この記事をシェアする この記事をシェアする. Ctrl + Y フォトショップ (Photoshop)で、手のひらツールを選択するショートカットキーは、[h]指の割当(私の場合)[h:右人差し指] コンテンツへスキップ. All Right Reserved. ショートカットキーの登録(編集)方法. (完全なキーボードでは、"forward delete" キー [ ホーム] タブを開き、テキストと数値の書式を設定して、検索ツールを使用する。 Alt + H [ 挿入] タブを開き、ピボットテーブル、グラフ、アドイン、スパークライン、図、図形、ヘッダー、またはテキストボックスを挿入します。 Alt + N または ショートカットとは。パソコンではショートカットと呼ばれる便利な機能があります。たまにショートカットをコピーしてバックアップをしたつもりになっている人もいるので、ここでその意味や仕組みを … N/A. MacBook で、ctrl + FN + ←キーを押します。, Ctrl + End スポンサーリンク. MacBook で、ctrl + Shift + FN + 右方向キーを押します。, Shift + Delete クリスタのショートカットの設定方法や、変更方法を理解することによって、イラストやマンガの作業効率がグッと上がり、パソコン操作も楽になります。クリスタのショートカットの設定方法や、変更方法、ショートカットの一覧と一緒にご紹介します。 「経理プラス」は経理担当者様向けに、日々の業務のプラスになるお役立ち情報をお届けします。, 経理業務でExcelを利用している会社は多いでしょう。Excelの作業を効率的に行いたいのなら、ショートカットキーによる操作は身につけておきたいテクニックです。, ショートカットキーとは、キーボードを使ってパソコンの操作を簡単に行うための機能のことです。, しかし、全てのショートカットキーを覚えるのは大変です。そこで、とりあえず押さえておきたい役立つショートカットキーと、ショートカットキーを利用するにあたってのポイントを紹介します。, ショートカットキーは意識して使えば使うほど手が覚えていき、操作が早くなります。そうなるとよりたくさんのショートカットキーを利用したくなります。ここで紹介したショートカットキーをステップに、他のショートカットキーを身につけていけば、業務処理のスピードをアップさせることができるようになります。, ただ具体的なショートカットキーを紹介する前に、やってみていただきたい操作があります。「ホーム」タブの「リボン」に表示されている「貼り付け」コマンドにマウスを当ててください。, 「貼り付け」コマンドの説明と合わせて「Ctrl + V」と表示されます。これが「貼り付け」のショートカットキーです。ショートカットキー表示はすべてのコマンドに表示されるわけではなく、比較的利用頻度の高いものに表示されます。, どれもよく利用するショートカットキーですが、経理としてはSum関数やフィルター、数式の表示も押さえておきたいショートカットキーです。, Excelでショートカットキーを活用するなら[Alt]キーを押さえておきましょう。, Excelを操作している状態で[Alt]キーを押すと、「タブ」メニューに英字が表示されます。, これは「タブ」や「リボン」の操作だけではありません。例えば「セルの書式設定」のダイアログボックスで「分類」に表示されている[C]と[Alt]で操作することができます。, そのため[Ctrl] + [F]が用意されています。ただ中には最初から用意されていないショートカットキーもあります。そこで利用したいのが「クイックアクセスツールバー」です。, ここに追加することにより「Alt] + [数字キー]で利用できるようになります。「リボン」に表示されているコマンドをキーボードで行う場合、キー操作は最低でも2回になりますが、「クイックアクセスツールバー」に登録したコマンドは、1回の操作で利用できるようになります。, 追加したいコマンドにマウスを合わせた状態で「右クリック」をし、表示されたコマンドの「クイックアクセスツールバーに追加」を選択します, 追加したコマンドにマウスを合わせた状態で「右クリック」をし、「クイックアクセスツールバーから削除」を選択します。, 「クイックアクセスツールバー」にはたくさんのコマンドが追加できますが、「数字キー」が2桁になると操作が面倒になりますので、1桁で収めるのが理想的です。