Copyright© 危険生物.information , 2020 All Rights Reserved. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

FBなどで「いいね!」もお願いします^^! このようなイメージを持つ方が大半であると思います。 キリンは、子供から大人まで誰もが知 ... オオアリクイといえば「好きな食べ物は?」と訊いたら「アリ!」と即答するイメージがありますね。 2006年には「主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました」という、奇妙でありながら謎に満ちたタイトルの ... アフリカの大地で「黒い死神」として恐れられているアフリカスイギュウは、毎年多くの死者を出す危険な動物として現地では恐れられています。 またの名を「未亡人製造機」。 未亡人って単語の響きが好まれるのは世 ... ハイエナと言えば“サバンナの掃除屋”、そんなイメージがついていますよね。 実際にテレビなどで紹介されるハイエナは、ライオンの食べ残しを漁っていたり他の動物が仕留めた獲物を横取りしたりといった内容が多い ... このブログを通じて、皆様にも地球上にいる危険な生き物について知っていただければと思っています。, 管理人おすすめの危険生物図鑑です。DVD付きで大人から子供まで楽しめると思いますよ。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 証拠はありませんが、どれくらい古いかというと恐竜がいた中生代の頃から生きていた可能性があります。, さらに不思議なのはカモノハシの遺伝子は哺乳類でありながら、鳥類や爬虫類にも近い遺伝子を持っているという点です。。, このくちばしは微弱な電流や水流を感知できる代物で目を瞑ったまま獲物を捉えることができます。. Sponsored Link カモノハシは、大人しそうに見える動物ですから、毒など持ってなさそうですよね。でも、書籍などで調べてみると、カモノハシは毒を持った動物だということが分かりました。 カモノハシの後ろ足には「けづめ」と呼ばれる爪があって、その爪から毒を出します。子供の頃は、オスもメスも「けづめ」があるらしいです。でも、メスの「けづめ」は、発育中に脱落して無くなってしまうんだそうです。 ちなみに、カモノハシのオスの太ももの中には、「毒腺」と呼ばれる袋があって、そこに溜めた毒を爪の …

②日本の哺乳類 著:小宮輝之(学習研究社) カモノハシ(鴨嘴、Ornithorhynchus anatinus)は、哺乳綱単孔目カモノハシ科カモノハシ属に分類される哺乳類。現生種では本種のみでカモノハシ科カモノハシ属を形成する。, オーストラリア(クイーンズランド州東部、ニューサウスウェールズ州東部、ビクトリア州、タスマニア州)。分布域内では、熱帯雨林、亜熱帯雨林、ユーカリなどの硬葉樹林、高山地帯などの淡水の河川や湖沼などに生息している[1]。, カモノハシがヨーロッパ人により最初に発見されたのは1798年のことであり、カモノハシの毛皮やスケッチが第2代ニューサウスウェールズ州州知事であったジョン・ハンターによりグレートブリテン王国へと送られた[2]。イギリスの科学者達は、当初はこの標本は模造品であると考えていた[3]。1799年にNaturalist's Miscellanyへこの動物について最初に記載をおこなったジョージ・ショー(英語)は、それが本物であると疑いを抱かないのは不可能であると主張し、ロバート・ノックスはそれがアジア人の剥製師によって作られた物であると信じていた[4]。誰かがビーバーのような動物の体にカモのくちばしを縫い付けた物であると考えられていた。ショーは縫い目がないかどうかを確認するために、毛皮に切り込みを入れさえしたのである[3]。, 英語の一般名である"platypus"という名はギリシア語で「平たい」を意味するπλατύςと、「足」を意味するπουςからなるラテン語からなり、“扁平な足”を意味する[5]。ショーは彼が最初にそれを記述した際に、リンネの分類の属名として“platypus”を当てたが、この語はすぐにキクイムシ科の昆虫のPlatypus属につけられていることが分かった[6]。そこで、1800年にヨハン・ブルーメンバハ(英語)により、ジョゼフ・バンクスから送られた標本に基づきOrnithorhynchus paradoxusとして記述され[7]、後に先取権の原則によりOrnithorhynchus anatinusと学名がつけられた[6]。 Ornithorhynchus anatinusという学名はギリシア語で“鳥の口吻”を意味するορνιθόρυνχος ("ornithorhynkhos")と、ラテン語で“カモのような”を意味するanatinusからなる。, 英語の一般名である“platypus”の統一された複数形は存在しない。科学者達は通常、"platypuses"を使うか、単に"platypus"を使用している。口語では"platypi"という語が複数形として使われるが、技術的に間違っており、正確にはギリシア語の複数形では"platypodes"となるはずであり、ラテン語まがいの言語(英語)の形を取っているだけである[3]。初期のイギリスからの移民達はwatermole(水モグラの意)やduckbill(カモのくちばしの意)、duckmole(カモモグラの意)など様々な名前で呼んでいた[3]。