる。また、ドライヴゲージも1上昇する。, 『ディシディア ファイナルファンタジー』では、過去の記憶を無くしており、また自身が輪廻に囚われていることを確認するために1度自殺した経験があるという。戦いの意味を模索するクラウドの前に現れクラウドは意思を持たない操り人形にすぎないと貶める。また、平和を求めるウォーリア・オブ・ライトに対しても、戦いこそが真の目的だと指摘し混乱に陥れようとする。, 服装はFFVIIシリーズのデザインを踏襲しつつも、右肩のパットから黒い翼をたたんだようなものが出ているほか、腕輪やベルトにアクセサリーを装飾したデザインになっている。アナザーフォームは原作のクラウドと一騎討ちの時の上半身裸の姿となっている。EXモードではKHシリーズや『CC FFVII』と同様に右肩に黒い片翼が生える(右肩パットの翼のようなものはそのまま)。, セフィロスの抽象的な呼び名に「片翼の天使」 (One-Winged Angel) がある。これはラストバトルでセーファ・セフィロスが登場するときのBGMの題名が由来になっている。作曲は植松伸夫が担当した。このBGMの何度も「セフィロス」の名が登場する印象的なコーラスの歌詞は「カルミナ・ブラーナ」から引用されたもので、言語はラテン語である。他のセフィロスが登場する作品でもこの曲のアレンジ版が使用されている。, ラストバトルに使用されることもあり、本曲に付いての情報は公表されていなかった。しかし植松は、当時黎明期であったネット上では発売翌日(つまりは1997年2月1日)の時点で、カルミナ・ブラーナの引用と付き止められていたことを、『FFVIII』の発売直前に出版されたVジャンプ増刊上でのインタビューで答えている。植松はすぐには付き止められないだろうと思っていたようで、驚きをもって受け止めていたことも同じインタビューで述べていた。, 『FFVII AC』では歌詞が変わり[5]、曲調の大部分にハードロックアレンジが加わった「再臨:片翼の天使」 (Advent:One-Winged Angel)という曲がBGMで使われている。, 国内外のゲームミュージックを扱ったコンサートイベントでは必ずと言っていいほど演奏される曲であり、90年代の植松伸夫を代表する曲の一つである。, チョコボの不思議なダンジョンの第3ダンジョン500Fでこの曲が流れるという構想があったがボツネタとなった。サウンドを担当した中村栄治は、この曲を「セフィロス音頭」と呼称している[6]。, 『KHFM』ではセフィロスに勝利すると「片翼の天使」というキーブレードを入手できる。『COM』でもこのキーブレードがカードとして登場する。, プロレスラーのケニー・オメガのフィニッシュ・ホールドでもある「片翼の天使」はこれに由来している。, 2005年11月、新宿初台にあるスクウェア・エニックス直営のグッズ販売店「スクウェア・エニックス ショウケース」のWebサイトに、「セフィロス降臨 11.12.Sat」と書き添えられ、ガラスケースに収められたセフィロスの大型ジオラマと思われる画像がアップロードされ話題になった。, これは『FFVII』と縁深い造形作家竹谷隆之の監修により製作された等身大フィギュアである。『FFVII』で、北の大空洞内部でマテリアの結晶に封じ込められたセフィロスの姿を「竹谷流」にアレンジした構図で製作された。その為、『FFVII』のセフィロスには無かった黒い翼や、金紅石(ルチル)に似た鋭い鉱物の結晶のようなもの、禍々しい文様の浮き出た黒マテリアなどが配置されている。, 公開日の11月12日以降、土日の営業日になるとその姿を見ようと多くのファンが訪れている。店内はセフィロスのフィギュア周辺のみ写真撮影が可能で、カメラを持参した日本国内外からの観光客の姿が見える。, インターネット以外のメディアでは、2005年12月発売の模型雑誌『月刊ホビージャパン』にこのフィギュアの記事が掲載されている。, 『ファイナルファンタジータクティクス』に外見が酷似した(武器もセフィロスと同じく正宗)メスドラーマ・エルムドア(エルムドア侯爵)が登場するが、関係は説明されていない。なお、同作にはクラウドがゲスト出演しているが、PS版では物語の進行上クラウドとエルムドアが出会う事はなかった。PSP版『獅子戦争』ではクラウドを仲間に出来るタイミングが早くなった為、エルムドアとの戦闘でクラウドを出す事も出来るのだが、彼を出撃させた事による専用のイベントは発生しない。それ以外にも、『FFT』のゲーム中で見る事が出来るサウンドノベルのうちの1つ「ナナイ人生白書」にて「レッドセフィロス」というチョコボが登場する。, また、『FFVII』発売後の雑誌インタビューの中で、クラウドとセフィロスは日本の剣豪宮本武蔵、佐々木小次郎のライバル関係をモデルにデザインされたと語られている。.