, 初期状態ではクリックアクセスツールバーに「上書き保存」や「元に戻す」といったコマンドが登録されていますが、これらは先に紹介したショートカットキーで代用できますので、削除して他のコマンドを追加しましょう。, キーボードの右下にある「メニューとマウスカーソル」のマークが刻印されているキーです。, 右クリックと同じ動作をしますので、「右クリックキー」といいます。ただキーボードによってはないものもあります。, アプリケーションキーがない場合は、「Shift + F10」のショートカットキーを利用しましょう。ただ一つのキーで済むアプリケーションキーの方が楽ですので、キーボードについているのであれば、「アプリケーションキー」を利用しましょう。, 「コピー」をしたい場合は[C]をタッチします。つまり、「アプリケーションキー」をタッチして、[C]をタッチすると選択しているセルがコピーされます。, とりあえず操作に困ったら「ショートカットメニュー」を表示させてみてください。実行したいコマンドが用意されていることが多いです。, ショートカットキーを有効に活用できれば処理スピードは格段にアップします。ただ慣れないうちは操作に戸惑いもどかしく思って、マウスで操作してしまうかと思います。そこは我慢してショートカットキーで操作をしてください。1週間もすれば慣れて操作できるようになりますので、まずは紹介したショートカットキーだけでも身に着けるようにしてみましょう。, この記事は更新日時点の情報となります。掲載の情報は法改正などにより変更になっている可能性があります。, 1980年生まれ。上場企業と上場企業子会社で経理を10年経験。ExcelやAccessの活用、クラウドサービスの導入、社内基幹システムの構築など、経理業務だけでなく、会社全体を効率化させることを日々実践中。運営ブログ「経理と事務の効率化」をきっかけにExcelの本『経理の仕事がサクサク進むExcel超活用術』を出版。 経理と事務の効率化, Suica®やPASMO®の履歴印字や請求書発行の手順と交通費精算の効率化について, ご使用のブラウザにて、JavaScriptを有効として頂けますようお願い致します。. 多くのユーザーは、 Excel のキーボードショートカットで外付けキーボードを使うと、作業効率が向上します。 運動機能障碍または視覚障碍を伴うユーザーの場合、キーボード ショートカットはタッチスクリーンを使用するよりも簡単であり、マウスの基本的な代替手段です。, このトピックで示すショートカット キーは、米国のキーボードのレイアウトを参照しています。 他のレイアウトのキーは、米国のキーボードのキーと正確に対応しない場合があります。, ショートカットのプラス記号 (+) は、一度に複数のキーを押す必要があることを意味します。, ショートカットのコンマ記号 (,) は、複数のキーを順番に押す必要があることを意味します。, この記事では、Windows 版 Excel のキーボードショートカット、ファンクションキー、その他の一般的なショートカットキーについて説明します。, この記事のショートカットをすばやく見つけるには、検索を使用します。 Ctrl キーを押しながら F キーを押して、検索する単語を入力します。, 頻繁に利用するアクションにショートカット キーがない場合、マクロを記録してショートカット キーを作成できます。, 50 回保存の Excel ショートカット クイック ヒント ガイドをダウンロードしてください。, Word 文書のこれらのキーボード ショートカットについては、「Excel 2016 for Windows keyboard shortcuts」 (Windows キーボード ショートカット用の Excel 2016) を参照してください。, Excel 2013 の [形式を選択して貼り付け] ダイアログのショートカットキー, リボンには、タブの関連するオプションがグループ化されています。 たとえば、[ ホーム ] タブの [ 数値 ] グループには、[ 表示形式 ] オプションが含まれています。 Alt キーを押して、キーヒントというリボンのショートカットを、下の図のように、タブとオプションの横にある小さい画像の文字として表示します。, キーヒント文字を Alt キーと組み合わせると、リボンオプションのアクセスキーと呼ばれるショートカットを作成できます。 