また、カモノハシ類はたった一種しか現存していないにもかかわらず、"duck-billed"(カモのくちばし)という形容詞が前につけられDuck-billed Platypusと呼ばれることがある[8]。, 全長はオスで最大630mm、メスで最大550mm、尾長は85 - 150mm、体重はオスで1 - 3kg、メスで0.7 - 1.8kg[1][9]。全身には柔らかい体毛が生えており、この体毛は1cm²辺り600本以上生えており、これはカワウソやホッキョクグマを超える密度である[要出典]。体毛の色は背面は褐色から茶褐色で、腹面は乳白色である。外側の毛は水を弾き、内側の毛は保温性に優れている。, 名前の通りカモのように幅が広く、ゴムのような弾性のあるくちばしを持ち、外見上の大きな特徴の一つとなっている。このくちばしには鋭敏な神経が通っていて、獲物の生体電流を感知することができる。, 四肢は短く、水掻きが発達している。オスの後脚には蹴爪があり、この蹴爪からは毒が分泌されている。メスも若い時には後脚に蹴爪があるが、成長の過程で消失する[1]。, 哺乳類ではあるが乳首は持たず、メスが育児で授乳の際は、腹部にある乳腺から乳が分泌される。, カモノハシはオスもメスも蹴爪を持って生まれるが、オスのみが毒のカクテルを分泌する蹴爪を持っており[10][11][12]、この毒は主にディフェンシンのようなタンパク質類(DPL)で構成されており、その中の三種はカモノハシに特有である[13]。, このディフェンシンのようなタンパク質はカモノハシの免疫機構により生産されている。イヌのような小動物を殺すのには十分な強さの毒であるが、ヒトに対しては致死的ではないものの、非常に痛みが強く、被害者が無力になるくらいの痛みはある[13][14]。浮腫(むくみ)は傷の周囲から急速に広がり、四肢まで徐々に広がっていく。事例研究から得られた情報によると、痛みは持続的な痛みに対して高い感受性を持つ感覚過敏症となり、数日から時には数ヶ月も続くことが指摘されている[15][16]。また、ヒトがカモノハシの毒で死亡した例は報告されていない[17]。 毒はオスの足にある胞状腺で生産されており、この腎臓の形をした胞状腺は後肢の踵骨の蹴爪へ、管によってつながっている。メスのカモノハシは、ハリモグラ類と同じで、未発達の蹴爪の芽があるが、これは発達せずに1歳になる前に脱落し、足の腺は機能を欠いている[6]。, 毒は哺乳類以外の種によって生産される毒とは異なった機能を持つと考えられている。この毒の効果は生命に危険を及ぼすほどではないが、しかしそれでも犠牲者を弱めるには十分な強さである。オスのみが毒を生産し、繁殖期の間に生産量が増すため、この期間に優位性を主張するための攻撃的な武器として使われると考えられている[13]。, 水中では目を閉じて泳ぐが、上記の通り生体電流を頼りに獲物を探す。動かなければ最大で11分ほど水中に潜っていることができるが、通常は1-2分程度である。食性は肉食性で昆虫類、甲殻類、貝類、ミミズ、魚類、両生類等を食べる。, 陸上を移動する場合、前足が地面に着く時に水掻きのある指を後ろに折りたたむようにして歩く。, 水辺に穴を掘り巣にする。巣穴の入り口は水中や土手にあり、さらに水辺の植物等に隠れ、外からはわからないようになっている。, 繁殖期は緯度によるが8月から10月である。繁殖形態は哺乳類では非常に珍しい卵生で、巣穴の中で1回に1-3個の卵を産む。卵の大きさは約17mmで、卵殻は弾性がありかつ粘り気のある物質で覆われている。卵はメスが抱卵し、約10-12日で孵化する。受精卵の卵割は、哺乳類のなかで単孔類だけが不等割である[要出典]。子供はくちばしの先端に卵嘴を持ち、卵嘴を使用して卵殻を割って出てくる。成体の4分の3程度の大きさになるまでに離乳し、約4ヶ月で独立する。, LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver.3.1(2001)), 日本国内の動物園で飼育された事例はない。また、過去に東京都で行われる予定であった「世界都市博覧会」で展示の誘致を行っていたが、都市博中止以前の段階でオーストラリア政府の許可が得られず中止となった。, オーストラリアの動物園ではビクトリア州にあるヒールズビル自然保護区とクイーンズランド州にあるローンパインコアラ保護区などで飼育されているカモノハシを見ることができる。, The venom of the platypus (Ornithorhynchus anatinus), The venom of the platypus(Ornithorhynchus anatinus), この項目では、カモノハシ目(単孔目)カモノハシ科の哺乳類について記述しています。イネ目イネ科の植物については「, この節に雑多な内容が羅列されているので、本文として組み入れるか整理・除去する必要があります。このタグは2010年7月に貼り付けられました。, Cath Jones and Steve Parish, Field Guide to Australian Mammals, Steve Parish Publishing, ,ISBN 1-74021-743-8, ANIMAL, David Burnie, Dorling Kindersley, 2006, ISBN 9781740335782.

