document.write(link);  
ジムニー, 車 JB23, カー用品, サビ, ジムニー, ランドベンチャー. 部品は交換すればよいが、サビだけはなかなか抜本的解決が難しいですからね。, アルミテープと言えばこんな記事もどうぞ→ジムニーJB23にアルミテープチューニングをしてみた。ダイソーアルミテープ使用。, SOFT99 ( ソフト99 ) アンダーコート 420ml 08075 [HTRC2.1]. 以前フロント周り&リアバンパー周り、タイヤハウスのさび落とし塗装を行いましたが、カースロープも購入したので今度は下回りのさび落とし&塗装です。所々サビが出ているので修繕します。今回はさび落としと言っても色々部品がついているし、工具が届かない所も結構あり、色についても、黒部はシャーシブラック、白部はピッチングコート、アルミ部はシャーシクリアーとできる限り色分けしてみようと思います。見えない部分なので出来る範囲でです。, 今回はさび落とし出来ない部分(工具が届かない部分)はサビ転換剤(サビキラー)を使用します。赤さびを黒錆に変換するとサビの進行がストップするらしいです(原理は良くわかりません)サビ落としする必要がなくサビの上に直接塗装してOKらしいです。それでもできる限りサビは落とそうと思っています・・・。, 作業は前回と同じく電動ドリルに円形のワイヤーブラシでサビ取りしました、ドリルが届かない部分は後でサビキラーを刷毛塗します。車の下で寝た姿勢での作業なので装備は厚手のマスクと、防護メガネ、使い捨てつなぎで行いました。, 初めはサビの部分のみにサビキラーを適当に刷毛塗りし乾燥したらマスキング開始、大まかにマフラー部分とアルミ部、黒い部分に新聞紙でマスキング、白部を数回に分けて塗装、その後白部とアルミ部、マフラー部にマスキングし黒部を塗装、最後はマフラー以外全部マスキングをはずし全体的にシャーシクリアーをスプレーしました。サビキラー部は1日以上乾燥後に上塗りか、そのままでもOKらしいのですが1時間程度で触った感じ乾燥していたので上から塗ってしまいました(^^;, サビ落としやスプレー塗装が困難な部分は、サビの上からサビキラーをハケ塗りです。これでサビがストップ!らしいです。下部だしシルバーなのでこのままでもOKです。, トランスファもワイヤーブラシで磨くと結構奇麗になるもんです!仕上げにシャーシクリアーをスプレーしました。, 完成、下部なので雑な部分もありますが重要なのはサビ防止なのでクリアーも含め結構スプレーしました。いちよう色分けして塗ったつもりです、ガソリンタンクも黒光しています。ま!プロのようには行きませんが、それなりに綺麗になりました。朝9時に始まり夕方5時頃までかかりました。疲れました!。急いで作業したので数カ月したら再度チェックし、サビが発生したらもう一度サビ転換剤を毛塗りしようと思います。, 下回りの整備に便利です、馬やジャッキより安全性もあると思います。難点はしまっておくスペースですね。, https://minkara.carview.co.jp/userid/2217072/car/1738975/5828855/note.aspx. テープをくっつける場所を見るけるのが難しい。, 車内側と、車の下側からでテープをサンドイッチする形でなんとか貼り付けることに成功。, 調べてみると、クイックスチールなる固まると鉄のように固くなる粘土を発見。 運転席下辺りの、ラダーフレームに車のボディーが乗っかる部分などは、腐食で、めり込んでいる始末でした。


同様に、FRPで埋めてみようと考えたりして、ホームセンターに行き色々物色の上検討しました。, そうしたところ、買ってまだ日が浅かったこともあり、無償で錆びている一体を修理してくれることに。, 写真はありませんが、修理が終わると、錆びていた一体は大幅に削られて、穴が空いた部分をFRPで補修されていました。 10年物の軽四(ジムニー)です。先日、バックドアの内側パネルを外したらドアの内側の部分が少し錆びていました。錆びはまだ浅い感じなので自分で処理しようと思っています。サンドペーパーで錆を落とした後なのですが、カラースプレーを hatena_counter_name = "blenny"; document.write(". var link = document.referrer; 一見錆びていないようでも、ノックしてみると錆びている場合はよくわかると思います。, ジムニーはラダーフレームにサビさえなければ、ずっと乗っていける車だと思います。

‚éB‚±‚Ì‘O‚̃pƒWƒFƒƒ~ƒj‚ÌŽKŒŠEEƒtƒFƒ“ƒ_[•”•ª‚ÌŒŠ‚ ‚«C—‚µ‚½‚Æ‚«A”­–AƒXƒ`ƒ[ƒ‹Žg‚Á‚Ä‚¢‚½‚¯‚ǁAÚ’…Ü‚Æ‚µ‚Ä‚àOKB, ”‹à‚ÌFRPC—‚µ‚½‚à‚Ì‚ªA‚ǂ̈ʋ­‚¢‚Ì‚©AƒAƒ‹ƒ~ƒe[ƒv‚ÉFRP—p‚̃Kƒ‰ƒXƒNƒƒX‚ð1–‡A2–‡A3–‡‚Ɛϑw‚µ‚Ä document.write("'>"); document.write("'>"); document.write(""); シャシーブラックやアンダーコートを塗ったところで、進んでしまったサビが消えるわけではありませんでしたが、錆びた姿など見たくありませんでしたので、サビを見つけてはシュッシュしていました。, ある時、ふとジムニーのバックドアを開け、備え付けのジャッキなどが入っている部分(トランク部分)を見たのです。 var link = document.referrer; // --> ƒeƒXƒgƒs[ƒX-Žg—p‚µ‚½FRP‹­“xŒ©–{‚ðì‹Æ‚ƈꏏ‚ɁA»ì‚µ‚Ä‚Ý‚½‚çEE,