たとえば、Alt キーを押しながら H キーを押して [ ホーム ] タブを開き、Alt + Q キーを押して [操作 アシスト ] または [ 検索 ] フィールドに移動します。 Alt キーをもう一度押すと、選択したタブのオプションのキーヒントが表示されます。, Office 2013 と Office 2010では、古い Alt キーのメニューショートカットのほとんどが引き続き機能します。 ただし、完全なショートカットを知っている必要があります。 たとえば、Alt キーを押してから、以前のメニューキー E (編集)、V (表示)、I (挿入) などのいずれかのキーを押します。 以前のバージョンの Microsoft Officeのアクセスキーを使用していることを示す通知がポップアップ表示されます。 キーシーケンス全体がわかっている場合は、これを使います。 順序がわからない場合は、Esc キーを押してキーヒントを使用します。, リボンのタブに直接移動するには、次のいずれかのアクセスキーを押します。 ワークシートで選択した内容に応じて、追加のタブが表示されることがあります。, リボンの [操作 アシスト ] または [ 検索 ] フィールドに移動し、アシスタントまたはヘルプコンテンツの検索語句を入力します。, [ ホーム ] タブを開き、テキストと数値の書式を設定して、検索ツールを使用する。, [ 挿入 ] タブを開き、ピボットテーブル、グラフ、アドイン、スパークライン、図、図形、ヘッダー、またはテキストボックスを挿入します。, [ ページレイアウト ] タブを開き、テーマ、ページ設定、拡大縮小、および配置を操作します。, [ データ ] タブを開き、データへの接続、並べ替え、フィルター処理、分析、および操作を行います。, [ 校閲 ] タブを開き、スペルチェック、ノートとスレッド形式のコメントの追加、シートやブックの保護を行います。, [ 表示 ] タブを開き、改ページとレイアウトのプレビュー、枠線と見出しの表示と非表示、ズーム倍率の設定、ウィンドウとウィンドウ枠の管理、マクロの表示を行います。, Alt または F10。 別のタブに移動するには、アクセス キーまたは方向キーを使用します。, または、Windows キーボードの場合は、コンテキストキー (右の Alt キーと右側の Ctrl キーの間), ワークシート内の現在のデータ領域の先頭行、末尾行、左端列、または右端列に移動する。, アクティブセルと同じ列または行にある空白以外の次のセルに移動し、終了モードをオフにします。 セルが空の場合は、行または列の最後のセルに移動します。, ワークシートの最後のセル (右端の使用されている列の、最も下の使用されている行のセル) に移動する。, セルの選択範囲をワークシートの使用されている最後のセル (右下隅) まで拡張する。, ワークシート内の右のセルに移動する。 または、保護されているワークシートで、ロックされていないセル間を移動する。, フローティング シェイプのナビゲーションを終了し、標準のナビゲーションに戻ります。, Ctrl + Shift キーを押します。次に、マウスホイールを上にスクロールして左に移動します。右に移動します。, アクティブ セルを編集し、セルの内容の末尾にカーソルを移動する。 または、セルの編集がオフの場合は、数式バーにカーソルを移動する。 数式を編集する場合、方向キーで参照を作成できるように、ポイント モードのオン/オフを切り替えます。, アクティブ セルの 1 つ上のセルの数式を、アクティブ セルまたは数式バーにコピーする。, [下方向へコピー] を使用して、選択範囲内で下方向のセルに内容と書式をコピーする。, 小数点以下の桁数が 2 で、桁区切りを使用し、負数には負符号 (-) を使用する数値の表示形式を適用する。, Excel 2013では、[形式を選択して 貼り付け ] オプションを使用して、書式設定や値など、コピーしたデータの特定の側面を貼り付けることができます。 データをコピーした後、Ctrl キーと Alt キーを押しながら V キーを押すか、Alt キーを押しながら E キーと S キーを押して、[形式を選択して貼り付け] ダイアログを開きます。, ダイアログでオプションを選ぶには、そのオプションの下線付き文字を押します。 たとえば、[コメント] を選ぶには、C キーを押します。, アクティブ セルと同じ行または列にある空白以外の最後のセルまで選択範囲を拡張する。