Sponsored Link この毒の効果は生命に危険を及ぼすほどではないが、しかしそれでも犠牲者を弱めるには十分な強さである。 オスのみが毒を生産し、繁殖期の間に生産量が増すため、この期間に優位性を主張するための攻撃的な武器として使われると考えられている [13] 。 文章等は稚拙ですが、生き物に関する雑学やネタを情報発信しているので楽しんでもらえれば幸いです!. 動物園でも人気者でおなじみの象。 私たちが象に持つイメージと言えば、気は優しくて力持ちといった感じではないでしょうか? 日本には野生の象はいないため、その生態や危険性について私たちはあまり知りません。 ... キリンと聞くと、 首が長い、背がとても高い、草食動物でおとなしい、まつげが長くて可愛い、動物園の人気者、etc.

③日本の哺乳類学 著:本川雅治(東京大学出版会), カモノハシは、大人しそうに見える動物ですから、毒など持ってなさそうですよね。でも、書籍などで調べてみると、カモノハシは毒を持った動物だということが分かりました。, カモノハシの後ろ足には「けづめ」と呼ばれる爪があって、その爪から毒を出します。子供の頃は、オスもメスも「けづめ」があるらしいです。でも、メスの「けづめ」は、発育中に脱落して無くなってしまうんだそうです。, ちなみに、カモノハシのオスの太ももの中には、「毒腺」と呼ばれる袋があって、そこに溜めた毒を爪の先から出して、相手に注入させます。, カモノハシの毒は、血液を固めて、呼吸や心臓の機能を停止させる作用があって、小動物でれば、死なせることが出来るほど強力らしいですョ。, 人間がカモノハシの毒を注入されたときの症状ですけど、かなり強い痛みを感じるらしく、薬では痛みを治めることはできないそうです。ただ、人間が、カモノハシの毒で死亡したという報告はありません。, なお、カモノハシが毒を持つようになったのは、オス同士が繁殖期にメスを奪うためだと言われています。その理由は、以下の2点から、そのように考えられているそうです。, ただ、縄張りに侵入してきた敵に対して、交戦する際に使われるとも考えられてるようです。, という訳で、カモノハシは、繁殖期にメスを奪い合うとき、けづめの毒を使って戦うのですが、オス同士の戦いのために、何故そんなに強い毒が必要なのかは、まだ解明されていないそうです。, もしかすると、相手を殺してでもメスを奪う生命力がなければ、子孫を増やしていけないということなのかも知れないですね。, それでは、次の章では、カモノハシの毒そのものについて、もう少し詳しく説明させて頂きますね。, カモノハシの毒は、他の動物の毒とは似ていないタンパク質の混合物です。その主な成分は、βデフェンシンとして知られている抗菌ペプチドの構造に似ているそうです。抗菌ペプチドとは、殺菌作用を発揮する物質のことです。, カモノハシの毒の特徴は、痛みが激しいだけでなく、痛覚過敏(僅かな刺激でも強い痛みを感じる症状)が長く続くことです。その期間は、数日~数ヶ月に及ぶこともあるとされています。, 人間は、カモノハシの毒で死ぬことはないようですけど、カモノハシの毒を犬の静脈に注射すると、死に至らしめることが出来るとされているそうです。, なお、カモノハシの毒と、ヘビの毒を比較すると、ヘビの毒の方が、はるかに病原性が高いようです。ただ、どちらも同じような不快感(痛みなど)をもたらします。, いずれにしましても、カモノハシの毒はかなりの痛みを伴いますから、もし、カモノハシを触るチャンスがあっても、後ろ足の「けづめ」には気を付けないと、大変なことになりますから注意が必要ですね。, という訳で、カモノハシは強力な毒を持っているのですが、ほとんどの哺乳類は毒を持っていません。, 哺乳類は、ほとんどが毒を持っていないとされています。ですから、カモノハシは、毒を持っているというだけで、哺乳類としては、かなり珍しい存在ということです。, ただ、他にも毒を持っている哺乳類はいます。例えば、トガリネズミやハイチソレノドンは、口の中に毒を出す部分があります。