FF7リメイク版が発売される前に(とうとう発売されました!)、物語の主人公クラウド・ストライフと、主要人物ティファ・ロックハートの関係について改めて考察をします。, クラウドとティファは同じニブルヘイム村の出身で、物語序盤では幼馴染の間柄だと思われていました。, しかし、物語後半でクラウドが魔晄中毒になりティファが彼の精神世界に入った時に、実は二人は大して仲が良くなかったという事実を、ティファが思い出します。, クラウドはティファに対して憧れ?のような感情も持ち合わせていたようですが、当のティファはクラウドとは一緒に遊んだことが無かったため、クラウドのことなんてほとんど知らなかったのです。, それでも、7年の時を経てFF7本編中ではティファがクラウドに好意があるのは明らかで、最終決戦前でティファの好感度が高い状態だと、完全に恋人のような会話を繰り広げるほどの間柄にまでなっています。, 同じ村の出身というだけで、家も隣近所ではあるものの一緒に遊ぶことは無く、本当はほぼ顔見知り程度の間柄だったというクラウドとティファ。, 「クラウドがソルジャーになって有名になった時、ティファがピンチになったら助けに来る」, という約束を交わし、その約束が、ある意味クラウドとティファを繋ぐ共通の故郷の思い出となり、ティファはその約束を忘れることなく、彼女も初めてクラウドを意識するようになりました。, ティファは突然顔見知り程度の全く仲の良くない男子から呼び出されて(しかも夜に)、不審に思わなかったのでしょうか?, ゲーム冒頭の回想シーンでは、プレイヤーは二人が同郷の幼馴染ということしか情報が無いので、給水塔で先に待つクラウドの元に、, とティファが後ろから可愛く現れてもまぁ自然に見えましたが、ゲーム後半で実は二人が仲良くなかったという事実が明らかになった後だと、この演出が逆におかしく感じてしまいます。, ティファは幼少期も人気がある女子だったので、男子の取り巻き3人組が常にティファと一緒にくっついており、その3人組の中の誰かから呼び出されていたとしたらティファの行動が理解できるものの、一緒に遊んだことが無い男子(クラウド)からの呼び出しだったら、もう少し警戒していてもおかしくないのでは…と思うのです。, ★リメイク版では、ティファはクラウドを「友達」と表現するに留めており、関係も一変しています。, 仲が良くない男子からの呼び出しに「ビックリした」と言いながらも、「お・ま・た・せ」とパッと見はルンルン気分で約束の場所である給水塔に現れたティファですが、この後の例の約束の件でも、ティファの発言は不可解な点ばかりです。, 何も突っ込まずにティファが黙って聞いていれば、クラウドは「セフィロスみたいな最高のソルジャーになりたい」と付け足し、それに対し、, ちっとも仲の良くない男子からいきなり呼び出され、挙句将来の夢を勝手に語られただけでも「?」なのに、ティファはなぜかクラウドの夢に便乗して、, と「お前何言ってんだ」と言わんばかりの気乗りしない感じで(そりゃそうだ)、そんなクラウドに、, と、よく知りもしない男子にヒーローになるよう迫るティファの図になってて、かなり違和感を感じます。, クラウドの夢宣言で一瞬でフォーリンラブになってしまったとしか思えないくらい、ティファの発言が突飛過ぎるのです。, 村で人気の存在だったティファは、取り巻きはいてもちゃんとした男子からのアプローチをされたことがないので、逆に異性の免疫がなさ過ぎたためにドキッとしたのかなとも思いましたが、, と言うクラウドの言葉は、普通に考えればめちゃくちゃわかりにくい遠回しなアプローチです。 クラウドに大きな心の傷を残したこの事件を経て改めてセフィロスを止める事を決意するが、その後対面したセフィロスに記憶の矛盾を指摘され、、再び精神に異常をきたしてしまう。 自身をあやつり人形の1つだと認識してしまったクラウドは 実はクラウドはセフィロスコピーとして動いていた時の記憶もそのまま持っている事が一番大きな理由です。 セフィロスコピーは、本体の元に「黒マテリア」を運ぶと同時にリユニオンを果たそうと「北の大空洞」を目指すが、クラウド達に追われ「黒マテリア」を奪回される。そこで、セフィロスはクラウドに5年前の真実を虚偽と共に告げる。 彼女は嘘を言っていたクラウド、セフィロスコピーのクラウドも、本当のクラウドも一緒に支えていたんですから。, なるほど、クラウドのエアリスに対しての好意は、そういう見方もありますね!