次のセルが空白の場合は、次の空白以外のセルまで拡張します。, 拡張選択モードを有効にし、方向キーを使用して選択範囲を拡張する。 オフにするには、もう一度キーを押します。, オブジェクトが 1 つ選択されているときに、ワークシートにあるすべてのオブジェクトを選択する。, ワークシートにデータが含まれている場合に、アクティブなセル領域を選択する。 2 回押すと、アクティブなセル領域とサマリー行が選択されます。 3 回押すと、ワークシート全体が選択されます。, メニューまたはサブメニューが表示されているときに、そのメニューまたはサブメニューの先頭のコマンドを選択する。, 最後の計算の後で変更したかどうかに関係なく、開いているブックのすべてのワークシートを計算する。, 依存する数式を再度チェックし、要計算とマークされていないセルも含め、開いているブックのすべてのセルを計算する。, 数式でカーソルが関数名の右にある場合は、[関数の引数] ダイアログボックスを表示します。, [フラッシュ ​​フィル] を呼び出し、隣接する列のパターンを自動認識して正しい列を入力します。, 数式内のセル参照またはセル範囲が選択されているときに、絶対参照と相対参照のすべての異なる組み合わせを順に切り替える。, アクティブ セルの 1 つ上のセルの値を、アクティブ セルまたは数式バーにコピーする。, [名前の貼り付け] ダイアログボックス (ブックで名前が定義されている場合) から名前を貼り付けます。, Microsoft Visual Basic For Applications エディターを開く。, 次のショートカットキーは、 Microsoft 365、 Excel 2019、 Excel 2016、および Excel 2013の PowerPivot で使用できます。, PowerPivot ウィンドウ内のすべての数式を再計算します。 詳細については、「Power Pivot の数式を再計算する」を参照してください。, Office アドイン作業ウィンドウでは、次のショートカットを使用して作業します。, F2 単独: アクティブ セルを編集し、セルの内容の末尾にカーソルを移動します。 または、セルの編集がオフの場合は、数式バーにカーソルを移動します。 数式を編集する場合は、方向キーで参照を作成できるように、ポイント モードのオン/オフを切り替えます。, Ctrl + F2: Backstage ビューの [印刷] タブの印刷プレビュー領域が表示されます。, F3 単独: [ 名前の貼り付け ] ダイアログが表示されます。 ブックで名前が定義されている場合のみ使用できます。, 数式内のセル参照またはセル範囲が選択されている場合、F4 キーを押すと、絶対参照と相対参照のすべての異なる組み合わせを順に切り替えます。, F6 単独: ワークシート、リボン、作業ウィンドウ、およびズーム コントロール間で切り替わります。 分割されているワークシートでの F6 キーは、ウィンドウとリボン領域を切り替えるときに分割されたウィンドウも対象になります。, Shift + F6: ワークシート、ズーム コントロール、作業ウィンドウ、およびリボン間で切り替わります。, Ctrl + Shift + F6: すべての Excel ウィンドウを切り替えます。, F7 単独: [ スペル チェック] ダイアログが開き、作業中のワークシートまたは選択した範囲内のスペルがチェックされます。, Ctrl + F7 キーを押すと、ブック ウィンドウが最大化されていない場合、[移動] コマンドが実行されます。 方向キーを使用してウィンドウを移動します。移動が完了したら Enter キーを押します。または、Esc キーを押してキャンセルします。, F8 単独: 拡張選択モードを切り替えます。 拡張選択モードでは、ステータス行に [拡張選択] と表示され、方向キーで選択が拡張されます。, Shift + F8: 方向キーを使用して、隣接しないセルまたは範囲をセルの選択範囲に追加できます。, Ctrl + F8: ブックが最大化されていない場合は、[サイズ] コマンドが実行されます。, Alt + F8: [マクロ] ダイアログが表示され、マクロの作成、実行、編集、または削除を行うことができます。, Ctrl + Alt + F9: 最後の計算の後で変更したかどうかに関係なく、開いているブックのすべてのワークシートを計算します。