昆虫などを食べたとき、毒の混じった唾液で弱らせるようです。, 他には、モグラの唾液にも毒があります。モグラも毒を含んだ唾液で、獲物を弱らせます。ちなみに、ヨーロッパモグラは、毒で麻痺させたミミズを、大量に貯蔵するという習性があります。, スローロリスは、ヒジに毒の元になる成分を作り出す機能があるそうです。ですから、スローロリスは、ヒジを舐めて、その成分を口の中に含み、唾液と混じ合わせて毒を生成します。スローロリスは、毒を口に含んだ状態で、相手を噛んで気絶させて、敵から身を守るらしいです。, ちなみに、ペット用として売られているスローロリスは、噛みつくための歯を抜いてあるそうです。ですから、噛まれて毒を注入される心配はないようです。でも、歯を抜かれて攻撃が出来ないのであれば、野生には戻れないでしょうね。, 哺乳類以外であれば、毒を持っている動物はたくさんいます。例えば、カメの仲間にも、毒を持っている種がいます。, ミツユビハコガメは、カメの中で唯一「毒」を持っている種です。ただ、ミツユビハコガメ自身が、毒を作り出している訳ではありません。ミツユビハコガメは、毒キノコを食べて、その毒を溜めておくそうです。, 人間が、ミツユビハコガメを食べてしまうと、中毒になるだけでなく、最悪の場合は死に至る可能性もあるそうです。ですから、かなり強い毒を溜め込んでいるということですね。, 毒を持ったカメをご紹介しましたけど、哺乳類以外の毒を持った動物を紹介しだすとキリがないので、今回はカメだけにしておきますね。, いかかでしたでしょうか。カモノハシは毒を持っていて、その毒にやられると、かなりの痛みを伴いますので、カモノハシを近くで見る機会があっても注意しないといけないですね。, あと、サルやカメの仲間にも、毒を持っている種がいますけど、まだ毒を持っていることが知られていない動物もたくさんいるような気もします。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。.

毒を持つ哺乳類!カモノハシ・スローロリス・ソレノドンとは?地球上には様々な生物が生息していますが、なかには 毒を持つ種もいます。, また、あまり知られてはいませんが、人間と同じ 哺乳類でも有毒生物というのは存在しています。, カモノハシは、カモノハシ科カモノハシ属に分類される哺乳類で、 オーストラリアの熱帯雨林や亜熱帯雨林などに生息しています。, 体重はオスが1kg~3kg、メスは0.5kg~2kgと小柄で、太古の昔から姿形を変えていない生物の1つという説もあります。, このくちばしには鋭敏な神経が通っており、 獲物の生体電流を感知できるようになっています。, 毒を持っているのはオスのカモノハシで、後ろ足のかかとにある蹴爪から毒を注入する器官が伸びています。, 毒性は弱く、人体に影響が出るという事例はないようですが、この毒には 刺激臭があるので注意が必要とされています。, 見た目は可愛らしいのでペットとしても人気があり、日本でも飼育されていることもあるようですが、絶滅の危機にさらされています。, 動物食で、昆虫や動物の死骸などを食べる際にこの毒を使って動けなくするようですが、犬や猫にはこの毒は効かないため、食害を受けています。, ブラリナトガリネズミについては日本国内には生息しておらず、主に北米に生息しています。, 1匹のブラリナトガリネズミが発する毒で200匹のマウスが死亡するという研究結果もあります。, また、腹部から強烈な 刺激臭を発するので、死骸であっても外敵から食されることは少ないようです。, 普通の生活の中で遭遇することはまずありませんが、知識の1つに加えておいて下さいね。. 先日、孫と一緒に動物園に行ってきました。そのときは、ただ見てるだけだったのですが、家に帰って動物図鑑を見ていると、カモノハシに目が止まりました。, それで、本当にカモノハシには、本当に毒があるのか…など、色々と調べてみましたので、今回はその辺りのことを色々とご紹介させて頂きますね。, ①動物の不思議 監:成島悦雄(ナツメ社) カモノハシのオスのみが有する毒を調査して、分かったこと! いったいオスだけが毒をもっていて何のメリットがあるのでしょうか? また、どれくらいの毒の強さがあるのでしょうか? これら2つの疑問について答えていきたいと思います。

