google_ad_client = "pub-8092962482169671"; エクセルの text関数は「日付」「表示形式」を指定することで、指定した日付の曜日を表示 することができます。 曜日の 表示形式は4種類あり、その中から選択 します。では、text関数の使い方をご紹介します。

カレンダーや日計表、スケジュール表などを作成するときに知りたいのが、日付から自動で曜日を表示したり、土日祝日は文字を色付けしたり、セルの背景を変えたりして休みが分かるようにしたいと言ったことです。曜日を手入力したり、土曜日は青文字、日曜日と祝日は赤文字に自分で設定するのはとても大変な作業です。, そこで今回は、関数を使って日付から曜日を表示し、エクセル(Excel)の機能を使って色分けをする方法をまとめました。, TEXT関数の書式は、「=TEXT(値,表示形式)となっています。このTEXT関数を使うことで、数値を文字列に変更できます。数値が日付データのときは、表示形式の設定で曜日を表示することができます。, 自分で使いやすいスケジュール帳をエクセル(Excel)で作ったりするときに、曜日を入れたいと思うことがあります。この曜日を手入力してしまうと来年になったときに、また曜日だけを手入力しないといけなくなりますので、関数を使って曜日を表示させるようにすると手間が省けます。, 値・・・スケジュール帳の日付を曜日で表示するため、日付が入力されたセルを指定します。, 表示形式に入力する種類によって、指定する書式の記号が変わります。曜日表示の種類は下記のとおりです。, 「2016/8/1」という日付を和暦表示すると「平成28年8月1日」となります。このように、和暦表示したいときにもTEXT関数を使うことができます。, TEXT関数は、和暦表示するときに使った上記の表示形式「”ggge”」以外にも様々な表示をすることができます。これを知っておくことで、書類別に表示形式を変更するだけで対応できます。, TEXT関数の表示形式に入力することができるのは、決められた書式記号だけではなく文字列を組み合わせることもできます。和暦表示するときに「年」「月」「日」の文字を組み合わせていますが、日付と組み合わせて、色々な使い方ができます。, =TEXT(A2,“振込みはggge年m月d日まで”) google_ad_slot = "0887539173"; 初めに日付を入力したセルに「日」という曜日が表示されます。 日付関係の処理に役立つ関数. thisYear = date.getFullYear(); 【Excel】「土・日・祝日の色を自動で変える」「曜日を自動で入れる」方法! 3分でできるカレンダーの作り方も紹介 「スケジュール管理はパソコンやスマホでしている」という方も多いのではないで … ®ã™ã‚‹ã‚»ãƒ«ã‚’調べるにはINDEX関数を使います。セルD2には「=INDEX(祝日表,D2,C2)」という数式を入力して10行目までコピーしました。, どうやら成功のようです。セルD2とセルC2は、それぞれDAY関数とMONTH関数で日と月の数値を調べているのですから、これらの関数を合体させると次のようになります。, この「=INDEX(祝日表,DAY(B2),MONTH(B2))」が何らかの文字列を返したら、そこには"祝日名"が入力されているとわかります。この数式を使って3番目の条件付き書式に「=INDEX(祝日表,DAY(B2),MONTH(B2))<>""」という数式を設定し、文字色を赤にします。, 5月3日(憲法記念日)と翌日の5月4日が赤に変わりました。しかし、5月5日(子供の日)が青になってます。この日は土曜日なのですから青でもいいですが、「祝日だったら赤」の方を優先したいですね。そんなときは条件付き書式の順序を入れ替えます。条件付き書式は3つまで条件を指定できますが、複数の条件に一致するデータの場合は、先(上)に指定した条件が優先されるのです。そこで、最後(3番目)に指定した祝日の判定を1番上と入れ替えます。この際、土曜日の判定は最後でいいでしょう。, これで、年に拘わらず月と日だけで祝日の判定ができるようになりました。ちなみに、今回作成したような「祝日表」なら、カレンダーなどで祝日名を表示したり、会社の創立記念日など独自の休日を判断するようなときにも、簡単に応用ができます。,