, Ctrl + Alt + Shift + F9: 依存する数式が再度チェックされ、要計算とマークされていないセルも含め、開いているすべてのブックのすべてのセルが計算されます。, F10 のみ: キー ヒントのオンとオフを切り替えます (Alt キーを押しても同じ操作を実行できます)。, Shift + F10: 選択しているアイテムのショートカット メニューが表示されます。, Alt + Shift + F10: [エラー チェック] ボタンのメニューまたはメッセージが表示されます。, Ctrl + F10: 選択したブック ウィンドウが最大化されるか、元に戻ります。, Alt + F11: Microsoft Visual Basic for Applications エディターが開きます。Visual Basic for Applications (VBA) を使用すると、マクロを作成できます。, Ctrl + 方向キーを押すと、ワークシート内の現在のデータ領域の先頭行、末尾行、左端列、または右端列に移動します。, Ctrl + Shift + 方向キーを押すと、アクティブ セルと同じ行または列にある空白以外の最後のセルまで選択範囲を拡張してアクティブ セルにします。次のセルが空白の場合は、選択範囲を次の空白以外のセルまで拡張します。, ←または→キーを押すと、リボンが選択されているときにタブが左または右に選択されます。 サブメニューを開くか選択しているときに方向キーを押すと、メイン メニューとサブメニューが切り替わります。 リボン タブが選択されているときに方向キーを押すと、タブ ボタンが切り替わります。, ↓キーまたは↑キーを押すと、メニューまたはサブメニューが開いているときに、次のコマンドまたは前のコマンドが選択されます。 リボン タブが選択されているときに方向キーを押すと、タブ グループが上または下に切り替わります。, ダイアログでは、方向キーを押して、開いているドロップダウンリスト内のオプション、またはオプショングループ内のオプションの間を移動します。, ↓キーまたは Alt + 下方向キーを押すと、選択したドロップダウンリストを開きます。, セルの書式、スレッド形式のコメント、メモなど、選択したセルからセルの内容 (データと数式) を削除します。, End キーを押すと、End モードのオンとオフが切り替わります。 End モードでは、方向キーを押すと、アクティブなセルと同じ列または行内の空白ではない次のセルに移動することができます。 方向キーを押すと、End モードは自動的にオフになります。 次の方向キーを押す前に、必ず End キーをもう一度押してください。 オンになると、End モードがステータス バーに表示されます。, セルが空の場合は、End キーを押してから方向キーを押すと、行または列の最後のセルに移動します。, さらに、メニューまたはサブメニューが表示されている場合は、そのメニューの末尾のコマンドが選択されます。, Ctrl + End キーを押すと、ワークシートの最後のセル (右端の使用されている列の、最も下の使用されている行のセル) に移動します。 カーソルが数式バーにあるときに Ctrl + End キーを押すと、カーソルはテキストの末尾に移動します。, Ctrl + Shift + End キーを押すと、セルの選択範囲がワークシートの使用されている最後のセル (右下隅) まで拡張されます。 カーソルが数式バーにあるときに Ctrl + Shift + End キーを押すと、数式バーのカーソル位置から最後までのすべてのテキストが選択されます。これは、数式バーの高さには影響しません。, 選択したメニューを開く (F10 キーを押してメニュー バーを選択)、または選択したコマンドの操作を実行します。, ダイアログで、ダイアログボックスの既定のコマンドボタン ( [OK ] ボタンなど、太枠のボタン) の操作を実行します。, Ctrl + Enter を押すと、選択したセル範囲に、アクティブ セルと同じ値が入力されます。, Shift + Enter を押すと、セルの入力が確定し、すぐ上のセルが選択されます。, 開いているメニューまたはサブメニュー、ダイアログ、またはメッセージウィンドウを閉じます。, または、全画面表示モードになっている場合はそのモードを閉じ、通常表示モードに戻してリボンおよびステータス バーを再度表示します。, メニューまたはサブメニューが表示されている場合は、そのメニューまたはサブメニューの先頭のコマンドを選択します。