身近に潜む危険な生き物から、世界各地の珍しい危険な生き物まで...。人にとって危険となりうる生き物たちを紹介するサイトです。, カモノハシは哺乳類に分類されながらも鳥類や爬虫類のような特徴を持つ不思議な動物として有名で、学校の教科書にも登場するほどです。, また、彼らは恐竜の生きていた時代にはすでに存在していたとされ、哺乳類の中で最も歴史の長い動物と言われています。, それより前からずっとこの地球上に、進化もせず“生きた化石”として存在続けているというのは何とも貴重な存在です。, カモノハシは、哺乳綱単孔目カモノハシ科カモノハシ属に属し、本種のみでこれを形成します。, あまりにも珍しい動物だったため、当時の科学者たちはその標本を誰かが作り出した加工品なのではと疑ったようです。, 真実を突き止めるために何体ものカモノハシの皮を剥ぎ解剖した結果、実在する動物だと認められたのです。, 因みに、カモノハシと言う名前は“カモのくちばし”に似ていることから名づけられました。, 基本的にオスのほうがメスよりも大きく、オスの最大は63cm、メスの最大は55cmです。, このクチバシの先端には非常に鋭敏な末梢神経があり、動物が動くときに発する電流を感知するため獲物を探すのに役立っています。, これは、長年の研究から、クチバシの神経が発達したために歯が生える場所がなくなったためと考えられています。, カモノハシの生息域はオーストラリア東部で、熱帯雨林や硬葉樹林、高山地帯などの淡水の河川や湖に生息しています。, 群れは作らず単独で生活し、水辺に巣穴を作って夕方、早朝時の薄明薄暮に活動を始めます。, 水中では目を瞑るのですが、前述したようにクチバシにある神経で獲物を感知できるために難なく獲物を捕らえることができるようです。, 彼らには歯がありませんが、クチバシの付け根にある角質板を使って獲物を食べることができます。, しかし、鋭敏な神経によってスムーズに獲物を捕らえることができるため、長時間潜り続けていることはあまりないようです。, 繁殖期は地域によって異なりますが主に夏で、メスは巣穴の中で1~3個の卵を産みます。, ちなみに、カモノハシの子宮口は腸や尿道の出口と一緒であるため、卵と糞と尿が同一箇所から出てくるという不思議な特徴もあります。, カモノハシはオス、メスともに後足に蹴爪を持って産まれてきますが、オスの蹴爪は鋭く発達しておりそこから毒が分泌されます。, 毒の成分は“ディフェンシン”というタンパク質で、これはカモノハシの免疫によって作り出されます。, カモノハシの毒による人間の死亡例はありませんが、犬のような小動物を殺すほどの効力はあります。, 人間も死ぬほどではないにしても、もし毒爪で刺されたらモルヒネが効かないほどの強い痛みが数日間、ひどい場合には数カ月続きます。, つまり、大きな動物に対しても身動きできないくらい弱めるほどの毒性であると言えるでしょう。, 毒は繁殖期になると大量に生産されるため、他の生物より優位に立つために毒を利用するようになったのではと考えられています。, カモノハシは現オーストラリア政府によって保護されており、ビクトリア州のヒールズビル自然保護区やクイーンズランド州のローンパインコアラ保護区で飼育されています。, 過去に日本国内の動物園に誘致された事例はなく、厳しい保護下に置かれているためおそらくこれから先もないでしょう。, オスのみ蹴爪に毒を持っており、人間が死ぬほどではありませんが強い痛みが数日間、ひどい場合には数カ月続くほどの強さです。, 環境破壊や大気汚染といった問題が大きくなる中こうやって生き続けていられるのは、オーストラリア政府がカモノハシを大切に保護しているおかげでしょう。, これから先、たとえ人間が滅びてしまってもずっと生き抜いてほしいと思わず願ってしまうほど魅力的な生き物ですね。.