ティファがニブル山から落ちた時に助けられず、ティファの父親からもなじられたことで余計に自分の殻にこもってしまい、だからソルジャーになってティファに認めて貰いたかったというのは、クラウドが強くなりたいと願ったきっかけに過ぎない! ■GAG:ギャグ セフィロスからの誘いは珍しく、クラウドはその事実に相当驚いていたが、最終的にはセフィロスの本心とは裏腹な理由を導き出して納得していた。 きっとセフィロスは、たまにはそうしてやっても良い、と思ったのだろう。 ★18↑:18歳未満読書禁止 ■DARK:暗め/アングラ系, <物語の注意表示> よってエアリスへの想いは彼自身のものでしょうね。, 好感度システムの都合上、決戦前夜はティファと結ばれないルートがおそらく通常ルートになるのでACもあの形で収まっていると思います。, FF7のヒロインはエアリスではありますが、クラウドのヒロインはエアリスでもあり、ティファでもあるという事ですね。 クラウド・セフィロス・ザックスの逆行小説「逆行ソルジャーズ」、セフィ×クラ の、ニブルヘイム事件に繋がらない話「黎明の果て」を主に更新中です。時にレノイリもあります。10/25 逆行19話-1更新しました! 最近の更新情報 ●MORE LONG:12ページ以上, <物語の雰囲気表示> 【D】:DC設定含有(※FF7), ■SERIOUS●SHORT ニブルヘイム事件前夜の話。まだ憧れです!セフィクラというよりクラ心理です。, ■SERIOUS●SHORT 運命を運命を、信じるか?いつまで一緒にいられるのだろうか…。, ■SWEET~SERIOUS●SHORT 人を好きになることは不安だ。恋愛ネタだけど基本シリアス。, ■SERIOUS●SHORT 会うのは常に路地裏。俺にはここが似合ってるんだ。少し切ないセフィクラ小説。, ■SERIOUS●SHORT 己の全てを相手に与えること。その最終形態。セフィ視点。, ■SERIOUS●SHORT セフィロスだけが、俺の幸せなんだ。どこにも、行かないで。, ■SERIOUS●SHORT 今ある海は綺麗だけど昔二人でみた海は…。クラ一人称。. メイン:クラウド × セフィロス セフィクラ小説を読みたいとネット検索をして、間違ってクラセフィを読みました。 一気にクラセフィにハマり、小説を書き始め、ホームページまで立ち上げてしまいました。 クラウドが鬼畜で病んでる作品が多いです。 クラウドは子供扱いされた事にムッとしてそう叫んだ。そうしながらも、心の中では、それが強い煙草だったのかということに納得をしていた。セフィロスらしいや、と思う。 © 2020 全力アダ部 All rights reserved. ■POP:ポップ系/コメディ系 ジェノバ細胞は感情までコピーできないので、クラウドのエアリスへの想いが彼自身のものであることは、間違いないです。 ■SWEET:甘い系/主軸が恋愛系

編集・執筆:スタジオベントスタッフ デジタルハーツ スクウェア・エニックス 2020年10月29日頃, 【金田一少年の事件簿】「幽霊客船殺人事件」豪華客船オリエンタル号衝突事故で人生を狂わされた人間たち, 【映画ドラえもん感想】「のび太の新・宇宙開拓史」の感想! 原作・旧作映画とも比較してみた, 【FF7R考察】比べたら歴然!? リメイク版でのエアリスとティファの二人の登場シーンを、徹底比較してみた, 【FF7考察】クラウドとティファの関係は? 物語の最後、最終決戦前には二人は恋人関係になっている?, 【FF7R考察】フィーラーの存在があるために、エアリスは控えめに? リメイク版でのクラウドとエアリスの仲を探る!, 【FF7R考察】ティファの性格が変わった? リメイク版ではクラウドとティファの親密度が更にアップ!.

.

ワンピース 夢小説 夫婦 10, 5ch 洋服 屋 4, Got To Be Real 歌詞 和訳 5, 東大 院試 オンライン 25, Youtube 懐メロ 70年代 6, ミラジーノ メーター Led 12, 三菱 インバータ Run点滅 5, 荒野行動 Ps4 攻略 6, 職場 グループライン 退会 5, ドリカム 晴れたらいいね パクリ 4, 厚 揚げ レンジ カリカリ 5, 素敵な選タクシー 湯けむり連続選択肢 Pandora 7, Jbl Reflect Flow 音量调整 5, 早稲田 英単語 二冊目 7, アニメ 名言 ワンピース 8, キルラキル Switch Ps4 比較 5, Teams 9分割 バージョン 5, 開成中学 繰り上げ合格 2020 4, Pubg Pc サーバー 9, バツイチ子持ち 恋愛 男性 4, 花子 文字入力 遅い 5,