, Ctrl + Shift + Home を押すと、選択範囲をワークシートの先頭のセルまで拡張します。, Alt + PageDown キーを押すと、ワークシート内で 1 画面右に移動します。, Ctrl + Shift + PageDown を押すと、ブック内の現在のシートと次のシートを選択します。, Alt + PageUp を押すと、ワークシート内で 1 画面左にスクロールします。, Ctrl + Shift + PageUp を押すと、ブック内の現在のシートと前のシートを選択します。, ダイアログで、選択したボタンの操作を実行するか、チェックボックスをオンまたはオフにします。, Ctrl + Shift + Space キーを押すと、ワークシート全体が選択されます。, ワークシートにデータが含まれている場合、Ctrl + Shift + Space を押すと、アクティブ セル領域が選択されます。 Ctrl + Shift + Space を 2 回押すと、アクティブ セル領域とサマリー行が選択されます。 Ctrl + Shift + Space を 3 回押すと、ワークシート全体が選択されます。, オブジェクトが 1 つ選択されている場合は、Ctrl + Shift + Space を押すと、シートにあるすべてのオブジェクトが選択されます。, Alt + Space を押すと、Excel ウィンドウのコントロール メニューが表示されます。, Shift + Tab を押すと、ワークシート内の前のセルに移動します。または、ダイアログ内の前のオプションに移動します。, Ctrl キーを押しながら Tab キーを押すと、ダイアログ内の次のタブに切り替わります。または (ダイアログが表示されていない場合は) 2 つの Excel ウィンドウが切り替わります。, Ctrl + Shift + Tab キーを押すと、ダイアログ内の前のタブに切り替わります。または (ダイアログが表示されていない場合は) すべての Excel ウィンドウが切り替わります。, この記事では、 Excel for Macのキーボードショートカット、ファンクションキー、その他の一般的なショートカットキーについて説明します。, 一部のバージョンの Mac オペレーティングシステム (OS) および一部のユーティリティアプリケーションでは、 Office for Macでのキーボードショートカットとファンクションキーの操作が競合することがあります。, 目的に合ったキーボードショートカットがここに見つからない場合は、カスタムショートカットキーを作成できます。 手順については、「 Office For Mac のカスタムショートカットキーを作成する」を参照してください。, Windows キーボードの Ctrl キーを使用するショートカットの多くは、 Excel for Macの Control キーでも動作します。 ただし、すべてが当てはまるわけではありません。, この記事のショートカットをすばやく見つけるには、検索を使用します。

.

Line 写真 エラー 27, エクセル 貸出管理 マクロ 6, 猫 皮下点滴 量 5, Om D E M5 星空撮影 7, Launch Angle ゴルフ 4, 豊平区 事件 今日 9, プッシュ式 シフトノブ 延長 19, ポケ森 キング 虫 6, Bz Action 楽譜 5, ポケ森 鉱山 手伝い お礼 11, Anego 3話 Youtube 11, イドラ 攻略 ストーリー 4, Touch Id 断線 6, Nhk 昼 の料理 番組 4, ラズパイ サーボ 震える 36, 松田聖子 With You 6, テルモ 体温計 C232 6, Dia ドア クローザー 8, Ec2 S3 Iamロール 14, 水槽 マット ダイソー 5, Jmeter 証明書 Chrome 11, 保育園 見学 子供 4, New Crown 3 Let's Read2和訳 8, 主婦 Ideco ブログ 6, 梅干し カビ 濁り 10, 年上男性 脈あり ボディタッチ 5, 大阪 桐 蔭 アリーナ 19, ビギン 漫画 最終回 19, 口ゴボ 矯正 治らない 5, 科学と人間生活 補充テキスト&問題集 化学編 答え 4, C言語 ポインタ 宣言 アスタリスク 位置 4, 株 失敗談 2ch 7, インターパーク 耳鼻 科 4,