毒を持つ哺乳類・カモノハシとは? カモノハシは、カモノハシ科カモノハシ属に分類される哺乳類で、 オーストラリア の熱帯雨林や亜熱帯雨林などに生息しています。 体重はオスが1kg~3kg、メスは0.5kg~2kgと小柄で、太古の昔から姿形を変えていない生物の1つという説もあります。 カモノハシ(鴨嘴、Ornithorhynchus anatinus)は、哺乳綱単孔目カモノハシ科カモノハシ属に分類される哺乳類。現生種では本種のみでカモノハシ科カモノハシ属を形成する。, オーストラリア(クイーンズランド州東部、ニューサウスウェールズ州東部、ビクトリア州、タスマニア州)。分布域内では、熱帯雨林、亜熱帯雨林、ユーカリなどの硬葉樹林、高山地帯などの淡水の河川や湖沼などに生息している[2]。, カモノハシがヨーロッパ人によって最初に発見されたのは1798年のことであり、カモノハシの毛皮やスケッチが第2代ニューサウスウェールズ州総督であったジョン・ハンターにより、グレートブリテン王国へ送られた[3]。イギリスの科学者たちは、当初はこの標本が模造品であると考えていた[4]。, 1799年にNaturalist's Miscellanyへこの動物について最初に記載をおこなったジョージ・ショーは、「それが本物であることを疑わずにはいられない」と主張し、ロバート・ノックスはアジア人の剥製師による物と信じていた[5]という。誰かがビーバーのような動物の体にカモのくちばしを縫い付けた物であると考えられ、ショーは縫い目がないかを確認するため、毛皮に切り込みを入れた[4]。, 英語の一般名である“platypus”(プラティパス)はギリシア語で「平たい」を意味する“πλατύς”と「足」を意味する“πους”からなり、「扁平な足」を意味する[6]。ショーは記述に際し、リンネの分類の属名として“platypus”を当てたが、この語はすぐにキクイムシ科の昆虫のPlatypus属につけられていることが分かった[7]ため、1800年にヨハン・ブルーメンバハによってジョゼフから送られた標本に基づき、Ornithorhynchus paradoxus として記述され[8]、後に先取権の原則に従って Ornithorhynchus anatinus と学名がつけられた[7]。, Ornithorhynchus anatinus という学名は、ギリシア語で「鳥の口吻」を意味する“ορνιθόρυνχος” (ornithorhynkhos) と、ラテン語で「カモのような」を意味する“anatinus”からなる。, “platypus”の統一された複数形は存在しない。通常、科学者たちは“platypuses”を使うか、単に“platypus”を使用している。口語では“platypi”という語が複数形として使われるが、厳密には間違いであって正確にはギリシア語の複数形では“platypodes”となるはずであり、ラテン語まがいの言語(英語版)の形を取っている[4]。初期のイギリスからの移民たちは「水モグラ」という意味の“watermole”や「カモのくちばし」を指す“duckbill”、「カモモグラ」を意味する“duckmole”など、様々な名前で呼んでいた[4]。また、カモノハシ類は一種しか現存していないものの、“duck-billed”(カモのくちばし)という形容詞が前につけられ、“Duck-billed Platypus”と呼ばれることがある[9]。, 全長はオスで最大630mm、メスで最大550mm、尾長は85 - 150mm、体重はオスで1 - 3kg、メスで0.7 - 1.8kg[2][10]。全身には1cm²当たり600本以上の柔らかい体毛が生えている。体毛の色は背面は褐色から茶褐色で、腹面は乳白色である。外側の毛は水を弾き、内側の毛は保温性に優れている。, 被毛は一般的な哺乳類と同様であり、一次毛胞の周囲に2つの二次毛胞が付随する毛胞群から形成される特徴を有し、一次毛胞の中心保護毛と1本の下毛とからなる毛束、側部保護毛と数本の下毛からなる毛束が確認できる[11]。, 名前の通りカモのように幅が広く、ゴムのような弾性のあるくちばしを持ち、外見上の大きな特徴の一つとなっている。このくちばしには鋭敏な神経が通っていて、獲物の生体電流を感知することができる。一方、カモノハシには歯がなく、長らく謎とされてきたが、三重大学などの共同研究チームの調査では、くちばしの向きや電気感覚を脳に伝える三叉神経が発達したために歯の生える空間が奪われ、歯の消滅につながったと考えられている[12][13]。, 四肢は短く、水掻きが発達している。オスの後脚には蹴爪があり、この蹴爪からは後述の毒が分泌されている。メスも若い時には後脚に蹴爪があるが、成長の過程で消失する[2]。, 哺乳類ではあるが乳首は持たず、メスが育児で授乳の際は、腹部にある乳腺から乳が分泌される。, カモノハシはオスもメスも蹴爪を持って生まれるが、オスのみが毒の混合物を分泌する蹴爪を持っている[14][15][16]。この毒は主にディフェンシンのようなタンパク質類(DPL)で構成されており、その中の三種はカモノハシ特有のものである[17]。, このディフェンシンのようなタンパク質はカモノハシの免疫機構により生産されている。イヌのような小動物を殺すのには十分な強さの毒で、ヒトに対しては致死的ではないものの、被害者が無力になるほどの強い痛みがある[17][18]。その痛みは大量のモルヒネを投与しても鎮痛できないほどであるという[19]。毒による浮腫(むくみ)は傷の周囲から急速に広がり、四肢まで徐々に広がっていく。事例研究から得られた情報によると、痛みは持続的な痛みに対して高い感受性を持つ感覚過敏症となり、数日から時には数か月も続くことが指摘されている[20][21]。だが、ヒトがカモノハシの毒で死亡した例は報告されていない[22]。毒はオスの足にある胞状腺で生産されており、この腎臓の形をした胞状腺は後肢の踵骨の蹴爪へ、管によってつながっている。メスのカモノハシは、ハリモグラ類と同じで、未発達の蹴爪の芽があるが、これは発達せずに1歳になる前に脱落し、足の腺は機能を欠いている[7]。, 毒は哺乳類以外の種によって生産される毒とは異なった機能を持つと考えられている。毒の効果は生命に危険を及ぼすほどではないが、それでも外敵を弱めるには十分な強さである。オスのみが毒を生産し、繁殖期の間に生産量が増すため、この期間に優位性を主張するための攻撃的な武器として使われると考えられている[17]。, 水中では目を閉じて泳ぐが、くちばしで生体電流を感知し獲物を探す。動かなければ最大で11分ほど水中に潜っていることができるが、通常は1-2分程度である。食性は肉食性で、昆虫類、甲殻類、貝類、ミミズ、魚類、両生類などを捕食する。, 陸上を移動する場合、前足が地面に着く時に水掻きのある指を後ろに折りたたむようにして歩く。, 水辺に穴を掘って巣にする。巣穴の入り口は水中や土手にあり、さらに水辺の植物などに隠れ、外からはわからないようになっている。, 繁殖期は緯度によるが8月から10月である。繁殖形態は哺乳類では非常に珍しい卵生で、巣穴の中で1回に1-3個の卵を産む。卵の大きさは約17mmで、卵殻は弾性がありかつ粘り気のある物質で覆われている。卵はメスが抱卵し、約10-12日で孵化する。子供はくちばしの先端に卵嘴を持ち、卵嘴を使用して卵殻を割って出てくる。成体の4分の3程度の大きさになるまでに離乳し、約4か月で独立する。, NEAR THREATENED (IUCN Red List Ver.

.

ボーダーランズ3 セーブデータ 移行 8, Jquery File Upload Reference 6, Kinoppy Kindle 変換 12, ホリエモン Googleカレンダー 日記 29, 黒い砂漠 Ps4 イゴール バルタ リ の冒険日誌 6, Flexbox 高さ 揃える 14, アイフォン カメラ 4対3 4, 赤ちゃん帽子 型紙 無料 16, Peace Net 評判 バイト 7, 車椅子 種類 スポーツ 43, セリア 毛糸 春夏 9, ユニクロ バイト 受かりにくい 9, 二つの祖国 エミー かわいそう 22, 子犬 先住犬 噛む 10, Wowow システムエラー Fr(3) 4, 大阪 桐 蔭 アリーナ 19, Tokai ガス 支払期限 4, 広島 Bar A 5, キャベツ 喉 刺さる 10, 電話応対コンクール 2020 掲示板 23, 角 ウイスキー 値段 6, Back Number Nyaa 16, ブルー レット ドボン 使えない 4,